ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師試験制度

A66C5D54-B082-457D-818D-211CA60C41D3

photo & lyric are by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_
ᴀ ɴᴀᴍᴇʟᴇss sᴋʏ.
時の速さは変わるらしい。鼓動のそれに添うように。黄昏時は、かくも刻がまどろむもの哉。

◯ 公認心理師試験合格者数/受験者数=合格率

1.序

第3回公認心理師試験の採点結果がそろそろ各人終了したところで、敢えてまた合格率について考えてみます。なぜ合格率を考えるかというと、この試験は大学院卒心理専攻者をモデルとしたレベルにきちんと適しているか、という点を考察してみたいからです。

公認心理師カリキュラム検討委員会では心理専業の心理職が当時5万人~6万人ぐらいではないだろうかと推定していました。となるとその数がゴールで、ゴールの数を推定した上で、試験の適切度を示す難易度→合格率→ゴール数、になるのではないかと考えたからです。

IPSA 心理学大学院予備校代表浅井伸彦先生は第2回の試験合格率が第5回の試験まで続くだろうと予想しています。そして受験者数は第2回~第5回までやはり 1,7000 人程度と予測しています。さて、実際にはどうなのでしょうか?

2.受験者数は?

今回の受験者数はどのぐらいの人数、そしてどの程度の質だったのかということに合格率は依存します。各現任者講習の参加人数を合計すると第3回、第4回の受講者数は推定8千人~9千人程度でした。

どんな人たちが現任者講習を受けたのか考えてみますけれども、「仕事や家庭が忙しすぎてこの回しか受けられなかった」「やっと勤務歴が5年に達した」「人が取っているのを見てうらやましくなった」など理由は様々でしょう。

第2回の受験者総数は推定 16,948 人(合格者数÷合格率 46.4 パーセント)でした。
第3回試験のカギをある意味で握っていると考えられる第2回試験Gルート受験者数は 11,311 人、合格率41.8パーセント、合格者 4,728人、不合格者は6,583人でした。7万円の受講料を払ってなお28,700円の受験料を払った不合格者が果たして再チャレンジするかどうかです。

あまりに試験が難しかったので再チャレンジは諦めたという人もいると思います。

僕は D ルート(1,2とも)に再受験をするものと見ています。彼らは心理専業者です。この資格を取らないと生死にもかかわりかねません。
不合格者は再度受験するでしょう。

D1 ルート総数 3,505 人、合格率 53.6 パーセント、不合格者 1,626 人、

D2 ルート総数人 2,131 人、合格率58.8パーセント、不合格者878人、

Dルートは不合格者総計 2,504 人です。

第2回試験にも第1回試験不合格者は含まれていました。第3回試験にも同じことが言えます。しかしあくまで第2回試験についてしかわ
かりません。

第3回公認心理師試験第2回試験不合格者9,085 人はかなりの割合で第3回を受験していたものと思います。現任者講習修了者 8,000 人程度はそのまま受験します。そして新規受験者は臨床心理士に相似すると仮定すると
2,000 人程度でしょう。(日本臨床心理士資格認定協会「臨床心理士」資格取得者の推移)。浅井先生は第5回まで受験者数 17,000 人は変わらないだろうと予測しています。僕も同意見です。

3.合格率
さて、ここからが僕の見解となるのですが、様々な団体の総意として、心理を専業にしている人たち、人たちが合格して欲しい、そしてその合格率は 6割程度になって欲しいと思っているのではないかという印象を受けています。

合格率は前回不合格者がどの程度合格するかにかかっています。第3回試験は第2回試験とは趣が違った難易度が高い試験で、記念受験していた人の合格はおぼつかなかったでしょう。

国家試験で言えば一番わかりやすいのは医師国家試験のモデルです。新卒者既卒者合格率がはっきりと出ているからです。2020 年新卒者合格率94.9 パーセント、既卒合格率 69.2パーセントでした。医師国家試験でも旧司法試験でも、受験回数が増えれば増えるほど国家試験受験者は合格率が低くなる傾向があります。

