ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:公認心理師試験

1F251E62-41BD-42C7-9F1C-19A4561C1331

第5回公認心理師試験・Gルート受験者が今やっておくべきこと

1.はじめに

あくまで私論ですが、Gルートの人たちがどんな勉強法を取れば合格への切符を手に入れられるかを考えてみました。

統計を取っているわけではないのですが、第5回受験者の中でGルートの人たちは大きく2つに分かれているような気がします。

⑴ 再チャレンジ組

⑵ 自分にも受験資格があると思って聞き伝えて今回初めて受験をする人たち→(今回の現任者講習受講者数2万6千人〜2万7千人程度)

第1回試験は平易な国語問題が多かったと言われていたにせよそれなりに苦戦したのは覚えています。

2.出題傾向分析

この試験を独断で解析すると

第1回→現任者優先とする出題レベル
第2回→合格者をかなり絞るレベル(オーソドックスな心理学問題多し)
第3回→知識に重点を当てた問題
第4回→過去問知識中心の出題

だったのではないかと思います。

僕から見ると出題傾向はかなり迷走していたようにも思われるのですが、多く出題されていたのはPTSD、認知症、心身症、精神薬理学とその副作用あたりは必須と思えました。

だいたい第4回レベルの過去問中心の試験が第5回も出題されるような気がします。

3.学習スケジュール

僕はかなりスロースターターで3カ月ぐらいひか勉強をしなかったのですが、第1回試験が現任者救済レベルだったこと、曲がりなりにも心理プロパーだったことは大きなメリットだったと思います。

6月までのほほんとして慌てて9月の試験に臨んだのですが、小川俊樹先生が出題委員だからとロールシャッハを一生懸命勉強したりしていました。

Gルートに限らずですが、今度は第5回試験についてみなさんの大きなアドバンテージはなんと言っても過去5回分の問題が集積していることです。

ですので過去問をやることをまずおすすめします。

実際問題として、心理職でない方々が基礎心理学、そして事例問題でも臨床心理学的センスで正答を選び出すのはなかなか難しいことです。

心理職、心理専攻者にとっては簡単な国語問題に思える事例問題は他領域の方の現場感覚とは明らかに異なっていますので、そのあたりの事例センスを身につけておくことも必要になります。

Gルートの受験生の人たちと話すことがたまにあるのですが、まだ過去問解析まで進んでいない人たちの割合がかなり多いです。

心理プロパーでない方々で仕事、家庭に多忙なのはよくわかりますがまずは過去問を解いておかないと自分が今置かれているレベル、弱味と強味がわかりません。

なかなかまだ過去問までたどり着いていない人たちが多いのは知っていますが、テキストをイチからやってやり尽くすことができなくなってしまう危険性を考えたら過去問中心の学習が望ましいです。

※ 手前味噌ですが過去問は買わなくても手に入るのでブックマークするなり、できれば本番さながらに解けるよう、印刷しておいてください。

公認心理師試験過去問・解答等まとめ 無料

ハイスコア合格者の話を聞いていると「絶対の自信があって」正答選択ができていたわけではなく「これは感覚的に(絶対に)違うな」と誤答を取り除いて正答にたどり着いたようです。

したがって過去問をやってみる、過去問の正答選択肢がなぜ正答だったのかを調べる、誤答選択肢の用語を調べていくという方法が有効ではないかと思います。

3.具体的学習方法

自分が何も考えずにすらすらと解ける問題(は少ないと思いますが)、とにかく解けなかった問題は解いてみましょう。

統計法・実験法の扱いをどうするかは大きな問題です。受験生のみなさんは文系が多く、イヤイヤながらも統計法を叩き込まれた心理院卒生とは違います。

ですけれども全て統計・実験法を捨ててしまうのはもったいないことです。

古典的テスト理論は読んで覚えてしまえば特に数字は使いませんし、過去問にも出ています。

公認心理師試験テスト理論・ワタシをキライにならないで。

公認臨床対策統計はやっぱりやっとうけい

統計実は気楽みん。とりま主成分分析とか分散やるぬ

構造モデリング方程式も別に数字で理解しなくてもできます。

今だからできることです。

さて、統計に限らずわからない設問はテキスト、ネットで徹底的に調べることをおすすめします。

4.おわりに

Gルートの人にとってはあと半年ぐらいと言ってもその期間はあっという間に過ぎてしまうでしょう。とにかく空いた時間があれば勉強に集中すること、空いた時間がなかったらなんとか時間を作り出すこと。

