ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師試験対策

6CA3FAD2-D9D9-4C9C-85A9-FC5010C86072

公認心理師試験のメンタルリハーサル

この記事を書いているのが9月10日、そして公認心理師試験は9月19日、せっかく直前なのですから、メンタルリハーサルを十分にしておきましょう。

7時少し前にあなたは起きます。ホテルの部屋には明るい光が差し込んでいます。とても気持ちのいい朝、体温は平熱、寒くもない、暑くもない服を着ます。

コンビニで買った少量の食べ物を食べて、しばらく身支度をしたり、テレビのニュースを見たり、スマホで好きなサイトを見たりします。

もちろん最終的な仕上げで勉強をしてもいいのです。さて、ホテルから出るとコンビニで昼食を買ってからバッグに入れて電車に乗ります。マスクをしている、予備のマスクを持っている、筆記具、受験票はホテルを出る前に確認しておきましたので安心です。

会場に向かう道には同じような受験生がいるのが見えますが、受験生ではないかもしれませんね。あなたは少し早め、8時15分ぐらいに着くと並んでいて、体温チェックを受けてから会場に入ります。体調管理は万全だったので安心をします。

みんな頭の良さそうな顔をしていますが、あなたは十分にやることをやってきました。だから焦る必要はないのです。いままで長く使っていてもうぼろぼろになっているかもしれない、ふせんだらけのテキストを出して読みます。この知識があなたの血となり、肉となっています。さらに安心感を感じます。

さて、受験の説明をする係員、スマホを封筒に入れて試験開始を待ちます。

問題文と解答用紙が配られますが、何気なく試験開始までの時間を待ちます。以前行った公園の青い空、青々と茂る草、咲き誇る季節の花々。そんな景色を思い出していてもいいかもしれません。

そして時間になり合図があると問題文冊子を開きます。その問題はあなたにとってわかるかもしれませんし、わからないかもしれません。でもそれでいいのです。この試験で満点を取る人は誰もいません。第1問から解いていきます。わからないところは飛ばしてもいいですし、カンでどこかに丸をつけておいてもいいでしょう。わからない問題でもじっくりと読むことです。「~でない」「よくあることですと言う」「自分一人で決める」などは誤答でしょう。医師の指示を受けることを考えます。

わけのわからない知識問題があると焦ります。でも試験に合格した先輩の言ったことを思い出します。「俺、あの試験、10問連続で不正解出したけど、合格したんだよな」統計は苦手かもしれません。でもじっくりと読みます。さて、この試験は「正解を選べ」「間違っているものを選べ」「正しいものを2つ選べ」「間違っているものを2つ選べ」の4つの選択肢から成り立っています。何も慌てる必要はないのです。

試験は日本語で書いてあります。1問目、わからない、2問目、わからない、3問目、わからない。わからなくてもいいのです。なにしろこの試験は心理専攻名門大学院卒業でも決して満点は取れないのですから。

わからない問題があったとしましょう。次の問題はまた、全く別の問題です。常にあなたが解いている問題は第1問です。前のことは忘れて次に進みます。

さて、長かった午前の部が終わります。昼食を食べたり、トイレに行ったり、リラックスして過ごしましょう。隣の人や前の人がふせんを貼りまくって、マーカーでラインを引きまくっているテキストを見ると焦るかもしれません。でもその人が優秀とは限りませんね。あなたは時間が足りなかったかもしれませんが、一生懸命、力を尽くしてきました。その努力は尊いものです。

気持ちを落ち着かせるためにまたあの青い空、たゆたう白い雲の風景を思い出してもいいかもしれませんね。風景がしゃきっとして感じられるとあなたは額が涼しくなっているのを感じます。そう、あなたの頭は冴えわたっているのです。

午後の試験が開始されます。午前と比べて難しく感じるかもしれませんが、それは誰にとっても同じことです。平然と試験問題に向かっている人、すごい速さで問題を解いている人がいると、やはり焦るかもしれませんが、その人が正答を出しているのかわかりませんね。あなたはただ、自分の目の前にある問題文に集中していればいいのです。

ここでも正しいもの、誤っているものを間違えないように正答を選んでいきます。正答選択にはコツがあります。あなたは学んで来た中でその正答選択のコツを自然に身に付けているのですから、心配することはありません。

午前中も午後も試験官の許可が出てから試験の途中で退席する人がいるかもしれません。またそれを見て「短時間で正答を出し切った人だろう」と焦る必要もありません。

その人は試験を目の前にしてよくわからなかったから、短時間でやることがなくなってしまった人かもしれません。問題を見ているとまぎらわしいものがあるかもしれません。そういうときにはあきらかに誤答と思える選択肢を見ます。その選択肢には×をつけます。問題文にはちゃんと〇を書き込んでおきましょうね。あとから自己採点をするときに役立ちます。

さて、全ての問題が終わったらあなたはさわやかな気持ちです。やることは全てやり切った。買い物でもして帰りましょうか。お茶でもして一息ついてから帰りましょうか。あなたは普段の一日を過ごしているようにやり終えたのです。

公認心理師試験対策

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

329DAE60-1FE2-4F92-95B9-639D202E6A7D


私ひなたが無理やり語呂合わせをしてパーソナリティ障害分類の覚え方を作りました。

1.A群(統合失調症に関係あるもの)

⑴ 猜疑性/妄想性パーソナリティ障害・パートナーの不貞を根拠なく疑うなどとにかく疑い深い

⑵ シゾイドパーソナリティ障害
家族以外に知り合いがいないけど特に家族にも関心はない。

⑶ 統合失調症型パーソナリティ障害

関係念慮

えーさ、もう、知っとうや?