「時間がない」「病気だから」という通常ならば「いやそれは大変ですね」という理屈はどの試験にも通じません。シビアなところです。また、勉強の勘どころや受験テクニック、絶対的勉強量、意欲など多数の要因が合格を妨げます。

一般的に一回不合格だった受験者の合格率は6割になるとも言われていますがこの試験はどうなのでしょう?(捲土重来を期してものすごく勉強して合格した人もいるので、個別ではきちんと合格している人はいます。そして新規G ルートの内訳はどんな人たちなのか?

やはりデータ足らずではっきりとした数字は出せないのですが、今回の試験の難易度、試験の質の変化、新卒受験生の話を聞いて、厳しい結果、そして合格率、合格者数を考えると、心理師の不足にならないかということを憂うのです。



04A56BF7-59A1-4602-B172-E4EDEEF4D526

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
生んでくれて
あ り が と う

今ここにある

私という名の

未来と奇跡を


◯ 出題側の意図とは(第3回公認心理師試験)

※ 言動破れ傘のS女史、今日はクリスマスイブ明日は仕事早く寝かせてというのを振り切って深夜に電話でインタビューしました。

僕:今回の試験はなんや?出題意図がいまいちわからん
S女史:そうねえ、今公認心理師の集計結果まとめてるじゃん?
僕:うん
S女史:あれとは関係ないと思うのよね
僕:関係ないんかい!それじゃ言う必要ないやんけ
S女史:まあ待ちなよ、順序追って説明するから。まずGルートね、これ導入した時から無制限無資格経験ほぼほぼなんでもいいザル要件
僕:そら言い過ぎや
S女史:だからここだけ話だって。いい?ブログに書くなよ?
僕:お、おう
S女史:で、Gルートタンス資格にする連中、まさかこんなにGルート他職種受けると思わなかったんじゃね?だから試験難しくしてGルート潰しっつー考え方もある。第2回でもGふるい落とそうとしたのよ。第1回で大量G生産しちゃったから
僕:なんでGふるい落とすのさ
S女史:二資格一法案の時に医療心理師大卒資格にしようとしたら臨床心理士猛反対して医者側は心理士側で横断資格勝手に作れよって動きだったよね
僕:うん
S女史:今回の第5回までの試験はもうザル中のザルで学歴とかホンマになにやってた人間が受験したかわからなくなる。カリキュラム委員会もこんなに他職種Gルート来るとは思わんかったから受験資格ザル要件にした。元々心理プロパー、せいぜいせい精神保健福祉士が取るもんと思ってたらどこからでも何でもどんな連中でも受験した。
僕:せやな
S女史:で、第2回でふるい落とそうとして難しくしてもっと落とそうとしたんじゃね?
僕:いや、俺思うんだけどあの試験は申込書に職印乗ってたら別に誰が受けてもいいんちゃうか?
S女史:あんた相変わらずニブいのね、現任者はGじゃなくてザルルートなんよ
僕:ザルザルって言い過ぎやん、ザルが怒るで
S女史:ひなたお前ザルじゃなくてGルートが怒るって言わんと立場上まずたんたん
僕:あ、言い間違い
S女史:医師と心理士の取引やね、5回目まではザルにしといて心理大卒ですらなくても受かる資格にしとく。モドキ資格にして特に第1回合格者は特にザルザルで価値ない資格。これ医師側視点
僕:お前医師会の医者か?
S女史:ちゃうわ。貧乏赤貧アライさんや。で、2024年からはもう純粋培養中心に。これは心理側視点。でもさすがにヤバかろう医師側もあんまり簡単な資格にすると現場では使えない心理職生産することになる。でも今回のEとD2は6割合格者取らせたかった。Gはふるいにかける。でもそれやる方法ないから結局試験を難化させる。誰にも解けなさそうな問題多くして、確実に拾える問題を絶対に落とさない人間だけを合格させる。合格点は6割ジャストでいい
僕:まあそんな見方もあるな
S女史:ひなたから送ってもらった試験問題見ると確かにあれGルート潰し。心理検査なんかやったことなきゃ取れないだろ。MMSEとか。認知症身体疾患多し。病院でバイトしてる受験生多いやろ
僕:まあ確かになあ。したら看護師多くなるんじゃね?
S女史:新卒は統計や基礎心理もやっとる。受かりやすい
僕:そうでもないぞ。新卒受験生Kちゃんクイズ雑学王じゃなきゃ解けないって泣いてた
S女史:それな!新卒者の質色々や。統計わからん基礎心理忘れとる医学わからん法律わからん習っとらん。これ新卒が6割このルートで届かなかったら出題側頭抱えるわ。新卒は2024年のモデルルートだし
僕:ところでGルートでもむちゃくちゃ勉強してた医療系とか福祉系今回大丈夫だったぞ
S女史:ルートにかかわらず勉強量の問題。Gルートでも勉強してりゃ職種何だって受かる。大変だったのは現役教員。ただ教員元々頭いいし努力家だからな。ところで今回も第4回もGルート現任者講習会1万人ぐらい受けてるじゃん
僕:うん
S女史:なんで第3回も第4回も1万人も講習受けてるのか謎だってアンタ言ってたじゃん
僕:そうそう
S女史:ワタシも謎だわ
僕:本来この試験で一番有利だったのは?
S女史:身体疾患も扱う医療現場でバリバリ働いてる油の乗った経験者現役心理職。でもそういう連中はたいていもう資格持ってるよね。だから等しくみんな不利w
僕:この前さ、全体の合格率◯パーセントだろうって話したよね
S女史:おう、内訳はEがxパーセント、D1がyパーセント、D2がzパーセント、Gはφパーセントかな
僕:お、おう。数字って説得力あるな
S女史:というわけで尼ギフ5千円送っといてな。paypayでもいいけど。
僕:え、ナニソレ
S女史:取材料とワタシへのクリスマスプレゼント
僕:えと
S女史:出世払い禁止ってことで
僕:お、おう

