ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:日本公認心理師協会

57CB7A0B-8FD0-4646-B18C-E30D21049509

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
不器用ながらもあの空めざして ໒꒱⋆゚

公認心理師の活動状況等に関する調査 Q&A

公認心理師の活動状況等に関する調査についてQ &A が掲載されていたので回答してみました。

以下僕の回答を示します。
調査の質問にも著作権があるそうなのでとりま回答だけ示しておきます。

それからTwitterもやっているのでぜひフォローしてみましょう。
#フォロバ0パーセント
#相互0
#日本公認心理師協会好きな人とつながりたい
#日本公認心理師協会RT・いいね
#日本公認心理師調査垢
#拡散希望

日本公認心理師協会 活動状況調査2020
このtweetに基づいて質問をしてみました。


1.とりまこの調査手続き全般について質問がありまぬん。日本心理研修センターは日本公認心理師協会とは別団体であるにもかかわらず、このような調査票を送付してきたことに関して驚きました( ゚д゚)一度日本心理研修センターから、個人情報を別団体に提供してもいいかということについて公認心理師全員に聞くべきだったのではないぬみんではないでしょうか?

2. 調査そのものはよきと思うぬから積極的に回答したぬん。みんなにもやって欲しいぬ。しかし日本公認心理師協会という団体そのものがよくわからぬ。公認心理師全体を統括する民主的な団体様ご一同と言えるのか?定款制定2014年12月17日と公認心理師法制定3年前に成立した団体は一体何者?各団体と一致協力して協働して調査を行ったとあるが公認心理師の会や日本臨床心理士資格認定協会には声をかけてなかろうぬ。公認心理師職能団体を標榜するなら会員数と組織率公表するなりよ。

3. お前らドヤ顔して公認心理師上位資格を作ろうとしているがそこら辺について公認心理師の民意を取れ。集金マシーンとみな言っとるぽよ。それから試験科目が適正かどうかを聞いて欲しいぬ。精神分析や描画、ロールシャッハ箱庭を勝手に抜くな。それも調査するぬん。このまま激しいシラバスでやったら学生も教員もメンブレる。なんとかするぬ

4. 私設開業領域や産業場面でのカウンセラーを痛めつけておいて各施設のハンコが載っていればおけまるという制度には疑問があるぬ。施設長に照会せよ。

5. 日本公認心理師協会はいつも思うがソフトウェアシステムががざつなり。まともにSEO対策してないから見つけるのに苦労したり字が小さいPDFで読ませるな。

6. 勝手に上位資格構想や日本公認心理師協会入れアピをしないこと。約束だぞ!

7.入力はとかく自由記載欄が少ない。だからこの回答はブログに掲載するぬ

by世界のひなた

※ というわけで僕はこの制度の発展を祈りつつQ &Aに記載しました。まだこの調査に回答していない方はぜひご参加するようお勧めします。

(おまけ)

現役美人頭脳明晰大学院生みおみんとの会話

僕:タイトルなげーよ
み:ふぁんだったら省略しないの!
僕:心理学勝負しようぜ
み:ふはは、負けるものか
僕:脳波、閉眼安静時と深い眠りの時の波形は?
み:えっとー認知症の脳波はθ波
僕:それじゃないんだけど。次、社会心理学用語、寛大効果、初頭効果、中心化傾向、ハロー効果とは?
み:…ねえ認知症の薬のガランタミン、リバスチグミン、メマンチン、薬!!この知識要る?
僕:臨床心理士は四環系抗うつ剤とかSSRI出してるからなあ、三隅二不二のリーダーシップ理論とは?
み:PM理論。パフォーマンス、メンテナンス。どや?
僕:おおすげえ
み:ところでホスピタリズムとか愛情剥奪ってスピッツでいいの?
僕:ボウルビィじゃないの?発達心理学だとちょい待って調べてみる。心理学検定だとボウルビィ、精神分析だとスピッツだな。すげえみおみん、これどっちかわかんねえww人格者障害B群は?
み:反社会性、境界性、自己愛性、演技性かな?
僕:おおすごい。ビッグ5
み:内向性外向性、神経症傾向、開放性あとなんだっけかな?誠実性と〜〜〜?協調性か!2つ分からんかった、だめや!
僕:開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向
み:ぷおー
僕:構造派家族療法の始祖
み:ミニューチン
僕:天才だぬ。障害によって性行動を亢進させる脳の部位、コールバーグの道徳性発達理論、プライミング効果、医療事故とはなんでしょう?エピソード記憶とは?
み:…ぎゃあ、ひなたんアンタ意地悪?
僕:いや、来年の試験までには実力つけて欲しいなと思って、愛のムチ
み:性格悪…
僕:今さら気づいたのかw草生える

75479E4F-AE6D-4749-A9BF-4FBEDB708F0B
photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
掴めそうな煌めく未来。


◯ 公認心理師の活動状況等に関する調査に答えてみたらメンブレた

まず封筒の中に入っていたのが公認心理師制度推進室、日本公認心理師協会、日本心理研修センターからの3枚の調査協力依頼。
くすぶっている個人情報保護のプライバシーポリシーには大いなる疑問を感じながら回答したわけです。

