ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師試験対策

12FE2112-AAD7-4A65-A7B2-542A9F91F109

公認心理師試験 令和3年度ブループリント新用語

1. 序

ブループリント令和3年度版が4月16日付けで出ましたが、これらについて見てみたいと思います。ブループリントに記載された小項目はあくまで「例」であり、「出題は、この出題基準に記載された事項に限定された事項に限定されたものではない。例えば、法律、政省令等に記載される事項、厚生労働白書などの公刊物に記載されている事項などからも出題される。」と記述されていますので、今回小項目に新たに加わった用語は「この中から出題される可能性もある」ということで必ず出題されるわけではありません。

他方、小項目から意図的に削られた項目については出題される可能性はない(類縁の分野から出題される可能性は十分にありますが)と言っていいのだと思います。新しい用語のうちいくつかを簡単に書いておきます。

2. 各小項目

(1) 「心理職のコンピテンシー」が加わりましたが、コンピテンシーという概念は、ただ単に授業を受けたとか、実習に参加したということを示すのではなくて、その結果としてどのような能力を獲得し、成果を出すことができるのかを説明する概念です。

現任者講習会テキストではコンピテンシーCompetencyを「基盤コンピテンシー」という、いわば心理職としての基礎的・必須の能力、反省的実践を中核とする領域について記述されていて、機能コンピテンシーは、いかによく心理職として機能できるかの心理職としての成長を示しています。コンピテンシーは基盤コンピテンシーと機能コンピテンシーだけに分かれるのではなく、立方体モデルになっています。

すなわち、心理職としての発達段階が示されており、2つのコンピテンシーを心理職の専門性の発達という観点から見ています。

現任者講習テキストに比較すると僕の説明は舌足らずなところがありますが、要するにコンピテンシーというのは「個人特性」によって能力を獲得できるかどうかにかかわってくるものだと言えるでしょう。

心理職にとっては大切なこのコンピテンシー概念がなぜこれまで公認心理師試験に出なかったのかは不思議に思っていました。

(2) アドバンス・ケア・プランニング

「人生会議」とも呼ばれている終末期の医療をどのようにして欲しいかという患者さん本人を含めたケアプランです。医療との話し合いが不可欠になります。例えば、人工呼吸器をつけて ADL が大幅に下がってもまだ延命措置をして欲しいか、それとも延命措置を停止して欲しいか事前指示書を書いておきます。

多くの人が亡くなる前にこういった事前指示書は作っておかず、患者さんが意識不明、回復の余地がない場合に「心停止したら気管切開して酸素を入れますか?肋骨が折れるかもしれませんが心臓マッサージをしますか?」と医師に聞かれますが、家族には答えることは難しいでしょう。

(3) 乳児に対する実験・選好注視法、馴化・脱馴化・期待違反法

選好注視法は、乳児が何に興味を持つか、例えば左右に図形を交互に呈示し、より好ましいものを選ばせるというものです。

馴化・脱馴化法は、乳児に対して同じ刺激をずっと呈示しているとやがて注視しなくなるのに対し、例えば赤い丸の図形が動いていると乳児が飽きて見なくなるのに対し(馴化)今度は青い四角の図形が動いているのを見ると注視して見るようになります(脱馴化)。

選好注視法は、乳児の前にさまざまな刺激を呈示し、どれが好ましいものとして注視時間が長いか確かめるというものです。

期待違反法は、例えば青い三角の図形3つにシャッターを下ろす。シャッターが開いた時には青い三角の図形3つが目前にあるはずですが実際にはその中に黄色い丸が一番左側にひとつだけあると注視する時間がながくなるというものです。

高齢者に対して蔑視、偏見を伴うような言葉がエイジズム、「どうせじいちゃんなんだから」という言葉以外に老人福祉施設で職員が高齢者に「◯ちゃん」と呼んだり、赤ちゃん言葉を使うのもこれに入ります。

認知症の周辺症状BPSD Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia(認知症の行動と心理的症状=周辺症状)は主として知覚、感情障害で幻覚妄想、焦燥感、攻撃性、怒り出して暴力を振るう、抑うつ状態、睡眠障害、徘徊などです。

