3C417F94-346A-4442-9C29-6BF4F44095BB


photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
空は
繋がる
世界のみんなと

#sora

※ いつも写真と文を使わせていただいているsoraさんのアカウントが移行になるそうです。

◯ 日本心理研修センター公認心理師試験集計結果から判明したこと

2020年5月18日、日本心理研修センターから、第1回公認心理師試験及び第2回公認心理師のアンケート集計結果が発表されました。(クリックでリンク先)

これによると第1回試験願書提出者36,103人のうち68.75パーセントが臨床心理士、幼稚園小中高教員が24.83パーセントということでした。

教員の受験率の多さに驚いたことからこの記事を書いています。他福祉職や保育士なども多かったのですが、幼稚園から高校までの教員受験者数のうち、心理に関係ありそうな職種というとまず特別支援学校、特別支援学級の教員が思い浮かびます。

この人たちは障害のある子どもに毎日かかわっている、心理職に近い人でしょう。

また、養護教諭も近いかな?と思います。日々児童生徒の心身の相談に乗る、虐待児童を見つけて校内管理職に相談するなどその業務は多彩にわたります。

あと、教育相談担当者や特別支援コーディネーターもダメというわけではないと思います。

広げて考えていけば学級担任も児童生徒保護者の相談に乗ることもあるわけですし、校長教頭主幹も児童生徒のために尽力しているでしょう。

しかし、誰がやっているどこまでが心理職としての活動なのかは学校教員の場合はわけがわからなくなりそうです。

現職教員+臨床心理士資格を持つ人たちのシンポジウムが開催されたことがあったと記憶しています。

臨床心理士は指定大学院を卒業してしまえば資格は取れますが、多忙な教員生活をしながら院に通うのは大変だったでしょう。ただし、そこで何を得てどうやって資格を活用するかはとても難しい課題だと思うのです。

和光大学の高坂先生は現職教員が公認心理師資格を取得することについて多重関係の問題を指摘していました。

まあそれは考えてみれば当然の事で教科担当教員がビシバシ教えていて、あるいは部活担当教員が生徒を担当、スポーツをやらせる。

そしてある時は勉強ができない、あるいは部活の中で人間関係に溶け込めない生徒の相談に親身に乗るというのは、教育現場では悪くはないでしょうが、心理の考え方からはいかにも多重関係になりそうです。

実際のところ、もし教員が退職して心理職になる時にそのまま教育現場のスクールカウンセラーに横滑りしようとしても「それは難しいでしょう」という心理職就職コーディネーターからの厳しい意見を聞いたことがあります。

また、スクールカウンセラー採用に当たっては「何よりもスクールカウンセラーとしての経験や、スクールカウンセラーとしてやっていけるなどうかの資質を重視する」と言い切っている自治体もあり、教職→スクールカウンセラーのハードルも決して低いわけではありません。

教職公務員をビシッと思い切って退職して給料ガタ落ちでも心理職になった人を知っていますが、彼女は相当志が高い人でセンスもよく前向きで勉強熱心、学会発表や論文を書いたりしています。

心理に関心がある教員にとっては現職経験Gルートを通じて心理国家資格を取得できるのは魅力でしょう。

しかしながら僕は興味があったので国語科教員にこのブログを「自由意志で」(無理やりではない)読んでもらいました。精神疾患などの記事は「わかるわかる、こういう人っているかもね」だったのですが、基礎心理学、統計、解剖等医学分野になると「…わかんない」となり、彼女は崖を転がり落ちるローリングストーンのように急速に興味を失った模様でした。

教員でも公認心理師試験を通った人を知っています。ただしその人は心理の知識0からスタートしたので予備校に通って参考書や問題集をやりまくって相当に苦労した模様でした。

ちなみに第2回公認心理師試験アンケート回答では臨床心理士26.61パーセント、教員30.57パーセントでした。

日本心理研修センターは明記していますが「第1回試験で不合格となり第2回試験で再度受験票を発行された者についても、第2回試験の調査対象になっていることにご注意ください。」とあるのでこのアンケート結果を正確に読み解くのは困難です。

なんとも言い切れないのですが、心理プロパーでやって来た人たち以外は、教員以外も試験は相当難しかったと思います。

心理だけでない分野、福祉職や看護師にとってもそれは同じですが、まだしもいろいろと共通点はあったので教員の方々は相当に苦労して勉強、受験をしたのだと思います。

このアンケートは「個人の試験結果には全くリンクさせていない」という日本心理研修センターからの回答を得た事があり、それは本当の事だと思います。

どんな資格でもそうですが、資格は取得した時がスタートで、その後自己研鑽、経験を積んで一人前になって行きます。なかなか心理職に就くのが困難な現在の雇用情勢で大幅にキャリアチェンジをする、一旦自分のフィールドをリタイアしてから心理職になるのは難しいだろうなあと思っています。