A群のパーソナリティ障害は猜疑性、妄想型のように猜疑性「さ」「も」があり、「シ」ゾイドパーソナリティ障害のようにまあ投げやりっぽいし、「とう=統」合失調型パーソナリティ障害のように関係念慮も持つので…

B群、⑴ 反社会性パーソナリティ障害は犯罪多々、境界性は不安定、⑵ 自己愛性、⑶ 演技性のように他者との関係性で他者に迷惑をかけることも多い障害です。

B、はんしゃきょう、演じ

(B判、写経演じ)院の成績や社会人の成績査定がB、B判定なので写経(B反社境)して演じて反省の意を見せてみる。迷惑をかけたつぐないをとりあえず演じてみるということです。(正常域で通常の社会生活を送っている人がたくさんいることも知っていますがあくまで「覚え方」です。異論は認めます。)

あとはC群パーソナリティ障害

⑴ 回避性…出世も断って苦しいですね。

⑵ 依存症パーソナリティ障害
あちこちに依存しないと不安です。

⑶ 強迫性パーソナリティ障害
これも苦しそうです。

C群パーソナリティ障害は自分が大変苦しい障害です。

C回避、依存期

とあるC(市)は会費が余っていても市民に依存して強迫的に集めちゃいます。

ひなた音声:
ひなたのパーソナリティ障害無理やり語呂合わせ暗記法

※ 耳で聴くとより覚えやすくなりますよ。(約7分)

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_


4D504131-761E-42BE-91DC-4759ADAC41D5

○ 聞き流し・公認心理師試験対策・PTSD

PTSDは公認心理師試験の毎回と言っていいほどの頻出分野です。30分足らず、診断基準、症状、治療法についてなど話してみました。

公認心理師試験対策・PTSD


photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_


1C499844-A65D-4115-8519-2AC8CD06F21B

○ 聞き流し・公認心理師試験直前対策・抗精神薬作用と副作用

普段は「読んでわかるもの」を書いているのですが、たまには「聞いてわかるもの」をスタンドFMで録音してみました。スタンドFMをインストールしていなくてもそのまま聴けるのでどうぞ。

試験直前対策にどうぞ。

30分足らずの短いアーカイブですのでさらっと聞けると思います。不明点はお手持ちのテキストで復習をしてみてください。

この時期ですのでわからないからといって深掘りしてハマらないようにしてみてください。僕が言っていることがわからないところがあるからといって全部がまずいというわけではありません。
   ⬇️ ⬇️ ⬇️
公認心理師試験対策・抗精神薬・作用と副作用


photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

421CA913-331C-4252-AEC5-EF7BF48EDC0F

○ まりぃ先輩お勧めの公認心理師試験受験対策


さて、受験生の味方、まりぃ先輩(以下「まりりん」)の新動画ができたのでかいつまんで要約を以下に書きます。

1.まりりん動画

⑴ 体調管理を万全に

これは当然ながら、発熱したりすると受験すらできません。LINE動画の中でまりりんはサプリも活用して「体調管理を!」と声を大にして言っていますが、学力のほかに体力、そして何よりも健康は大切ですね。

⑵ 直前に新しい問題集に手を出さないこと

これはもっともな意見です。この時期は焦って「何かやり残しはないだろうか」とふらふらと突然新しい問題集に手を出してみたいものです。

それが非効率であることはまりりんの説明どおり。例えて言うならまりりんは「新しい服を買う」ことよりも「今必要なのは欲しい服を正しい引き出しを開けてすみやかに持ってくる能力」ということで、ここで全く新しい知識を持ってきて書き方が違う問題集を買ってイチからやり始めたら非効率ですし、焦るかも知らない、ということで学習効率上もいいのではないかと思います。

⑶ 「捨て問」にこだわらず、事例なら事例、知識なら知識の得意分野をやってみる。

まりりんも示唆しているのですが、僕の個人的見解です。まず問題集を開くとわけのわからなさに血の気がサーっと引くでしょう。それからが勝負、というのがプロロゴス山崎先生の言説です。

まりりんは「なぜ捨て問が存在するのか、どうやって捨て問を扱えばいいのか」基本的に僕は「捨て問」は捨て問に過ぎないと思っています。まりりん動画は捨て問の扱いをうまく説明しています。

2.(以下付記)

僕はスペースで公認心理師試験対策を毎晩話していますが、プロロゴス山崎先生のアウトプット中心の対策、やまりぃ先輩の復習中心主義に反するものではなく、今まで勉強したことの地固めをして欲しいと思って喋っています。

どの勉強法もまず「自分が安心できること」が一番大事なのですが、まりりん、まりぃ先輩の言うことにはなるほど一理あると思いここに紹介させていただきました。抜粋しか書いていないので詳細はまりぃ先輩の公式LINE登録すれば聞くことができます。

それでは受験生の方々のご健闘をまりりんと一緒に祈願しております。

公認心理師試験対策


photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

↑このページのトップヘ