ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:就職

FE3E502B-B9C9-46B2-B690-84603245B381

〇 臨床心理士・公認心理師・非常勤から常勤への面接術

1.序

心理職がとかく給料が安いというのは、その働き方で非常勤が多い、ということが理由のひとつということはよく言われています。考えてみればこれは当たり前のことで、アルバイトでいつでも雇えていつでも辞めさせることができるのは経営上都合がいいことですし、常勤にすると簡単に退職させることはできない、下手をすると労働基準監督署案件になってしまうから(ということを知らない事業所も多いですが)という面倒くささが伴っています。

非常勤で働いているみなさんは、社会保険はしっかりとしているでしょうか。正規職員の4分の3以上働いている場合には、介護保険、医療保険、雇用保険、年金保険、労災保険への加入させなければなりません。これは事務も煩瑣ですし、雇用側にとっては条件がしっかりとしていると非常勤でも本来きちんとしていならないのですが、日本の小さな事業所はいい加減なところが多いです。

ワンマン院長(社長)の裁量ひとつで気に入られなければ「明日から来なくていいよ」というのはいかにもよくありがちな話です。

そうであれば雇用条件がしっかりとした常勤で働きたいと思うのが当然のことで、心理職を目指して大学院に入った人が「旦那の扶養範囲内で働けばいいから別に専門性はそんなに求めなくてもいいわ」と思った人はいないものと思います。

そこで非常勤→常勤への面接を突破する方法を考えてみたいと思います。

2.ありがちな失敗

「どうして〇医院(弊社)を受験しようと思いましたか?」と聞かれて「子育ての手が離れて」と答えるのは実に微妙です。これで受験者の方が30代後半ぐらいで「あ、子作り打ち止めかな?」(禁止されているのでそういう質問は面接ではしてはならないことになっていますが)と言うと「なるほど、よしよし」となるのですが、20代ぐらいの人がそう答えると「あ、この人また子ども作ったらすぐ産休育休取るのかな」と思われて雇われにくい、ということは実際にあるでしょう。

しかも、雇う側はあくまで雇いたい、熱意ある動機のあるやる気のある人を探しているわけで「時間ができたから雇ってちょうだい。非常勤より常勤の方がお給料いいし」というのは本音であっても言ってはならないことです。

泣き落としは最も下策です。「ここで雇ってもらえないと経済的に苦しい」というのが本当であっても「それがどうした、こっちは欲しい人間を探しているわけで、困ったことがあるとすぐ弱音を吐く人間が欲しいわけではない」と思われてジエンドです。

若い女性心理職の方には結婚、出産はとても微妙な問題で、雇用側は聞いてはいけないのですがストレートに聞いてくれる場合もあります。「2番目のお子さんができたらどうしますか?」など聞かれたら(あるいは聞かれなくても)「夫の(自分の)両親の近くに転居したので両親が面倒見てくれますので」とさらっと言っておきましょう。

男性でもそうですが「俺が俺が」「私が私が」といきなり給料や雇用条件など、面接官が聞きたいことよりも自分の希望を述べるともうそれ以上は話を聞かずに短時間に面接を切り上げて「その後のご健闘をお祈りします」となってしまいます。

こういった社会性のない心理職の就職面接態度にげんなりして過去、医療系人材エージェントの中でも比較的大手は採算にならないと心理職から手を引いてしまったという例もあるぐらいです。

3.望ましい非常勤→常勤の転職への面接の臨み方

やはり、常勤になったらやりたいこと、非常勤ではできなかったこと、を熱意を持って話すのがいいのだと思います。それは何かというと、まずありきたりですが「腰を据えて落ち着いてじっくりと働きたい」という前向きな姿勢です。

これは非常勤→非常勤の場合にも当てはまるのですがきちんと就職先のことを前もって調べてある志望者に関しては好感を持つものです。ここで面接の8割が決まってしまう(要するに調べていないと8割負け)という場合も多いです。

「貴院ホームページを拝見させていただきましたが、医療法人〇〇会様では入院患者さんが退院したとしてもスムーズに社会復帰できるよう、デイケアや就労継続支援施設があり、また、患者様が通院しやすいようにサテライトクリニックを2つ持っています。理事長理念である、『〇〇会の、その先へ』を私も達成できるよう、雇用されたならさらに自己研鑽を積んでいきたいと思っています」とか、「単科クリニックで小児中心、スクールカウンセラーとして主に子どもとかかわって参りましたので、病棟のある病院でより支援を必要とする子どもたちの心理検査や療育に積極的にかかわっていきたいです」 という、「組織に染まる」姿勢が必要です。

非常勤でも一生懸命そこの現場に役立ちたいと職場のカラー合わせようとしていたとしても「あ、バイトね」ぐらいの扱いを周囲から受けていたことはなかったでしょうか。常勤はいわばその職場の「顔」です。中途採用は即戦力(は実際には無理でも)採用が建前なので、配属されたら〇〇をしたい、ということをアピールします。実際のところが違っていれば相手が言ったことに軌道修正をして自己アピールを重ねておきます。

