ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 日本心理研修センター

75479E4F-AE6D-4749-A9BF-4FBEDB708F0B
photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
掴めそうな煌めく未来。


◯ 公認心理師の活動状況等に関する調査に答えてみたらメンブレた

まず封筒の中に入っていたのが公認心理師制度推進室、日本公認心理師協会、日本心理研修センターからの3枚の調査協力依頼。
くすぶっている個人情報保護のプライバシーポリシーには大いなる疑問を感じながら回答したわけです。

当局は調査事項は発表してはならぬと言っていたのでとりま僕の自由記載欄の回答だけ公開します。(改変なしそのまま)

細かい設問を読みながら記録しながらで結構メンブレたのですが、僕が書いた、質問に対する回答をそのまま転載します。

1.ドヤ顔をして専門上位資格創設を語る自称識者には疑問を感じるなう。地位の向上とは全く関係がない。倫理ガイドランが定まっていない。主治の医師は公認心理師が指示を受けなければならないことを知らない。文書で指示を受けた場合その料金は患者負担になる。医師に義務を課せ。チーム学校制度は廃止し、SCは独立機関としろ。試験から精神分析や芸術療法をなぜ除いたぬ。医師の出題者を減らせ。教員と学生のメンブレを危惧する。

2.職能団体が分裂している現在、一方の職能団体のみが調査を行っていることには疑問を感じる。職能団体は統一させるよう、厚労省から働きかけるべき。臨床心理士との共存共栄ではなく、臨床心理士をdisるだけの制度になっていてまずたんたんめん。資格や制度が 不安定なまま、両者での話し合いがなされていないのはやばみん。自由記載を多くすべき。この制度を育てていきたいという気持ちはこの文字数では伝わらないぬ。

まあ自由調査ということで、僕はじっくり考えながらやったので疲れてメンブレたのですが、結構簡単な調査です。やはり自由記載欄に多くの意見をみなさんに書いて欲しいと思うわけです。集まれば数は力です。

僕は僕で今後もこのブログやTwitterで情報発信を続けて言論の自由を振りまいていきたいと思った時代です。

(おまけ)
−でぃーえむにて−

みおみん:ちゃんと栄養のバランス取れたもの食べてね
僕:(みおみんは優しいなあ。画像貼っとこう)
サンドウィッチ
み:どう見てもそれサラダじゃない
僕:いや、述語うっかり抜いたぬ、サンドウィッチもさっき食べた。チーズとハムも入ってる。
み:述語抜き過ぎ
僕:そんな俺の仕事はカウンセラー
み:ダメだね
僕:よろしくお願いします。なんの問題もない
み:(何言ってんだこの人)
僕:俺の弟子にならないか
み:う、うん嫌です無理っす
(了)

528BF576-0816-436E-B55B-62D9F7C08507

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
笑えてますか
あの日の私が
微笑みかける


◯ 日本心理研修センターと日本公認心理師協会への電凸

1.序

今回、厚生労働省障害者総合福祉推進事業の一環として公認心理師の皆様にアンケート用紙が配られて来ます。僕自身はこのアンケートに自分の意見を書くのは大賛成で、上位資格創設に反対してやろうとか給料上げろとか色々と書けるいい機会なので是非参加してやろうと思っています。そしてみなさんも思いのたけをぜひ魂の叫びをシャウトして欲しいと思っています。

2.日本心理研修センターに電凸

このアンケートの意義は十分にあるので構わないのですが、疑問に思ったのは「日本心理研修センター」という試験を行う公的機関が日本公認心理師協会からの依頼で個人の最大のプライバシーである住所、氏名を日本心理研修センターに流していいものだろうか?

というものでした。こういった疑問を持つ人は多いでしょう。これに関してセンターに確認の電話をしてみたところ、インターネット上には明記していないが、公認心理師登録証の請求書に情報を公的に使用することがあり得るとは書いてあると明記されているとのことです。

公認心理師の職能団体は分裂しています。例えば臨床心理士会の会員であれば会員に動向調査をする、これは会員は自分の住所氏名を明らかにしているので、会員に対するアンケートは構わないけれども、臨床心理士全体に対するアンケートは行いません。こういった、公認心理師全員に対する調査を行っていいものだろうか?という疑問が湧きました。

ところがこの疑問はきちんと日本心理研修センター・サイトポリシー/個人情報等保護方針 に書いてあるではありませんか。


「個人情報等の第三者提供
個人情報等は,法令に定める場合等正当な理由のある場合を除き,事前に本人の同意を得ることなく第三者には提供しません。」

とあるのですが、

「個人情報等の委託
個人情報等の取得時に通知した利用目的の達成のため,個人情報等を外部に委託する場合は,委託先でも個人情報等が適切に扱われるよう,所定の水準に達していると認められる委託先とのみ業務委託します。」とも記載されています。

試験や登録の手続きに個人情報を提供するのは当たり前ですが、このアンケート実施が「所定の水準」に達しているかは不明です。したがって、本来なら日本心理研修センターが「こういったアンケートを日本公認心理師協会がやるのだけど個人情報を渡してもいいですか?」と聞くべきで、かなりこの辺りの個人情報の取り扱いはグレーだと思いました。

