ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:日本心理学会

047B3530-B79D-4B75-960F-487F92BABF74

◯ オンライン・日本心理学会もカウンセリングも公認心理師予備校も飲み会もオンライン

以前、「オンラインカウンセリングってどう?無料or and有料カウンセリングはどっちがいいの?その可能性と利用法」という記事を書いたことがあるのですが、
http://hinata.website/archives/23725026.html
その当時は2020.2.28ということで、まだ新型コロナがここまで流行して社会的ダメージが大きくなるという予測をしていないでのほほんとしていたのですが(阿呆)オンラインは小学校でも使われているぐらいですので、学会もサクサクとオンライン化したようです。ちなみに自分の予定表を見ても2020.1月が心理職の最終研修で、今後は顔合わせでやるべきじゃないなあ、と言っていたのを思い出します。

僕らの研究会はまあやらなくても大変なことにはならないので、むしろ広域移動を伴うことを考えるとそっちの方が好ましくないと思って電話でCOVID-19のことなど情報交換しています。

オンライン学会の走りとしては、3月2日〜3月4日までは電子情報通信学会、情報処理学会、日本データベース学会という3学会がオンライン学会を開催、流石この道のプロフェッショナルだけあって大成功を収めました。学会という形式で行うに際し、質問者が複数いた場合にどうするか、などさまざまな問題をクリアして実施したようです。

ただし、こうした情報処理関係学会についても人の顔を直接見られない、演者や質問者のオンラインだけでない顔が見られないというデメリットはあったようです。

さまざまな学会のこれまでの成功のノウハウを集められたからでしょうか。日本心理学会は2020.9.8〜9.10までの大会を基本的にオンライン化することに決めたそうです。日本心理学会といえば、認知心理学、実験心理学、情報処理関係科学、人間工学等のエキスパート揃いなので、これは流石だなと感心しています。

日本心理臨床学会は6月上旬までに、場合によっては実施、中止を決めるそうですが、もしも折衷的にオンライン実施としてもあれだけ大規模な学会をオンラインで行うのはかなりの困難が伴うでしょう。シンポジウムなど活発に多数の人が意見交換を行う場合の統制は誰がどうするの?

と思うわけです。ポスター発表などはpdfで見られるでしょう。こういう学会発表やポスター発表を保存されてしまったらどうなるのでしょうか?日本心理臨床学会はポスター発表も含めてカメラや録音といった電子媒体記録を禁じています。しかしオンラインだとそれが容易になってしまいます。プライバシーや研究倫理にかかわる問題など、様々な課題をクリアしていかなければならないでしょう。

さて、次にオンラインカウンセリングについてです。カウンセリングは確かに対面に勝るカウンセリングはありません。相手の口調や細かいニュアンスはわからないです。それではオンラインカウンセリングは意味がないのか?というと、これまでカウンセラーと緊密なラポールを築いてきたクライエントさんにとっては「誰かとつながっていたい、それだけでいいから」という渇望に近い気持ちがあります。

新規のクライエントさんについても同じことが言えます。何かにすがりたいほど困っている人はオンラインだろうが電話だろうがメールだろうが救われたいものです。だからオンラインが絶対悪い、とは言えません。むしろ臨床心理学もオンラインの新しい試みにどう適応できるかが迫られているわけです。

開業心理の北川清一郎先生はいち早くカウンセリングをオンライン化してさらにオンラインカウンセリングのやり方をオンライン講義で広めるという、迅速な対応をしていたのでいたく感心しました。

次に教育です。オンラインによる教育は英会話でも以前からありますが、オンライン教育の良さは何よりもその安さにあります。

IPSA(イプサ)心理学大学院予備校の電話取材もしましたが、ここもオンラインでの授業をやっています。youtubeで無料公認心理師動画を配信しているプロロゴスさんもオンライン授業を提供しています。セカンダリー でWEB模擬試験を行い、またこころJOB(メディカ出版)でもWEB動画視聴プラン税込9000円と破格の安さで講義を提供しています。試験日程が延期になり、在宅ワークや在宅学習が中心となった方々は格安の投資で質の高い授業が得られるのでおすすめです。

