ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:メディカ出版

7F35229C-6209-4137-84B6-90ABC99DE1FD

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

なにをしたかよりも
どれだけ心が動いたかなんだよね ꕥ⋆゚


◯ 新型コロナ医療者向け相談事業展開

1.序

新型コロナウイルスについてはTwitterで呼吸器内科医田中希宇人先生が紹介しているニュース が感動的でした。

死者43人を出した永寿病院、泣きながら防護衣を着る看護師、ECMO(人工肺)を装着して生還できた医師、4月の段階で自らの命を危険に晒すことがわかっていながら、衛生物資も感染症対策も不十分な中で治療が行われたものでした。

連日東京では100人を超える新規感染者が出ています。第2派の大流行が懸念されている中、医療従事者のPTSD、うつ、不安障害の可能性はノルウェーの研究では (3ページ目のabstract)医師10.2%、看護師43.4%、心理療法士13.7%、ソーシャルワーカー8.9%と指摘されています。

このコロナウイルス対策の中では医療従事者に対するメンタルケアがかなり重視されていくでしょう。

2.医療従事者に対するメンタルケア

「あまり不吉なことを言うな」という向きの方もいるかもしれませんが、医療従事者が今回相談できる窓口を探してみました。

日本看護協会

探してみるとメールフォームがありました。個別の相談ということではなく、看護管理者としてスタッフの管理など包括的な相談に当たれるようです。

⑵ 厚生労働省

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
○受付時間 9:00から 21:00

※ 医療機関従事者に特化しているわけではないです。

cottree

今回いろいろと探していて初めて探し出せたサイトです。通常は有料カウンセリングを行っていますが、オンラインで医療従事者1,700人がカウンセリングを受けることができます。3万円分までは医療従事者、家族が無料でカウンセリングを受けられますがその後は有料です。

メディカ出版

始まったばかりの医療従事者、福祉職及びその家族に対するZoomによるオンライン音声カウンセリングです。

相談料 ※サービス開始につき、先着5名まで無料
10:00~22:00 3,000円(税別)/45分
22:00~23:00  4,000円(税別)/45分

・相談時間 45分

・サービス提供時間 10~23時
※ 23時以降をご希望される方は別途ご相談ください。


とあります。なお、問い合わせてみたところ、医歯薬看護に特化したメディカ出版では、
「すべての医療従事者を応援します」のスローガンのもと、新型コロナウイルスと闘う皆さまの力になれたらと、この相談事業を始めたそうです。医療関係に詳しい公認心理師がカウンセラーとなるとのことでした。

以上、比較検討をさまざまに行なって提示しました。今後もすぐには収まらないと思われる新型コロナ、負担が最もかかると思われる医療従事者、福祉職、心理職も含めて誰かに相談する窓口があるというのは心強いことです。

E9733C40-3A4A-4A80-B6D1-F6DE7BA2D6D5


photo&lyric by 𝚜 𝚘 𝚛 𝚊 ໒꒱⋆゚ (@Skyblue_sky_)
生きる上でストレスという負荷を避けて通ることは難しいよね。過度なものは心を患ってしまうけれど、かと言って全くそれがないと、のれんを腕押しするかの如く味気の無いものになってしまう気がする。ほどよい摩擦があることで歯車は噛み合い前へ進むのかも。でもやっぱり…ストレスフリーがいいよね。


◯ 各分野で働く公認心理師・臨床心理士のキャリア形成

1.序
「またかい」と思われるかもしれませんが、メディカ出版の公認心理師向けのインターネットサイト「こころJOB」さんのエア取材記事です。ちなみになぜ僕がメディカ出版のこころJOBさんのコンテンツばかり取り上げているかというと、中の人が公認心理師制度の発展にとても理解があり、電話をするといろいろと親切に教えてくれるからです。それだけではなくて、コンテンツが他サイトとより充実しているのがわかるからです。

僕は電凸ブロガーとして(迷惑にならない程度に(と自分では思っている))取材を試みているのですが、こういった理解ある熱心な担当者と話ができるのは楽しいです。こういったオアシスのような人がいなければ気の弱いウサギハートの僕は恐怖に打ち震えて死んでしまうかもしれません。

さて、実際のところ、公認心理師がどこでどんな働き方をしているのか同サイトを見て僕なりの感想を述べてみます。

2各領域における心理職の活躍

⑴医療領域
この領域においてはやはりCOVID-19へのメンタルヘルス対策が重要になってきています。この感染症の受入れ病院でもある総合病院では、ストレスが高まっている患者さんも多く、相談件数は増えているとのことです。感染症対策で家族と会えない、COVID-19が怖くて病室からも出られない患者さんに対して作業療法のようなことをして安心感を与えるという試みをしている心理士(師)の方(あいいろこっこさん)もいます。

⑵ 産業領域
産業領域ではダイハツ工業の春藤行敏さんがインタビューに答えています。保健センターで働く春藤さんは60人の医療スタッフの一員として働いています。

彼は保健センターの一員としてまずCOVID-19のことを知り、そのためのメンタルヘルス施策を担当しています。あくまで「組織の一員」としてメンタルヘルスにかかわっているわけで、COVID-19に関する基礎知識がないと対応できない、という観点から、疾患への理解を経てその後にメンタルヘルスを考えていくという、大変効果的なカウンセリング体制を構築しています。

⑶ 教育領域
教育では学生相談所に勤める管藤美穂さんが学生たちの不安について書いています。授業が始まらない、またオンライン授業で行っている。不安な学生の相談へのニーズは大きい、そこで電話、メール、オンラインでこの事態に対処しています。

スクールカウンセラーとしては神井知子さんがやはりCOVID-19という特殊状況下で生徒のプライバシーに配慮しながら、自粛で閉塞感を味わっている生徒のために守秘義務に関して注意をしながら仕事をしている様子を記述していました。

福祉領域で働く永山唯さんは福祉施設で働く人々、介護職のストレス低減にかかわり、介護職の人々が生きがいを持って働けるような工夫をしています。

この連載は心理職の働き方を考える上でとても大切な何かをいつも伝えてくれています。

司法領域を含めて心理職はさまざまなところで働いています。

こころJOBは心理職としての働き方は何か、そしてどのようにキャリア形成し、そしてキャリアアップしていくにはどのように仕事を探していくのかを紹介しています。

これから公認心理師試験を受験する上で役立つ情報、公認心理師クイズもありますが、いつも僕が感心しているのは求人情報の多彩さです。

随時非公開求人を含め、心理職としては条件がいい求人があり、「こんな求人があります。あとは勝手に応募してね。」という求人形態ではなく、きちんと応募者のニーズを聞き、面接に通るためのキャリア形成を支援していく、面接、履歴書作成の支援を行うというのは優れたシステムだなあと思います。

心理職としての働き方、仕事の探し方を考えてみるヒントになります。こういったサイトに登録しておくと声がかかかることもあるでしょう。積極的にさまざまな資源を使って公認心理師の活躍の場を広げることは公認心理師全体の地位を向上させるためにも必要だと思うのです。

↑このページのトップヘ