カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:公認心理師試験

B2FAD21B-1FDB-404E-A8BE-A3BDD57536A7

◯ 公認心理師第1回試験と第2回試験・乖離の理由

想像というよりも妄想に近いものかもしれませんが、標題の件について他国家資格とも対比させながら考えてみます。

1.難化していく各国家資格の実情

⑴ 言語聴覚士

第1回試験と第2回試験で大幅に合格率が減少した試験の代表としてあげられているのは言語聴覚士(ST)があります。

STは機能的な聴覚、発話機能に加えて、よりメンタルな要因にも踏み込み、発達障害圏の患者さんへの機能回復にも取り組んでいる、心理職とも近縁の資格です。

この言語聴覚士は

第1回試験(1993年)

受験者数4,556人

合格者数4,003人

合格率 87.9パーセント

第2回試験

受験者数1,565人

合格者数 664人

合格率 42.4パーセントでした。

さぞこの時は阿鼻叫喚だったのかもしれませんが、ST試験の40パーセント台合格率は第5回まで続き、第6回目から突然68.2パーセントに転じていて、それから6割〜7割で推移しています。

言語聴覚士も公認心理師と似たような経緯で設立されており、言語聴覚士側の団体がアメリカのような修士レベルの教育を資格要件として求めたのに対し、日本医師会、日本歯科医師会は専門学校卒を要件としました。

言語聴覚士法でも「医師の指示」をめぐって紛糾があり、結局は医師、歯科医師団体の意向が反映されて現行制度となりました。

⑵ その他の国家資格

公認心理師とよく同等に対比される精神保健福祉士も第1回試験89.1パーセント→第2回73.2パーセントで現在はほぼ6割前後の合格率です。

初回試験に限っては現任者優先、その後は一定レベルを想定して問題の難易度を上げ下げしているのかもしれません。

昔は自動車整備工場の社長さんが簡単に取得できた行政書士資格の合格率も今では10パーセント程度、不動産取引に必要な宅地建物取引主任者は資格創設時には9割超えの合格率が現在は15パーセント程度です。

2.公認心理師試験の狙い

初回は他試験と同様、現任者救済の意味合いが強かったと思われます。

第2回試験難易度が高かったのは試験結果、登録者数、資格協会への加入者数、実際に公認心理師資格取得者がどの程度現場で活躍しているのかさまざまな要素が勘案されていたのではないかと今になってみると思います。

試験委員会は「この程度の知識やセンスは最低限欲しい」と要求水準を高めましたし、官の側も合格点調整はしませんでした。

2024年度の制度見直し、公認心理師課程修了新卒者を見据えてこの水準の試験を出題するという予鈴とも思えますし、2024年まではこの難易度の試験で合格者を制限するという意図があるようにも思えます。

官の正確な意図はわからないので、試験は来年度は揺り戻してひょっとしたら易しくなるかもしれませんが不明です。

少なくとも138点合格点、知識1点事例3点の配分は今後も変わらないということだけは確からしく思えます。

0B18DBD4-702D-4B40-8750-9B9C26117172

◯ 第1回公認心理師受験者の声〜第2回試験46.4パーセント合格率について

僕のように毎回公認心理師試験を解いて、文献や問題集を調べて、分析して、と第2回受験生でもないのに酔狂なことをしているのは予備校の先生方のような職業人が主でしょう。

こんな駄文でも書き連ねているとさまざまな人たちからのリアクションがあります。

第1回受験者の方々とコンタクトを取ることができたので、第2回試験の概要や試験結果発表についてさまざまな意見や感想を聞くことができました。

まず、大学相談室や専門学校で教えているMさん(医学博士を持つ才媛)です。

彼女は第1回試験の時から「ひなた君も他の人も受験資格がある人は絶対第1回試験を受け逃しちゃダメよ」と言っていて「様子見」見送りをしようとする人を徹底して諭していました。

彼女は精神保健福祉士を含めて他の資格ホルダーだったのでなんとなく感じるものがあったのか、転職や引っ越しで一番多忙な時期に受験していました。

僕「Mさんどうでした?」

と去年聞いたところ、

Mさん「大変だった。私結構ギリギリで◯◯点で合格できたから本当に第1回で受験しといてよかった」

そして昔からの知人で臨床心理士のA君に「僕は現任者講習出たからもういいや。無勉で受験しようかなあ」と僕が言ったところ、

A君「それだけは絶対にやめとけ。この試験はきっと滅茶苦茶厳しくなる。ナメるな」ときつく言われました。

もし彼のアドバイスがなければ僕はこのブログを書こうと思わなかったでしょう。

僕はこの試験を教習所を卒業していれば合格できる運転免許試験のようなものだと軽く考えていました。

2019.9.13、第2回試験結果発表直後、10年来の知己、RさんからSMSが届きました。

Rさんは産業医療心理領域で働くごく常識的な方、心理1人職場ならではの辛さも知っていて、他関連領域資格を持ちつつ心理に移ってきて大学講師経験もある苦労人の才女です。