「〇さんは家族支援もしたいって言ったけど、うちはそれはドクターが十分にやっているから」と言われたら素早く方向転換をして「それでは私が子どもの検査をやってプレイセラピーをやって行動観察をして、その結果をどんどんドクターに伝えていきたいと思います。内容もそうですが、面接官は臨機応変さがあるかどうかという地頭も見ているのです。

重要なのは、あくまで「採用面接」なのですから、非常勤で培った体験をどのように常勤で生かしていかるかということを相手に合わせてアピールしていくことです。志望者の個人的な事情はぶっちゃけどうでもいいですし、個人的な事柄を語って一緒に考えていくのはカウンセリングという場で行われる営みです。

さて、あとは面接内容ですが、面接官が心理の素人だった場合、専門用語ばかり並べられるとむしろげんなりしてしまいますので、「乳幼児テストは数十種類取れます」(必要なら)「親への集団精神療法(ペアレントトレーニング、保険点数が取れるので)ができます。と何ができるのかについては話しておきましょう。

どうも心理の専門家が面接官に入っているようであれば、「乳幼児の発達検査は何ができますか?」と聞かれるのでそこで「ウェクスラー式、鈴木ビネー、K‐ABC、遠城寺、津森、コース立方体などです」と言えばいいだけです。間違っても人事担当者に専門用語を使って尊敬する先生の話を長々と語ってはいけません。

あとは常勤だと、非常勤で働く人よりも「一緒にいて働きやすい人かどうか」をかなり見られますので、難しい質問でも常に笑顔で機転よく切り返すことが必要になります。スポーツの趣味はどんな就職面接の場合にでもプラスに働きます。特に集団競技はそうです。昔のことでも構わないので、学部、高校時代の運動部体験を聞かれてびっくりするかもしれませんが、協調性と健康さを聞いているわけです。

4.結語

心理職の求人は、一般就職と異なって割と1年中行っていることが多いです。悪く言えば心理はいなくてもなんとか回るけれどもいてくれれば助かる、というために欠員状態になっているところもあります。したがって雇用する側が上から目線になるのも仕方ないでしょう。そこに入っていくわけですから、どんどん前向きな姿勢で攻め込んで内定を勝ち取りましょう。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

D965AE59-AE53-4A3D-B4A6-3AC4DD59AD81

photo & lyric are by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_
sᴋʏᴡᴀʟᴋᴇʀ.
#イマソラ

公認心理師・臨床心理士の転職のコツは「前職の辞め方」の理由説明にあり

1. 序

心理職の転職の仕方は何度も記事にしているのですが、どの転職にも実は共通した要因があります。「それは前職の辞め方」です。医療業界は地域の医師会もありますし、そうでなくともかなり狭い業界です。

教育業界もしかり。教育委員会が他の教育委員会に問い合わせればすぐに「どういう理由で辞めたのか」ということはわかってしまいます。上手な転職の仕方は前の退職の理由について「ウソはつかない」けれども「自分の不利になることはわざわざ書く、言うこともしない」ということです。以下にそれを記します。 

2. 仕事内容とは関係ない理由で転職を余儀なくされた場合

例えばこれは「親の介護」「育児」「配偶者の転勤で引っ越し」などです。これらはすんなり理由として通じます。しかし諸刃の刃でもあります。「じゃあその介護の必要性は消えたの?子育ての事情はもういいの?またすぐ転勤しちゃうからうちで長く働いてくれないんじゃないの?」これについては各々答えをきちんと用意しておきましょう。

介護の場合はデイサービスを入れることができるようになった、ヘルパーさんが来てくれるようになった、別の親戚が介護をしてくれるようになった、等です。

子育ての場合も子どもをきちんと保育園に入れられるようになったし、時間外保育もしてくれるから大丈夫、転勤については、ここの土地は出身地だから永住の地にしようと住宅を購入、配偶者は次は単身赴任してもらうことになるつもり、などいろいろ言いようがあると思います。

大切なのは、仕事に支障がなくて働けるかどうか?ということで、これは心理職でなくても全ての転職につながってくる事柄です。

3. 病院から病院への転職等

これはいろいろな理由があります。非常勤から常勤になれること、ここは微妙な問題です。「小さなクリニックだから非常勤でも惜しまれて辞めて念願の常勤になる」というのはよさげですが、その分今まで面倒を見ていたクライエントさんや心理検査をする人がいなくなってしまいます。そこで使えるのは「私の後任に働いてくれる後輩を探してある」ということです。実際にそうしている人々は多いです。「飛ぶ鳥跡を濁さず」で円満退職できることを強調します。

「前の職場を変な辞め方をした、うちでも変な退職の仕方をしないだろうか?と思われたらかなり不利になります。

あとは、院長が快く送り出してくれることです。(なんという矛盾した条件かと思います。なぜならば勤務先で気に入られていたにもかかわらず転職を承認してくれるわけですから。)