軽度認知障害(MCI)は65歳以上の約4分の1に見受けられる記憶の障害、見当識の軽度な障害でアルツハイマー型だとそのまま進行します。

学習方略は(既出用語ですが強調されているので)学習のための戦略とも言うべきもので、認知的方略としては数学や物理の公式を丸暗記するのではなくきちんと理解すること。
メタ認知方略は学習方法全般が自分の学力を向上させるのに役立っているのかどうかを俯瞰する、外部リソース方略(リソース管理方略)は外部の道具や他者を利用するというものです。

アクティブラーニングは生徒が座学でじっと聞いているのではなくより主体的に実習などにかかわりなから覚えていくことで、学習指導要領にも記載されています。

成年後見制度の利用の促進に関する法律は、解説が
行政書士栗原誠オフィス

のものがわかりやすいです。

厚生労働省の解説

も一読しておきましょう。

働き方改革は相当な数のパンフレットやリーフレットが出ています。(ブループリント用語には出ていませんが、傾向を見ると出題可能性は高いと思います。)

厚生労働省パンフレットの一例

残業時間制限、ワーク・ライフ・バランス、有給年5日以上取得の促進、働き方による差別撤廃などです。

「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」
は最近の法改正でパワハラ防止と中途採用率公表が義務付けられました。
photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

D4CB298A-BC93-44C5-B901-06DBD1F44DF4

◯ 公認心理師・臨床心理士W受験生応援中by僕らの憧れまりぃ先輩

ワタクシのff(ツイッターのフォロー・フォロワー)にて、新規院卒者が公認心理師・臨床心理士ダブル合格作戦を広めている「まりぃ先輩」に多少、多々無理を言ってご寄稿お願したところ二つ返事で「はい!」とのこと。

その試みは素晴らしいことです。そして大事なことなので何回も宣伝しておきます。


というわけで彼女の試みを紹介してみたいと考えてみます。

(以下まりぃ先輩の文)

1,「まりぃ先輩」とは

こんにちは、はじめまして、まりぃです。
心理のお仕事は、院生の頃から「先生」と呼ばれることが多いので、先生呼びを避けて自分のスタンスを明確にするため、わざと「先輩」と名乗っています。理由は、この活動が「臨床心理学を大学院で専攻し、修士号を得た方が、新卒一回目の試験で臨床心理士試験・公認心理師試験に合格することを応援する」もの、あくまで「ちょっと前に終了した先輩が現役受験生を応援する」ものだからです。

そもそもは、自分の所属している大学院の先輩を含めた方々が、ケースも検査も実習もカンファレンスもそれなりに熱心にされ、大学院のレポートや修論も一生懸命書いているにも関わらず、なぜか資格試験は合格せず、2回3回と受ける方が多いことを残念に、そして不思議に思っていたことが始まりでした。実際自分が受験する段になったときは、試験そのものの情報収集だけでなく、一発合格した方の勉強方法の情報収集もしましたし、今までの人生で培った受験スキルなんかも活用しました。おかげさまで一発ダブル合格できたのですが、一緒に受験した皆は全滅していました。

嫌味にならないように伝えるのがとても難しいのですが、自分が受験をする年には、皆と自分、何が違うか観察しながら勉強に励んでいました。そしておそらく、「勉強の方法」という基礎スキルが違うということを発見しました。大学院での研究、学び、実践は皆平等に「やり方」を学んだので一緒にがんばれました。でも、資格試験になかなか合格しない人は、「試験用の勉強方法」を知らないように感じました。

せっかく「やる気」があるのに、頭も悪くないのに、もったいない、と心底思いました。そして、ただそれだけの差であるならば、次からの受験をする後輩さんには、何回も受験する遠回りをさせたくない、と思いました。そんなわけで、せっかくならばリアル後輩さんだけでなく、他の方にもご一緒に、受験勉強の仕方をお伝えしよう、そんな思いで「まりぃ先輩」をはじめました。もちろん、私のやり方だけが正しいわけではなく、自分の方法が確立されている方もいらっしゃるでしょうし、中には何回も受験して遠回りすることが必要な方もいらっしゃると理解しています。