Rさん「公認心理師。。。去年受かっていてよかった。。。と、つくづく自己本位なことをしみじみ深々考えてしまいました。。。」

Rさんの勤める組織は割とあちこちに心理職が働いていて、心理1人職場ですがいろんな心理の人とのつながりがあり、仲の良い第2回受験生、再チャレンジ組の人たちのことも知っているはずです。

後輩思いの方なので色々第2回受験生の話を聞いていたのかなあと。

Rさんは続けて

「去年の現任者講習の時からずーっとこの資格は蓋を開けて見なければなーんもわからんことばかりやん!!!」

というメッセージ、受験生たちにとっては混乱に近い状態をもたらしたのではないかという感想でしょう。

僕もリチャレンジ組の後輩を知っていますが、ものすごく多忙な職場で、状態が変わっていないという話を伝え聞いているのでその後連絡するのに躊躇してしまっています。

まだ直後で周囲からの声をたくさん聞けているわけではありません。

第1回試験は比較的合格しやすいとみなさん思っていたとしてもこれほど第2回と合格率乖離が生じるとは思っていなかったでしょう。

自分がもし第2回受験生だったらどうだったろうという懸念を聞くことはあっても、第1回受験者からも総じて第2回受験者に対して批判的な声を周囲から聞いていません。

僕自身もまだ頭の整理がついているとは言えず、試験制度について時間をかけながら今一度考えていきたいと思います。

3B8C3CEA-E6D1-44F2-AF12-17F506198532

◯ 何のために公認心理師になるのか?

公認心理師試験発表は本日まもなくです。

僕は去年からずっと公認心理師試験、制度を題材にしてブログに書いてきました。

会う人々、ネットで繋がっている人やコメントやメッセージをいただく読者の人々、関係者の方々から多くの示唆、知見を得て感じたことがあります。

この資格はまだ誕生したばかりです。

公認心理師は臨床心理士よりも様々な行政的権能を付与されます。

臨床心理士ホルダーを持っていない公認心理師単独ホルダーにとっては各機関で心理職としての十全の信頼を得て働くことは難しいでしょう。

元々心理プロパーで臨床心理士院卒者にとってはこの資格を取れるかどうかは名誉と待遇を将来的に見据えると死活問題です。

それでも無勉強では第1回試験に合格できない臨床心理士はいました。

公認心理師Gルート、実務経験者中、大学院科目読み替えで受験した臨床心理士もいましたが、他資格者も多かったはずです。

法に定められている26の機関で所属機関長の職印があればよかったので、心理業務は広く解釈されていました。

学校教員が受験者の1割程度という噂も聞きました。

医師、看護師等コメディカル、福祉職の人々は合格しても心理業務のみを担うわけにはいかないです。

28,574人合格者のうち3月末は未登録者4,517人、6月末現在での未登録者1,807人、果たして資格は生かされていくのか?

そして現在公認心理師資格所持者がこの資格を生かし切って仕事ができているのかというとその答えはノーと言わざるを得ません。

経過措置が続く混沌とした5年間、その後もこの資格のあり方や試験実施をめぐって紆余曲折はさまざまにありそうです。

公認心理師試験は心理職に対する独特の哲学を求めている試験です。

その哲学を読み取った上で、新資格のガイドラインに完全に従うことは困難です。

その思想を見据えながら、今後の対人援助業務に従事する人たちの今後の未来に期待したいと思っています。

合格発表直前の今日、この試験を様々な動機から受験した方々のそれぞれの目的を大切にして欲しいと思っています。

954525E1-EA34-498F-8C9B-E8BD8279539B

◯ 合格発表カウントダウン「踏み絵」となった公認心理師試験

公認心理師法第二条に規定されている「二 心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。」

は、心理職が日ごろ行っている心理業務のうち、カウンセリングという対人援助業務の中でも最も大きな比重を示す領域と思います。

クライエントさんもカウンセリングを受けることを目的として来談に来る人は多いでしょう。

例外があって、心理検査業務をメインに仕事をしている心理職も多いです。

カウンセリングやテストに心血を注ぎ、臨床心理士その他の専門性を生かして業務を遂行している人々は相当に多いでしょう。

そういった人々の中にはある種の技法の達人のような領域に達し、クライエントさんからも絶大な信頼を得て医療機関その他の施設などで相談業務に当たっている人は当然いるわけです。

人格識見の高さから尊敬されている方々も多いでしょう。

さて、公認心理師試験はそういった臨床実践能力だけを測定するための試験ではありません。

明日の発表の言い訳、エクスキューズをするわけではないのですが、試験である以上、必ず不合格者も出てくるわけです。

自分の専門流派では優れたカウンセリング能力があっても、他流派のカウンセリング方法を知らない、心理学の基礎分野や統計は忘れてしまった、多種類の心理テスト全てをやらない心理職の人はかなりいるでしょう。

