ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:保健師

193F6456-40A7-4C7B-A72C-5ADF0ED4D9D6

〇ノー勉Gルート公認心理師受験生保健師Mさん

Mさんは僕の勤務先に非常勤で来ている保健師さんで、主務は他の企業の産業医室、とにかく忙しい生活をしているという人です(※ただし主務は週3回バイトし放題で年収ははっぴゃくまんえんあります。)。

今度第4回試験をGルートで受験するということで勉強の進捗状況について聞いてみました。

僕:Mさん第 2 回は会社の仕事が忙しくて受験しなかったんだったよね、渡した問題やってみてダメだったって言ってたけど何点足りなかったの?

Mさん:じゅ、じゅうすうてん

僕:第1回、第2回試験受けとけばよかったのに

Mさん:ほら、会社の仕事忙しくて、何にも勉強してなかったし

僕:第3回試験は?

Mさん:今度は家族の調子が悪くて受験できなくって

僕:第3回試験解いてみた?

Mさん: .…いやまだ 

僕:どう、過去問今までの解いてみて

Mさん...

僕:統計とかは?

Mさん:それは保健師って統計使うから大丈夫

僕:医学問題は?

Mさん:それはお手のもの

僕:何が難しいの?

Mさん:司法とか教育とか福祉とか、ほら、やったことないじゃない

僕:少年院種別わかる?

Mさん:わかんない

僕:産業、ストレスチェックとかはわかるよね

Mさん:それはわかる

僕:基礎心理、心理検査

Mさん:やったことないからわからない

僕:うーん、Mさん徹底的に基本書やってみて苦手分野だけでも克服した方がいいんじゃな
い?

Mさん:それが会社の仕事が忙しいのよお、大企業だからコロナ患者はいつも出ているからその行動履歴を追って保健所に提出したり、帰宅が夜11 時ごろ、平日は妹がやってるけど母の介護とかもあるし

僕:うーん、休日の介護はお金払ってでも有料サービス頼むとか?

Mさん:それが、母が知らない人家に入れるの嫌がるし

僕:うーん、そういう人いるよね

Mさん:もう泣きたいぐらい。ひなた君から借りたテキストも全然やってないし

僕:でもMさん今公認心理師取ってなくても今困ってないから別にいいんじゃ?(大事なことなので繰り返しますがMさんは年収はっぴゃくまんえんあります。)送ったブログの受験対策記事も読んでないみたいだし(おこ)

Mさん:いや、絶対に取る。今も会社の要請でメンタルヘルス研修ガンガンやってるし、きちんとした自分がやってることの根拠みたいなのが欲しいのよね

僕:Mさん真面目だからなあ。そんなんだったら第5回までの試験問題写させてよ

Mさん:ちょwひどい。ワタシ次の試験落ちる扱いされてる

僕:うーん、Mさんが来る月曜に毎回Mさんの試験勉強の稽古つけるかあ

Mさん:そう言って去年から2回しか来てないじゃん

僕:だってMさんも俺もその日は会議やら相談やらでお互いの予定合わないじゃん。うーんどうしようかなあ、Mさん時間外も忙しそうだからもっと遅くしようか?

Mさん:だってこの職場夜8時になると締め出し食らうじゃん

僕:じゃ、遅くまでやってるお店で。す◯家とか吉野◯とか

Mさん:それごはん

僕:いや冗談は顔だけにしとくわ。ふぁみれすが無難かなあ

Mさん:助かるわあ。ボランティアでそこまでやってくれるなんて

僕:え、ボランティアなの?

Mさん:ワタシが合格したら5千円、不合格だったらひなた君が50万円払うってことで

僕:ちょ、それひどすぎるw
とりまMさんが不得意そうな分野で絶対に出そうなのいっぱいあるから。Y-BOXとかVinland-Ⅱとか心理テスト必出だし

Mさん:わいぼっくす?ゔぁいんらんど?

