カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:臨床心理士

6B5904E6-DB11-4A21-A0C7-86FA5C856746

◯ 臨床心理士>公認心理師の図式

先日、何冊も著作がある臨床心理士の偉い方、日本◯床心◯士会運営とも距離が近いA先生とお話する機会があったのですが(A先生は公認心理師取得済)

「今後臨床心理士はどうなっていくんでしょうか?」

と聞いてみたところ、

「変わんないよ、平成30年度の受験者数も前年度とほぼ同じだし」

(日本臨床心理士資格認定協会発表、平成29年度受験者2,427人、平成30年度受験者2,214人、今年度の試験はこれからです。)

という回答、「A先生、今後はどうなっていくんでしょうかね?」

A先生「うん、公認心理師制度はまだ過渡期だからね、これからまだ5年10年はまだ臨床心理士の時代じゃないかな。臨床心理士は公認心理師の上位資格ってことになるよ。臨床心理士資格更新者数も変わらないでしょ」

とのこと

※ A先生とは研修のほんの合間の時間に話したので短時間しか話せませんでした。

臨床心理士の団体では上の方にいた方なので臨床心理士制度に対する信頼が強いのかなあと。

去年の合格率80パーセントの試験には何なく?かどうかわからないですが、A先生は多分高得点で合格したのだろうと思います。

ただ、第2回試験の問題は見ていない様子でした。

A先生は大学勤務でないのであちこちの大学院で臨床心理士養成コースを廃止、公認心理師養成コースをその代わりに新設したことは知らないか、あまり意に介していないようです。

A先生は自分の専門領域ではそれなりに地歩を築いて固めてきた人です。

これから心理職としてやっていくのは多くの後進たちのスーパービジョンもあるので忙しそうです。

僕はいつも急激に公認心理師シフトが始まる、そうしたら今まで働いてきた心理職がもし公認心理師取得できなかった場合の扱いや地位はどうなるのだろう?

と危惧感に近いものを抱いていたのですが、A先生のように時間がゆっくりと流れていて泰然自若とした態度でいられる余裕ある先生もいるのだなあと思いました。

公認心理師資格登録者が出てから半年以上経ちます。

(ちなみに第1回試験でいつも4000人未登録と書いていましたが、読者の方からの指摘で未登録者1,807人と教えていただきましたので謹んで訂正させていただきます)

実際には公認心理師資格取得者の扱いは現場で何も変わらない。

これまで心理職専属で仕事をしていた他に教育、医師、看護師などのコメディカルや福祉職の方々の仕事の仕方、公認心理師として必要性を求められることが多くなったと現場からの声も聞きません。

最近第2回試験のことばかり書いていましたが、臨床心理士一押しのA先生の話を聞いていたら、そもそも公認心理師資格を取得する意味とは何か?

ということについて考えさせられました。

F03AF443-480C-46E7-A878-95CA285E15D0

審美歯科公認心理師かがみちゃん

-創作-

僕「かがみちゃん公認心理師取ったんだね、かなり遅れたけどおめでとう」

かがみ「うーん、もう1年近く経つのに今さら感満載の祝福ありがとう」

僕「審美歯科で働いてる心理の人って僕はかがみちゃんしか知らないよ。Gルート受験って聞いたけど」

かがみ「歯科医院も診療所、クリニックだから大丈夫なのよ」

僕「そっかあ」

かがみ「歯はね、結構その人のメンタルと深く関係してるの。ほら、矯正されてないとか、歯が茶色いとか、そうすると人前に出るのがおっくうになる人も多いワケ」

僕「うん」

かがみ「歯で食べ物を満足に食べられなかったらイライラするしストレスたまるでしょ?だから一般治療も十分意味があるの。時間をかけて根管治療をやるとか大事なのよ」

僕「ふうん」

かがみ「でも不幸にして自分の歯が機能できなくなったときに入れ歯や部分入れ歯だとやっぱり噛みにくいのよ」

僕「うん」

かがみ「だからウチのクリニックでは保険適用外でもインプラントをオススメしてるの。QOLも上がるしね」

僕「ふうん、見た目も身体面も両方ともメンタルに関係しそうだねえ」

かがみ「そそ、最初に十分にカウンセリングしてね、何を患者さんが求めていて、そのためにはいくらお金がかかるのかじっくり話すのよ」

僕「うん」

かがみ「あと審美歯科のウチでやってるのは歯のホワイトニングね、いくら美人でも歯が黄色かったら笑顔も台無しじゃない。だからうちではオフィスホワイトニングを勧めてるのよ」

