ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:インフォームドコンセント

C47EFE66-4CB8-4D37-879E-1DA5110C4606

◯ 患者さんの握ったおにぎりを食べられますか?

横浜市立大学医学部の論文試験に出題された問題を改変したのがこのタイトルです。

正しくは、高校の教員が生徒たちを引率、農業実習をさせた生徒に対して農家のおばあちゃんが握ったおにぎりを食べられなかった。

あなたが高校教諭だったら

1.食べられなかった生徒たちをどう指導しますか?

2.食べられなかった生徒が多かったことをおばあちゃんにどう伝えますか?

という設問でした。

これが医療者としての適性を試す質問とすれば、1.の「食べられない」という価値観を多様性のひとつとして否定しない。

どんな際にもマイノリティの人権を否定しない。

そして2.はインフォームドコンセントICの問題になるでしょう。

とある難病になり、数年後生存率はほぼ数パーセントという患者さんのICに立ち会ったことがあります。

ベテランのXy部長医師が「◯◯さん、今は病気が悪さしているけれど、絶対に2本の足で立って帰れるようにしますから。」

と満面の笑みで患者さんに伝えました。

結局患者さんは小康状態になり本当に二本足で帰り、生きられた時間を楽しみ、その後急変して亡くなったという例がありました。

このご時世ですから患者さんもよく自分の病気を勉強していますから末期には覚悟をしていました。

患者さんは、残された生きられる時間を大切にしようとしつつも治し切ってくれなかった医療者を恨んでいたかもしれません。

「おにぎりをみんな喜んで食べましたよ。」

と言いつつ高校教諭はおにぎりを持ち帰ったのかもしれません。

それをおばあちゃんは悟っていたかもしれません。

それは「優しいウソ」です。

「私、死ぬんでしょ?」

「そうですね。生きられる見込みはあまりありません。」

というやり取りは医療現場ではありません。

この20代の若い研修医でも命がかかっているICはかなり慎重に行います。

さて、この横浜市大設問の隠された根源のひとつとして「患者さんからもらったプレゼント」の扱い方があります。

時にはプレゼントをこちらから与えることもあります。

真夏に走ってカウンセリングの時間に間に合うように汗だくで来たクライエントさん、喋るどころではなくぜいぜい言っている、そんな時には「麦茶でも飲みますか?」と聞きます。

患者さんと一緒にお茶を飲みながら和気あいあいとカウンセリングするのはいけないことという暗黙のルールもあります。

厳しい倫理がある公務員の世界では当事者から出された「お茶を飲んではいけない」という規定があります。

特に司法や福祉で判断業務を行うところはそうで「あの時お茶を飲ませてやった。お茶菓子も買ったから持たせたのに」とまで思われるかもしれません。

公務員でもユルい時代には保護者からビールを飲まされたり、遠距離の当事者宅に行くのに原付で駅から自宅まで2人乗りで送り迎えしてもらったこともあると聞きます。

児童臨床をしている心理職が子どもが一生懸命作った折り紙や工作を断ることはないでしょう。

もう少し年端のいったティーンエイジャーの女の子がスワロフスキーで作ったアクセサリーならば?

確かにクライエントさんは喜んで欲しがっているからこそ作るわけですが、「わあ、また作ってね」と何度も作らせていたという臨床家がいたと聞いてかなりがっかりした思いがあります。

直接の知り合いだったら叱り付けていたかもしれません。

精神分析では子どもの排泄物は親への何よりの「贈り物」と言われています。

心理職はクライエントさんの友だちではない、これはその通りです。

福祉現場では利用者さんと指導員が一緒にご飯を食べる機会はままあります。

それもまた生活をともにするという臨床の立場だと思います。

どこまでが許されてどこまでがまずいのか、その線引きは心理職にとって常に曖昧な危険性を孕んでいます。

「今日は暑かったからペットボトルのお茶を買ってきましたから先生も飲んでください」

「また来週の時間を決めましょうか」

「お茶、持ってってください」

こういう場面に困った心理職の人はいないでしょうか?

「これまでお世話になりました。母と私で選んだネクタイです。受け取ってください」

プランド物の高級なネクタイでした。

どうしますか?