そのうえで、一回で独学で合格したいけれど、今までの人生であまり「受験勉強」をしてこなかったので方法を知らない、という方にお伝えできることをお伝えしよう、と思っています。

2,活動内容

SNSを用いて、勉強方法をお伝えしています。Twitterはコミュニケーションを取るのに使い、Instagramはスライドのように試験勉強のコツをまとめていっています。そして、テキストなどを用いて説明しないと伝えにくいことは、公式LINEを用いて、週に一回程度動画配信をしています。具体的には、「問題集をどのように解いていくと知識が定着するか」とか「心理検査の勉強は何を活用してどのようにしたか」などです。

ただ、専門職でない方にお見せするのに支障があるようなものは動画でも流せませんので、今後必要に応じて、「受験生」であることを保証できる方とご一緒に、もう少し詰めた検査の勉強会などもできたらいいなと考えています。(出身大学院によっては、PFスタディとか、ロールシャッハとか、軽くとったことはあるけど所見を書いたことがない、というお声もちらほら聞きます。そして、これらは臨床心理士に求められる知識・技能ですので、試験に出ます) InstagramとかFacebookとかで、シークレットのオンラインサロンのようにするとか、あるいはZoomなどで単回の勉強会をするとか……方法は考え中です。
Twitter⇨まりぃ先輩@KaUwIYtkWCOBYnC
https://mobile.twitter.com/kauwiytkwcobync
Instagram⇨ https://www.instagram.com/mariixianbei/
公式LINE⇨https://lin.ee/OPhiuLH

3、受験生の方へ
近頃は○○カウンセラー、○○セラピストが多くいます。そんな中で、「しっかり心について考えるなら、やっぱり臨床心理士(公認心理師)だよね」という声があるのも事実ですし、公的機関や医療機関が採用基準に「臨床心理士(公認心理師)」と載せるのは、有資格者が、ある一定の技能と知識を持っていると日本社会で認められてきたからです。

だからこそ、たかが試験、たかが資格と思うのではなく、せっかく大学院で学び、習得してきた在り方の証明として、資格をとってほしいと思います。
そのためにも、漫然と勉強するのではなく、作戦を立て、戦略的に学び、ぜひとも新卒一発目で資格試験に合格してください。そして堂々とプロとして、社会人になっていっていただきたいと心から願っています。

(以上)

いかがでしょうか?「早く公認臨床両方の勉強始めなきゃ」と思いつつもなかなか取りかかれない人がいることも知っています。これから勉強を始めようという人については絶好のヒント満載です。

僕も以前W受験生のためのスケジュールを考えてみたのですが、まりぃ先輩の戦略もぜひ参考にしてみるといいでしょう。

そして公式LINEアカウントに登録してみるとわかるのですが、しっかりとした内容をなんとむちゃくちゃ可愛いらしい声で語っているではありませんか。

(そういう理由だけで登録してはいけませんね。ええ、真面目な気持ちで登録しないといけませんね、いけませんね)

というわけで僕はすっかりまりぃ先輩ファンになってしまったわけですが、これからも進んでいくであろうまりぃ先輩プロジェクトに期待をしている次第です。


公認心理師試験対策


0DF92863-E092-452F-96E5-D0350D134A76

◯ 公認心理師試験はブループリント非準拠か?(医学分野対策)

1.序

第3回公認心理師試験では特に医学分野で「なんだこんなもんブループリントに書いてねえよ」と思われた方も多かったでしょう。そして多分これは第4回試験でも出題傾向としてそう思われる問題が多く出題されるものと思われます。

それは小項目を見た際、小項目用語だけ、過去問だけを見るとそこだけが出題範囲と思ってしまうからです。

悪評が高かった薬物動態学は小項目にも載っているものでしたが院やテキストで重点的に学んだ人はおそらく少なかったと思います。

それでは他の問題は?

今回は医学分野についてのみ見てみます。

小項目だけから出題しなければいけないと決まっているわけではなく、小項目はあくまで「具体例」で、ここから出題されるのはあくまでもサービス問題とぐらいに出題委員は考えているのかもしれません。

そうすると遺伝カウンセリングすらサービス問題になってしまいます。

2.大項目・中項目とは?

