ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 日本心理研修センター

4ACBA742-D16C-43EA-AD22-3705F1D4644B

○ 第5回公認心理師試験日は7月頃

【今後の公認心理師試験について】

日本心理研修センターの公式発表です。例年通り詳細な日時や出題委員については試験半年前に発表になる予定です。

新卒者は卒業後3カ月あまりで試験というタイトなスケジュールですが、これまでの素晴らしい実績で高い合格率を上げてくれるのではないかと期待しています。

また、その他のルートのみなさんにおいては第4回試験で合格点が5点ハードルを上げられたことで衝撃を受けている方々も少なからずともいらっしゃると思いますが、試験勉強に王道はありません。

なるべく早く勉強に取り掛かって勉強時間を確保していくことをお勧めします。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

C1D97FA9-86A1-4089-96F9-03FA38A8E72D

第4回公認心理師試験結果の講評(日本心理研修センター発表後)

1.得点補正

なんと言っても今回初めて行われた「得点補正」が特徴的です。前回までは138点が鉄板の合格点だったのですが、今回は初めて得点を143点と、62.17パーセントに補正しました。今回は問題難易度が易しかったと判断されたのでしょう。また、得点分散が138〜143ほどの点数にかなり集中していたのではないでしょうか。

得点補正は絶対に行われないという前例を破る衝撃的な結果でした。

第4回公認心理師試験(令和3年9月 19 日実施)合格発表について

2.受験者総数

今回の受験者総数は21,055人でした。今回の現任者講習定員が約1万人と思われたのですが(訂正があれば教えてください)これまでの試験のうち、Gルートリベンジ組が相当数リチャレンジしたことが受験者総数を押し上げたことが推察されます。

コロナが多少落ち着いたことで受験をした人が多かったのか、詳細な事情は一人一人異なるのでわかりませんが、前回第3回試験受験者総数が13,639人だったことを考えると相当数受験者は増加しました。

2.各ルートごとの考察

⑴ Dルート

この人たちはなんらかの事情で受験を見送っていた、あるいは再受験者です。既卒D1ルート67.3パーセント、既卒(中心)D2ルート68.6パーセントはかなりの高数値に思えます。

⑵ Eルート

Eルートは、昨年度不合格だった新卒再受験者と新卒者です。ここで見ておかなければならないのはまず受験人数です。1,335人と、推定臨床心理専攻院卒者数よりもかなり少ないようです。

ということはスキマ世代で受験資格が与えられなかった新卒者がいかに多かったかを示しています。合格率85.5パーセントの8割超えは前回の81.0パーセントに続く快挙です。

かなり急いで公認心理師養成課程を作り上げた大学院と、歯を食いしばって耐えた受験生たちに敬意を評したいものです。

⑶ Fルート

まだ公認心理師法7条2号施設のうち病院などが入っていないと思われるので、法務省矯正局と家庭裁判所調査官と思われます。国家総合職だけあって19人中18人が合格しています。数は少ないものの、今後の国家総合職の受験者の合格率を示す基準となっていると言えるのではないでしょうか。

※ 訂正 平成30年に認定を受けている医療機関もあります。

⑷ Gルート

受験者全体の81.7パーセントを占めることから、合格率を大きく左右する受験者層です。何らかの理由で受験を見送っていた科目読み替えが効かなかった臨床心理士などの心理職や再受験者組、実務経験者です。この中には心理学専攻者でない現任者が相当数含まれていたことを考えると55.7パーセントというのは相当な快挙と言えると思います。

3.全体講評

今回初めて行われた得点補正から「6割程度」はある程度幅がある点数ということがわかりました。次回受験からの人はある程度高い点数を取れるように幅を広げて学習する必要があると痛感した試験でした。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

B1DE982E-0F77-4B1D-B42C-60CDB435B8E3

第4回公認心理師試験割れ問解答について

今回の試験について最も話題になったのは問146.いじめで登校しづらくなっている児童について、教員にスクールカウンセラーである公認心理師が確認することとして
② 合計欠席日数
⑤ 学級における児童全体の様子

でした。

これについては②が正解

プロロゴス、公認心理師試験解答修正2021.9.21版

拙記事の「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」が根拠となっているようです。

また、問154の18歳の母親が0歳児を養育する気がない場合、考えられる措置先として解答が割れたのは
② 里親委託
⑤ 母子生活支援施設

でした。
これについては僕が根拠を示したのですが、根拠が完全に正しいかどうかはともかく正答は日本心理研修センターと同じでした。

公認心理師試験割れ問・里親委託・母子生活支援施設

※拙ブログ記事

今回不適切問題はありませんでした。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

FA813A8A-3B59-4CA9-80B9-6D8C65BAE34D

22ED8CE3-04AE-4EB4-B9FE-202A2B4F989F

【令和3年10月29日14時】第4回公認心理師試験(令和3年9月19日実施)合格発表
※ 公認心理師試験解答及び合格者内訳については思想・学術的意図が入っているものではないため、この図表は著作権保護の対象にはなりません。(2021.13.31公益社団法人著作権情報センター照会)

96886244-BBF6-413E-AC94-8CDD3D8525F9

9月19日(日)第4回公認心理師試験は予定どおり実施いたします。(9月19日(日)6:00更新)

本日の公認心理師試験において予定どおり試験が実施されるという発表が日本心理研修センターからありました。

日本心理研修センター「お知らせ」

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

↑このページのトップヘ