ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師試験制度

EDC84049-6A69-47A4-8235-16A436B48C50

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

とにかく進んでみれば
自然とみえる景色は変わるもの ༻


◯ メンブレやばみん受験生はどうしたらいい?

※ ちなみにこの記事はメンタルブレイク受験生に何がなんでも受験をやめるようにdisるものではありません。以前書いた 心病む臨床心理士・公認心理師・心理職 の続編・受験生編で、受験生目線でメンブレ受験生やメンブレ寸前受験生たちを心配して書いているのです。

さて、今は臨床心理士資格と公認心理師資格との過渡期、新院卒生は10月7日(土)に臨床心理士試験、12月20(日)に公認心理師試験とダブル受験を考えている人も多いでしょう。

しかし、ちょっと待ってみましょう。元々心理学を専攻するというだけでメンブレ傾向がある、学部から上がって来たD1、D2、Eルートのみなさんが過酷な受験勉強に耐えながら、現在バイト生活をしている、運が良ければ「合格見込み」で何か心理、社会福祉に近い仕事をしている、あるいは受験に備えてヒッキー生活(−語彙力)をしているかもしれません。

新社会人にとってはこの1年目には怒涛の「社会への慣れ」をこなしながら、こういった人たちがただでさえ弱いメンタルで受験勉強をこなしていくのはかなりの重圧です。しかしながらみっちりと学部、院まで心理学を叩き込まれた受験生が臨床心理士試験を受けて受験者数2,133人中合格者数1,337人合格率62.7パーセント。以前は学力の問題だけを書いたのですが、他の要因についても考えてみました。

第2回公認心理師試験ではD1心理学科院卒者(既卒者)53.6パーセント、新卒者D2ルート58.8パーセント合格率と決して高合格率とも言えません。

医師国家試験でも多浪生になればなるほど、なんらかのメンタルに問題がある人も中にはいると聞きます。これまで臨床心理士でメンタルに問題を抱えていた人も不合格だったということを聞きます。

さて、資格試験はなんでもそうですが、メンブレ状態で受験をするとうまくいかない、鋼のメンタル、ハガメンの人は2回、3回受けて落ちても平気で臨床心理士試験を受けて合格した(その人はすでに心理職についていた)という場合もありますが、やはり不合格というのは耐えがたいものがあるでしょう。

ですので「ハガメン」の人はともかく、「受験を一回見送る」という手もあるのかな?と思うのです。模試や過去問をやっても「出来なさすぎww草」というような記述を見ますが、来年に向けて試験の雰囲気をつかんでおこうというかなり割り切りの高さを持っている人なら構わないと思います。

医師国家試験は12年医学部に在籍して(という人も実際にいる)10年国試に落ち続けても受かれば医師です(という人も実際にいる)。

メンブレしている人は心理受験生だろうが医師国家試験受験生だうがその他医療職、福祉職にもいると思います。

神経症、うつ、双極性障害、境界性パーソナリティ障害、PTSD、解離性健忘、統合失調症などこのあたりの症状がばんばん出まくり、まっただ中の人が受験をしても相当地頭がよくなければ合格は難しいでしょう。

公認心理師試験も臨床心理士試験も受験生の人格を問うものではありません。臨床心理士試験も短時間面接で人柄(を見ることよりも臨床家としてやっていく気があるかどうか。研究者になってしまうのではないかとか、既に就いている他の仕事をやっていったほうがいいのではないかと等を見るので毎年100人ぐらいは落とすのですが)を全て見ることは不可能です。

精神的に病んでる時は受験勉強も不可能なので、ちょっとやってみる、勉強を進められるかどうか試してみる、という程度で様子見をしてみることをお勧めします。それでうまく行くのならば徐々にやってみてもいいんじゃない?と努力は否定しません。

ただし試験に受かることと就職にはまた別のハードルがあります。

メンブレ状態で今年度受験が難しくても来年度以降D1、D2、Eルートはいつでも受験可能です。あまりにも受験勉強をしていく上であまりにも「メンブレやばみん」「つらたん」と思うようならば受験を今年は見送るという手もあります。

例えばあなたがカウンセラーとして患者さんが幻覚妄想状態、うつ状態がひどく希死念慮が高いけれども勉強をしなければ受からなくてはならない資格があるから猛勉強したい、もし勉強してストレスが増えて病状の悪化が予想される。きっとあなたはその患者さんを最初は止めるのではないかと思います。

でも患者さんの意志は固く、どうしても受験したいというならカウンセラーはそれに従います。患者さんが勉強を続けている間に良くなることもあるでしょう。さらにその仕事が対人援助職なら試験に合格してもすぐに仕事を始めるに事については患者さんも周囲も躊躇います。患者さんが他の人を傷つける可能性が高いからです。それでも良好に進む可能性があるのです。

メンブレでつらみが深いと自覚している人、この試験はワンチャンだけではないので次年度も視野に入れて受験をしてもいいのかと思います。

さて、こういったメンブレ受験生の人は不安になって主治医や担当心理職に「いつ治ってきちんとできるんですか?」と聞きたくなりますが「わかりません」としか答えようがないでしょう。大変な状態だったからあと1カ月ぐらいは様子を見ませんか?と言われるかもしれません。