転職の場合には次の就職が決まるまでは今の就職先には言わない人も多いでしょう。働く場所がなくなると困るからです。とりま今の職場の満足しているところもたくさん述べましょう。長くなり過ぎると「転職意志なし」と誤解されるのでほどほどで短く、という難しいさじ加減です。

転職はなんでもそうですが「転職する理由がないほどいまの職場は恵まれている」ことを証明しないとなりません。「金を借りる理由は全くない」ことを証明しないとお金を貸してくれない銀行と同じです。 

あとは就職先をほめちぎることです。精神科・心療内科だけでなく身体疾患とメンタルの関係にも興味を持った、心理テストをさまざまな種類勉強したので生かしてみたかった、病床がある病院で緩和ケアチームの一員として働いてみたかった、などなど前向きな理由をたくさん述べます。「理事長の言葉」などが転職先のホームページに載っていればそれを履歴書に「~という理念に共感した」と書いて口頭でも念押しして述べましょう。

その辺りの話をしておくと、人事担当者も雇われなので、反論はできないです。「辞めた理由」を超えるほどの自分の魅力を語ることが大事でしょう。

4.教育領域から教育領域への転職

ここは最も難しい分野です。教育委員会同士で同じ県・市町村だとお互いに連絡を取り合うことが多いからです。スクールカウンセラーや教育相談所もそうです。しかしここにも抜け穴があります。教育委員会というのはお役所なので、違う自治体になってしまうと全くその退職理由を調査しようとしません。したがって理由については好きなように書き放題です(が、決して悪口を書いてはいけません)。

5. 他領域から他領域への転職

「なぜ他の領域(例えば司法や福祉)で働いていたら、うちの領域(例えば医療)に来たの?」と必ず突っ込まれるでしょう。そこは「司法領域で働いていて(福祉領域で働いていて) 全ての根源的な原因は医療的、生物学的なものに起因するということがわかったので、そこの根源的なところをきちんと治すという医療領域で働きたいという使命感を持ちました」という前向きな、積極的な理由を述べることが大切です。

ただ、その場合も新しい領域では即戦力を求めているので、「こういう勉強をしてきたから、こういう学会に入って研究会に参加してきたから、役立つ」というメリットを最大限にアピールしてください。

5F36A9A7-A057-4619-8F39-05601FD4B636

photo & lyric are by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_
ᴄᴏsᴍᴏ.


たとえば果てない宇宙に野放しにされることよりも、制限の中で無限大を追い求めるその過程にこそ遥かな自由を感じることがあって。


〇 しんりし1年目くるみんの就活

くるみん:申し訳ない、相談があるぬ。ひなぞう、相談業務の求人を教授から紹介してもらって、履歴書を送ろうと思うのだけど、志望動機がどうしても後ろ向きになってしまう…ひなたマジックで前向きにする方法をどうかご教授していただきたく…

僕:うい

く:かしこまり、これぬ
「相談業務に携わり、心理職としてのスキルを磨きたいと考え、御社の求人に応募させていただきました。相談業務経験が浅いため、〇大学に所属する有資格心理職に頻繁にスーパーバイズを受けながら、業務に従事することで、質の高いカウンセリングを実施できるよう務めていきたいと考えていきたいと考えております。」

僕:(務め、じゃなく努め、だな…)

ちょっと待ってて、自分の書いた記事探す。
転職についての俺の記事

これも

公認心理師・臨床心理士、就転職必勝法

この記事もかな

く:うむり!

僕:あと、志望動機が後ろ向き過ぎる。どこ受けるんじゃ?
例えばこれな!

「御社事業内容の〇〇という特徴が私の学んできた△と一致しています。したがって☆という理念に共感しました。私にはXという特技があり、御社事業内容にぜひ生かせるものと考えております。常に前向きに学びたいと思いyをしてp学会に所属発表、自己研鑽のためスーパーバイズを受けております。」

く:〇局相談所

僕:公務外郭団体で社じゃないやん

く:これなんて呼称したらいいんだろう

僕:貴所

中で何をやるんだ?

く:御所?

僕:間違いではないが

く:相談業務って書いてある

僕:(hp見て)なんかいろいろあるな

心理テストならお手のもんやろ。経験あるし

く:…詳しく見てみた。カウンセリングと心理検査。取れる心理検査の名前全部書いた方がいいんだろうか

僕:心理テストは数十種類取れると書く。テスト名まで書かない方がいい。面接官は素人

く:わかた!!

僕:(hp見ながら「なんかいっぱい事業内容あるなあ」)どれどれ、「正に現代社会は貴所ホームページにあるとおり、多様化し、青少年、障害者とその悩みも複合化しております。私はカウンセリング、心理検査を幅広いニーズに柔軟に対応するために様々な患者さん及び家族の個性に合わせて様々なに年代の対象者にかかわって参りました。」

く:この文章素晴らしいすごいやばい!

僕:履歴書は手書き不可。めんどい。あと職務経歴書要求されてなくても書くようにな

く:職務経歴書、作成中!逆編年体テンプレート使う予定。職務経歴書

僕:できたの見せて。それで添削するのが早いかもー。どこのご家庭にもある職務経歴書

く:おけまる水産。テンプレの枠少し改造してもええんかな?