厳しい戦いになると思いますがぜひ頑張ってください。ご健闘をお祈りしています。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

B13AE272-B688-4D3C-8394-725A85FF7E62

面倒見が良すぎるまりぃ先輩公認心理師試験・臨床心理士試験最新情報

さて、われらがまりぃ先輩、公認心理師試験、臨床心理士試験一発合格を目指す超超超面倒見がいいまりぃ先輩の YouTube とともに公式 LINE を見ると最新企画も始まったようです。

公認心理師試験は7月に試験といってもきっとあっという間ではないでしょうか。

特にG ルートの人たちは心理の基礎の基礎からやらなければならないので試験までまだまだ日があるなあ・・・

と思っても心理学史、心理統計などなど細かい分野が出題される一点を争うこの試験、一点を落とすと致命的、そう考えるとあっという間です。

かなり親身に教えてくれるまりぃ先輩の動画、公式LINE 動画、スケジュール指南+αなどなど僕はまりぃ先輩の教授をイチオシ、一流予備校にも遜色ない内容のコンテンツだと思っています。

興味のある方は今のうちにお早目に!


photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

AA5B7BAA-906A-4EAC-A8AF-8DD752E60191

日本心理研修センターからのお知らせ「まだ決まってない」

2022年11月11日、日本心理研修センターから
「お知らせ」 が出ています。

第5回公認心理師試験(2022年7月実施予定)に関する詳細は2022年1月頃公表予定です。詳細の公表後,『第5回公認心理師試験「受験の手引」』の請求方法及び試験関連スケジュール等について当センターホームページ上でご案内いたしますのでお待ちください。

とのことで、まだブループリントも出題委員も、肝心の試験日程も発表されていないわけですが、わざわざこのようなアナウンスをするということは相当に問い合わせが殺到しているのではないか?と邪推してしまうわけです。

というのもどのルートで受験するにせよ仕事やバイトのシフトが組まれていたり、特に看護師さんは日曜日に仕事をしている人も多いです。早めに決まらないと困る人たちが多いのだろうなあと思います。

勉強をきちんとしているにせよ、第4回試験では得点調整もあったので焦る人は焦っているはずで、早くブループリントを見たいだろうなあとも思っています。

こればかりはいくらせっついてもどうにもならないことなので待つしかないでしょう。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

D7B0A575-7D1C-4451-80D8-DFB964A82A81

まりぃ先輩の公認心理師試験対策講座

さて、僕らの味方、受験生の味方まりぃ先輩の公認心理師試験対策講座がYouTubeでも見られるようになりました。

間があるようでないのがこの公認心理師試験、受験に役立つ勉強のスケジューリングを立ててくれます。

「心理学のことなんかわからない」他職種Gルートの受験生にも懇切丁寧に勉強のスケジュールを立てて、さらに一ヶ月並走コースでは丁寧に受験に向けて面倒を見てくれます。

「まりぃ先輩の受験対策講座ってどんなものかな?」と思っている方も多かったと思いますがまずYouTubeで登録、グッドボタンを押して見てみましょう。



photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

C8827748-C00F-4C75-A4F8-59BB03507520

○公認心理師試験Gルートの健闘(付録・all今までの過去問付)

さて、上図はウサねずみさん@usanezme という好きモノの人が作ったのですが、毎度のように思うのはGルートの人たちはものすごくよく勉強して健闘しているな、ということです。