僕「オフィス?」

かがみ「ホワイトニングはね、薬液をマウスピースにつけて定着させるんだけど、薬液は海外から個人輸入でも手に入るからセルフホワイトニングもできるけどね、個人輸入した海外の薬液の品質や安全性の保証はあんまりアテにならないのよ」

僕「うん」

かがみ「そしたらね、ホワイトニングが不十分だったり、ムラになったり、安い薬液だといろいろと心配もあるからさ」

僕「うん」

かがみ「だからウチは高価だけど院長がアメリカの学会のコネでいいホワイトニング薬液を輸入して、プロの技術で施術をしているのよ」

僕「ふうん」

かがみ「でもタバコとかカレーとか色素沈着しやすい要素は必ずあるから、歯の表面だけじゃなくて歯の内部まで染まってる場合もあるのよ。」

僕「そういう場合は?」

かがみ「どうしても汚れが落ちない歯の場合にはセラミックコーティングで歯の上にセラミックを被せちゃったり、自費用コンポジットレジン(歯科用修復剤)を塗ったりとかね」

僕「うん」

かがみ「あとは矯正ね、うちは小児歯科もやってるけど、もう3歳ぐらいで矯正か必要かどうかわかるからね」

僕「ほう」

かがみ「なるべく子どものころから矯正した方がアゴの骨が柔らかいからやりやすいの」

僕「子どもは歯医者さん嫌がりそうだよね」

かがみ「うちの小児歯科は普通の歯医者さんみたいに白いカベで無機質な感じじゃないよ。LEGOみたいにカラフルな色で外装も内装も楽しげにしてプレイルームで歯医者さんコワイって言ってる子どもと遊んで気に入ってもらうのも大切なワタシの仕事ね」

僕「ほう、たしかに大切かもね」

かがみ「矯正っていうと子どものためだと思われがちだけどウチは大人向けの矯正もやってるのよ」

僕「うん」

かがみ「八重歯がカワイイとかそういうのは昔の日本の文化ね。噛み合わせが悪いと健康全体に悪影響あるし」

僕「ふうん」

かがみ「外見で引け目を感じてたら奥手な性格になっちゃう。歯並びを良くするためにはある程度削ったり抜いたりも大人の場合には必要になる場合もあるわね。そこでインプラント奥歯に入れる場合もある」

僕「うん」

かがみ「表側矯正でブリッジが目立つのが気になるなら、今は裏側矯正やマウスピース矯正みたいに目立たない矯正方法もあるし」

僕「審美歯科っていうとインプラントのイメージがあるけど」

かがみ「インプラントって、高級な入れ歯ってワケじゃなくて、もうアゴへと人工歯を埋め込む手術だからね」

僕「うん」

かがみ「だから事前にCTスキャン撮ってそこからできるステント模型や全体の模型を作ってね」

僕「凝ってるね」

かがみ「インプラント施術に適合できるぐらいのアゴの骨の厚みがあったら、手術計画立てるんだけど、この手術をしたらいくらかかって、そこで得られるメリットは何かとか。患者さんもチームに含めて歯科従事者が説明していくのよ」

僕「丁寧だね。お金高くない?」

かがみ「保険適用外診療だから確かに高いわね。でもね、全部自分の歯を失って『あー、総入れ歯だと味気ないなあ』と思ってる患者さんに全部30本ぐらいのインプラントを埋め込むワケじゃないのよ」

