ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師試験

6E52766A-6A37-49FD-98C8-C1B0F01F6E11

◯ 試験対策・看護師もなみさん公認心理師に言及&脳科学復習

(会話部分は実話を元にしたフィクションです。)

も「このブループリントやら公認心理師試験の過去問から見るとずいぶん本格的な医療知識が要るのねえ」

僕「はあ」

も「医療法とか出てるじゃない。病院と診療所は20人の入院が可能かどうかとか、心理カウンセリングに関係あるの?」

僕「うーん、とは言え試験範囲ですから。」

も「医療事故は確かに医療者の基礎知識だけど、予測していなかった患者の死は医療事故とか、ヒューマンエラーとか
やっぱりカウンセリングに関係あるのかしら?」

僕「うーん、あるのかないのか」


も「医療保険制度とか、介護保険とか、審査支払機関がどこかとか、これ、医療事務にも関係しているわねえ。後期高齢者の一般費用は知ってる?」

僕「4万4千円ですかね」

も「そうね。公衆衛生学とかも出るのかしら」

僕「将来的には多分」

も「精神科の特徴として入院と外来のどっちが多い?」

僕「外来?」

も「いや、入院27万通院26万人ね。医療安全とかも出てるみたいね」

僕「うん」

も「事故防止型の医療、インシデント分析、報告、KTY(危険予知トレーニング)、5Sは整理、整頓、清掃、清潔、躾、インシデントとアクシデントの違いは?」

僕「ヒヤリハットか医療事故か?」

も「公認心理師って医療職なのかしらねえ」

僕「いやそんな権限ないし」

も「手指消毒は第2回で試験範囲から外れたけどスタンダードプレコーション(感染症予防のための標準予防策)とかどこから出されるのかわからないわねえ」

僕「カルテ、診療録なんかの書き方は確かに関係するかな?って思いますけどね」

も「最近は電カル(EHR、医療電子記録)も当たり前だしPOS(問題志向型システム)やPOMR(POSに従った記録)とか、SOAPも出てるのね」

僕「はい、何がなんだか」

も「医療倫理も出るかもねえ。医療倫理の4原則やJONSENの4分割法とか」

僕「いちおう出なさそうにはなっているんですけどね。あと公認心理師の医療介入保険点数化は出るかもしれませんね」

も「緩和ケアサポートが出ていればサポートチーム、精神科リエゾンチームやNTS(栄養サポートチーム)とか?」

※ これからの公認心理師試験には一般医療知識はまだまだ網羅しなければならない分野も多そうです。

脳科学について記載してみます。

学部レベルで学ぶ失語症のウェルニッケ失語(感覚失語)と左前頭葉言語中枢ブローカ失語(運動失語)は出そうですし、脳梗塞や脳溢血を起こした際の頭頂葉や後頭葉部位による機能障害についても出題されそうです。

後頭葉損傷は視覚障害に関連します。

側頭葉は記憶のみでなく、ダメージを受けると聴覚機能に影響します。

脳梗塞は脳の様々な部位に障害をもたらし、失語、失行、失認現象が起きます。

病識は脳梗塞では著しく低下、病態失認では半身不随も否認します。

「わざと施設から出たくてやっている」わけではなく本当に患者さんはそう感じているので、病識がないのに運動機能や認知機能に障害があることを指摘されると怒る人も多いです。