僕:うーん、前途多難だなあ。裁判員裁判、ハーグ条約、司法面接、面会交流、成年後見制度とか

Mさん:なにそれこわい

僕:これさ、心理の資格試験じゃないっていう心構え必要なんだよね。「法律の条文に定められているものは何か?」とか平気で出るし

Mさん:なにそれコワイ。でもひなた君どうしてそこまでやってくれるの?

僕:…(格好のブログネタになるし)いや、俺いつも一生懸命なMさん好きだし自分の勉強にもなるし

Mさん:ひなた君その本音ひとりごとっぽく声に出すクセやめた方がいいと思うの

僕:あ、わりい、なんとしても今回はMさんに受かって欲しいし

Mさん:そう言いながらひなた君どんどんワタシにケース回して来るじゃん

僕:だって心身相関で言うと保健相談ばっかりじゃん

Mさん:えと、ひなた君が得意なはずの遺産分割相談とか親権者変更とかは?

僕:えと、それほら、本人が悩んで心身の不調をきたしていたらメンタルと健康問題ってことで

Mさん:やっぱひなた君ひどいわあ

僕:うん、人は簡単に変わらないんだよ。人を変えるより自分を変える方が早いんだよね

Mさん:(もっともらしいこと言って…)

僕:Mさん本音言葉に出てる

Mさん:わざとよ。ねえひなた君前から疑問に思ってたんだけど暇つぶしのブログ書いててもし自分が問題解いて合格取れなかったらどうするのよ

僕:え?ブログやめるよ。だって合格点取れないブロガーに資格ないじゃん

Mさん:そうあなたは真剣に考えていらっしゃるのですね

僕:とにかく勉強時間っつーか勉強時間作る方法考えなきゃな

Mさん:うん、ワタシもいじわるなひなた君見返すために頑張る

※ ということでなんとか旧知のMさんのために?なりたいと考えているのですがMさんが合格できたら(して欲しい)ぜひ記事にしたいと思います。ご健闘を祈りながらMさんが泣きを入れるようなビシバシとスパルタ教育をしてみたいと思う次第です。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

9ACF8369-D30D-4593-84D2-7442F9C0332E

◯ 公認心理師不合格だった保健師E先生

E先生からスマホに着信

E先生「ひなたさん?私(別棟の)カウンセリングルームに今日は出勤してるんだけど、4時からの面接キャンセルになっちゃったのよ、こっち来ない?」

(僕のこの勤務先は複数の相談員がいます)

僕「はあい、僕これから面接だから終わったらそっち行きますね」

ー1時間後ー

僕「というわけで女性カウンセラーを希望しているクライエントさんなので先生にカウンセリングお願いしますね」

E先生「うん、わかった。でね、ひなたさんね、私公認心理師落ちちゃったのよ」

僕「えっ、E先生、保健師だし精神保健福祉センターでもキャリア長いからてっきり大丈夫かと思ってたんだけど」

E先生「3点足りなかったのよお。医学とか統計なんかは保健師の分野だからすらすら解けたけど」

僕「ふんふん」

E先生「ひなたさん悪いわねえ、参考書まで貸してもらったのに」

僕「いや、ごめんなさいね、こんなに難しいレベルになると思わなかったから。参考書もいろんな受験生の人たちからあとから聞いたら基礎心理学ばっちりの有斐閣の心理学とかナツメ社のテキストが良かったみたい。心理学検定は一問一答式もおススメらしかった」

