ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:第5回公認心理師試験

85857F66-0FAA-4887-8391-ABB9AAB45B7E

公認心理師試験・この時期のモチベーションの上げ方

1.はじめに

この時期は微妙に難しい時期です。試験まで時間があるようでまだ大丈夫かなと思ってしまう。基礎心理から勉強しようとすると、だいたいにおいてとりかかりの基礎心理はそんなに面白いものではないので(まず心理学史からやり込むと面白くなります。)なかなかとりかかり始められない。

どこからスケジュールを組んで勉強をしたらいいかわからない。再受験はがっくりとしていてなかなかモチベーションが上がらない。そんな受験生の方々のお役に立てればと思い本記事を書き起こしている次第です。

2.とりかかるためのモチベーションの上げ方

「なぜ公認心理師になりたいのか?」原点に戻って考えてみましょう。心理学部、心理学科に入った時から心理職に就きたいと思っていた人も多いでしょう。

そうであれば突き進むのみ、ということになります。資格は武器になります。就職の際も国家資格を持っているということは相当なアドバンテージになります。特に病院勤務の人でも福祉、教育領域の人でも心理職としては一目置かれるのではないでしょうか。

今は過渡期なので臨床心理士の方が資格として強いですし知名度もありますが今後10年経つとどうなるかわかりません。最近では茨城大学が臨床心理士養成課程を廃止して公認心理師のみにしました。

さて、心理職でない他の仕事をしながらこの資格を取ろうとして来た人たちと僕はずいぶん話して来ました。合格者も不合格者もいます。この中には心理職に自分のアイデンティティを感じ、実際に心理職に転職した人もいます。

意欲も相当にありますが、やはり心理専攻でない人が公認心理師の幅広い分野を学習していくことには困難さがあるでしょう。それでも「公認心理師になりたい」のはなぜでしょうか。

他職種の人たちの熱意はかなり高い、というのが僕の感想です。心理学の国家資格を取得して臨床心理スピリットを現在の仕事に生かしたいという人たちです。

ともすると他職種の人たちと心理職は共通原語が乏しく、コミュニケーションに齟齬が生じることがあります。

この辺りに批判があるのは知っていますが「経過措置」として公認心理師法で認められた合法的な受験者なので「多職種連携」がスムーズになるということが期待できます。

「どうして自分はこの資格を取りたいのか」自分に向き合うということが大切だと思うのです。

3.スケジューリングを作る

どんなに勉強が得意な人でも、例えばブループリントのわからない用語を徹底的に調べていたら試験までに間に合わないでしょう。

過去問を解いていればわかるのですがブループリント小項目に掲載されていない問題は多く出題されています。大項目で「健康・医療に関する心理学」であれば心身症のうち何を出題してもそれは試験委員の自由です。

過去問をやる→テキストをやる→ブループリントを調べる

どこからとりかかってもいいですし、スケジューリングは行っていきながら修正に修正を重ねていけばいいと思います。

やり方は人それぞれですが勉強をしていくうちに見えてくる、やるべき分野を克服していくことがきっと役立ちます。

4.「勉強癖」を身につけるには

「勉強をしない」「キライ」ということではこの試験は合格できません。かなり熱心に勉強していた人でも不合格の憂き目を見ています。

ですので「2」と共通するところもあるのですが、直接この資格試験と関係が薄そうでも(でも試験に出ることは十分あり得る)事例センスを磨くために興味のある分野のニュースを丹念に読んでおくことでも、何でもいいので「机or調べ物をするためにPCでもスマホでもそこに向かって関連のありそうな知識をインプットしていくことが大切になるかもしれません。

そして「調べ癖」をつけておくとインプットの仕方は上手になるでしょう。

5.仲間作り

以前にも書きましたが同じ目標を持つ仲間がいると勉強する意欲が湧いてきます。もちろんこれは人によるので、あくまでも自分のペースでやりたいという人はそれでいいと思います。

グループチャットシステムはあちこちにあります。合格者の人が受験生に教える、またはZoomでもそういった試みをしている場合もあります。少しでもそういった機会があれば食いついていってもいいのではないでしょうか。

6.結語

どうしてもモチベーションが上がらない人は模試を受けてみるのもひとつの手段です。その結果焦ることができたら合格への道につながります。結局のところこの試験に合格したければ無理やりにでもモチベーションを上げて勉強をしていかなければなりません。

冒頭に書いた「なぜこの資格を取りたいのか」という自分に向き合うこと、これが第一だと思います。こういったメタ認知ができないとならないと思うのです。とても厳しいことを敢えて言いますが「自分に向き合えない人は試験にも向き合えない」と考えています。

さて、思いつくことをつらつらと書いてみましたが今この時期のモチベーションを上げて合格への扉を開けられる人はぜひ頑張って欲しいと思うのです。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

4ACBA742-D16C-43EA-AD22-3705F1D4644B

○ 第5回公認心理師試験日は7月頃

【今後の公認心理師試験について】

日本心理研修センターの公式発表です。例年通り詳細な日時や出題委員については試験半年前に発表になる予定です。

新卒者は卒業後3カ月あまりで試験というタイトなスケジュールですが、これまでの素晴らしい実績で高い合格率を上げてくれるのではないかと期待しています。

また、その他のルートのみなさんにおいては第4回試験で合格点が5点ハードルを上げられたことで衝撃を受けている方々も少なからずともいらっしゃると思いますが、試験勉強に王道はありません。