僕:もちろん。メールして

く:メールする。でもまだ履歴書のみしかできてない

僕:見るだけ見る

く:履歴書送りました

僕:タイムリミット教えて

く:職務経歴書、これむずい…来週の火曜日送る

僕:時間あるな
まず履歴書

A病院で働いていた時は非常勤ときちんと付け加えること
入社って書いてあるけど、病院や福祉法人は「入職」「退職」
今は非常勤掛け持ちなら(週〇回、〇曜日、〇曜日)と加える。
履歴書や職務経歴書では「なぜ安定した前職を短期間で辞めたのか?」を聞かれる。
普通は履歴書には退職理由までは書かないが、人事担当の友人から教わった裏技

だから

A病院退職(業務多忙・心理資格取得のため)と思い切って履歴書中に書いてしまう。面接官は文字で書いてあると「あ、そうか」と思ってそれ以上忙しいから聞かない

く:見ながら直すね。ありがとうありがとう

僕:自己㏚に明るくて社交的な性格、が欠けている。あとスポーツ、体を動かすのが好き。(注;全くくるみんの実態なぞ聞かずに勝手に書いている。)協調性があり他職種とも協働協業しながら働いている

く:見ながら直すね。ありがとうありがとう

僕:医師や上司の指示指導には必ず従って積極的前向きに働いている。短所は仕事を引き受け過ぎる。つい頼られてしまいがちな性格(注:全く本人のイメージを考えていません。)

あと希望欄にはいついつ何曜日何時に電話してくれと書かなくてもいい。向こうも留守電入れておいてくれるだろ。あと、今の2カ所の就業先はもともと資格を取るまでの約束で働いているのでケース引継ぎも問題ないことも職務経歴書では書く。新卒者の転職は無資格→有資格者→転職、になることが多いから不利にならないようにはっきりと転職理由や志望動機を強めに打ち出す

本人希望欄は給料とか通勤じゃなくて〇所の業務内容に合わせて〇の仕事がやりたいと書く。自己㏚で書ききれなかったことを書く。どこでもかしこも自己㏚志望動機、一緒に働きやすい人ということ、辞めない姿勢、鋼のメンタルを強調

く:うーん、書き方は〇法人A病院 入職(常勤) というかんじ?

ひなぞうが言った長文の自己PRは職務経歴書の方に書くのが吉?

僕:A病院は非常勤にしとくのがいい。責任なかったから辞めやすかった、インテークと事務と受付と心理テスト程度で

く:おお、そういうことか!!

僕:もっと心理を本格的にやりたかったけれども雑務で忙しくて勉強時間取りたかったと

く:ま、まじか、これ使わせてくだせえ。だんだん脳死してきた。アドバイス元にまとめてみる

僕:自己PRはまず履歴書に短節に書く。A病院(非常勤・事務・心理テスト・インテーク等)
職務経歴書には退職した理由には今のBクリニックには引っ張られて就職したこと。ホントのことだから自信を持って面接でも言える。

く:ひっぱられたのは事実。なるほどなるほど  

僕:これ悪口にならないように絶妙なラインで攻めとるねw
職務内容はカラカラのように濃く

く:ほい!

僕:雑用がすごく楽しかったし体動かすのが好きだったから合っていたけどね

く:ウンウン唸ってる状態だから職務経歴書の完成は、明日になるかもしれぬ
でも方向性は見えてきた
おかげさまで

僕:がんがえ、俺はこゆう仕事大好きだ

く:おお、助かるぬ

僕:学校で学んだことを書く・職務経歴書には。心理実習を含めて

〇大学心理学部
〇〇ゼミに所属・専攻臨床心理学 実習〇〇病院

〇大学心理学部臨床心理学専攻〇ゼミ

・学生相談所で学生
(ひきこもり・学業不適応学生・精神疾患の相談・保健管理センターの医師との連携

・〇相談所で勤務

・修士論文〇〇

・〇学会所属
 学会発表「」

・A病院
職務内容

・就労継続支援施設
カウンセリング・フロア管理・生活指導(心理テストばかりでなくいろんなことができるのを書く)
職務経歴書はA4で1枚な

く:書くぞ書くぞ

僕:過去に書いたもの適当に送信した
いいかどうかはわからぬ
今ならもっといいものが書ける

く:どんなんか恐ろしくて開いてみたけど今見た!泣いた!感動した!明日ハロワ行く。紹介状必要なんだって。なにか気をつけることある?

僕:いろんな求人見て世間を勉強してこい

-翌日-

く:ハロワ来た。相談所、プレッシャーが…

僕:ええ仕事やん、週4非常勤でも公務員やろ

く:気になってたし先生から受けたらと言われたから受ける…

僕:おお、とにかくがんがえ

く:がんがる。謎クリニックも受ける。ハロワ、平日でもめちゃ混みや。うむ!!ひなぞうの履歴書、経歴書どうもありがとう。他の先輩からも履歴書、経歴書もらったぬね
みんな経歴派手
ひなぞうにはお礼に何か今度送るぬ

僕:いらんwww新卒はみんな驚くものだ

く:庭で採取した謎の草花送るぬ

僕:やめいwww
スクールカウンセラーやらない?放課後デイとか?