僕「ほう」

かがみ「インプラントをアゴの要所に入れて、そこで人工歯を支えるオールオンフォーって施術があるの。費用面でも身体的な負担も少なくなっているのよ」

僕「最先端技術なんだねえ」

かがみ「あとは予防歯科ね。虫歯になってから来院するよりも定期的に来てもらってバイオフィルムを除去するとか、メンテナンスが大事だから。メンタルヘルスも一次予防が大事でしょ。糖尿で歯周病になったら命取りだしね」

※ 審美歯科医院、クリニックで働いている臨床心理士、公認心理師は実際にいます。

保険適用外なので結構宣伝にお金もかけて立派なホームページを出しています。

審美歯科はお金もうけ重視に見られがちな医療領域ですが、患者さんを第一に考えながらきちんと不安な人たちの手当てをしていくことができれば、患者さんの心身の安定や生活の質の向上にも寄与していけるでしょう。

今後、主流でなくても審美歯科心理職は活躍していくものと思います。

F3AEBC26-4B5E-4502-A268-861745E0A0A5

美容整形公認心理師さなみちゃんの憂鬱

さなみ「心理カウンセラーの面接に来たみなみさなみです。」

事務長「あら、電話は可愛い声だったけど、実物も悪くないわね。あなた何歳?」

さなみ「はい、25歳です」

事務長「うん、合格、じゃ、うちのクリニックでは40歳で通してね」

さなみ「えっ」

事務長「ほら、うちのクリニック来た患者さんに『うあわ、40歳なのにこのクリニックの施術を受けてるからこんなに若ーい』って思われたら宣伝になるでしょ?だからあなたは今日から40歳」

さなみ「・・・はい・・・」

事務長「私も40歳だけど65歳で逆サバ読んでるんだからね。ところでウチのクリニックのウリはわかる?」

さなみ「はあ、ホームページ見たからいろいろとやってるなあと」

事務長「まずはフェイスでいうとボトックス注射はきちんとおススメしてね、それからほうれい線へのヒアルロン酸注入、それから顔のたるみのリフトアップ」

さなみ「えっ、そういうこと大学院で習ってない」

事務長「それはどうでもいいから。あと高濃度ビタミンC注射とか点滴ね、プラセンタ注射は回数多く来てもらっているうちに他の施術も受けたくなるように勧誘してもらってるのよ」

さなみ「はあ」

事務長「で、セット価格で夏の割引セールや学割を今だけやってるから、お客様になるべく多く限定パックおススメして」

さなみ「えっ?私が?」

事務長「当たり前でしょ、美容整形外科のカウンセラーなんだから売らなくちゃ。ウチのクリニックは院長の方針で国家資格の公認心理師所持者だと美容カウンセラーにもハクがつくかなって」

さなみ「うーん」

事務長「お客様でね、若くてお給料も安いから施術にためらっている人にはウチのクリニックのビューティ分割ローンをおススメしてね。『1日当たりわずかコーヒー一杯の値段ですから』って言えばハードルも下がるから」

さなみ「おいくらのコーヒーをどのぐらいの期間飲むんですか?」

事務長「気分次第でトークの中で笑顔で電卓叩けばいいじゃない。あとバストね」

さなみ「ちょ、待っ」

事務長「タブレットに写真入ってるからカウンセリングの時にはこの写真見せてあげて。生理食塩水バッグはバストが石灰化したりしこりが残るか、除去術をしなきゃいけないけど、うちのクリニックはヒアルロン酸注入と自己脂肪注入で自然なバストアップしてるの。もっとも今バッグ入れてるクリニックはないけどね」

さなみ「いろいろやってるんですね。ですけど・・・」

事務長「うちの脂肪注入バストアップはね、本人の太ももから抽出した自己脂肪を遠心分離器にかけて不純物を除去してから注入しているから異物反応が起きにくいのよ。そしてヒアルロン酸は分子が大きいから通常は1年しか持たないのに3年持つのがウリね」