当局は調査事項は発表してはならぬと言っていたのでとりま僕の自由記載欄の回答だけ公開します。(改変なしそのまま)

細かい設問を読みながら記録しながらで結構メンブレたのですが、僕が書いた、質問に対する回答をそのまま転載します。

1.ドヤ顔をして専門上位資格創設を語る自称識者には疑問を感じるなう。地位の向上とは全く関係がない。倫理ガイドランが定まっていない。主治の医師は公認心理師が指示を受けなければならないことを知らない。文書で指示を受けた場合その料金は患者負担になる。医師に義務を課せ。チーム学校制度は廃止し、SCは独立機関としろ。試験から精神分析や芸術療法をなぜ除いたぬ。医師の出題者を減らせ。教員と学生のメンブレを危惧する。

2.職能団体が分裂している現在、一方の職能団体のみが調査を行っていることには疑問を感じる。職能団体は統一させるよう、厚労省から働きかけるべき。臨床心理士との共存共栄ではなく、臨床心理士をdisるだけの制度になっていてまずたんたんめん。資格や制度が 不安定なまま、両者での話し合いがなされていないのはやばみん。自由記載を多くすべき。この制度を育てていきたいという気持ちはこの文字数では伝わらないぬ。

まあ自由調査ということで、僕はじっくり考えながらやったので疲れてメンブレたのですが、結構簡単な調査です。やはり自由記載欄に多くの意見をみなさんに書いて欲しいと思うわけです。集まれば数は力です。

僕は僕で今後もこのブログやTwitterで情報発信を続けて言論の自由を振りまいていきたいと思った時代です。

(おまけ)
−でぃーえむにて−

みおみん:ちゃんと栄養のバランス取れたもの食べてね
僕:(みおみんは優しいなあ。画像貼っとこう)
サンドウィッチ
み:どう見てもそれサラダじゃない
僕:いや、述語うっかり抜いたぬ、サンドウィッチもさっき食べた。チーズとハムも入ってる。
み:述語抜き過ぎ
僕:そんな俺の仕事はカウンセラー
み:ダメだね
僕:よろしくお願いします。なんの問題もない
み:(何言ってんだこの人)
僕:俺の弟子にならないか
み:う、うん嫌です無理っす
(了)

528BF576-0816-436E-B55B-62D9F7C08507

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
笑えてますか
あの日の私が
微笑みかける


◯ 日本心理研修センターと日本公認心理師協会への電凸

1.序

今回、厚生労働省障害者総合福祉推進事業の一環として公認心理師の皆様にアンケート用紙が配られて来ます。僕自身はこのアンケートに自分の意見を書くのは大賛成で、上位資格創設に反対してやろうとか給料上げろとか色々と書けるいい機会なので是非参加してやろうと思っています。そしてみなさんも思いのたけをぜひ魂の叫びをシャウトして欲しいと思っています。

2.日本心理研修センターに電凸

このアンケートの意義は十分にあるので構わないのですが、疑問に思ったのは「日本心理研修センター」という試験を行う公的機関が日本公認心理師協会からの依頼で個人の最大のプライバシーである住所、氏名を日本心理研修センターに流していいものだろうか?

というものでした。こういった疑問を持つ人は多いでしょう。これに関してセンターに確認の電話をしてみたところ、インターネット上には明記していないが、公認心理師登録証の請求書に情報を公的に使用することがあり得るとは書いてあると明記されているとのことです。

公認心理師の職能団体は分裂しています。例えば臨床心理士会の会員であれば会員に動向調査をする、これは会員は自分の住所氏名を明らかにしているので、会員に対するアンケートは構わないけれども、臨床心理士全体に対するアンケートは行いません。こういった、公認心理師全員に対する調査を行っていいものだろうか?という疑問が湧きました。

ところがこの疑問はきちんと日本心理研修センター・サイトポリシー/個人情報等保護方針 に書いてあるではありませんか。


「個人情報等の第三者提供
個人情報等は,法令に定める場合等正当な理由のある場合を除き,事前に本人の同意を得ることなく第三者には提供しません。」

とあるのですが、

「個人情報等の委託
個人情報等の取得時に通知した利用目的の達成のため,個人情報等を外部に委託する場合は,委託先でも個人情報等が適切に扱われるよう,所定の水準に達していると認められる委託先とのみ業務委託します。」とも記載されています。

試験や登録の手続きに個人情報を提供するのは当たり前ですが、このアンケート実施が「所定の水準」に達しているかは不明です。したがって、本来なら日本心理研修センターが「こういったアンケートを日本公認心理師協会がやるのだけど個人情報を渡してもいいですか?」と聞くべきで、かなりこの辺りの個人情報の取り扱いはグレーだと思いました。

繰り返しますが
この調査そのものは大変意義のあるもので、多くの方に回答して欲しいと思っています。

2.公認心理師協会に電凸

僕からの質問は「アンケートの設問をネットに流していいか?」というものです。オフレコの話も聞かせてもらって興味津々だったのですが、こういったアンケート設問には著作権があります。