く:謎クリニックは検査できますって言ったらそこのシンリシさんが嬉しそうにしていた。テスターの募集していなかったけれどもわんちゃんあるかも

僕:受かりそうやね

く:先約がいるらしく、不安だよう。謎クリニック

僕:受けることに意味がある。俺は数十社は応募した。全部自分で探したw

く:すげー!そういえば書類見たけどひなぞう派手な経歴やな

僕:粉飾決算や。履歴書出すときA4、2枚A3にまとめるときに中消し8ミリやで

-夜-

職務経歴書、スカスカだかあ、経験ある心理検査名、謎クリニックでは書いた方がいいだろうか…

僕:面接相手が心理職だったら書く
これ、割と俺
フニーター公認心理師あざみちゃん
明日の記事(カラカラソルジャー心理師)も割と俺
週1とか2週間に1度とか月イチとか単発バイトも経歴書に書いたwウソではない

く:わわ、見事引っかかったぞ、これひなぞうだとは思わんかった

そういえばスクールカウンセラーの返事忘れてた。学校苦手だから実力ついてからにしたいかも

僕:実際働いたら印象変わるぞ。教師のカウンセリングも結構やった

く:まじか!やるなら30過ぎてからかなあ

僕:すげえ大変そう。非常勤講師残酷物語。時給100円ぐらい

く:マ?ひゃー、待遇、働き方?すごいかわいそう

僕:SCやるかどうかは好きにするとええねん

く:とはいつもそう思う。新卒でスクールカウンセラーやる人すごいなといつも思っとる尊敬や

僕;クリニックに子ども紹介してカウンセリングという多重関係昔から熱盛

く:ええ、ほんとなの?

僕:それ期待されて新卒採用される

く:そーなんか、その場合は掛け持ち?

僕:そやね。扱いにくい子を小児精神科に受診させるつなぎ役。病院で病気でもなんでもない子が救われることも多いけどな。学校以外の逃げ道

く:そういう方法とることもあるやな…寝るかもー職務経歴書作りは明日の自分に頼むかもー

僕:おやみー

く:おやみ。送ってもらった書類、参考になって助かる。参考になるけどレベチすぎて自分に当てはめて落とし込むのに苦労するw

僕:その辺は粉飾や。勤務先の勤務期間だけホント書いておけばいい

く:経歴見て思ったのは有名な人に師事したいなあって思ったこと
(僕は書きました)

-翌日-

く:放課後デイ、返事するの忘れとった

僕:体力つくぞ、ダイエットにいい

く:まじかー、子どもとスポーツしたい

僕:放デイできるぞ

く:発達協調性運動障害っぽい子となら遊べる。スポーツ苦手なんやー。バスケとか恐怖
克服のためスポーツクラブ入りたいけどコロナで活動ようわからんなってる

僕:放デイで仕事でやればええやん。しんりし多し

く:めちゃ募集しとるよね。しんりしとつながり欲しいからワンチャンかな

僕:ワンチャン?🐶

く:ワンチャンス的な

僕:それはわかってる。何度も放デイも渡り歩ける

く:そかwwwさすがや、うむうむ、近場にいーっぱいあるんだよね

僕:自分で開業もできるぬ

く:ほうでい

僕:俺開業するから一緒にやるか?(その予定ないのにテキトー)

く:(;´Д`)

僕:www

く:(´;ω;`)自信なーい

僕:放デイ?俺と一緒にやるのが?

く:ほーでー。解雇されそう

僕:やってみるだけ面白い。パートで。土日も可能

く:週1から可ってあった。全滅したら掛け持ちに入れよー

僕:週1でも履歴書にも書けるしな

く:ウンウン、細々と続けるのもありだな

僕:まああんまり予定詰め込むとくるみんたおれるまでやるからほどほどに

く:それな。あとχ人材派遣会社で謎心理検査バイト週2募集しとる。ホントに謎に包まれてる

何検査かわからない

僕:そういえば昔脳波測定のバイト断った

く:研修のあとにやるらしい。一応研修の補助とかかな?

脳波だるいな。ハゲてるとインピーダンス(注;測定の際のノイズのようなもの)めちゃ下げられる。若者は毛根で皿電極(シリコン製)はじきとばす。なんだっけ?赤ちゃんにつけるやつ

あれだったらヘルメットタイプで楽かもー(EEGヘルメット)

僕:俺は成田空港で薬物やってそうな外国人にやるというバイトだった。マルチリンガルだし

く:無理やりはキツイ

僕:今内科に来とるねん。逆流性食道炎で毎日吐いとる

く:ほへー。お大事にな

-しばらくして-

僕:診察オワタ。電話したら謎バイト治験やった。認知症の新薬のWAIS-Ⅳらしい。1日8人

く:え、ええええ、はえー!!