Gルートの人たちはTwitterを見ると他職種(教師、看護師、3福祉士)の人たちが多いように思われますが、実際のところは平成18年までの経過措置で臨床心理士を大卒で取得していた人たち、大学院で科目読み替えが不可能だった人たちも含まれていました。

僕の予測では本当に公認心理師資格を必要としてしている心理職の人たちのほとんどは、Gルートを含めてもうかなりのパーセンテージで資格を取り切ってしまっているのではないか?というのがガチな推測です。

僕の周囲の現役心理職の人たちは特に資格がなければクビになるというわけではない職場でも相当必死で勉強していて、1回目で9割、2回目でリベンジして結局は全員公認心理師を取得していました。

それから最初からわかっていたことですが、難関と言われた第2回、第3回試験では新卒Eルートの人たちが8割を超えるかなり高い合格率でした。この人たちの多くは予備校も通わず自学自習で勉強していた人たちが多いです(「お金がなかったから」と言っていました。)。

その意味では心理学を学部からみっちりと勉強していた人たちを選抜するというこの試験の検出力は十分にあったと言えるでしょう。どの回の試験を見ても心理職や心理新卒者がGルートよりも有利なように見えます。

ここで拙ブログ

公認心理師試験過去問・解答等まとめ 無料

を参考にして考察してみまました。(受験生のみなさん、過去問は買わなくてもこれを見れば大丈夫ですよー。と手前味噌)

D、C、E、Fルートの人たちは一生受験資格があります。本題ですが、僕はGルートの人たちは相当に努力をして頑張っていた、現在進行形で勉強していると思います。

他職種の人たちは医学、関係法規などの知識のアドバンテージがあったとしても6年間叩き込まれた心理統計、心理学史、基礎心理学などの知識、そして臨床心理学的な事例の解き方などのセンスは心理職ならではの感覚がないと回答できないものが多かったです。

それにもかかわらず5割前後の合格率を叩き出しているのはかなりすごいことだと思うのです。Twitterを見ていると1回目、2回目、3回目、4回目の試験で初めて合格できたという人もいます。ひとつひとつ知識やセンスを積み重ねて合格に至ったのではないかと思うとその努力には感服するところがあります。

だから他職種の人々の合格者の人たちは相当な勉強をしてきたのだと思います。今回の現任者講習会は26,000〜27,000人程度が受講したと聞いています。なぜ今回の試験について現任者講習会を受講した人数がこれほど多かったのかはわからないのです。

駆け込みで受験するのか、これまでコロナ禍で移動を自粛していた人たちが移動できるようになったからなのか、あるいは資格が有名になって、自己啓発のために受験をしようとしているからかもしれません。

どういう動機で受験しようとしているのかは詳細にはわかりませんが(一人一人の動機付けは異なるでしょう。)合格率を見れば第5回公認心理師試験Gルートの方々の本気度合いはわかるのではないでしょうか。

ただし、作成された図を見ると回数を重ねるごとにGルートの占める割合は増えています。
Twitterを見るたり、ボランティアでさまざまな受験対策講座に出ていると(もちろん統計は取っていないのですが)最近では小中高教員や3福祉士、栄養士の方々が受験しようとしていることがわかります。

これについても何度かブログで書いているのですがあくまで「経過措置」なので、公認心理師法第2条に規定された心理的支援を行ってきま現任者ならば受験資格は十分にあるのです。

とんな資格でもそうですが、資格は取得しただけでは十分にその価値を生かすことはできません。資格を取って「こんなことができる」「今までこういうことをやってきたから○○の役に立てることができる」というものがないとその先に何かを特技として主張することは難しいと思います。

心理職が心理専門家として働いているのとは異なって、他職種の人たちはまた違う形で資格を生かして欲しいとも思っています。

この図表を見ているとさまざまな人たちがさまざまななバックボーンがあって、それを生かしてやっていこうとしているのだろうと思います。実際、ツイートでも児童生徒を理解する上で公認心理師試験の受験勉強をしたおかげでそのやり方が深まったというものも読んだことがあり、これも資格のひとつの生かし方だも思いました。

↑このページのトップヘ