繰り返しますが
この調査そのものは大変意義のあるもので、多くの方に回答して欲しいと思っています。

2.公認心理師協会に電凸

僕からの質問は「アンケートの設問をネットに流していいか?」というものです。オフレコの話も聞かせてもらって興味津々だったのですが、こういったアンケート設問には著作権があります。

ひごろから僕は著作権にはかなり気を配っていて、著作の引用は引用部分と主従をはっきりさせています。ただしDSM-5はダメです。診断基準は図表扱いです。著作権を破ると大きなペナルティが科せられますがこの辺りに気を配らない人は多いです。DSM関連の記事 をいくつか僕は受験対策に書いていますが、ポケット版でもよいので診断基準はぜひ買って下さい。

あと、大学入試、公認心理師の過去問も創造されたものなので著作権があります。ただし、urlを貼るのは著作権法になりません。Twitter社の規定によるとtweetを画像としてjpegで貼るのは違反ですが、tweetそのものを貼るのは違反ではありません。それを知った上で書き込みをしなさいと明記してあります。ちょっと厄介ですがブログなどにtweetを埋め込むやり方はあります。

さて、僕は著作権があることを知って敢えて聞いてみたのですが、やはりアンケート設問は著作者の了解がないと難しいとのことでした。

そこで次に確認したのは公益社団法人日本複製権センターです。ここは著作権について詳しく教えてくれます。アンケートの設問はダメ、それならば「回答は?」と聞いたところ、設問を書かないで回答ならば構わないでしょうとのことでした。まあ僕なので 多少だけぶっ飛んだ回答をするかもしれませんが乞うご期待。

※ ちな、僕は知人からこの個人情報保護に関する文書が送られて来ましたので読んでみましたが個人的には納得できませんでした。

(おまけ・みおみん)

み:ワタシ、自信ないなあ。こんなんで心理職やってけるのかなあ
僕:大丈夫、俺を見ろ
み:あ、納得。大丈夫だわ
僕:おい

公認心理師試験の日程が決まりました。






0FFD3761-3C2E-4317-83A7-F5669130D3DC


試験日程

5F60F1C1-DFEC-469B-AE7B-798B5CE86F87

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
想像力とはつまり、生きる力のこと。この道の先に待つのは目を見張る絶景なのか、はたまた目を覆いたくなる景色なのか。それは情報や知識や経験によって磨かれる翼の様なもので、時とて自分の領域ではない相手の心への架け橋にもなる。今日も想像しよう、扉の向こうに広がる世界を、手招きする明日を。


◯ オンライン公認心理師現任者講習会

6月4日に日本心理研修センターでオンライン現任者講習についての通知が出ました。受講料55,000円、顔認証、スマホは画面が小さいから非推奨、PCか画面が大きなタブレットで見ること推奨、24時間いつでもOKというもので、これはどこかに泊まり込みで行ってホテル代払って外食もして、というよりは実にリーズナブルな試みだと思うのですがいかかでしょうか。

何かと心理関係の資格更新料、受験料やら講習会は「高い」と思われがちですが、いつもまあそんなものだし、寄付行為があってもそれは合理的だし、専門家としての一生モノで食べられる資格を取れるとすれば安いものじゃないでしょうか。

(たまたまとある不動産会社で見つけた日本心理研修センターが入っているビルの概要)
https://www.bestexnet.co.jp/sp/rent/bukken_3795.html

さて、オンライン研修、顔認証付きというと、常識的に考えて、講義をきちんと聞いているかどうかを画像の向こうからチェックもできるのでサボってはいけません。オンライン授業のサボり方として、自分が動いている動画をPCの前にもう一台置いて、録画した

1.熱心に授業を見入っている
2.大きく何度もうなずいている
3.ノートを取っている
4.腕組みをして真剣に聞く
5.すみからすみまで画像を眺め回す

を流しておくという例が「オンライン授業のサボり方」のような動画で紹介されていましたが、これから現任者講習を受ける賢いみなさんは決して真似をしてはいけません。ひょっとしたらオンラインでも指名されて当てられるかも知れません。どこかにワナが潜んでいて、途中になんらかのテストを仕込んでいるかもしれません。

一番あり得そうなのは固定させたはずのもう一台のタブレットが落っこちて顔認証が失敗してしまうことです。

まあこういったご時世なのでコロナに配慮してくれているのだと考えますが、第4回公認心理師試験現任者講習30時間がオンラインで受けられるのにわずか55,000円。30時間だから1時間あたり1,833円、僕の時給のわずか9倍程度のお得なお値段です。新型コロナ収束には相当の時間がかかるだろうと当局も踏んでいるわけです。

実習もオンライン、講習もオンライン、テストも現在企業の採用試験で使われているwebテストやSPIのようにオンラインになる日が来るかもしれません。その場合、テスト形式をどうするか、あるいはGoogleを使われることを想定して試験の難易度を上げにかかってくるなどそんなことを考えると不吉な予測になってしまいます。やっぱり早く収束して欲しい、そのためには我慢してでも自粛生活をするしかないなあと思うわけです。