(おまけ)
僕:というわけでリストカットする女の子の話試験に出たんだよね。すごく心理って感じの良問だった。Nちゃんならどうする?
看護師Nちゃん:まず切創が縫合必要かどうか見るかな。で必要だったらドクターに縫ってもらう。縫合必要じゃなくもきちんと切創は消毒してから保護する
僕:Nちゃん公認心理師持ってるよね
Nちゃん:試験には現場感覚持ち込むなっていつもひなたさん言ってるじゃん。それな!
僕:お、おう


9DCCF300-BE7D-4351-B86C-9E3F0EF30AFD


photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)

おはようTwitter

想像しよう
誰かの心を

想像しよう
明るい未来を

きょうも
やさしい世界を創りに ໒꒱⋆゚


公認心理師Gルートとはそもそもそも何か?

公認心理師Gルート資格については、厚生労働省主催、公認心理師カリキュラム委員会で議論の上、受験資格として認容されたものです。

厚生労働省カリキュラム委員会が目指していたGルート創設の意図は何か?現状の運用はどうなっているのか?そして今後の展望は?
これらについて考察を加えたいと思います。

1.公認心理師カリキュラム委員会

カリキュラム委員会ではGルート公認心理師受験資格を実務経験5年以上としました。この時の委員の発言の要旨としては、心理職として働いていても週一程度働いている、という人もいるだろう。そういう人たちにも受験資格を与えるべきだというものでした。

当初は週3回ぐらいと常勤に近い形態を現任者として認める方針だったのが、カリキュラム委員会の中でも秋1回と変転、日本研修センターホームページを見ると経験5年間、週1度心理業務をボランティアであっても短時間行っていれば現任者と認められます。

