ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 心理臨床学会

1841055E-D777-439E-83B1-2D1F5CF1F8CC

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

たとえ記憶に残らなくとも
こころの泉は覚えてるよね ☪︎⋆


◯ 心理臨床学会・新型コロナへの情報提供

1.序

各学会や団体の批判ばかりしているのではないか?といつも思われがちな弱気な私ではございますが、7月7日付で日本心理臨床学会が新型コロナウイルスに関するメンタルヘルス資料 を次々に出しているのでこの場を借りて紹介したいと思います。

2.参考資料等

どの資料もその場で読んですぐ役立つものとなっています。ここは心理臨床学会や日本臨床心理士会(資◯認◯協会のことを考えると最近心理士会の方に同調できます。)がざまざまな資料を紹介、日本臨床心理士会は津川先生自らが動画に出ています。

さて、ツイッタラーの皮膚科医師肉球先生(肉球せんせい@皮膚科専門医/漫画イラスト描き/美容医療)も以前からモノの接触による感染の危険性について指摘していました。

肉球先生は公園であれば遊具からの感染があるという可能性を指摘しています。ウイルスが物に付着するということは、例えばプレイセラピーや箱庭療法をしていても玩具から感染する可能性があるわけです。「このプライセラピーはそこまでの危険性を冒して行うべき価値があるか?」

と、心理臨床学界提示の資料でも指摘されており、心理職は心理療法のやり方について悩むわけです。僕の臨床領域は今は児童は入っていません。ただ大人に箱庭をやらせることはありました。箱庭は僕は今のところ封印しています。治療効果が高いのはわかるのですが、玩具や砂を全部消毒するわけにもいかないですし、終わった後にクライエントさんとセラピストが手指消毒したとしても、やはり命の危険を冒してまでやらなければならないのか?と思うのです。

僕は決して「施行が面倒だから」という理由ではなく、適切な距離が保てないという理由でロールシャッハもWAIS-Ⅳもやっていません。

オンラインカウンセリングの可能性、その可否についても資料は指摘していて、相手が子ども、老人、知的に制限がある、デジタルデバイデッドの人々にどうやってオンラインでかかわるのかは大きな問題です。

また、カウンセラー側もシステムに習熟していないと「ちょっと待っててね、あれ?」と長時間もたついていたのでは相手が苛立つでしょう。資料が指摘していたのは、オンラインで自傷他害のおそれありと認められた場合にはどうするのか?

という課題も提示してされていました。目前にクライエントさんがいるのならばなんとかなるかもしれませんが、オンラインは困難です。

オンラインカウンセリング環境を守るための自宅の整備も必要になります。Zoomで背景を作ることができるか、セラピストの自宅が背景として映り込まないか、きちんとクライエントさんのプライバシーが守れる環境かということは大事です。

今回心理臨床学会で出している資料には、鳥取大学医学部のCOVID-19に関する調査、また、印刷すればすぐに使える子ども向けのワークシート、教員向けの配布物など印刷すればすぐに使えるものがあります。

新型コロナ対策を行っている医療従事者のための無記名式のチェックリストもあります。子どもを守るための「さぽチル」のリンクもあります。

COVID-19に関する文献は内外さまざまなものが出ていますが、心理臨床学会の紹介しているこれらのリンク内の資料はよくまとまっていて使いやすい実用的なものと思いますので紹介させていただきました。

心理臨床学会第39回大会について、ホームページ上に今後の変更点が発表されました。
https://www.ajcp.info/
ただし、この文書は会員向けパスワードでロックされたものであり、僕が勝手に公表できるものではありません。電話で問い合わせたところ「検討を重ねた結果会員向けの情報提供ができたので現段階では会員ではない一般の方に対して提供できる情報はありません。」とのことでした。

会員の方は詳しい情報が掲載されていますのでぜひご覧ください。

日本心理臨床学会に今後の方向性について質問(掲載了解済)

問:大会参加費用については変わらず7,000円なのでしょうか?オンラインだから参加しないという方もいるかと思いますが。
事:そうですねえ、まだ検討中です。
問:オンラインだと事例は発表できないとか、録音や録画の問題も出てくると思います。
事:確かに難しい問題ですね。
問:自主シンポジウムの返金とかシンポジウムやらないなら参加しないとか。
事:もちろんご希望を伺った上で考えたいと。あとは理事会の先生方に話し合って決めるのかと。
問:今後要望や意見があったらどうすればいいですか?
事:学会のお問い合わせフォームから問い合わせお願いします。6月15日に公式発表します。
(問い合わせ時間3分ぐらい)

https://www.ajcp.info/

日本心理臨床学会は8月27日〜30日まで開催する予定だった横浜パシフィコにおける開催を中止しました。

別日程でオンライン開催を予定、なお自主シンポジウムは会場確保できないため中止とのことです。

48385FF0-83C4-45A9-860E-F1F49C1721DD

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
誰しもいくつもの顔をもっているもの。言い換えるなら心にはいくつかの居場所があって、それによって調和を保っているということ。でもそれでいいんだと思う。どれも本当の自分だし、ともすると「本当の自分」なんて存在しないのかもしれない。だから、仮に私が別のどこかで毒づいていても見逃してね。