さなみ「はあ」

事務長「高濃度ビタミンC点滴は週1回をオススメしてね。あと酸素カプセルセット価格で今25パーセント引きだから」

さなみ「あのですね、ところで私心理カウンセラー採用って聞いたから面接に来たんですけど」

事務長「うん?だから合格よ。ウチのクリニックはビューティアンドスリムメンタルカウンセラーB&Sメンタルカウンセラー認定資格発行してるからその証書にローマ字でキレイにサインしておいて。ところで公認心理師の資格証書ってあるの?」

さなみ「えっ、これですけど」

事務長「センス悪いドムラサキ色のケースねえ、中身も小学生が町内会の相撲大会でもらえる賞状みたいな・・・

さなみ「うん、で、私カウンセリングの仕事志望して来たんです」

事務長「あなたどこに住んでるの?」

さなみ「埼玉県所沢市ですけど」

事務長「うーん、うちね、南青山にあるクリニックだから、あなた表参道に住んでて、そこのマンションから来たっていう格好してきてくれる?今着てる服◯ニクロなんでしょ?」

さなみ「えっと、ラフな格好で面接来て下さいって書いてあったから」

事務長「じゃ、むしろ高いスーツがいいわね。持ってなかったらうちでいい白衣用意してもいいし」

さなみ「はい、私大学院で認知行動療法で修論書いて児童対象の限局性学習障害の研究してたんですけど、ちょっとここの仕事は・・・」

事務長「そこにあるカウンセリングルームはすごく立派な内装なのね、お客様がVIP待遇されてるって感じられるように」

さなみ「えっと」

事務長「で、このクリニックの向かいにエステサロンがあるじゃない」

さなみ「ああ、あれですね」

事務長「エステ脱毛は施術が完全じゃないこともあるし、何回も通わなきゃいけないから医療脱毛の方が安心で結局安いってお客様には言ってね。痛みも少ないし。」

さなみ「はあ」

事務長「お給料は初任給28万円プラス当社規定の歩合給ね、初任給は3カ月保証、あとは実力主義ね。新卒でこんなに出してくれるところないでしょ」

さなみ「まあそれはそうですけど、1日コーヒー何杯分のお給料なんですか?」

事務長「売上によっては◯ターバックスの最高級コーヒーが何杯分も飲めるわ、じゃ、明日8時半出勤ね。笑顔でお客様を安心させてどんどんクリニックの売上げに貢献してね。院長にあいさつしてもらいたかったけど、院長は今日は福岡院行ってるの。1人で大阪院と3つ掛け持ちしてるから。でも電話に出るときはそういうことは言わないように」

さなみ「えっと、ありがたい話ですけどそう言えば私他にカウンセリングのバイトやってて毎日来られないの思い出して」

事務長「あら、うちのクリニック土日もカウンセリングもやってるし21時まで空いてるからその仕事の合間に来てね。こっちもありがたいわ」

さなみ「あのですね、こういう美容整形外科って私知識もないし本当に効果があるかどうかわからないし」

事務長「大丈夫、私がしっかり教えるから一緒に頑張りましょう。最初はみんな素人なの」

さなみ「あの、忙しいから今日は帰ってからいったんよく考えてみようかと」

事務長「はい、じゃ、この雇用契約書にハンコとサインね。そしたら今日は終わりね」

さなみ「いえ、結構で」

事務長「そうなのよ、うちは結構いい評判があってお客様からも従業員からも評価が高いのよ」

さなみ「ぅ゛〜ゎ゛カゝ丶)まιナニすひ″レよ″せω」

事務長「わかってくれてありがとうね。さなみちゃんがハンコついた契約書預かったわよ。じゃ、明日から私たちの仲間ね、私たちのお金、じゃなくてお客様への最高のサービスのために頑張りましょ!」