3C417F94-346A-4442-9C29-6BF4F44095BB


photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
空は
繋がる
世界のみんなと

#sora

※ いつも写真と文を使わせていただいているsoraさんのアカウントが移行になるそうです。

◯ 日本心理研修センター公認心理師試験集計結果から判明したこと

2020年5月18日、日本心理研修センターから、第1回公認心理師試験及び第2回公認心理師のアンケート集計結果が発表されました。(クリックでリンク先)

これによると第1回試験願書提出者36,103人のうち68.75パーセントが臨床心理士、幼稚園小中高教員が24.83パーセントということでした。

教員の受験率の多さに驚いたことからこの記事を書いています。他福祉職や保育士なども多かったのですが、幼稚園から高校までの教員受験者数のうち、心理に関係ありそうな職種というとまず特別支援学校、特別支援学級の教員が思い浮かびます。

この人たちは障害のある子どもに毎日かかわっている、心理職に近い人でしょう。

また、養護教諭も近いかな?と思います。日々児童生徒の心身の相談に乗る、虐待児童を見つけて校内管理職に相談するなどその業務は多彩にわたります。

あと、教育相談担当者や特別支援コーディネーターもダメというわけではないと思います。

広げて考えていけば学級担任も児童生徒保護者の相談に乗ることもあるわけですし、校長教頭主幹も児童生徒のために尽力しているでしょう。

しかし、誰がやっているどこまでが心理職としての活動なのかは学校教員の場合はわけがわからなくなりそうです。

現職教員+臨床心理士資格を持つ人たちのシンポジウムが開催されたことがあったと記憶しています。

臨床心理士は指定大学院を卒業してしまえば資格は取れますが、多忙な教員生活をしながら院に通うのは大変だったでしょう。ただし、そこで何を得てどうやって資格を活用するかはとても難しい課題だと思うのです。

和光大学の高坂先生は現職教員が公認心理師資格を取得することについて多重関係の問題を指摘していました。

まあそれは考えてみれば当然の事で教科担当教員がビシバシ教えていて、あるいは部活担当教員が生徒を担当、スポーツをやらせる。

そしてある時は勉強ができない、あるいは部活の中で人間関係に溶け込めない生徒の相談に親身に乗るというのは、教育現場では悪くはないでしょうが、心理の考え方からはいかにも多重関係になりそうです。

実際のところ、もし教員が退職して心理職になる時にそのまま教育現場のスクールカウンセラーに横滑りしようとしても「それは難しいでしょう」という心理職就職コーディネーターからの厳しい意見を聞いたことがあります。

また、スクールカウンセラー採用に当たっては「何よりもスクールカウンセラーとしての経験や、スクールカウンセラーとしてやっていけるなどうかの資質を重視する」と言い切っている自治体もあり、教職→スクールカウンセラーのハードルも決して低いわけではありません。

教職公務員をビシッと思い切って退職して給料ガタ落ちでも心理職になった人を知っていますが、彼女は相当志が高い人でセンスもよく前向きで勉強熱心、学会発表や論文を書いたりしています。

心理に関心がある教員にとっては現職経験Gルートを通じて心理国家資格を取得できるのは魅力でしょう。

しかしながら僕は興味があったので国語科教員にこのブログを「自由意志で」(無理やりではない)読んでもらいました。精神疾患などの記事は「わかるわかる、こういう人っているかもね」だったのですが、基礎心理学、統計、解剖等医学分野になると「…わかんない」となり、彼女は崖を転がり落ちるローリングストーンのように急速に興味を失った模様でした。

教員でも公認心理師試験を通った人を知っています。ただしその人は心理の知識0からスタートしたので予備校に通って参考書や問題集をやりまくって相当に苦労した模様でした。

ちなみに第2回公認心理師試験アンケート回答では臨床心理士26.61パーセント、教員30.57パーセントでした。

日本心理研修センターは明記していますが「第1回試験で不合格となり第2回試験で再度受験票を発行された者についても、第2回試験の調査対象になっていることにご注意ください。」とあるのでこのアンケート結果を正確に読み解くのは困難です。

なんとも言い切れないのですが、心理プロパーでやって来た人たち以外は、教員以外も試験は相当難しかったと思います。

心理だけでない分野、福祉職や看護師にとってもそれは同じですが、まだしもいろいろと共通点はあったので教員の方々は相当に苦労して勉強、受験をしたのだと思います。

このアンケートは「個人の試験結果には全くリンクさせていない」という日本心理研修センターからの回答を得た事があり、それは本当の事だと思います。

どんな資格でもそうですが、資格は取得した時がスタートで、その後自己研鑽、経験を積んで一人前になって行きます。なかなか心理職に就くのが困難な現在の雇用情勢で大幅にキャリアチェンジをする、一旦自分のフィールドをリタイアしてから心理職になるのは難しいだろうなあと思っています。

↑このページのトップヘ