僕:鬼行動力

く:あーそうなんだあ、HDS-RやMMSEやコグニ(COGNISTAT、受験生のみなさんはこの辺りは頻出なので勉強しておきましょう)やfab(Frontal Assesment Battery前頭葉機能簡易評価検査)かと思ったら。WAIS-Ⅳ1日8人はやばいかもー

僕:どの臨床心理士のご家庭にあるWAIS-Ⅳ

く:ご家庭にあるのやばいかもー。ありがとうありがとう。めちゃ面白そうではある。X市ではK式ビネーWAISバイト募集してるぬ。なるほどー後日わても電話したろかな()(注;少し詳しくない方のために説明しておくと(笑)から笑を取っているので笑えない、苦笑、ぐらいの意味です)

僕:こういう謎バイトの時にはまず電話してそれに合う職務経歴書書いたりもする

く:な、なるほ!!!賢い

僕:細心の注意して電話する。まだ面接じゃないからこっちの情報詳しく言わなくていい

く:ウンウン

僕:ぜひと言って電話切ってお礼状書く。もう丁寧に丁寧に。就活は丁寧にしすぎることはない

く:すげー、誰も教えてくれないコツ

僕:ただし警戒されるかもー

く:え、え、ええ、警戒!?匙加減むずいかも
あ、ハロワって臨床心理士の募集来てるんやね。ちかれてきた。あれもこれもと思ったが、やること一つに絞るぬ

僕:くるみん全部やろうとするからなあ

く:うむり

※ かのようにくるみんの非常勤バイト探しの話にこのあとも延々と付き合ったわけですが、これは僕が親切だからではなく、取材ネタとしても(本人了承済)、僕の趣味としてもただ単に面白いからです。結局最初に探していたのとは全く別の就職先に進んだので、この会話は全て違う方向になりました。

くるみんは非常に真面目な子なので、結局僕とだらだら会話しながらも自分で自分の道を探しました。誰に相談しようと、結局は全部最終的な決断は自分でしなくてはならない。心理1年生のくるみんのこれからの活躍に期待したいものです。

(おまけ)

僕:なぜ心理女子はらめーんが好きなのか。実験計画と検定法について

くるみん:検定…
検定…

心理女子、非心理女子
マンホイットニーのU検かT検?

僕:t検定で十分?分散分析しなくてもいいし
マンホイットニーでもイケると思う
魚介とまぜそば入れて多変量解析
因子分析

く:ノンパラかどうかだよね!
ちょっとそこんところ弱いからなんでもノンパラにする悪い癖がある

多変量〜〜!!!
苦手な領域

単回帰、重回帰、ロジスティック回帰までしかわからない弱み

僕:ノンパラだと無理み
構造方程式モデリングは?

く:わかんない

僕:ノンパラχ自乗とかρ簡単だからな。ノンパラは愛💕

く:共分散構造分析とはちがうやつかい?

僕:ほぼほぼ同じ

く:よかった!表記が違うと詰むおそれあり

僕:説明面倒なので自分で調べるよろし

く:調べた!ほぼほぼ同じぽい
ウィキっていいのう😭

僕:せや、心理学はwikiで論文書いてアブストはdeep lや

−おしまい−

(その2)

僕もくるみんも時々買っている星ネコ雑貨店ninaさんです。女性も男性も素敵な部屋のオブジェ、ステイショナリーや自分や友人、恋人、家族へのプレゼントとしていかがでしょうか。



ECBD5B23-A58A-4CB7-BD89-0397BE5A1A4B

公認心理師・臨床心理士の就・転職の仕方

新卒で恵まれた就職をして、そこで長く働ければそれに越したことはないのですが、心理職はさまざまな理由から転職を繰り返します。

新卒就職時に安定した職場を探すことができて長く働ければそれが一番です。

公務員、大学病院に勤められたらそこでずっと就労することが一番です。

安定した公務員職場でも昨日触れたようにセクハラ、パワハラがあったり、働き方改革?なにそれ美味しいの?という長時間荷重労働の職場があります。

国家公務員ならヒラでも2年に一回全国移動、地方でも自治体の端から端まで移動させられる場合もあり、職場の安定=長期間勤められるというわけではなく、女性の心理職はそれで泣く泣く辞職することもあります。

心理職は元々職場のパイが少なく安い時給、安月給ということから、もっといい職場を探して転職を余儀なく繰り返す人々が多いです。

さて、そして医療、教育、福祉、司法、産業の領域で仕事をしているとその領域を超えての転職は難しいです。

同じ領域内でもピンポイントで求人募集していることがあり、どうやって入り込めるの?というような募集があります。

「産婦人科心理業務10年、5人以上の部下を持った管理職経験3年以上、医療事務業務に明るく、医事統計業務にも長けている者」というようなハードルが高い募集もあります。