大項目は到達目標、そして中項目も到達目標を細分化したものです。

今回難問とされた医学問題は大項目16「健康・医療に関する心理学」⑴ストレスと心身の疾病との関係に属するもの、大項目21「人体の構造と機能及び疾病」

から出題されていました。中項目⑴心身機能、身体構造及びさまざまな疾病と障害、小項目解剖学、生理学も範囲となっています。

したがって上の分野の大項目の中からならば何を出題してもいいということになります。

すなわち、出題側にとってはどんな出題をしてもこれに関連する物であればブループリントに沿っていることになります。

3.振り返り

第3回試験から振り返るとグレリン、レプチン(生理学)、過敏性腸症候群(心身症)、慢性疲労症候群(心身症)、むずむず足症候群(メンタルに多大な影響を与える疾患)、これらはブループリントを逸脱しているとは言い難いわけです。糖尿病も頻出ですが小項目には生活習慣病についても出題されています。

4.さて、そこで今後出題されそうな医学分野について予想してみます。

心身症としては

全身疼痛を伴う線維筋痛症(慢性疲労症候群との合併が多い)

疼痛.jp

機能性ディスペプシア

SOIKEN

また、アトピー、気管支喘息、本能性高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、胃・十二指腸潰瘍
、緊張型頭痛、偏頭痛、痙性斜頸、書痙、自律神経失調症、慢性蕁麻疹、円形脱毛症、頸肩腕症候群、腰痛症、慢性関節リウマチ、月経前症候群(PMS)月経異常、更年期障害も心身症として含まれます。

難病としては生活に大幅な制限を加えられることから

潰瘍性大腸炎(UC)

IBDステーション

クローン病

IBDライフ

などさまざまな疾患があります。

難病は何か、がんにはどういった種類があってどんな治療法をするかについては

MSDプロフェッショナル がかなり役立ち、僕も受験の時にはよく読んでいたものです。

精神疾患にも詳しいですが診断基準については必ずポケット版で構わないのでDSM-5は覚え込んでください。

それから思いつくままに書くのですがどんな薬がどんな作用をするのかということについては、抗精神薬の中でもベンゾジアゼピン系の依存性、SDA、パーシャルアゴニスタ、三環系抗うつ剤、気分安定剤(ムードスタビライザー)、双極性障害に保険適用となる抗精神薬(アリピプラゾール、オランザピン等)、副作用としてはセロトニン症候群、高プロラクチン血症、悪性症候群、セロトニン症候群も出るかもしれません。

薬剤性精神病もステロイド、薬剤とせん妄の関係なども出るかもしれません。

(以上、全疾患や薬剤、副作用等を網羅しているものではありません。)

4.結語

ブループリントの小項目だけをやってみる、過去問に出た疾患だけをやってみるということだと今後の公認心理師試験に十分に回答できない可能性は高いです。

医学分野についてだけ見てみましたが、大量の知識を流し込むように覚えて見ていかなければならない試験だというのは痛感しています。受験生のみなさんは大変でしょう。要するに「ブループリントは大項目の範囲内なら何を出してもいい」というものだと思っていただければと考えています。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

公認心理師試験対策

F16B14CB-9CFA-45A4-B9E3-A7207024FB66

〇 ノー勉で臨む公認心理師試験

1.序

新院卒受験生はみなさんプレッシャーに押し潰されそう、周囲はリンシ、公認とすっかり受験ムード、Gルートで次々回が最後の受験のチャンス、これまで僕は「さあ受験しましょう、そのために頑張りましょう」という内容のブログ内容ばかり書いています。ノー勉で受験をした場合にどうなるか?ノー勉で受験に臨む意味は?と思うかもしれませんが、これはそれなりの意味があることだと思います。以下、その意味合いについて書いていきます。

2.なぜノー勉になってしまうか?

