ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:副作用

8F31FBDF-B941-499F-ACBE-D3764ACDAB08

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
 
誰かにもらった優しさのバトン。次はあなたが誰かに渡す番かも。


※ 今日は絵師柊さんのtweetも紹介させていただきます。



◯ 抗精神病薬・睡眠導入剤新薬情報&副作用


※ 本記事は主として公認心理師受験対策用に臨床心理学ブロガーによって書かれたもので、精神薬理学専門家によって書かれたものではありません。この記事の内容に疑問があり、正確な知識を確認したい方については各薬剤の添付文書、各製薬会社のホームページ、医師薬剤師の説明や知識を優先してください。

これまで精神薬理学(主として公認心理師試験に出題されてきた副作用情報)について書いてきましたが臨床心理士試験では薬剤の脳の働き方についての出題もあることから各薬剤の作用機序についても記載します。

◯ プレクスピラゾール
 (商品名レキサルティ)

 先発の似たような薬理学的作用機序を持つア
 リピプラゾール(エビリファイ)は主とし
 てドーパミンD2、D3受容体に働きかけま
 す。統合失調症薬、双極性障害薬として認可
 されたものです。ドーパミンの過剰放出は統 
 合失調症の妄想幻聴などの陽性状態、双極性
 障害の躁状態を抑制します。

  アリピプラゾールにはパーシャルアゴニス
 トであり、ドーパミンが過剰放出されている
 際にはそれを抑制し、統合失調症の陰性状態
  (ぐったりとして傍目にはうつに近い症
 状)躁状態の時にドーパミンが過剰放出され
 ている抑制もします。パーシャルアゴニスト
 は、ドーパミンが過剰放出されている時にだ
 け脳内に働きかけ、そうでない時には何もし
 ないということで過鎮静になるのを抑えてい
 ます。
  セロトニン5-HT1A受容体パーシャルアゴ
 ニスト、セロトニン5-HT2A受容体アンタゴ
 ニストとしても作動することから、統合失調
 症の陰性症状にも働きかけます。同様の理由
 で双極うつに使用されることもありますが
 医師によっては双極性障害でほとんどうつ状
 態がない患者さんにはセロトニン作動が過度
 になることを怖れて処方しないことがありま
 す。

  さて、プレクスピラゾールとアリピプラゾ
 ールの違いですが、プレクスピラゾールの方
 が鎮静化作用が強いですが、しかもその働き
 かけは穏やかです。プレクスピラゾールはド
 ーパミンD2受容体に働きかけます。

 また、セロトニンへの働きかけは強めです。 
 アリピプラゾールはうつ病や小児ASDの易
 攻撃性にも使われます。   
 プレクスピラゾールはASD症状に加え認知
 症のBPSDにも効果と言われています。
 プレクスピラゾールはセロトニン5HT1A受
 容体に対してはパーシャルアゴニストとして
 働き、また、セロトニン5HT2A受容体には
 アンタゴニストとして働きかけるのもアリピ
 プラゾールと同じ共通点です。今のところプ
 レクスピラゾールは統合失調症薬としてのみ
 認可されていないのですが、臨床上は双極性
 障害などにも使われているようです。

 プレクスピラゾールはその薬理作用から
 Serotonin-Dopamine Activity
 Modulator(SDAM)と呼ばれています。
 アリピプラゾールはDopamine System
 Stabilizer(DSS)です。

◯ ルラシドン(商品名ラツーダ)
 リスペリドンと同じく非定型精神病薬と
 して(上記も非定型精神病薬)ドパミン
 D2受容体やセロトニン5-HT2A受容体、
 セロトニン5-HT7受容体にアゴニスタと
 して働き、パーシャルアゴニスタとして
 セロトニン5-HT1A受容体に働きかけま
 す。本薬剤はセロトニン-ドーパミン拮
 抗薬
 Serotonin-Dopamine Antagonist(SDA)
 です。先に挙げたリスペリドン、特にル
 ラシドンの効果的が期待されているの
 は双極うつ状態です。双極性障害はうつ
 状態が長期化する人が多いのでルラシド
 ンの働きが期待できるほか、統合失調症
 への効果もあります。副作用としては抗
 ヒスタミン効果(花粉症薬を服用した時
 のような眠気が強く出ること)、抗コリ
 ン効果(口渇感、便秘)などの副作用が
 低いことも知られています。