◯ 心理臨床学会に第39回大会中止申入れをしました。

1.承前
学会開催場所横浜パシフィコに電話して、何カ月前からキャンセル料がかかるのですか?と聞いたところはぐらかされてよくわかりません。「学会さんに聞いてみたら?」と言われましたがそこまで聞くのが面倒なのと迷惑もかけそうだったのでしませんでした。

あんなに大きな会場キャンセルかけたらすごい料金になってしまい、それが学会費用に跳ね返ってしまったらイヤだなと思った、というだけの話ですが、ホームページにも6月上旬まで、と書いてあったのでまあそこはそこで待ちます。早くしてくれどうしたんだと聞いても詮ないことです。

ただし、なにか分岐点となるような議論があって揺れるようでしたら、イチ学会員として意見を今のうちに言っておこうと思ったわけです。

だんだん特別警戒都道府県の解除が行われていますが、先々とはいえまだ三密が強調されている中、現段階で学会開催決定は厳しいだろうと思っています。

ちなみに僕自身は学会に行くたびに旧知の人たちと会えて、偉い先生と知り合いになれたり全然自分と違う分野の先生方と知り合いになれたりと、心理臨床学会はとても楽しいので参加したいと思っています。

もちろんシンポジウムも発表も興味のある分野は自分の領域とあまり関係ないものをあえて選んで出てみるという天邪鬼なことをしています。

そして心理臨床学会の偉い方がこのブログを読んでくださっていることを知っております。いつもご愛読誠にありがとうございます。他団体の先生方におかれましてもいつもありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げさせていただきます。

(以下メール内容)
拝啓

時下ますますご清栄のことと存じ上げます。

貴学会におかれましてはひごろから会員の研究・研鑚等の活動にご尽力いただいていらっしゃることについて誠に感心し、1学会員として感謝申し上げる次第です。

また、拙ブログをご高覧するいただいていらっしゃることについても感謝申し上げております。

さて、貴学会におかれましては


現在予定されているイベント:
8月27日(木)~30日(日)第39回大会(神奈川県横浜市)…開催予定
(6月初旬までに方針決定)
となっております。
あくまで推測ではございますが、5月31日まで延長された政府緊急事態宣言のその後の経過を見て開催(部分開催を含)か中止かを決めたいという趣旨ではないかと思いますが、例えば心理学会の草分けである日本心理学会は9月11日から13日までで、すでにオンライン開催の予定を決めています。

さて、私が今年度大会について中止を求める理由としては

1.新型コロナウイルス感染症が完全に収束しているわけではない・感染の危険性

厚生労働省専門家会議によれば特定警戒都道府県解除となった後も三密を完全に解除するわけではなく、アメリカ、イギリスの研究結果も踏まえ、予防策を完全に解除してしまえば再び大規模な再流行が起こることが懸念されております。

学会は毎年7000人以上の参加者があり、会場によっては立ち見がでるほどの三密状態となることから参加者感染の危険性は免れません。

2.学会として、また参加者の信頼性の問題

貴学会会員は医療分野、各施設や教育現場で働く心理職、大学院生も数多くいます。

それぞれの現場で感染防止に心を砕いているところ、心理臨床学会学会員が感染の危険性を冒して参加することはそれぞれ所属する機関からの信頼性を失うとともに、参加者も信頼性を失うことになります。

今般日本臨床心理士会、日本公認心理師協会が新型コロナ対策として相談窓口を設置して尽力して心理職がメンタルヘルス対策に寄与していることに今大会開催は心理職全体の信用にかかわります。

2.公認心理師試験との関係について

第3回公認心理師試験はいまだ延期されたままであり、学会参加員には会員、非会員の心理職、大学院生の公認心理師試験受験生もおり、不安を抱えたまま大会参加はかなり精神的に厳しいものとなるでしょう。

3.著作権及び守秘義務の問題について

貴学会におかれましては学会発表内容の撮影、録音などの記憶媒体への記録を禁じています。オンライン開催の可能性もご検討された場合の危険性について指摘させていただきます。

もしオンライン化して開催した場合、ポスター発表をスクリーンショットで撮影することも可能ですし、音声や動画も電子データ化することが可能です。

したがってケース発表は専門職のみが守秘義務を遵守できるという担保が薄らぎ、貴学会発表における学会員のみへの情報の提供は困難と思われます。

オンライン化ができる部分についてもしオンライン化したとしても、7000円の価値がある学会となるかどうかについては疑問が残ります。

4.その他
貴学会は歴史と伝統がある心理学学会では最も多くの会員を有する学会として、社会への貢献度も大変高いものと考えております。

今後とも学会員や社会からの信頼を受けて学会運営をされて行くに当たり、以上についてお願い申し上げます。

    敬具

心理学ブロガーひなたあきら
「公認心理師でポン!」
hinata.website

↑このページのトップヘ