さなみ「レよレヽ─」

ECBD5B23-A58A-4CB7-BD89-0397BE5A1A4B

公認心理師・臨床心理士の就・転職の仕方

新卒で恵まれた就職をして、そこで長く働ければそれに越したことはないのですが、心理職はさまざまな理由から転職を繰り返します。

新卒就職時に安定した職場を探すことができて長く働ければそれが一番です。

公務員、大学病院に勤められたらそこでずっと就労することが一番です。

安定した公務員職場でも昨日触れたようにセクハラ、パワハラがあったり、働き方改革?なにそれ美味しいの?という長時間荷重労働の職場があります。

国家公務員ならヒラでも2年に一回全国移動、地方でも自治体の端から端まで移動させられる場合もあり、職場の安定=長期間勤められるというわけではなく、女性の心理職はそれで泣く泣く辞職することもあります。

心理職は元々職場のパイが少なく安い時給、安月給ということから、もっといい職場を探して転職を余儀なく繰り返す人々が多いです。

さて、そして医療、教育、福祉、司法、産業の領域で仕事をしているとその領域を超えての転職は難しいです。

同じ領域内でもピンポイントで求人募集していることがあり、どうやって入り込めるの?というような募集があります。

「産婦人科心理業務10年、5人以上の部下を持った管理職経験3年以上、医療事務業務に明るく、医事統計業務にも長けている者」というようなハードルが高い募集もあります。

僕自身ハローワークに非常勤相談員として勤務していた経験があります。

履歴書、職務経歴書の書き方、面接の受け方などをコーチしていたことがあります。

僕自身も求職者としてあちこちを渡り歩いてものすごい数の履歴書を送り、多数面接も受けて領域を超えた転職をしてきました。

僕がした求職方法で一番固いのはコネです。

口利きをしてくれる人がいればそれが身元や能力の保証にもなるのでそれが最も有効です。

あと、万人にはおススメできない転職方法としては電話営業です。

医歯薬系薬剤メーカー、医薬機器、出版社、求人媒体はあちこちの病院やクリニックに飛び込み営業をかけています。

そこで僕も100件以上あちこちに採用面接応募をしたら「あ、今ちょうど人探ししてたところ」と奇跡的に雇ってくれた病院がありました。

一般就職のコーチを大学生にしていたこともあるのですが、志望動機と自己PRだけが大切と中谷彰宏氏が言っていたのは本当です。

志望動機や自己PRの中に自分の長所を織り交ぜる、「あなたの短所は?」といった意地悪そうな質問には「なかなか人に頼まれると断れなくて引き受けてしまうことですね。忙しくなるけど達成した時には喜びを感じます」

と答えると「依頼された仕事は嫌がらずにきちんと完成させる人」という長所アピールになります。

心理職の面接もほぼほぼ一般企業面接と変わらないところがあります。

新卒ポテンシャル採用ならば「一緒に仕事をして協調性があって働きやすい人か?」も大切で、テキパキとした受け答えができるかどうかという地頭の良さも見られます。

中途採用も同じです。

中途採用ならば管理職として採用されるかもしれませんし、心理テストができるという即戦力も重視されます。

心理職の場合、新卒でも学歴はあまり重視されません。

中途採用の場合はなおさらです。

心理職は掛け持ちで仕事をしていた経歴が多いので転職回数はそれほど大きな問題にならないことが多いのですが、「何か問題を起こしてヤメたの?」と思われるのはまずいです。

履歴書や職務経歴書に「◯◯社メンタルヘルス部門事業廃止のため」とか「夫の転勤のため」「育児のため」「介護」と誰でも納得できるような理由を書きます。

不思議なもので文書の中に理由を書いておくと面接官は「あ、そうなんだ」と納得して面接ではあまり突っ込んで来ないのであらかじめ書いておくことがおススメです。

あちこちの就職サイトで言われているように前の勤め先の悪口は絶対に書きません、言いません。

不満ばかり抱きやすく、すぐ辞めてその就職先の悪口を言いふらすのではないかと警戒されます。

それから、公務員を辞めた人については「何故辞職したの?」という照会があっても官公署以外には答えません。

嘘の経歴はダメです。

内定後に「じゃ、前の勤務先の在籍証明書出してね」と言われることがあります。

在籍証明書には職印の押印を求められます。

職印は絶対に手に入りませんし、ハンコ屋さんでも作れません。

もしなんらかの方法で不正に職印を押せたとしてもそれは有印私文書、有印公文書作成同行使で間違いなく実刑判決が出る重い犯罪です。

と、心理職の就職も一般の就職とあまり変わらないところ多々あります。

心理職が領域を超えて転職をする時は福祉⇄教育ならばそこで発達障害当事者を多く見てきた経験、産業⇄医療でも多くの精神疾患を対象としてきて他医療従事者と連携を取った経験、司法は法に明るいことがアピールポイントになると思います。