◯ スボレキサント(商品名ベルソムラ)
 従来の睡眠導入剤というとベンゾジアゼ
 ピン系のデパス系の鎮静剤を思い浮かべ
 るのですが、睡眠を左右する物質メラト
 ニンの活動を左右するラメルテオン
 (ロゼレム)の登場は画期的でした。
 ベンゾジアゼピンBZ系は耐性がつきやす
 いのですがそれがない。ラメルテオンが
 効果があるかどうか人を選んでいたのを
 さらに新しい作用機序でBZ系以外で働
 きかけるようにしていたのがスボレキサ
 ントです。覚醒を維持するのにはオレキ
 シサンというホルモンが重要なのですが、
 それをブロックすることによって自然な
 睡眠を導くようになっています。

◯ さらにこの流れを汲んで開発されたのが
 レンボレキサント(商品名デエビゴ)で
 す。オレキシン受容体拮抗薬としてスボ
 レキサントと同様ですが、レンボレキサ
 ントはより強くオレキシン2受容体に強
 働きかけます。また、この薬剤はレム睡
 睡(覚えている夢)を抑止することから
 悪夢を見にくくなります。ただしレンボ
 キサントは肝機能低下要素がある患者さ
 んには注意または禁忌です。

◯ 副作用

このblogでも薬剤の副作用について については取り上げていますが、復習です。公認心理師試験には必出です。

SSRIにより自殺衝動が急に高まりやすいのではないかという賦活症候群、不随意運動で苦しむジスキネジア(オーラルジスキネジアだと口内で舌が不随意運動を起こす)、アカシジアという足がつっぱるようなむずむず足症候群(患者さんによっては両足を切り落として欲しい、自殺既遂する人もいる苦しさです)、ジストニア(全身の不随意運動)などがあります。(これらは既出)

麻痺性イレウスという腸蠕動停止(死に至る場合あり)高プロラクチン血症は男性も乳汁漏出、性欲低下が認められることがあります。抗コリン作用という口渇感、便秘についても抑えておきたいです。

※ちな、以前は陰性症状だけの存在で統合失調症と診断されていましたが、現在では陽性症状もなければ統合失調症と診断されません。※

あとtweetでも紹介したのですが脳科学についてわかりやすく紹介してある 脳科学から見た統合失調症 のサイトを見つけたのでご参考まで。

D91E8776-7D11-4E3D-A4F1-299B61181FAD

photo&lyric by sora https://twitter.com/Skylit_Blue">
(@Skylit_Blue)
誰しも後悔はするもの。あの日あの時、たらればたられば…。明日に転用する為の分析ならいいかもしれないけれど、ただのパラレルワールド旅行なら、ちょっと時間がもったいないかもね。その時点での最善と呼べるものを選んでいるならば、それでいいし、それが全てなんだから。回想が好きなら別だけど。


◯ 受験生も公認心理師も知っておきたい精神薬の副作用

「副作用がない薬には主作用もない」と言われています。精神薬の副作用は毎回公認心理師試験にも出ています。「医者が把握して聞いとけばいいんじゃね?」

という説ごもっともですが、3分間の診療で「はい、変化ないです。」と言うだけで公認心理師は服薬指導はやってはいけないということになっていますが、実際にはラモトリギンを服用している患者さんが「最近湿疹ができて痒くてねえ」と言ったら青ざめて医師に報告して、もう一度診察室に入ってもらわないといけません。(前にも書きましたが)

ラモトリギン(ムードスタビライザー、気分安定薬、抗てんかん薬ですがスティーヴンス・ジョンソン症候群(Stevens-Johnson syndrome:SJS、皮膚粘膜眼症候群)といって全身の皮膚が壊死するという難病になり湿疹はその前兆で、死に至ることすらあります。