(1) 時間がない
 
時間がない。これは決定的な事柄です。時間がなければ勉強できるはずなんぞない。当然のことです。ですので、もうどうにもならなければあきらめるしかないです。僕は時間は金でいいから買えという主義主張の人ですが、いろんな事情でそれがうまく行かない人もいるでしょう。ということは必然的にノー勉になってしまいます。これは致し方ないことです。今年はあきらめて翌年に伸ばしましょう。今年は受験するだけ受験する。試験場の雰囲気と試験の難しさだけ味わって帰宅しましょう。

リベンジ組の人も時間がなければ合格する可能性は薄くなります。というかリベンジ組の人は合格可能性はかなり薄くなってしまいます。Eルート新卒の人は心理を勉強していたのでひょっとしたら合格するかもしれません。Gルートでまだ心理のことは何も知らないという人はまず壊滅的にダメだと思います。これは本当の記念受験になります。この試験に「もしも」はありません。

(2) 勉強するという習慣がない。

わりと上と似ています。勉強することを知らずに今まですいすいと来てしまった人、学校の授業をぼうっとしながら聞いていたけれども一流大学院まで進んでしまった人、この人たちは合格するかもしれません。心理の素養がある程度できているからです。しかしGルートの人はゼロから積み重ねていくわけですから、これも合格可能性はほとんどないと思います。社会福祉、医療の基礎知識がある程度あっても他の領域は勉強しておいて知らなければどうにもなりません。

(3) 意欲がない、もしくは現在進行形でメンブレている。

実は僕は全くノー勉のまま臨床心理士に臨んで合格しました。「まあ落ちてもいいや」ぐらいの気持ちで受験しましたが、それに至るまではあちこちで後輩に勉強を教えていて、学生時代にはあらゆる本をがむしゃらに読んでいた、院試も公務員試験もむちゃくちゃに勉強していたという過去があったので、過去問を見ても不合格になる気がしなかったから、という非常にイヤなヤツです。しかしここで不合格だったら後がないという事情があったので、落ちていたら全く別の仕事に就いていた可能性は高いです。

あと、メンブレていれば何がどうあがいても勉強どころではない人も多いでしょう。受験できないかもしれません。メンブレながら、あるいは意欲ゼロでも記念受験として受験する意義はひょっとしたらあるかもしれませんしないかもしれません、と言っておきます。ただし、こんな僕でも試験と仕事の大変さに大きくメンブレながら勉強をして公認心理師試験は受験しました。

「来年になったら本気出す」という考え方の人たち、これはこれで人生の選択なのでそれを否定するつもりはありません。しかしGルートの人にとってはそうすると来年だけがワンチャンです。他ルートの人もそうですが、来年だけを頼りにしていたら今年は何もしないことになります。

果たして来年やる気になるのか?これもさあ、それはわかりません、というしかありません。やる気になるかもしれませんしならないかもしれません。ならない可能性の方が高いだろうということは付け加えておきます。

3.隠れノー勉の人たち

大変耳の痛いことを書きます。テキストは揃えた。予備校の教材も手に入れている。過去問もある、模試も受けた、しかし何ら復習をしていない、この人たちは「そろえた、やってみた」だけで何かを身につけているわけではありません。したがって合格可能性は非常に薄いでしょう。リベンジ組の人たちも「今までの蓄積があるからノー勉でもなんとかなるかもしれない」いやどうにもなりません。

不合格だった要因を分析していない、もしくは分析していてもそれを何とかしようとしていないからです。しかもこれまで勉強した知識はどんどん薄れていきます。したがってこれからの限られた期間、何もしなければそれだけ合格可能性は低くなります。

4.結語

この記事の中で僕が何を書きたかったかというと、公認心理師は以前触れたようにノー勉でセンスだけで偶然合格できる試験ではないということです。それでもいい、来年に賭けてみるからその時は必死になって勉強するから、という確かな意欲と覚悟が十分にあればそれでいいでしょう。人間、自分の人生ですから、何をどう選択するかは自由です。

しかし不合格になってよりメンブレてしまうならばなんとかして勉強してみてください。ダメだったら諦める、これができるのかどうか、どちらが自分の人生にとって得なのか真剣に考えて欲しいのです。
photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_