僕自身ハローワークに非常勤相談員として勤務していた経験があります。

履歴書、職務経歴書の書き方、面接の受け方などをコーチしていたことがあります。

僕自身も求職者としてあちこちを渡り歩いてものすごい数の履歴書を送り、多数面接も受けて領域を超えた転職をしてきました。

僕がした求職方法で一番固いのはコネです。

口利きをしてくれる人がいればそれが身元や能力の保証にもなるのでそれが最も有効です。

あと、万人にはおススメできない転職方法としては電話営業です。

医歯薬系薬剤メーカー、医薬機器、出版社、求人媒体はあちこちの病院やクリニックに飛び込み営業をかけています。

そこで僕も100件以上あちこちに採用面接応募をしたら「あ、今ちょうど人探ししてたところ」と奇跡的に雇ってくれた病院がありました。

一般就職のコーチを大学生にしていたこともあるのですが、志望動機と自己PRだけが大切と中谷彰宏氏が言っていたのは本当です。

志望動機や自己PRの中に自分の長所を織り交ぜる、「あなたの短所は?」といった意地悪そうな質問には「なかなか人に頼まれると断れなくて引き受けてしまうことですね。忙しくなるけど達成した時には喜びを感じます」

と答えると「依頼された仕事は嫌がらずにきちんと完成させる人」という長所アピールになります。

心理職の面接もほぼほぼ一般企業面接と変わらないところがあります。

新卒ポテンシャル採用ならば「一緒に仕事をして協調性があって働きやすい人か?」も大切で、テキパキとした受け答えができるかどうかという地頭の良さも見られます。

中途採用も同じです。

中途採用ならば管理職として採用されるかもしれませんし、心理テストができるという即戦力も重視されます。

心理職の場合、新卒でも学歴はあまり重視されません。

中途採用の場合はなおさらです。

心理職は掛け持ちで仕事をしていた経歴が多いので転職回数はそれほど大きな問題にならないことが多いのですが、「何か問題を起こしてヤメたの?」と思われるのはまずいです。

履歴書や職務経歴書に「◯◯社メンタルヘルス部門事業廃止のため」とか「夫の転勤のため」「育児のため」「介護」と誰でも納得できるような理由を書きます。

不思議なもので文書の中に理由を書いておくと面接官は「あ、そうなんだ」と納得して面接ではあまり突っ込んで来ないのであらかじめ書いておくことがおススメです。

あちこちの就職サイトで言われているように前の勤め先の悪口は絶対に書きません、言いません。

不満ばかり抱きやすく、すぐ辞めてその就職先の悪口を言いふらすのではないかと警戒されます。

それから、公務員を辞めた人については「何故辞職したの?」という照会があっても官公署以外には答えません。

嘘の経歴はダメです。

内定後に「じゃ、前の勤務先の在籍証明書出してね」と言われることがあります。

在籍証明書には職印の押印を求められます。

職印は絶対に手に入りませんし、ハンコ屋さんでも作れません。

もしなんらかの方法で不正に職印を押せたとしてもそれは有印私文書、有印公文書作成同行使で間違いなく実刑判決が出る重い犯罪です。

と、心理職の就職も一般の就職とあまり変わらないところ多々あります。

心理職が領域を超えて転職をする時は福祉⇄教育ならばそこで発達障害当事者を多く見てきた経験、産業⇄医療でも多くの精神疾患を対象としてきて他医療従事者と連携を取った経験、司法は法に明るいことがアピールポイントになると思います。

44D67FDF-0EAE-44E9-A0D7-8202B6E438F2

◯ 公認心理師資格保持者の今後の就職・転職

1.概論

たとえば公認心理師資格がスクールカウンセラー任用資格として各自治体の応募要件になっています。

今後官民の各病院や心理職募集で、公認心理師の募集があっても実際に公認心理師は臨床心理士より必ず優先的に採用されるかというと答えはノーです。

その理由や、心理職就職における今後の動きについて考えていきたいと思います。

2.わけがわからず公認心理師を採用しようとする事業所

もあるでしょう。

これまでは民間資格臨床心理士がスタンダードだった、でも公認心理師という国家資格ができた、保険点数になるから採用しよう、そうしよう、という事業所です。

で、果たして当該公認心理師が応募してきた際に即採用するか?というと、面接しているうちに応募者の経歴や経験値もわかってきます。

こういった事業所でも履歴書や面接をしているうちに実情がわかってくれば、公認心理師資格取得者だからといって即誰でも採用する可能性は低いのではないかと思います。

3.経験者採用の原則

たとえば大病院で心理職を募集、応募条件は「300床以上の総合病院勤務歴3年以上」というようなハードル高め条件の求人を見たことがあります。

これまで教育相談所不登校児童対応やスクールカウンセラーしかやっていなかった人が、がんセンター精神腫瘍科でチーム医療の一員として即戦力として働くことは難しいでしょう。

司法分野も同じです。

とある刑務所で矯正専門の心理職を募集していたことがありますが、「性犯罪更生プログラムを研究、その研究によって博士号を取得した臨床心理士」という針の穴のようなピンポイント求人を行っていたことがありました。