さて、(僕には友だちがいないのでよくわかりませんが)zoomオンライン飲み会も流行っています。厚生労働省も遠隔飲み会を勧めていますが、これには大きな罠があります。

zoomはグルチャと同じで、インしたければどこまでもインし続けて、フェイドアウトしたくない人はどこまでもい続けることができます。つまり飲んだくれても特に止める人もいないし、直接絡まれるわけでもないので酔っ払っても朝酒から深夜まで飲み続けることができるという、実にヤバいシステムなのです。

人と人のつながりが空疎化していると言われるのでSNSが流行りましたと昔から言われています。SNSで恋人を作る、結婚する人たちも多々いるわけです。SNSやオンラインだとその人は自分のいい面だけ見せることも可能です。ハマりやすい人はハマりやすいだろうなあと思います。アルコール依存についても心配になりますが、医師や心理職もなかなかzoom飲みにハマって飲んだくれているのを聞くと心配になります。

以上オンラインと臨床にまつわることをつらつらと書いてみましたが、外出自粛の今、オンラインとの上手な付き合い方について考えてみました。今日のテーマにふさわしく、含蓄が深い
soraさんの文で締めくくります。

photo&lyric by 𝚜 𝚘 𝚛 𝚊 ໒꒱⋆゚

私たちが普段かざしている価値観や言葉は、この世界のどこかで見たり聞いたりしたものが元になっていて、ゼロから生まれ出るものではないはず。世を駆ける数多の想いが自分の血となり肉となり、私という魂を介して再び世界を駆け巡る。世界は互いに影響し合い、共鳴し合い、循環しているんだろうね。

4A43FF4A-8E8B-411E-AE20-6AC5F35DB83C

◯ 意見絶賛募集中・公認心理師養成授業案(シラバス)

日本心理学会は公認心理師養成大学院で教えるべき内容についての授業計画案を2019/10/7に発表、これに対するパブリックコメント(意見募集)を始めました。

これに先立って2018/8/22には大学教育課程シラバスも発表されています。

大学院シラバス案を見て思ったのは、臨床心理士試験の出題基準よりもかなり幅広いということです。

ちなみに臨床心理士の出題範囲は「広く心理学の基礎的設問に加えて、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識が問われます。また、臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。」

とだけ日本臨床心理士資格認定協会の定義には書かれていて細かなブループリントなどは存在しません。

もちろん日本心理学会のシラバスにはプロの心理職としてやっていくためには必要な知識は多いです。

教育福祉分野では障害児のための放課後デイサービス、教育移行支援(特別支援を必要とする児童生徒がスムーズに次の段階に移る支援)がシラバスにはあります。

また、犯罪矯正心理学上の反応性原則、北海道追試で出たRNRモデルは、犯罪加害者へ適正な処遇を適切な量だけ行うというもので、このあたりの知識は心理職には知っておいて欲しいなあと思います。

リラプスプリベンションモデルという、薬物介入をいつのタイミングで行うかという設問はシラバスに書かれていませんが反応性原則に準じているのでそのうち試験に出るかもしれません。

ただ、このシラバスに記されている内科診断学、予診、身体医療になると心理職は学習に困難を覚えるでしょう。

内科知識全般、感染症予防対策、予防医学知識を得るのは心理職の仕事とは少し違うのではないかと思います。

また、力動的精神分析的精神療法もシラバスに入っていますが、精神療法の出題のバランスでは認知行動療法にかなり肩入れしていると思いました。

2018/8/22に日本心理学会から発表された学部シラバスでは消費者マーケティング、経営学、刑法、民法、遺伝子、細胞学、交通法規なども入っていたので公認心理師養成のために入学した学生さんたちは相当に多忙になりそうです。

こういったシラバスの学習内容は過去3回の公認心理師心理師試験でも何題も出ていて、ブループリントにもない内容でした。

元々公認心理師試験機関の日本心理研修センターには設立当時以来、日本心理学会がけん引している日本心理学諸学会連合(日心連)も深くかかわっていることから、日本心理学会の影響は相当に強いと思われます。

学会、大学という法人からのパブリックコメントも求められていますが、日本心理学会会員や「その他」の個人もパブリックコメントを出せるそうです。

パブリックコメントを出す出さないにかかわらず、受験生の方々や、興味のある方はシラバスに目を通してみてはいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