D24D94A7-1268-4CF3-85CC-9C9BA755E319

公認心理師試験正答選択のコツ・国語力「も」必要

1.序

先般
公認心理師試験に偶然合格はあり得ない
の記事で「国語力だけでは合格できない」という趣旨の記事を書きましたが、「国語力もなければ」合格するのは不可能です。

そこで直近の第3回試験について、「正答選択のコツ」は「誤答回避のコツ」でもあることから「何が誤答になるのか」を見てみます。過去問練習の参考にしてください。

内科医たけお先生も選択肢に「ない」と書いてあると誤答、これはセオリーで、知識問題でも誤答を選ばないで済みます。

2.NGワード

第3回試験、誤答NGワードを並べてみます。(要約)

・自分1人で決める
・行わない
・自覚させる
・緊急性はない
・無理に服薬しなくてよいと伝える(厚労省及び文科省運用基準・「服薬指導はしない」→鉄板
・関連しない
・対象にならない
・伝えない
・見せない
・報告しない
・気づかれないように行う
・専門用語を使う(頻出・多職種連携でも)
・無効である
・関与しない
・関連しない
・管理しなければならない
・不安や弱さを考慮しない
・対象ではない
・原則として控える
・単独で援助する
・目標としていない
・時間的な制約のある場合は向かない
・関与してはならない
・限定する
・不必要である(糖尿病の知識問題!)
・可能性は低い(同上)
・限界について(心理療法)説明しない
・初回で漏れなく収集(インテーク面接での侵襲性)
・リスク要因にならない(口蓋裂などの可視的差異)
・必須である(効果研究!)
・適用外である
・含まれない
・経験の範囲を超えていても無理くりカウンセリングする
・控える
(事例)
・意識化させる→この試験のテーマのひとつは「侵襲性を避けること」したがって無理に直面化させない
・行わない、用いない
・できない
・心理療法の導入を第一に考えてしまう→心理至上主義誤答原則
・系統的脱感作をする⬆️同上
・直面化、暴力を受け入れる
・身体症状に触れずに心理療法をする(摂食障害)
・他職種との連携(助産師)をしない
・加齢による影響を受けない(サーカディアンリズム)
・著作権を無視した検査用紙コピー
・ラポール形成を避ける(心理検査にはラポールが必要)
⬆️心理検査における侵襲性の回避
・評価しない、考慮されない。(せん妄尺度を知らなくても誤答回避できます。)
・うつ症状が出ない(ほぼほぼ全ての精神疾患にはうつや落ち込みの併発可能性あり)

・→双極性障害・遺伝は関与しない(と言い切れる疾患があるのかどうか?なさそう、自殺可能性はうつより低い(セオリー)、気分安定薬の中止(セオリー)→全部誤答です。

・多重関係回避の法則
・技術指導に徹する
・リファー(紹介)を他機関にしない
・問題生徒だけに集中(学級経営の問題です!)
・個別性を無視した一律のパターンで行う

(以下、迷いそうな事例午後問題なので問題番号入れます)

・問124。「ない」は誤答。多職種連携をしましょう。
・問127。合意しない
(作業同盟の問題ですが常識で解けます。)
・問138
散歩を勧めたり具体的な事を勧める、実施するより、「評価」ですね。評価原則(勝手に僕が名付けたアセスメント第1主義)
・問142
急激な性格変容に心理的介入をしても…
・問144
医師や医療機関の関与がが選択肢に入っていれば他は誤答
・問145
まず知能検査やっちゃう(恐怖症っぽいのに)
・自殺の可能性は低いと思います。(どんな疾患でも…)
・問147
無理くり登校させようとする
・問149
見捨てられ不安が強いクライエントのカウンセリング中断したり直面化させるって…
・問150
反省、強い指導、自然に治るさー
・問152(学級経営)
守秘義務違反は❌
・医療機関との連携◯
他の生徒を我慢させたり、過去を忘れろと子どもに言うのか?

3.結語

さて、いかがでしょうか。試験が難化すると「正答選択」は「誤答回避」で得点率を上げられます。

誰もが正解しそうな問題を落とすとこの1点を争う試験には致命的になります。過去問練習のご参考までに。
photo & lyric are by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_
sᴋʏ sᴍᴇʟʟs sᴡᴇᴇᴛ.
鍵を見つけて扉を開いたら、その先にはまた新たな扉が待っていて。人生ってそういうものなんだと気づき始めた春色の時。
#桜🌸

公認心理師試験対策


↑このページのトップヘ