それから、今後公認心理師養成実習のための各施設は指導者5人以上を必要とします。

各施設で心理職の業務を行っていて、かつ公認心理師受験資格がある経験5年以上5人の心理職が指導に当たらなければなりません。

さて、そういった施設で公認心理師指導者を募集する際、どの施設もボランティアとしてではなく、専属で濃くみっちりと心理業務をやっていた経験者を募集しています。

そうでないと指導者にはなれないでしょう。

また、心理検査経験者も求められています。

原田隆之氏がエビデンスがないと言っていた心理検査であっても、診療保険請求が認められているものは、発達検査、知能検査、人格検査にわたるまでおよそ70あり、相当に膨大なものです。

公認心理師試験に合格しました、老人福祉施設で傾聴ボランティアを5年経験していました、ということでは心理検査はできず、病院臨床や発達臨床、老人臨床の即戦力とはなれません。

4.年齢制限

厚生労働省は年齢制限をもうけた求人を禁止していますが、例外として「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合」があります。

結構この規定は濫用されていて、若年者を雇用したい事業所がハローワークで求人票に多く記載しています。

一般企業で未経験者を中心とした求人では転職限界年齢35歳とたいてい言われています。

どこの企業でも未経験者を募集する際には、たとえ専門的知識や技能を学校で身につけていたとしても、新卒、第二新卒においては若手を募集したいわけです。

たとえば心理職を募集する施設で「50歳です。一生懸命心理相談も仕事の中でやりながら指定施設で働いてきましたが、心理専業は初めてです。」という人を30代の年下の上司の下につけて教育していくのはためらうでしょう。

とはいえ熱意と努力で就職できる可能性はもちろんあります。

5.公認心理師のアイデンティティの問題

これまで長年学校教員、看護師、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士、保育士etcとして働いてきた人たちが公認心理師資格を取得した、だから心理専門職として転身してやっていくか?

というと本人たちもその気がない場合も多いのではないでしょうか。

実際に恵まれた学校教員を定年前に退職、心理系大学院卒業生後臨床心理士になった人もいますが、待遇はガタ落ちになったと言っています。

医学部ならば医師をやらなければ職業アイデンティティは確立されていきませんが、公認心理師は他職種の人でも取れて、それを生かすことなく履歴書の埋め草として使うのも本人の自由です。

6.現在各事業所で求められている公認心理師像

今後就職、転職を考えている公認心理師ホルダーにとって、これまで臨床心理士等の資格を持っていて、主として心理業務を行っていた心理実務家が圧倒的に職探しには有利です。

特に大学は心理学専修、博士号取得者という高いレベルの心理職を求めています。

7.将来の公認心理師像

Dルート(旧院ルート)Gルート(実務経験ルート)とも臨床心理業務実践経験者が相当多く、むしろ臨床心理実務者の中で公認心理師を受験しなかった、受験しない人はかなりの少数派でしょう。

5年後に公認心理師制度の見直しが行われます。

その際に養成実習施設内で公認心理師や心理職経験者を指導者として一定時間以上の実習を学部生と院生に行わせている現在は過渡期です。

将来本流になる、Aルート、公認心理師養成課程に対応した大学と院のために各実習施設は相当数の指導者が必要になります。

そこで現任者に今回資格取得のチャンスが与えられているのだと僕は勝手に思っています。

さて、もっとも正規のルートとして考えられていくであろうAルート受験者は2024年の大学院卒業生からです。

この層が将来公認心理師の中核となっていくので、この人たちが育っていく、それからが公認心理師制度の本当のスタート地点になるでしょう。

旧院ルート、現任者、新院ルートと入り混じった状況はしばらく続き、経過措置でなく、正規養成課程を経て純粋培養された公認心理師が心理職の中核となっていくのはおよそ20年ぐらいかかると思います。

そのころまでにはまた公認心理師制度の見直しがなされているものと考えています。

まっさらの状態の公認心理師が自由に新卒就活をしたり、キャリア転職をすることができるような体制が構築されるのにもそれぐらいの時間がかかるでしょう。

現在でもこれだけ公認心理師シフトが進んでいるので、多分その時には臨床心理士制度は相当に縮小されているのではないでしょうか。

「縮小」という程度にとどめておきます。

ところで人が集まればなんらかの派閥はできます。

現在も日本臨床心理士会、日本公認心理師協会、日本臨床心理士資格認定協会、公認心理師の会、日本心理学会ほか多くの団体(言うならばこの資格創設にかかわった、100以上の団体)がそれぞれの思惑でバラバラに動いています。

その意味では新しい政争はすでに始まっています。

国家資格創設に至るまでの50年とも100年とも言われるこの資格に関連した係争が制度に与える影響は悪しき影響も相当に与えました。

それでも現在中高生、大学生たちを含むさまざまな受験者層の方々が志を抱き、純粋に心理職をやり、クライエントさんを援助したいという意欲から新しい公認心理師となり、今後日本の心理職の中核として臨床心理業務や研究を行って欲しいと思っています。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)


↑このページのトップヘ