なるべく早く勉強に取り掛かって勉強時間を確保していくことをお勧めします。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

50223A4D-8D72-4677-B2F1-E98125A802FB

公認心理師第5回試験現任者講習会定員は2万人以上・の意味するもの

厚生労働省から通知されている現任者講習会の定員の概算を合計してみました。定員一杯で申し込めないところも多いようですが、まだキャンセル待ちやこれから追加予約をするところもあり、あくまで概数ですが、現任者講習会の定員は2万人程度です。

2021.7 月末日の公認心理師登録者数 42,555 人(日本心理研修センター発表)、前回第4回受験者推定概数(現任者講習受講者及びこれまでの傾向から) 1万人前後、第5回はGルート現任者による駆け込み最後の受験チャンスになるので受験者数が増える、そこで現任者講習受講者も多かったのかな?と思いました。

次回第 5回はきっと公認心理師の総定員を見込んでの試験になるのではないかとも思います。とは言え(あくまで予測ですが)試験が急にものすごく難化したり、易化したりすることもないと思います。資格としての同一性が保てなくなるからです。

公認心理師試験実施前に行なわれていた公認心理師カリキュラム等検討委員会では、現在なんらかの形で心理職として働いている人員は全国に 5~6 万人いると推計していました。

なんとなくの予想ですが、公認心理師登録者はこの程度の数値にしておきたいのかなと思います。

ただ、これは厚生労働省公認心理師制度推進室も日本心理研修センターもわかっていることですが、G ルート他職種で「資格は取ってみたけれど…心理職に転職するわけでもないし」という人たちが一定数いることは把握しているでしょう。

これも僕の「なんとなく」の感覚ですが、公認心理師の全体数を決めているのもGルート定員を決めているのも、公認心理師制度推進室でも日本心理研修センターではないような気がします。カリキュラム等検討委員会のような、大枠を決める意図を持つ上層部の人々が最終的な方針を打ち出しているのかなあという感触を受けています。

さて、予測の話ばかりになって申し訳ないのですが、結局第5回試験までに「実働公認心理師数」として国家資格を持つ心理職を5~6万人養成したいのではないかと思います。

最近 Twitter の中で他職種 G ルートと臨床心理士のそれぞれの専門性論議が凄い勢いでなされていたのですが、僕の私見としては

(1) 心理職としての専門性を発揮したい人は今までどおり臨床心理士(を中心としたその他周辺資格を含む)+公認心理師としてやっていく、そして国家資格取得者としての専門性を生かす

(2) 他職種の人で資格を取得した人は他職種のままやっていく(心理職に転換したい人はそうしてみる。)

(3) 元々心理職ではなかったけれども公認心理師資格を生かして何かをしたい人はそのための自己研鑽をして(ストレスチェック実施者、福祉関係における心理テスト実施者、スクールカウンセラー等を)やっていく。公認心理師を取得して幅が広がった人はどの知識技能を何かに活用していく。

ということを考えてみれば、僕としては大枠では上記 3 点に収束するので、特にお互い争う必要性があるわけでもなく、棲み分けをしていけばいいだけの話なのだろうと思って見ていました。

(2)の人数がどれだけいるのか、日本心理研修センターや公認心理師制度推進室も正確に確認のしようはないのですが、調査、研究を経てなんとなく概数はつかんでいるでしょう。

ということで、第5 回試験までにこれまで心理職としてやってきていた人たちで国家資格を取りたいという人が試験に合格すればそのままスライディングさせる、(2)、(3)の人たちの存在も否定するのではなく、違った知見をお互いに交換しながら新しい心理的支援のあり方についてさまざまな人々が広く考えていくということではいけないでしょうか。

公認心理師法が規定している、この制度によって心の健康の保持増進が期待されているのは要心理的支援者だけではありません。「国民」全体です(第1条)。「国民」にとって何が望ましいのかということは公認心理師制度全体を考えていくにはとても難しい課題です。

ケースバイケースで判断していくしかないのですが、確かに臨床心理士でも資質的な制限を持っている人は残念ながらいます。特にクライエントさんとしては、相手がどんな資格を持っている人で、大学院を出ていようがいまいが、自分を助けてくれる、共感性を持って接してくれる人を求めていることは事実です。

そして、従来から心理職をしている人で公認心理師を取得した人は高い専門性を持っているということに誇りを感じていて欲しいとも思っています。ほとんどの心理職は公認心理師試験のための受験勉強が勉強の全てではなかったでしょう。学部のころから統計や実験法の習得に苦慮し、課題を次々と提出し、レポートを書いて、卒論、修論を書いて、ケースや検査の SV について、と専門性をかなり深めていたと思います。

要するに、この資格を生かしていく上でとかく国民第一に考えていく、その重要性は、経過移行措置のための現任者に限らず、他ルートで合格、登録をした公認心理師についてもそれは同じことだと考えているのです。それは人数の問題ではないと思いました。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

↑このページのトップヘ