ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:共感

4BE05164-2635-4C73-A0E7-42D989DF8B2B

◯ クライエントの方へ〜いい公認心理師・臨床心理士・病院の探しのコツはスタッフの「共感性」「価格」という難しい課題

僕「Mさん、最近どう?」

Mさん(産業領域)「うちさ、保健管理センターの他にカウンセラー室が2つあるのよ」

僕「うん」

Mさん「だから寝てることもある。あと広報誌書いたり部門別にスケジュール調整して部長訪問して」

僕「うん」

Mさん「予算つくから本とか雑誌とかは自由に買えるの。そこら辺読んでカウンセリングはきちんとやって」

僕「A医院のQ君どうしてる?」

Mさん「彼は相変わらずアグレッシブで攻撃的ねえ、勉強してないと研究会でめちゃくちゃ言われるみたい。私彼と同じ研究会には入ってないけど」

僕「うん」

Mさん「かたっぱしからいろんな学派の研究会に出て認知行動療法もトラウマ処理も勉強して今はC療法で論文書いてる」

僕「ほう。僕ね、Q君の病院から回って来たクライエントさんカウンセリングやったけどすごく親身で良かったって」

Mさん「へえー、患者さんには違うんだ」

僕「お医者さんでもそういう人いるでしょ」

Mさん「確かに・・・K病院の医長、まあ誰でも怒鳴りつけるのよ。」

僕「そうみたいね」

Mさん「研修医とか婦長とさ心理職もそうだけどコメディカルには厳しいのよ」

僕「うん」

※ 対人関係職は医師、心理職、福祉職等人の心を扱う仕事には共通点があります。

それはよく勉強している人はやはりカウンセリングが上手だろうということです。

ただし、よく勉強している人はプライドがとても高い人も多いです。

クライエントさんがカウンセラーの話すことに少しでも異を唱えるような事を言った時「あれ?」と直感的に違和感を覚えたらそれはきっと正しい感覚です。

どんなに勉強していて論文や著作を書きまくっていて大学教員でもクライエントさんに全力で親身になってくれて、共感力がとても高い人も多いです。

直感は裏切りません。

あと、カウンセリングは私設開業の先生方は総じて熱心で、クライエントさんが支払う保健適用外の数千円に見合うサービスを提供しようとしてくれます。

医療機関のカウンセリングは料金的にはさまざまで、完全有料保険外で開業と同じ、保健適用自立支援併用数百円という場所、福祉サービスの一環だと無料というところがあります。

ただし、同業者から見ていると高圧的になってしまったり、「わからない」「共感できない」カウンセラーのところに通い続けるのは苦痛でしょう。

カウンセリングは苦行ではないのですから無理をしてカウンセリングに通うよりは共感性が高い医師のところにカウンセリングなしで通った方がいい場合もあるでしょう。

カウンセラー、精神科医も同じですが、共感性に欠ける対応をされたばかい、「なぜそのような対応をするのか」「どうしてそのようなタスク(課題)を要求するのか」は患者さんとして聞ける当然のインフォームドコンセントです。

ただし、「共感して欲しい」と言うだけで怒り出すプライドが高過ぎる対人援助職がいるのも事実です。

どんなに自分がクライエントさんの考えに同調し辛くてもまずは「共感」が大切という事を自戒を込めて思います。

BA8EF704-B530-4798-A362-A138872C1905

◯ 第2回公認心理師試験は共感力を測定できたのか?

以前「第2回公認心理師試験は臨床能力を測定できたのか?」という記事を書きましたが、臨床能力の中でも重視されるべき共感力を公認心理師試験は測定できたのか?

というポイントに絞って考えてみます。

以前東京大学教授丹野氏が第1回公認心理師試験内容を評して「共感検出ゲーム」と記していましたが、それは今回の第2回試験でも同様でした。

公認心理師として働く心理職のところにクライエントさんが複雑な問題を抱えて相談に来ます。

公認心理師としては性急に「診断」や心理テストをしたり、勝手な自己判断をする、他機関に紹介するのではなく、まずクライエントさんに共感するという選択肢が正答と思われ、各社解答もそのようになっています。

ただし、臨床現場がそのような原理では動いていないことは確かです。

共感力だけを用いないカウンセリング技法は多くあります。

クライエントさんに生活の中で生起する問題について認知-情動-行動の評定をさせてホームワークとして毎回提出させる手法もあります。

しかし指示を出す時や宿題をクライエントさんが提出した時にきちんとほめて共感できないとカウンセリングはクライエントさんには無機質な苦行になってしまうでしょう。

これは何の流派でも同じことです。

本当は困っていることをクライエントさんが話したいのにカウンセラーが芸術療法、イメージ療法だけをさせるというのはどうかと思います。

また、とある症状で苦しんでいるクライエントさんに対してより苦しい「症状処方」をして問題行動をどんどん増やすように提案する、というのはその人の心を傷つけかねない侵襲性が危ぶまれるカウンセリングです。

統計学を含む基礎心理学、社会心理学、100種類以上の心理検査の特徴を出題するのが絶対に悪いとは思いません。

ただし、受験生のカウンセリング実務における共感力を検出することはできなかった試験だと思いました。

どの領域でも同じですがクライエントさんはカウンセラーの共感を求めています。

司法領域での加害者臨床は共感が困難な分野です。

クレプトマニア、窃盗癖のクライエントさんは行為依存に陥っていてカウンセラーが共感しにくいかもしれません。

ところが「君はたくさん盗みはさたけれど誰も人を傷つけたことはないよね、そこはきちんとしてるんだね」

「そうなんですよ、捕まりそうになったら全力で逃げて絶対に争わないのが大変なんです」

これは立派な共感です。

信じられないような悲惨な虐待経験を語る子どもに「それ、ホントの話?」と聞くともうその子は何も喋らなくなります。

「妄想」は否定も肯定もしないのがカウンセリングのひとつのセオリーのようになっていますが、嫉妬妄想らしい症状は本当にパートナーの浮気の結果かもしれません。

盗聴、盗撮も偏執的なストーカーが行っている場合もあります。

まずクライエントさんの辛い気持ちを受け止めて、信じて共感するということは難しいことですが大切です。

「医療機関はね、事実関係の有無を認定する捜査機関じゃないから」というのは確かに正しい言説かもしれません。

しかしカウンセラーのその言葉に反応して悔しくなり、カウンセリングから脱落していくクライエントさんは多いでしょう。

僕はこの試験は実務的でなく、現実離れした対応が正解となる「ゲーム」に挑戦することだと以前から思っています。

現場経験が長いほど、複雑な思考プロセルを必要とする「共感力」この齟齬に足元をすくわれた受験生の方々も多かったのではないかと思うのです。

↑このページのトップヘ