僕の実体験です。

以下、産業領域の心理職の人たちは経験していることも多いでしょう。

カウンセリングを受けたくてしょうがない、だけど工場の生産工程が読めないので連絡の取りようがないし、現場には内線電話がなくてカウンセラーの私物携帯しかない。

こういう時、私物携帯の番号を教えるカウンセラー、教えないカウンセラーを多数決を取ったら見事に半々に分かれました。

僕は人を選んで慎重に時には携帯番号を教えることがあるのですが、時間外に1時間電話で泣きつかれると困ったなあと確かに感じます。

産業領域では「カウンセリングに来るのにお昼しかないっすよ。お腹減っちゃうからここで飯食ってもいいっすか?」

「◯◯君、お茶どう?」

「あざーっす!」

偉いどこかの人が聞いたら激怒されそうです。

「カウンセラーさんに食べて欲しいからケーキ焼いてきたの」

これはどうしたらいいでしょうか?

じゃ、手作りお弁当は?

と思考実験ではなくて実際にそういう体験をした人もいるだろうなと思います。

物のやり取りだけがまずいのではありません。

言葉もかなりクライエントさんにとっては凶器になります。

「カウンセラーさんみたいな優しくて素敵な旦那さんが欲しいなあ」

「いやいや、僕は私生活では女房とはケンカばっかりでちっともダメですよ」

こういうカウンセラーの返し方は二重の意味でまずいのです。

昨日、今日と医学部試験から医療倫理、対人関係援助職の倫理について考えさせられました。

4B44E7D1-05D6-44D6-84CB-FD9CD023539A

◯ 「公認心理師のための説明実践の心理学」から考えるインフォームドコンセント

昨日アカメアマ様から、コメントとして患者さんや一般人、非心理職に対する説明をどうすればいいのか?

ひなた先生はどう思いますか?

という質問がありました。(要約)

ちなみに僕はこのブログを書いている時、ただの心理ブロガーで「先生」ではないですし、カウンセリングの現場でも神格化されないように心を砕いていますので「先生」と呼ばれると恐れ多い気持ちになってしまいます。

(スクールカウンセラーが働く学校という現場は給食センター員、用務員も「先生」なので受け入れていましたが)

神格化の後にやって来るのは、魔法のような精神療法や、そして環境の変化を実現させてくれないカウンセラーへの落胆やカウンセリングからの脱落、時によっては攻撃性の発露にもなります。

「必ず私が治します」というのでは宗教になってしまうでしょう。

さて、多分試験勉強のテキストにも使われるだろう標題書(ナカニシヤ出版)を参考にしながら、僕なりの回答をさせていただければと思います。

公認心理師試験出題委員の沢宮先生も執筆者に名を連ねているこの本で、僕がとても得心したのは第4章「多様な利用者への説明原則」拓殖雅義筑波大学教授の説明です。

拓殖教授は専門が特別支援教育だけあって、障害のある方への説明を説明原則として示しています。

ダイバーシティ(多様性)概念がこれだけ広がっている今、心理職が心理職だけにしか通じない言葉で話しがちなのは、ついうっかり常識化していると思う専門用語は実は様々な人々にとって「共通言語」ではないけれどもそれを忘れがちです。

拓殖教授は筆談やICなどあらゆる手段を説明のために使います。

もちろん良心的な心理職は誰に対してもわかりやすい言葉で説明しようとします。

子どもでも障害や疾患がある人に対してわかりやすく噛んで含めるように説明、その際相手はわかっていなくても必ず「はい」と答えることを念頭に置く必要があります。

例;「患者はいつも『はい』と答える」(「医療におけるヒューマンエラー」医学書院 から引用)

看護師D「金曜日にお伺いしたDです。Bさんよく眠れましたか?」

患者A「はい」

(引用終わり)

Aさんは「眠れましたか?」に反応して、自分の名前が呼び間違えられたことは聞き流してしまいます。

「間違いだなあ」と思っていてもです。

だから心理職がインフォームドコンセント、説明をして同意を得る際には相手はわかっていなくても「はい」と答える可能性があるということです。

アカメアマ様からの質問に正確に答え切れているのかどうか難しいところですが、同じ人でも状態によって説明は異なります。

医師がとても多忙で秒単位を争っていてそれでも説明を求められることがあります。

ケースワーカーも浮かない顔をしている時もあります。

相手が同じでも状態によって共通言語が変わります。

むしろ心理職の仕事というのはインフォームドコンセントにこそ、その本質があるのではないかと思います。

説明に説明を重ねてずっと説明をし続けていくこと、そしていつも立ち止まって振り返り、相手の了解や理解を果てしなく求め続けていくことがカウンセリングやカンファレンスではないでしょうか。

↑このページのトップヘ