カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

タグ:ちみちゃん

FB3FED66-9EA3-47DC-9A2E-1552E559DC89

(ちみちゃんに「絶世の美女に描いてね」と言われ、画力の限界を悟る)

◯ 第2回公認心理師試験について恋人ちみちゃんと語る

僕「でね、公認心理師試験の話なんだけどね」

千美梨「あなた口開けば自分が聞いて欲しいこと喋っているだけで私の話聞いてくれないじゃない。もうヤダ」

僕「うーん」

ちみ「カウンセラーなんだからちょっとは人の話聞いたら?」

僕「それは苦手だなあ、だってちみちゃんの話聞くの仕事じゃないし」

ちみ「じゃ、私があなたの話聞くの仕事にする。1時間1万円!」

僕「えっ、じゃあいいやー。ところで1万7千人受験予想はたまたま当たったなあ」

ちみ「・・・それ、あなたのブログで読んだ。ついでにもう10回聞いた。ちなみにツイッターで「今からちみちゃんに内緒で若い子とランチに行ってきまーす」ってのも前に読んだ」

僕「えっと、僕のブログの定期購読解除したら新鮮な気持ちで僕の話を聞けるよ」

ちみ「たまたま登録したら解除の仕方忘れちゃったのよ。あなたが悪いことしないように来年の学会はワタシもついてく。でね、私1人で聘珍楼で美味しい飲茶するの。いいホテル予約お願いね。」

僕「去年は学会と試験と近かったから苦しかったなあ。でもさ、たまたま2年続けて公認心理師試験受験しなくてよかったじゃないの。今年も受けてたら難しかったから落ちてたかもしれないからまた来年受けなきゃだし」

ちみ「あんなピリピリした雰囲気で廃人と3年も暮らすならワタシ出てく」

僕「いやそれは困る」

ちみ「あなたってホントに自分のメンタルケアができない人なのねえ」

※ 何でもそうですが受験というのは苦しいものです。

合格率を低くして不合格者を増やしてしまったら苦しい受験生が増える、その家族も大変だなあと思います。

もちろんこういった個人の事情は企業の採用面接などでもそうですが全く配慮されないどころか、むしろマイナス要素に働いてしまうことすらあります。

まだ合格基準も定かでない試験です。

開業領域の先生方、他学部から転入してきた現在の院生、産休育休などの休業者が受験できなかったりと過渡期でかなりの人たちが受験資格すら与えられないなどいろんな問題を内包しています。

第2回公認心理師試験受験生のみなさんになんらかの配慮があり、朗報が得られるといいなあと思っています。

4EA9E6CF-0860-4D1F-A562-8415027940A3

心理臨床学会から帰宅してからのちみちゃんとの会話

千美梨「疲れたでしょ。はい、あなたが業務用スーパーで買ってきた格安インスタントコーヒーいれたわよ」

僕「ありがとう。今度はもっと安いコーヒー探してくるよ」

ちみ「・・・ご飯食べる?」

僕「いや、疲れたからあとでいい。今回の学会はすごかったなあ。北川先生の発表は前から聴きたかったし、児相とか福祉関係のシンポジウムは出たかったし、児相も養護施設もすごい人たちばかりなんだよ。児童福祉は大変な仕事してるけど暗くならない、明るい性格の人たちでね」

ちみ「うん」

僕「公認心理師制度導入初めての学会だからね、大卒ルートも大学院ルートも課題が山積していてね、それでもきちんと能力ある公認心理師を養成していこうっていう官側や大学、大学院側の意気込みは十分に伝わってきた」

ちみ「うん」

僕「ただね、僕も北川先生の発表で質問したんだけどね、主治の医師の指示とか公認心理師制度を円滑に運用していくための現場での戸惑いとか工夫も伝わってきたし」

ちみ「うん」

僕「いろんな現場の心理の人とも話したんだけどね、心理ってあんまり恵まれていないのかねえ、廊下で休憩してると3人集まると転職話」

ちみ「うん」

僕「ポスター発表も出版社の人たちと話したりして楽しかったよー。こころJOBさんと話ができてね、民間の側でもこの制度をきちんとしておかなきゃいかないってのはよくわかった」

ちみ「ね、あなたいつもそうなんだけど久しぶりに帰って来てお留守番してた私にお疲れさまとかねぎらいの言葉もないワケ?いつも自分のことばかり喋ってるじゃないの。日ごろからそうなんだけど。カウンセラーって人の話聞く仕事なんでしょ?」

僕「えと、あの、お疲れ様、大変だったでしょ」

ちみ「うん、ツイッター見たらあなた私に内緒で若い子とランチに行ったんだって?

僕「え、僕のツイッター読んでたの?」

ちみ「友だちがたまたま教えてくれたの。で、どうだったの?楽しかった?」

僕「いや、後輩だからさ、ほら、仕事の悩みとかあるかなあって聞いてたらいつのまにか説教されててね、僕の生き方はどうなの?ってとかね」

ちみ「ふーん、楽しかった?」

僕「いや、仕事がらみだしね」

ちみ「ほかに女の人とご飯食べたりした?」

僕「えっと、ほら、学会の会場だといろんな人に会うじゃない。久しぶりの人とかね、それでね、公認心理師試験難しかったなあとかさ、これからどうなっていくなかとかね」

ちみ「要するに他の女ともごはん行ったワケね。やっぱり女グセ悪い」

僕「・・・今回学会に単独で行ったからお金かかったなあ。行動費とか立て替えといたお金ちょうだい」

ちみ「で、夜は何してたの?」

僕「一人で串揚げ食べに行ったりとんこつラーメン食べたり、ほら、安くあげたいじゃん?」

ちみ「私も串揚げとかとんこつラーメン食べたかったなあ。美味しかったでしょ。」

僕「ほら、泊まったの場末のホテルだったからさ、下町だしそんな高級店じゃないしね」

ちみ「あなたこう、一人きりで自由にしてて楽しかったでしょ、いいなあ、私もエステとか行きたい」

僕「う、うん」

ちみ「格安エステだけで済むんだったら安いでしょ?それからね、出張から帰ったら、これからは自分の話をするだけじゃなくて寂しい思いしてお留守番してた私の話もよ・く・聞・く・こ・と」

※ ご飯もそこそこに寝てしまってこの日は終わったわけですが、心理臨床学会だけが加入学会ではないので参加の度にちみちゃんに寂しい思いをさせていることは事実です。

仕事が忙しければ深夜休日に及ぶこともあります。

以前は当直をともなう仕事をしていたこともありました。

仕事の都合でやむなく単身赴任している方もいるでしょう。

心理職は何かと採算に合わない仕事も多いです。

2回連続で書きましたが、児童福祉領域の心理・福祉職の人たちには頭が下がる思いでした。

大事なことなので3回目にも書いておきました。

↑このページのトップヘ