半側無視は左側に起きやすいですが、病変部によっては右にも起きます。

リハビリテーション医学で心理師もかかわりそうな高次機能障害の特徴はとらえておかなければならないでしょう。

前頭葉前頭前野は理性、注意を促し、大脳辺縁系では扁桃核はPTSDで縮小します。

東日本大震災後の科研費研究では沿岸部の住民ほど扁桃体が縮小しているという結果が出ていました。

前頭前野は感覚に結びついていないので脳内の働きがないと思われていた時期もありますが、特にワーキングメモリー機能(動作記憶)には大きな影響を与えます。

海馬(記憶)の縮小も見受けられます。

また、性欲を司る視床下部(既出)その他前帯状回は全て大脳辺縁系です。

脳下垂体、小脳が脳幹に接していて運動機能に関連していること等どこから出題されるかは不明なので、脳全体は出題範囲と考えておくといいかもしれません。

脳に関してはこれだけでもまだごく一部しか触れていませんので、今後また機会があれば記事にしたいと思います。

参考文献:脳科学と心の臨床 岡野憲一郎著 心理療法家家・カウンセラーのために 岩崎学術出版社

F410A521-4EA4-4A48-BBF8-31A7E541BF4D

◯ 第3回公認心理師試験おすすめ参考書・過去問・関連通達集

第3回公認心理師試験は2020年6月実施予定です。

試験ですので、どんなに実務能力・カウンセリングに長けている人でも油断は禁物です。

今回は試験対策参考書等を紹介します。


・参考書

1. 心理学専門校ファイブアカデミー
一発合格! 公認心理師対策テキスト&予想問題集 ナツメ社 2,750円

※ 多くの合格者が使っていたテキストですが、これ一冊で合格できるというわけではなく、知らない単語は徹底して調べておく事をおすすめします。

2.心理学 有斐閣 4,620円

公認心理師試験は臨床心理学よりも基礎心理学知識が多く問われる試験です。基礎心理学をがっちりと固めたいならこの本を熟読して完全に理解することをおすすめします。

3.心理学検定関係書籍

⑴ 心理学検定基本キーワード改訂版
実務教育出版 2,200円

⑵ 心理学検定公式問題集 2,200円

⑶ 心理学検定 一問一答問題集[A領域編]1,540円

⑷ 心理学検定 一問一答問題集[B領域編]1,540円

※ いずれも公認心理師大学学部、大学院教育課程シラバスを作成している日本心理学諸学会連合の心理学検定局が作成しています。

基礎心理学をみっちりと身につけたいなら2&3か2or3で実力を養うとお役立ちと思います。

4. 公認心理師試験 『これ1冊で!最後の肢別ドリル』辰已法律研究所
web販売3,300円

※ 公認心理師試験で公認心理師法は必修です。このテキストを熟読しておけば公認心理師法分野8〜9割正解の得点源となります。

5. メディカ出版

⑴ 本番さながら! 公認心理師試験予想問題154 (こころJOB Books)3,080円
高坂康雄

⑵ 公認心理師試験必勝キーワード66 313の関連キーワードでさくさく学べる
(こころJOB Books)3,080円
長内優樹 

※ 超高名な試験委員関連の先生方が著した本ではありませんが、公認心理師試験に特化した自由な視点からこの試験を見た画期的な書籍です。

6.公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法 医学書院 3,520円

※ 何気なく手に取ったのですが、公認心理師試験医学分野、医療倫理、医学一般、精神医学と医療知識に特化した良書、この一冊で医学の得点源になりそうです。

7. DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引
医学書院 4,950円

※ ポケット版ですが十分です。必ずDSM-5の診断基準に基づいた問題は出ます。

僕は「臨床家のためのDSM-5 虎の巻」日本評論社1,760円もおすすめで、時間があればぜひ読んで欲しいと思います。

(また出題されるカモ)
8F8C97E1-A2E9-4131-8346-6202A0E44488


・過去問

「過去問どこ?」といまだに問われることもありますが、以下のurlに掲載されていますので再掲します。

第1回公認心理師試験
試験問題・解答・合格者内訳等

http://shinri-kenshu.jp/topics/20181127_830.html

第1回公認心理師試験(北海道追試)
試験問題・解答・合格者内訳

http://shinri-kenshu.jp/topics/20190131_1124.html

第2回公認心理師試験
試験問題・解答・合格者内訳

http://shinri-kenshu.jp/support/examination/examresults_2019.html


参考:第2回公認心理師試験出題基準
(ブループリント)

http://shinri-kenshu.jp/topics/20190320_1235.html

参考2:拙ブログ「改定・試験委員著作掲載第2回公認心理師出題委員一覧」

http://hinata.website/archives/16457676.html


・参考url

⑴ 心理テスト関連

ア. サクセス・ベル 心理テスト販売サイト

イ.千葉テストセンター

ウ.金子書房心理検査目録

※ このあたりは通販で心理テストを購入する時にカタログを見ながら僕も買っています。

かなりの心理テストが網羅されていて、どのテストがどんなテストでどういった用法なのかが書かれています。

購入する意志ががない人はカタログ取寄せはまずいと思いますが、仕事で新しい心理検査を導入したい方は目録を取り寄せてもよいかと思います。

⑵ 拙ブログから

ア. 公認心理師試験 司法領域、法務省・裁判所等関連url
http://hinata.website/archives/17288350.html

イ. 公認心理師試験お役立ち 厚労省・文部科学省・LITALICO発達ナビなど
http://hinata.website/archives/17268297.html