「大学院卒程度の知識」が求められているものの、公認心理師受験時に提出するアンケート結果 には他資格として、臨床心理士のほかに教員免状、精神保健福祉士、看護師などが記されています。

これもカリキュラム検討委員会で議論された結果を反映しています。その当時の現状で、臨床心理士と精神保健福祉士のダブルホルダーが多いことに言及していました。だからダブルホルダーは問題なかろうと。

大学教員は教えているだけなのだから受験資格はあるのか?という質問に対してカリキュラム委員会はOKを出していました。

そして何度もこの検討委員会で日本臨床心理士資格認定協会は臨床心理士に特段の配慮を求めるように主張していましたがことごとく却下されています。

試験実施機関日本心理研修センターがアンケートを提出させる時点で、Gルートの中にも心理専業でない他職種がいる。公認心理師を取らなくても食い詰めることがない層が多いことは想定内だったと思います。

2.Gルート受験者の実態

Gルートは、科目読み替え不可能な大学院卒業者、学部卒心理職(含司法矯正・児童福祉司など)も相当いたものと思いますが、確かに僕の身の回りでも教員、看護師、3福祉士は多いという印象を受けています。

カリキュラム検討委員会はこういった状態になることは十分に想定しつつ、試験を実施したものと思います。

精神保健福祉士、大学教員にかかわる議論はめくらましで、心理専業者からの反発逃れだったような気がします。

確かに学校教員は児童生徒の相談に乗ります。教科を教えて宿題を出して部活の指導をして、ということだときわめて多重関係的です。

以前日本心理研修センターに電話で問い合わせた時には公認心理師法施行規則に掲載されている26の施設で施設職印と施設長印があればノーマークで受験できる、しかし私設開業、産業領域はきちんと審査をしてそのやり取りには1カ月ぐらい書類のやり取りで時間がかかるとのことでした。

3.Gルート他職種受験をなぜ第1回から第5回まで認めたのか?

ここには2005年の二資格一法案廃案を彷彿とさせるものがあります。当時の「医療心理師」は大学学部卒を想定したものでした。臨床心理士側が大学院卒程度を主張、表向き医師団体が二資格だと現場が混乱することを理由に反対してこの法案が廃案になったことになったのですが「大卒程度」の学歴に切り下げようとしたことには臨床心理士側の反対がありました。

医師側では6年制の医学部卒業者と院卒者の心理国家資格者が限りなく医師と対等になるのではないかと危惧したのではないか、というのはあくまでも僕の邪推です。

2018年から2022年まで認められるGルートはぶっちゃけ学歴不問です。

二資格一法案の時と同様、D1、D2ルート院卒者は臨床心理士、医療心理師は心理系大卒、よりもさらに切り下げてGルートを入れた、というのが僕の印象です。

3.勝手な推測

医師団体は二資格一法案の時のように心理職の価値を引き下げたかった。

しかし医師団体も引き下げばかりだと自分たちが将来苦しむ。心理団体は相変わらず純粋臨床心理大学院を求めている。この綱引きの結果がGルート、2022年までに限って現任職を認めるという結果になったのではないでしょうか?
つまりGルートは双方駆け引きの末の鬼っ子だったのかもしれません。

4.誤解を避けるために

僕はGルート他職種参戦者をdisるつもりはありません。むしろ心理院卒者ですら全員合格することができないこの試験に仕事をしながらメンブレずに合格するパワーメンタル、パワメンかつ鋼のメンタル術師の方々は尊敬に値します。心理専業者の頑張りと努力を評価して協働して欲しいと思います。

学んだ臨床心理スピリットを生かして本業に取り組んで欲しいと思います。

D、Eルートの方がGルート合格者に対して面白くない気持ちを持っているということも知っています。ただ、公認心理師合格はただひとつのステップに過ぎないということも知っておいて欲しいと思います。公認心理師試験ではさまざまな心理検査を区別することが求められていますが心理職は実施する能力を求められています。