でも「そのあとは絶対に大丈夫です。」とは誰も言えません。長い目で人生を見て自分と他者のためになるのはどんな方法があるのか考えて欲しいのです。

450E4D61-A132-40F6-A3F1-3C2D480305D1

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

要は世界に散りばめられた光を
見つけられるかどうかなんだよね ☪︎⋆


◯ 第3回公認心理師試験受験審査結果及び試験日のお知らせ

2020年7月15日、「3回公認心理師試験受験審査結果及び試験日のお知らせ」が届いたという話を第3回受験生から聞きました。

さて、ここで気になる記述は、なんと言ってもコロナです。新型コロナの影響で試験日程が再延期になるかもしれない可能性があるという記述です。

そしてもう一つ気になることがありましたので聞きました。この審査結果通知は、受験資格がある、という人に対して送付されたものです。審査結果で受験審査に通らなかった人に対してついては2週間前に、受験資格がないと通知すると聞きました。そこで日本心理研修センターに電話確認をしたところ、僕「例年そのような扱いと聞いておりますが、いかがでしょうか?」と問い合わせたところ「そうなっています」ということ。

さて、そこでですが、資格審査が厳しくなったということを聞いています。今回受験審査結果通知が来なかった方はきちんと問い合わせてみることが必要だと思います。


450E4D61-A132-40F6-A3F1-3C2D480305D1

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

全力で駆け抜けた景色は当然
爽やかな薫りをのこすものだね ☪︎⋆


○ 休み休んでモチベーション回復

第3回公認心理師試験日程がはっきり決まったところで、各種予備校や各受験サイトで「それ、頑張って試験は半年後!どんどん勉強しなさい!」という勢いではっぱをかける様子が目白押しです。

で、それが受験生にどんな影響を与えるかというと果てしないプレッシャーです。僕はいろんな受験生、というか「受験申込者」を知っています。

あまりに仕事が忙しすぎてとてもではないけど受験勉強ができない。体の病気やメンタルダウンしていて、申込みはしたものの、受かる気がしない、そもそも心理は門外漢なので何がなんだかわからないのでやる気がでない。とりあえず勉強したことを半年経ってすっかり忘れた。もう勉強するのがヤダ。職場の要請で無理矢理受けさせられる、コロナがコワイ。

僕はこういう気持ちを否定する気持ちはありません。そもそも他職種参戦者には冷たい言い方に聞こえるでしょうけれども「不合格でも本格的な心理職として生きていくわけでなければ今回で死ぬわけではないじゃない?」ということでさ。

Gルート読み替え不可心理職受験者はたいてい第1回試験で合格していますが、リチャレンジャーは「現職でクビにはならないよ?」ということです。ある程度経験値を積んだ心理職受験者は先も見えています。そう簡単に人1人をクビにはできません。D1、D2、Eルートは「いくらでもこれから先チャンスはあるじゃん?」と思います。

と考えると今すぐビシバシ果てしなく勉強してボロボロにならなくても、まあ落ちてもなんとかなるじゃん?という非常に冷たいけれども真実がそこにはあるわけで、どうしようどうしようと思わなくても気楽に構えていればいいわけです。

心理の道は果てしなくいろいろな分野があります。科研費を文部科学省からもらえる優秀な人も試験に落ちています。

児童心理、児童自立施設専門員は児童相談所だけでなく、児童養護施設で働くこともあります。泊まりもあるので結構な労働になるこもありますが心理出身者は学部卒でも歓迎されます。放課後デイサービスもそうです。児童発達支援管理責任者が経験年数で取れます。ここには臨床心理士も公認心理師もいることが多いですが無資格者でも公務員や法人の職員として採用され、安定した生活をしています。

また就労支援継続施設の生活指導員も資格なしでもやはり心理学部卒は歓迎されます。しかも日勤のみで宿直もありません。フロアのさまざまな精神障害者と直接かかわれるやりがいのある仕事です。

というわけでその職場を終の住処と決めたら資格は不要です。ひょっとしたら国家総合職や家裁調査官補になんなく受かるかもしれません。試験との相性です。

だから院卒で資格要件がある人は就職してからまた心理職としての資格を取ってもいいわけです。Gルートの人は今回惜しくも不合格としても2回リベンジの可能性もあります。

落ちたら死ぬ試験ではありませんし、若い人は児童心理で大歓迎、就労支援に意欲がある人は就労支援継続施設で働けます。

最初の就職を純粋な心理にこだわらなければ老人福祉施設はとても手が足りないので福祉にかかわる資格は入職してから取ればいいですし、そこから心理の資格を取ってもいいわけです。

というわけでもし上記の事情で資格が取れなくても就職もできますし仕事をしながらの資格取得も可能です。

あまり思いつめないで、「ま、人生なんとかなるや」と自分の人生に余裕を持って考えてみるとぼちぼち休んでやる気になったらやろうかな?という心にゆとりを持ってモチベーションはまあ自然に回復するのを待てばいいわけです。