D45B3720-92BF-4476-90BF-F982EFAD10D9

◯ 公認心理師・臨床心理士のメンタルヘルス

(以下個人情報保護のため大幅に改変してあります。)

僕「そう言えばこの研究会、◯◯君っていう若い人が名簿にあるけど姿見たことないねえ」

A君「うーん、僕もないんだよね」

C君「公務員なんだけどすっごく激務で適応障害とかで休んでるみたいよ」

僕「長いの?」

C君「3年目だから失職するみたい」

僕「公務員なのにもったいないなあ」

C君「うーん、すごく自信家で野心があってね、それが行き過ぎで周りの人たちとうまくいかなかったみたいだけど僕も詳しくは知らないんだよね」

(後日某学会)

僕「あ、Dさんお久しぶり」

Dさん「ひなたさんお久しぶり」

僕「どう?▽▽県は寒いでしょ、Eさんは元気?」

Dさん「辞めちゃったよ、Eさんの職場どうも人がいつかなくて」

僕「えっ、意外だなあ。F社みたいな大会社働きやすそうなんだけど、前にも誰か辞めてなかった?」

Dさん「うーん、Gさんとか?」

僕「ほら、Hさんとか。どうしたのかねえ」

Dさん「ちょっとそれは・・・あ、私人と待ち合わせてるからまたね」

(また別の日)

僕「Iさんに聞きたい資料があって電話したんだけど」

Iさん「ひなた君だよね、お久しぶり。感音難聴で聞こえにくいから大きな声で喋ってもらえる?」

僕「えっ、大丈夫?」

Iさん「いや、今はこんな感じだから事務室でレセプト業務やってるのよ。ストレス性みたいよ」

僕「うーん、お大事にね」

※ 心理の仕事をしていると「大変なお仕事ですね、どうやって気持ちを保っているんですか?」と聞かれ、「僕もほら、上級カウンセラーの人に話聞いてもらったりして気持ちの平衡保っているんですよ、だから大丈夫なんですよね」

とか答えていますが内実は全然平気じゃない人も多いです。

心理職も人間なので精神疾患に限らず身体疾患やそこから派生するストレス、家庭の特殊事情などさまざまな問題を抱えていることがあります。

よく言われているのが精神科医や臨床心理士は精神医学や臨床心理学を選ぶ時点で、そういった専門領域を何か自分のメンタルに問題を抱えている人が多いのではないかということです。

精神科医や臨床心理士の自死率が高いとよく聞きます。

双極性障害の人がいて病休を繰り返しながらやっとのことで仕事をしているとか高次脳機能障害で必死にメモを取りながらカウンセリングをしているなどと聞くと大変だなあと思います。

僕の師匠の先生方も引退したり中には亡くなった方も多いのですが、老人性のうつ病になっているらしいと聞くと、逃れられないものですし仕方ないと思いつつ心配もします。

医師や心理職で仕事はとても熱心でまともにできていても、次から次へと異性遍歴を繰り返す人格障害圏の人、摂食障害の人、立派で地元から尊敬を集めていた人がアルコール依存症でDV加害者だった人もいたなあと思い出します。

心理職の不養生ではないですけれども、なんとかベンゾジアゼピン系抗不安薬やSSRIで凌いでいる人もいます。

職場が激務だったり、人間関係が大変だったりが発症の原因だったのではないかなどなど聞くと、おうちには千美梨ちゃんもいるし、僕はなんとか心理職としての職業人生をきちんと全うしたいなあと思っています。

↑このページのトップヘ