E先生「ひなたさんも今回の問題解いてみたの?」

僕「うん、電話が途中で入ってきたり用事があってあちこち移動しながら問題急いでやってたらミス続出で、正答選択を問われていたのに誤答を選んでみたり」

E先生「そうそう、私司法とかはね、苦手分野だし、事例とかも曖昧な選択肢多かったじゃない?」

僕「うん」

E先生「私パニックっちゃってねえ、だからケアレスミスだけで5問ぐらいあって、あれがなければ良かったのに」

僕「うん」

E先生「で、どう考えてもわからない問題に引っかかって先に進めなかったり」

僕「普通の受験と同じですよねえ」

E先生「この年になってこんなに本格的に受験勉強するとは思わなかったわよー、でもね、第3回で私絶対受かるから。もしダメでもギリギリ5回まで粘る」

僕「はい、ぜひ頑張ってください」

※ E先生は数年来僕と一緒に仕事をしていますが、特に若い女性のクライエントさんに頼りにされているカウンセラーの先生です。

臨床心理士資格は持っていませんが十分に現任者と言える心理相談業務を20年以上しています。

受験動機は「私のところに来ているクライエントさんに安心して欲しい、信頼して欲しい、公認心理師の勉強を通じて専門知識を深めたい」

難しかった第2回試験に不合格だったからといって諦めずにまたリチャレンジするという姿勢は素晴らしいなあと思い、ぜひ第3回に再挑戦して欲しいなあと思いました。

D35E1CB1-C964-4855-8377-72F0BE96C7EB

※ 実在する人物の許可を得て記事にしました。

◯ 保健師兼公認心理師つぐみさん

僕「つぐみさんみたいに精神保健領域で働いてきた保健師さん、結構公認心理師取ってるみたいね」

つぐみ「看護師ってね、なんでもやるから最初は外科病棟でオペ中にメス投げられたりね、診療中にもカルテ投げつけられたり外科の先生にされるとこから修行始めたわけよ」

僕「外科系って昔は大変だったよねえ」

つぐみ「今でもそうよ。外科系だと『あーらセンセ、いつもお手手が悪さしちゃうんだからあ』って言ってうまくあしらわないと」

僕「へえ、で、つぐみさん保健師取ってからすぐメンタルヘルス関係始めたの?」

つぐみ「市役所の地域保健師ね、それからまた病院で看護師やってから企業かな?」

僕「企業っていってもつぐみさんがいた会社の規模だと産業保健の中でもメンタルヘルス業務最初からはやらせてくれなかったでしょ」

つぐみ「そうねえ、健康診断、要指導社員への健康指導とか病院行かせるとか、社食のメニュー改善とかね」

僕「社食だからきちんとカロリー計算されてるわけじゃないんだ」

つぐみ「入札で入ってきた田舎の食堂だからカレー、ラーメン、カツ丼が中心よお」

僕「産業保健師さんって本当にいろいろやるよね」

つぐみ「そそ、禁煙キャンペーンとかウォーキング推奨月間とかね。そういう成果を学会発表できたのはよかったかな。」

僕「会社のお偉いさんでも人事管理とか労務管理とかできる人とできない人がいるから保健師さんにやらせてるところもあるよね」

つぐみ「うーん、労働安全衛生業務をやるのは本当はどっかの課の課長業務?と思ったけど、ヒヤリハット事故防止とか、労災ゼロ運動やったりとか、なんでもやらされてねえ」

僕「課長っていうより部長に近そうな」

つぐみ「だから総務部マネージャーで部下の教育とか職長を集めて健康保健教育とかね」

僕「うん」

つぐみ「だから中災防(中央災害防止協会)心理相談員の資格取ってね、産業カウンセラー取ったら勢いでシニア産業カウンセラー取ってそれからキャリコン(国家資格キャリアコンサルティング技能士)取ってそこの会社でメンタルヘルス責任者もやることになったのね」