ウ. 公認心理師試験、お役立ち厚生労働省資料2
http://hinata.website/archives/17245490.html

エ. 公認心理師試験対策・ブループリント用語を厚生労働省HP内で検索
http://hinata.website/archives/17234479.html

※ あと、意外と役立つのがWikipediaです。

医療法とは何か?障害者総合支援法とは?Wikipediaが全部正しいわけではありませんが下調べをして本格的に知識にブラッシュアップすると間違いがないでしょう。

以上、もうすぐ冬休みですが受験生のみなさん、あと半年は長いようであっという間かもしれません。

ぜひ頑張ってください。

792DB5F2-1067-4E58-A245-7A121EC1F306

◯ 公認心理師試験第3回は怖くない!

僕の周囲でも第3回公認心理師試験受験するぞ宣言がだんだん聞こえる回数が増えてきました。

受験生の方々のバックボーンはさまざまです。

第1回、第2回惜しくも敗戦のリチャレンジャー組の人たちもいます。

第1回公認心理師試験合格率
79.1パーセントに対し

第2回試験合格率
46.4パーセント

と激減したのにビビっていて、「今度の合格率はどうなんだろう」

とおびえている受験生の方々もいらっしゃるでしょう。

公認心理師試験によく比較されるのが言語聴覚士試験です。

第1回試験(1993年)
合格率 87.9パーセント

第2回試験
合格率 42.4パーセント

その後40〜50パーセント台を経て現在は60〜70パーセント台の合格率です。

難関試験としてあげられているのがケアマネですが、昨年10.1パーセント、今年は18.5パーセントでした。(ケアマネは受験資格ハードルが高くなりました。台風の影響でまだ追試があるので現段階での数値です。(介護のニュースサイトJOINT調査数値)

また、3福祉士(精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士)の中では社会福祉士はだいたい30パーセント前後の難関資格です。

なぜ国家資格の中でも合格率が高い試験と低い試験に分かれるのかというと、まず言語聴覚士の合格率推移ですが、初回試験では実際に働いている現任者を認定する、そして2回目からは新規受験者やリチャレンジャーを選別するという目的があったからではないでしょうか。

言語聴覚士 Speech Therapist(ST)はアメリカでは修士号を受験資格とし、聴覚療法士と言語療法士に分かれてからは聴覚療法士は博士号取得が要件になっています。

言語聴覚士の専門は幅広く、歯科や咽喉科と関連した構音障害、耳鼻科関連の聴覚障害、心因性失語症、発達した障害によるコミュニケーション障害も扱います。

言語聴覚士は特別支援学校で働くこともあり、言語療法士から臨床心理士になった方もいます。

言語療法士と公認心理師のダブルライセンスを取得している人もいるでしょう。

言語療法士は高い専門性が要求されるため、養成学校で徹底した教育を受けて現在の合格率になったと思われます。

ケアマネは介護福祉士やヘルパーの実働人員とリンクしています。

ケアマネは第1回試験では合格率44.1パーセントでした。

ケアマネは看護師、介護福祉士等が受験資格を持っていますが毎年10万人を超える受験者です。

介護を要する対象者のケアプラン作成者の総数を考えてかなり合格者数を絞っているのではないかと思います。

社会福祉士は精神保健福祉士とのダブル受験が多く、社会福祉士試験は出題範囲が広く、また、全国社会福祉士協議会発表で平成28年10月現在201,486人とその数は多く、需給関係もあるのだと思います。