賦活症候群(ふかつしょうこうぐん、またはアクチベーション・シンドローム、Activation Syndrome)は抗うつ剤SSRIによって起こる不安や焦燥感、躁状態になることもあり、飛び降りたりすることから、未成年に多発していたこの症状から18歳未満の患者に禁忌または慎重投与です。(公認心理師試験既出)

セロトニン症候群がSSRIに起きることもあります。SSRI2種を重ねて投与することが原因の一つとも言われています。てんかんで生じるミオクローヌス発作という筋肉の不随意運動が同時に起きることもあります。発熱、早い呼吸などが特徴で、横紋筋融解といって放置すると死に至ることもあります。ちなみに横紋筋融解は力価が高い抗精神病薬をいきなり抜くと起きることもあるので徐々に1年ぐらいかけて抜くこともあります。
セロトニン症候群については
厚生労働省資料
重篤副作用疾患の説明資料

悪性症候群は

抗コリン作用は、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や抗精神病薬、抗うつ剤で起こることがあり、口渇感や便秘、排尿障害や吐気が起こります。口渇感には水を多飲してしまうのでなく、口を湿らせる程度にしておくことが勧められます。  

錐体外路症状(EPS)は、動きが全くなくなったり、多動になったり、震戦、顔をしかめたり首を動かすという不随意運動です。下記アカシジアやジストニアも含まれます。

アカシジア(akathisia)は、錐体外路症状の一種です。静坐不能となり、足がむずむずして耐えられないような苦痛を起こします。ベンゾジアゼピン系の抗不安剤やハロペリドールのような抗精神病薬で起こることがあります。むずむず足症候群とだいたい同じような症状で、これを長期間放置しておくと自死に到ることすらある苦しさがあります。

もむずむず足症候群と同じく「両足を切断して欲しい」という患者さんすらいます。それがいいという教科書もあれば、禁忌だともされている記述もあるのですが、抗パーキンソン剤を処方して症状を緩和させることもあります。

ジスキネジアも不随意運動の一種です。そうしようとは思わないのに口が勝手に動いてしまうオーラルジスキネジアが多いです。手を回内会外といって、勝手にドアノブを動かすような動作、足の不随意運動もあります。遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬を長期間連用していて起こることがあります。四肢に起こりやすいです。

ジストニアは不随意に体が動く症状で、全身性と局所性に分かれます。不自然な姿勢を長時間強いられることがあり、これも抗精神病薬の長期連用で起こります。急性の痛みを伴う場合あり。

高プロラクチン血症は男性でも乳汁が出たり、月経不順、男性では性欲減退が起こることがあります。これも抗精神病薬の影響で起きることがあります。Risperidoneリスペリドン(商品名リスパダール等)長期連用は骨粗しょう症や乳がんの原因ともなります。

非定型精神病薬の副作用としてはOlanzapineオランザピン(商品名ジプレキサ)やQuetiapineクエチアピン(商品名セロクエル)Aripiprazoleアリピプラゾール(商品名エビリファイ)Brexpiprazole ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ)による、糖尿病ケトアシドーシスによる死亡もあり得ます。(急なインスリン分泌不足で血糖値が高いままなので昏睡状態に陥ることあり。)このため、これらの非定型精神病薬を服用して口渇感や多飲多尿頻尿の状態になったら投与中止の可能性が高くなります。また高脂血症に陥ることもあります。

定型精神病薬、非定型精神病薬にかかわらず大量投与は過鎮静となって動けなくなります。

体重増加は一部の抗うつ剤や抗精神病薬で認められ、Mirtazapineミルタザピン(商品名リフレックス、レメロン)Sulpirideスルピリド(商品名ドグマチール、ベタマックなど)、Clozapineクロザピン(商品名クロザリル)
Risperidone、Quetiapine、Olanzapineで認められます。

なおClozapineは治療抵抗性の統合失調症薬として画期的な著効がありますが無顆粒球症の(血液中の好中球減少症)可能性が高く、定期的な血液検査が必須です。

↑このページのトップヘ