僕「看護師さんって人体に詳しいだけですごいって思うけどつぐみさんは保健師さんやってそれからかなりまた勉強したんだねえ。保健師さんって熱心な人多いよね」

つぐみ「でも非常勤のままマネージャーやってて、会社が産業保健部門ね、特にメンタルヘルス部門縮小するっていうから出稼ぎに行かないと食べられなかったのよ」

僕「ふんふん」

つぐみ「あちこちで講演とかやってたからね」

僕「うん」

つぐみ「まあすぐ仕事見つかって10社ぐらいかけもちで仕事したり官公庁とかいろいろね」

僕「つぐみさんなんでもできるから頼られたでしょ」

つぐみ「リワーク(病休者復職支援とかね」

僕「うん、民間はどこも大変そうだねえ」

つぐみ「いや、実は公務員関係がかなり大変なのよ」

僕「ふうん」

つぐみ「保安職、公安職って普通の公務員以上に労働制限とか撤廃してるでしょ」

僕「そうだよね」

つぐみ「だからね、カウンセラー雇わなくちゃってことで委託されて行ってる◯◯▽の職場とかすごいのよ」

僕「うーん、保安関係はすごくメンタル状態悪いって聞いたことあるよ。外部への心理支援はしても内部の職員ケアしないって元特別国家公務員の博士から聞いた」

つぐみ「でしょ?、私が『今週も来ましたーっ』行くとね」

僕「うん」

つぐみ「『やあようこそいらっしゃいましたつぐみ先生』ってお偉いさんがずーっと喋っててね」

僕「うん」

つぐみ「職員のカウンセリングとかできないっつーか意図的にさせない雰囲気なのよ」

僕「あらー」

つぐみ「ま、もっと上の方に今チクッて慌てさせようと思ってるんだけど」

僕「保安関係は大変そうだねえ」

つぐみ「警察以外にも司法警察員で逮捕権与えられてるとこはどこもね、内部のルールがすっごく厳しい」

僕「うん」

つぐみ「いつも仕事で惨状目にしたり24時間体制とか宿直とか激しいのよ」

僕「大変そうだねえ」

つぐみ「だからメンタル状態すごく悪いけどケアする人いないから、公務員って言っても実は辞めちゃう人も多いけど、表には出ない数字よねえ」

僕「うん、つぐみさんって保安関係だと今までどこの仕事してたの」

つぐみ「◯◯、××、☆☆、@@とか」

僕「ふうん、ほぼ保安関係網羅してるんだねえ」

つぐみ「資格いろいろ取ったりいろんな経験させてもらってたから、公認心理師試験なんとかなったけどね」

僕「大変な現場多そうだから無理しないでくださいね」

※ 場数を踏んでる精神科看護師さん、産業保健師さん、保健所の精神保健福祉相談員さん(いずれ精神保健福祉相談員には公認心理師も登用されるでしょう)は医学知識があり、訪問ケアをする際にも身体医学知識があるととても役立つでしょう。

保健師さんは医療に加えて産業場面では産業保健師、行政場面では行政保健師、教育保健師と3つの領域を持って仕事をしています。

保健師、看護師は現任者ルートが終わると公認心理師資格は取れなくなりますが、まず各精神衛生の最前線て活躍している方々に公認心理師でキャリアアップしてもらうのは十分ありだと思います。

心理職プロパーとしても教われる部分は多いのですから。

これまで公務員心理職については裁判所と法務省矯正局についてしか書いていなかったのですが、公務員心理職は官公庁でも自治体でもかなり多く活躍しています。

また、公安関係心理職も多いのですが、つぐみさんが言う通り、公安保安関係職員は職務がハードな割にはケアが行き届いていません。

内部スタッフケアが不足しがちなのです。

心理職、精神保健職が集まって仕事をしているような職場でも心理、精神保健専門職がなんらかの精神疾患を発症することはあります。

そこで他の心理、精神保健専門家が予兆を感じてストップできるかというとできません

うつ病にせよ、双極性障害にせよ、統合失調症でも頑張って仕事をしようとすればやりきれてしまいます。

そして倒れた時に初めて周囲が気づくのです。

専門家集団にしてこのありさまですから、一般の職場ではなおのことわからないわけです。

今は公認心理師制度は始まったばかりの移行期ですが、多くの職場に公認心理師が浸透していき、その成果が試されている時期と思います。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

↑このページのトップヘ