精神分析は患者さんたちの心性を理解するのにこの上なく役立ちます。メンタライゼーションもそうです。EMDR、トラウマケアのための各種技法も覚えて活躍して欲しいと思います。

F5F3AF28-B5AF-4C61-A8E8-A8021DE0AFF8

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

自分の中にある答えの鍵は
自分以外の場所にあって

だから
きょうも
小さな一歩を ໒꒱⋆゚


公認心理師受験資格が与えられない「スキマ」世代


みなさん、公認心理師制度には「スキマ問題」があるのをご存知でしょうか?〜という理由で受験ができなかった心理職や院生卒業生が多く出ているのです。

サイトを見たところ

雑駁ですが

1.読み替え不可な単位があるために受験ができない。

2.現在臨床心理士として働いているが「1」の理由+現任者としての年数が足りない。

3.他学部卒+現在臨床心理士だが、そもそも他学部卒なので読み替え可能な単位がない

公認心理師受験資格を得られなかった方へのアンケート

に条件が載っています。(アンケートなので当てはまらない人は回答しないでくださいね。)

がスキマ世代のようです。
このスキマ世代について語るサイトが SUKIMA GENERATIONS です。

読んでみると資格を取れなかった、取りたくてもどうにもならなかった人たちが各々意見を書いています。

そこでこのサイトに対して質問を投げかけてみたところ、回答が返ってきました。

・サイト運営の趣旨

本団体の趣旨は公認心理師受験資格を得られず、臨床心理士シングルホルダーとして今後心理職を行っていく人たち(スキマ世代)のサポートとなります。

設立の経緯についてですが、当事者は各地に少数派として点在しており、本団体を結成するきっかけとなった当事者の声を聴くと、多くが実務経験5年未満、もしくは現役大学院生と業界内への発信力がない層でした。そのため、当事者が集う場を作ることが重要と考え、コミュニティ結成に至りました。また、オンラインコミュニティとして結成しSNS上で話題にすることで、スキマ世代という層があることが可視化され、業界内の問題として浮かび上がることも目的の一つでした。
現在、多くの方々のサポートもあり、スキマ世代の可視化は進んだかと思われます。  

・今後の活動の方針
・行政への働きかけの方略
(両方とも僕の質問)

今後の活動としては、可視化された次の段階として具体的なサポートをどうするか検討しているところです。今回の実態調査もまた、スキマ世代のニーズの調査も兼ねております。
また、当コミュニティだけでは限界がありますので、現在心理職支援ネットワークさん含め、様々な団体と協力体制を整えております。その中で心理業界内や行政へのロビー活動など様々な活動を順次進めておりますが、確定したことが言えるまでは詳細についてはお控えさせていただきます。

先述の通り、皆さまに問題意識を共有し語っていただくことで、当事者がサポートを得られる機会がより多くなっていくかと思われます。
今後とも当コミュニティの活動を見守っていただけると幸いです。

SUKIMA GENERATION運営


結語

このスキマ問題は公認心理師カリキュラム委員会がスキマ世代が出てくることを想定してなかったか、制度、システム上には考慮できなかった。スキマ世代の現役心理職、やる気のある若手の心理職の方々が公認心理師受験資格すら与えられないことに不条理な印象を感じてしまいます。以前からこのスキマ問題は指摘されていました。

僕の私論ですが、臨床心理系大学院を卒業、現役心理職として活動していた人にはなんとか公認心理師受験の道を拓いてもいいのでは?

と思います。僕もこの問題についてはあまり政治行政的なことは言えない(というか知らない)のですが、スキマジェネレーションの方々に受験資格が得られるよう、当局にはご配慮をお願いしたいと思う次第です。

655AA184-E990-4EE5-A7DF-71455796436E

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
還りたい世界がある。

◯ 臨床心理士試験・公認心理師試験コロナ時代の実施要領「水飲めるの?」

10月17日(土)に臨床心理士試験、12月20(日)には公認心理師試験と、いよいよ試験直前の様相を呈して来ました。

受験票に実施要領が書いてあるということで、そこでまず臨床心理士試験を今年受験する、ゆるみんさんに問い合わせたところ「勉強忙しいから時間ない。代わりに聞いといて」ちょwwおま草生えるwという暖かい対応をして下さったので自分で聞いてみることにしました。

日本臨床心理士資格認定協会(いつも電話で物柔らかな対応)にまず聞きました。

臨床心理士試験については

1.入り口で体温測定

2.マスク着用(暑くて大丈夫?)