ひごろから僕は著作権にはかなり気を配っていて、著作の引用は引用部分と主従をはっきりさせています。ただしDSM-5はダメです。診断基準は図表扱いです。著作権を破ると大きなペナルティが科せられますがこの辺りに気を配らない人は多いです。DSM関連の記事 をいくつか僕は受験対策に書いていますが、ポケット版でもよいので診断基準はぜひ買って下さい。

あと、大学入試、公認心理師の過去問も創造されたものなので著作権があります。ただし、urlを貼るのは著作権法になりません。Twitter社の規定によるとtweetを画像としてjpegで貼るのは違反ですが、tweetそのものを貼るのは違反ではありません。それを知った上で書き込みをしなさいと明記してあります。ちょっと厄介ですがブログなどにtweetを埋め込むやり方はあります。

さて、僕は著作権があることを知って敢えて聞いてみたのですが、やはりアンケート設問は著作者の了解がないと難しいとのことでした。

そこで次に確認したのは公益社団法人日本複製権センターです。ここは著作権について詳しく教えてくれます。アンケートの設問はダメ、それならば「回答は?」と聞いたところ、設問を書かないで回答ならば構わないでしょうとのことでした。まあ僕なので 多少だけぶっ飛んだ回答をするかもしれませんが乞うご期待。

※ ちな、僕は知人からこの個人情報保護に関する文書が送られて来ましたので読んでみましたが個人的には納得できませんでした。

(おまけ・みおみん)

み:ワタシ、自信ないなあ。こんなんで心理職やってけるのかなあ
僕:大丈夫、俺を見ろ
み:あ、納得。大丈夫だわ
僕:おい

8EAF804D-7646-421F-BF44-5B6E072EC913

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
限りない想いを
限りある時にのせて ໒꒱⋆゚


C23DD787-AE9A-4A30-A343-3CDCFA0F72ED


◯ 日本公認心理師協会・絶賛参加者募集中・「公認心理師の活動状況等に関する調査」ご参加のお願い

が日本臨床心理士会と日本公認心理師協会のホームページ に記載されておりました。

なんだこの2団体は別々の団体と言いながら、ずぶずずぶやんけと思いつつページを開こうとしても考えてみればまだ郵便でIDとパスワードが来てない、公認心理師制度推進室の島田専門官によれば、これからの公認心理師制度について良くしていくためにぜひ回答をということだったのでぜひアンケートに答えて書いてやろうじゃないかと思っている次第です。

我らが心理職出身の輝ける星(冗談でなく本当にそう思っています。)公認心理師制度推進室島田専門官によれば公認心理師制度を良くしておくためには必要な研究で、研究結果に出てきたものについては十分に参考にしていきたい、ということでした。

島田専門官は上位資格については公認心理師制度が根付いていくまでは公認心理師制度推進室としては何も考えていない、ただし職能団体2つから連絡があれば連携していくという姿勢で、上位資格を2つの団体から陳情されてはいない様子でした。

この研究はあくまで公認心理師制度推進室は参考にしていくということで、僕が「その結果、上位資格設立が必要という結果が出てきたらどうします?」

と聞いたら島田専門官は声を一瞬詰まらせたような感じで「あくまで研究結果は参考で」というようなニュアンスだったのでぜひ上位資格は要らねえと僕はどんどん書いてやろうと思っています。

このブログは当初何気なく書いたものがいろんな人たちに読まれるようになってエラい人から◯◯病院◯会の姿勢に憤慨するのに同調されたり、書き過ぎだと忠告されたり、叱られることあり、とかくネット上の意見であっても「ひなた君の文は大きな影響力を持っているから注意して書いてくれ」と言われた、と知人の心理職や受験生などに話したら「誇大妄想?」と言われたのですが草、誇大妄想上等、どんどん意見を書いて
特に上位資格構想には大反対していきたいと考えています。

どうぞ公認心理師の皆さまもご協力のほとよろしくお願いします。

もうタグにしようかと思っています。

#公認心理師上位資格構想に反対します。

DAF400A5-B72A-4217-91A3-95F3FDF75D01

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
人生って、解答のない問題を解き続けるようなものだね。


◯ 上位資格と学会について公認心理師協会に聞いたぽよ

1.序

2020.8.26に日本公認心理師協会に電話したところ事務局長不在ということで2020.8.27に再電して聞いてみました。この日も事務局長不在ということでしたが事務局長からの伝言を事務局の方が預かっているということでその結果を記載します。
(取材なので掲載了承済)

1.上位資格

理事会の中の研修委員会で話し合っている。内部で検討中。その上で厚生労働省などに話を聞く機会もあるだろう。

ただし現段階で公式に発表できることは何もない。

2.日本公認心理師学会について

7月の総会で設立が承認された。ということで中味は何も決まってないのでこちらも公式に発表できることは何もない。

※ ということでした。現在厚生労働省障害福祉局で進めようとしている内容とリンクしているのかもしれません。あるいは現段階で発表できることはないと言いつつやはり上意下達である日突然下りてくるかもしれないことを危惧しています。

↑このページのトップヘ