ただしそういった人、心理的な業務に日常的に接していなくとも週一回のペースで心理相談に当たっているGルート、実務経験者ルート受験者も勉強さえすればきちんと公認心理師試験には合格できます。

医療分野で活躍している心理職が司法領域の事を知らなくても仕事はできます。

統計や基礎心理学を知らなくてもカウンセリングの上手な心理職はいるでしょう。

「それでは何のために脳科学や難しい学説、使ったことがない心理テストの問題を出すの?実務能力に関係ないじゃない」

と思う人もいるでしょう。

公認心理師試験は踏み絵です。

出題範囲を示したブループリントにしたがって試験委員会が出す問題、ブループリント用語周辺領域を徹底的に学ぶ姿勢がある人が合格できる試験でしょう。

実務能力を測定するのではなく、公認心理師法を遵守、脳科学に詳しく、服薬指導はしないものの、なんらかの副作用について患者さんの微妙な変化をいち早く察知して医師の指導を受けられる心理職が求められています。

公認心理師養成にかかわるシラバス、教育課程はかなり細分化されて決まりつつあります。

何百もの関連団体が綱引きを繰り返した挙げ句に決定された出題委員、その独特のクセがある出題傾向を熱心に学習した者が高得点と合格証書を手に入れられます。

臨床心理士試験とも他の心理関連試験とも傾向が異なっているこの試験は、国家資格を入手するためのいわば「踏み絵」だったと解することができるでしょう。

BA8EF704-B530-4798-A362-A138872C1905

◯ 第2回公認心理師試験は共感力を測定できたのか?

以前「第2回公認心理師試験は臨床能力を測定できたのか?」という記事を書きましたが、臨床能力の中でも重視されるべき共感力を公認心理師試験は測定できたのか?

というポイントに絞って考えてみます。

以前東京大学教授丹野氏が第1回公認心理師試験内容を評して「共感検出ゲーム」と記していましたが、それは今回の第2回試験でも同様でした。

公認心理師として働く心理職のところにクライエントさんが複雑な問題を抱えて相談に来ます。

公認心理師としては性急に「診断」や心理テストをしたり、勝手な自己判断をする、他機関に紹介するのではなく、まずクライエントさんに共感するという選択肢が正答と思われ、各社解答もそのようになっています。

ただし、臨床現場がそのような原理では動いていないことは確かです。

共感力だけを用いないカウンセリング技法は多くあります。

クライエントさんに生活の中で生起する問題について認知-情動-行動の評定をさせてホームワークとして毎回提出させる手法もあります。

しかし指示を出す時や宿題をクライエントさんが提出した時にきちんとほめて共感できないとカウンセリングはクライエントさんには無機質な苦行になってしまうでしょう。

これは何の流派でも同じことです。

本当は困っていることをクライエントさんが話したいのにカウンセラーが芸術療法、イメージ療法だけをさせるというのはどうかと思います。

また、とある症状で苦しんでいるクライエントさんに対してより苦しい「症状処方」をして問題行動をどんどん増やすように提案する、というのはその人の心を傷つけかねない侵襲性が危ぶまれるカウンセリングです。

統計学を含む基礎心理学、社会心理学、100種類以上の心理検査の特徴を出題するのが絶対に悪いとは思いません。

ただし、受験生のカウンセリング実務における共感力を検出することはできなかった試験だと思いました。

どの領域でも同じですがクライエントさんはカウンセラーの共感を求めています。

司法領域での加害者臨床は共感が困難な分野です。

クレプトマニア、窃盗癖のクライエントさんは行為依存に陥っていてカウンセラーが共感しにくいかもしれません。

ところが「君はたくさん盗みはさたけれど誰も人を傷つけたことはないよね、そこはきちんとしてるんだね」

「そうなんですよ、捕まりそうになったら全力で逃げて絶対に争わないのが大変なんです」

これは立派な共感です。

信じられないような悲惨な虐待経験を語る子どもに「それ、ホントの話?」と聞くともうその子は何も喋らなくなります。

「妄想」は否定も肯定もしないのがカウンセリングのひとつのセオリーのようになっていますが、嫉妬妄想らしい症状は本当にパートナーの浮気の結果かもしれません。

盗聴、盗撮も偏執的なストーカーが行っている場合もあります。

まずクライエントさんの辛い気持ちを受け止めて、信じて共感するということは難しいことですが大切です。

「医療機関はね、事実関係の有無を認定する捜査機関じゃないから」というのは確かに正しい言説かもしれません。

しかしカウンセラーのその言葉に反応して悔しくなり、カウンセリングから脱落していくクライエントさんは多いでしょう。

僕はこの試験は実務的でなく、現実離れした対応が正解となる「ゲーム」に挑戦することだと以前から思っています。

現場経験が長いほど、複雑な思考プロセルを必要とする「共感力」この齟齬に足元をすくわれた受験生の方々も多かったのではないかと思うのです。

↑このページのトップヘ