EF480379-B5BB-43A6-85C6-ACBAC02A9DBD

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)

おつかれTwitter

遠回りだっていいんだよね
道はひとつじゃないんだから ☪︎⋆


◯ 新型コロナと第3回公認心理師試験

さて、2020.12.20日程に決定された公認心理師試験日程、みなさん心配しているのは「いったいそのころにはコロナはどうなっているの?」ということでしょう。

安部首相は2020.7.24の1カ月ぶりの記者会見で、まだ非常事態宣言を出すには至っていないと明言していました。

さてここで感染者数を見てみます。
2020年7月24日23時55分現在
総感染者数 6,523人前日比+561人
新規感染者和 769人前日比-212

2020年4月14日に第3回公認心理師試験の延期決定発表があったのですが、同日の感染者数は6,984人で、緊急事態宣言が発出されたのは2020年4月7日、4月26日には9,577人の最高感染者数を出しています。つまり緊急事態宣言を出してから3週間近く経たないと感染者数は減少しないのです。

この感染症は感染してから2週間経たないと発症の数値はわからないとされています。6月19日、解除になる日には現在感染者数749人と最小でしたがうなぎ上りの右上がり曲線を出していて、ここで緊急事態再宣言を発動しないと12月の感染状態は惨憺たる有り様になるように思えます。

大学生、院生もまだオンラインのところが多く、企業もオンラインワークをしているのになぜ?と思うのですが、解除以来人の出入りが激しくなり、東京の風俗街でキャバクラ、ホスクラ、風俗が通常営業していればそれは感染者数が減らないだろうなあと思うのです。

子育てをして経済的困窮に陥っているセックスワーカーについて公的支援が行われたとしても「そういう問題ではなくて働き口がなくなるという恐怖」という意見を読んだことがあり、こういった意見には賛否大両論あると思いますが、なくならない産業ならば感染症対策を行って危険性を減らすことを官の側の対策として考えなければならないのかもしれません。

とにかくできることは何でもやらないと、まず受験者も1人の人間です。コロナの「軽症例」というのはうわ言を言うような高熱が続き、トイレにも行けないほどふらつき食事は喉を通らない、回復してからも肺に与えられたダメージから息が苦しくなります。公認心理師受験生よ家族持ちです。そして自分が勤めている機関にウイルスを持ち込んだらどうしようという恐怖にも苛まされることになります。

まだ7月下旬、世論も緊急事態宣言再発動を多く望んでいます。試験に臨むのは生身の1人の人間です。現段階でも受験を諦める人たちは多いと思います。受験もさることながら安心できる世の中を作って欲しいものだと思います。

※ ブログ内でアナウンスするのもどうかと思うのですが、最近メッセージを送っていただいてもメアドが正確でないため返信ができないことがあります。どうぞよろしくお願いします。

D28B20DD-E84B-4660-87DC-AAB9BC1A588C

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
想像をこえる景色に馳せながら ໒꒱⋆゚


◯ 第3回公認心理師受験者の懸念

公認心理師受験者にはひとつ、大きな懸念があります。それはコロナウイルスの影響がどのように試験に関係して来るかということです。

第3回試験試験延期が決定したのは2020年4月14日です。そしてその時の総感染者数は6,984人で、ピークに至る4月26日9,577人まで上昇、緊急事態宣言が発出されたのが4月16日でゆるやかにそれ以来下降曲線を辿り、緊急事態宣言が解除される6月19日には総感染者数749人まで下降していました。

そして現在2020年7月22日午前10時の感染者数は

総感染者数5,000人前日比+305人
新規感染者数631人前日比+212人

東京に限って言えば7月21日23時55分
総感染者数1,976人前日比+36人
新規感染者数237人前日比+69人です。

都内感染者数が1万人を超すことが7月22日の小池知事の記者会見で発表されていました。

この感染者数には必ずタイムラグがあります。自粛をして、あるいは解除をして2週間しないと正確な数値が出ないということです。

そして感染者数はなだらかな数値で増加するのではなく、指数関数的に、つまりXのY乗(簡単に言えば)的に増えて行くのです。

このまま政府が無為無策のまま再度緊急事態宣言をしなければ12月20日の試験日の感染者数がどうなっているのかわかりません。

ひとつ確実に言えるのは政府は公認心理師試験日程を考慮して自粛や解除を行うことは絶対にないだろうということです。僕は政府が再度緊急事態宣言を出して試験までには感染者数をある程度以上減少させることを期待しています。

全国感染者数1,000人未満ならば安心材料になるのではないかと思います。ただし、それでも心配だからということで受験を見送ってしまう人は一定数以上出ると思います。

今回第3回受験者は延期になった際に安堵していたと聞きます。施設職員や病院ならばクライエントさんや患者さんに感染させることをなによりも恐れていたでしょう。

公認心理師試験のため、というだけでなく国家のために感染者を減少させ、レジャーのためでなく、こういった国家資格受験者などのために一旦自粛してはどうかと思うのです。

↑このページのトップヘ