3.セルフチェック票提出

4.ソーシャルディスタンスを保つために受験生同士を離す

5.女性が前髪などをゴムで縛るのは構わない

ということでした。

体温測定に関して気になったので食い下がって聞いたところ、入口にサーモグラフィーでチェックをする、それで37.5度以上ということだと今度はおでこにピッと当てる体温計で測定、それで37.5度だと受験ができないとのことでした。

そこでさらに食い下がって聞いたのですが、ただの風邪ですよという診断書があったらどうですか?ということだとそれなら構わない、とのことでした。

まあそういう場合は別室受験もありうる。ただしあまりに高熱でふらふらしていれば試験受験自体が無理なのでは?

という常識的な回答です。

僕の私見ですが、試験直前にがっつりと食べると食事直後は0.3度体温が上昇すると言われています。試験前の食事は空腹で気持ち悪くならない程度に軽めに時間の余裕を持って。唐辛子や生姜は体温を上げるかもしれません。ニンニクの体温上昇効果はわかりませんが周囲の受験生を打倒できるかもしれません。

あとは東京ビッグサイトには時間の余裕を持って着くことでしょうか。

待ち合わないと思って全速力で走って体温測定すると引っかかるかもしれません。

なによりも体調管理が大切なので、当日具合が悪くならないようにしてくださいね。
と親切な回答でした。

なおネットの天気予報を見てみたら当日、ビッグサイトのある江東区は雨80パーセント、風邪をひかないように傘を用意したほうがいいでしょう。低気圧になることも考えられるので、気圧の変化に弱い人はネットで調べたのですが首の後ろの部分をアイスノンで冷やす、耳ツボマッサージがいいと民間療法では言います。

頭痛が心配な人はいつも飲みつけている頭痛薬を持っていくといいでしょう。

公認心理師試験については日本心理研修センターに問い合わせたところ「11月末に受験票発送します」とのことでした。

その中に注意事項がいろいろと書いてあるそうです。

以前から気になっていた「どうして公認心理師試験では水が飲めないの?ということについて聞いてみたところ「なんでもかんでも机上に置いていいということにすると不正の疑いが発生するから」ということでした。

そこで「水や飲み物置いても不正にはならないじゃないですか?」と聞いたところ、ダメなものはダメ、ただしどうしても喉が渇いたら挙手してもらって廊下に係員がついていくのでそこで飲んでください。ただし時間延長はできませんよ。

とのことでした。(以前は違う条件だったような…)僕:初めて聞きました。
係員:以前からそうでしたよ。

とりま受験票に全て書いてあるようです。

資格認定協会の人が言うように試験前の体調管理は大切ですのでみなさんベストコンディションで受験できるようにしてください。と部屋の中で行方不明になっていたおでんを食べながらみなさんを応援しています。

本記事校閲のFFウサさん からも「今年の受験生は大変だけど皆頑張って欲しいです。」という暖かい言葉をいただいていおります。

体温測定突破について上司医師からのアドバイス
1.暑い交通機関で移動してすぐ会場入りしようとしない。(最近それで採用しようとした学生20人中11人が37.5度以上で引っかかったとか)
2.ネクタイは体温を上げる
3.風邪を引かない程度の薄着で移動、中でカーディガンなどを羽織るといい。
4.いざとなったら冷えピタを直前まで額に貼っておく(いいのか?逆に低体温すぎて引っかからないか?)
だそうです。


↑このページのトップヘ