幼稚園教諭の合格率も20パーセント程度ですが、養成学校が多く、学生数も多い、憧れの職業です。

それでも幼稚園教諭合格率ほぼ100パーセントの専門学校もあり、専門学校教員に聞くと「毎年缶詰めにして勉強させて無理やり合格させている」との事でした。

第3回公認心理師試験は合格率が低いのではないかと巷では噂されています。

ただ、第2回試験は第1回よりも難しくなったという印象を受けていますが基本的に落とすための試験ではありません。

参考書、模試等を活用し、ブループリント試験範囲を広げて地道に勉強していけば合格率とはかかわりなく、その受験者の人は合格を勝ち取る事ができるのではないでしょうか。

冬休みに入りますが、次回受験生のみなさんのご健闘をお祈りしています。

ACE5883E-AB42-4D99-932C-3AB270808E01

◯ 公認心理師試験委員が期待する生活習慣病への心理職の関与と今後の保険点数化

公認心理師試験では難病ALSが第1回で出題、糖尿病の生活習慣病への治療アドヒアランス(意欲)への公認心理師のあるべき関与の姿が出題されていました。

数万人以上の職員を抱えている某大手では心理職が医療機関等と連携して生活習慣病への積極的関与を行うようにトップダウンで命令が出ていると聞きます。

さて、診療報酬のためには医科で医師ほかコメディカル、医療従事者等が関与して多くの保険指導料を請求しています。

糖尿病指導料、外来栄養食事指導料等ですが、心理職がもし今後何らかのかかわりがあるとすれば生活習慣への関与があり得ます。

クライエントさんが生活習慣を変化させていくためにはどのような心理的かかわりが必要なのかということについての出題はいずれその可能性を考慮しての事だと受け止めています。

厚労省では社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課 公認心理師制度推進室が公認心理師制度の所掌ですが、厚生労働省の諮問機関である中央社会保険医療協議会との繋がりは確実に存在していることから、健康管理指導ができる公認心理師の指導=保険点数算定対象となる可能性は十分にあると思います。

例えば、熊野宏昭氏(試験委員)の訳書では、ACT(focused acceptance and commitment therapy )と呼ばれる認知行動療法、あるいは行動療法による生活習慣病へのアプローチが紹介されていますが、従来の認知行動療法と違い、ACTはより「気づき」や自己感情の受容、「いま、ここ」を大切にします。

(受験生の方々はACTのコアプロセスFEARや関係フレーム理論についても再学習するといいのではないかと思料します。)

糖尿病治療において、あるいは他の生活習慣病や健康を取り戻すためのダイエットでも、患者さんは自分の生活習慣を大幅に変える事を受け入れなければなりません。

否認、怒り、悲哀、罪悪感、恥、これらの複雑な感情は全て心理療法の対象と思われます。

精神疾患もそうですが、生活習慣病の心理教育のためには心理職も疾患の知識を持っていないといけません。

ここでは主に糖尿病DMについて触れますが、特に血糖値HbA1cやその自己測定についての知識を得ること(もちろん医師の診断を経てですが)、血糖値上下について心理職がコメントをして励ますことや自己測定穿刺の辛さに共感を示す事は治療に有効かもしれません。

治療アドヒアランス、治療への意欲は患者さんによって様々です。

医療の介入に積極的な人もいれば、健康食品だけを摂取して運動や体重コントロールをしない人もいます。

生活習慣病に心理職が介入し、結果として患者さんが自分の生活に自信を持てるようになるということは、患者さんが自分を健康に保つ権利を行使するということにも繋がります。

今後中医協(中央社会保険医療協議会)がどのように診療保険点数を考えていくのか、まだ明確ではありませんが心理職の活躍の舞台はますます増えていく事も予測されます。

参考文献:ジェニファー,A,グレッグ他 熊野宏昭(監訳)糖尿病を素晴らしく生きるマインドフルネス・ガイドブック ACTによるセルフヘルプ・プログラム

※ 熊野宏昭氏は第2回公認心理師試験出題者です。

716AB6C8-CDFA-4B1B-AC87-20F9BCF497D2

◯ 公認心理師が成年後見人制度に期待される役割の増大

成年後見人制度は過去2回出ています。

司法関係は裁判所のホームページで検索すると、少年・家事事件双方とも調べられるので便利ですが、やはり心理学プロパーや周辺諸科学専攻者には馴染みがない知識なのでなるべく噛み砕いて説明してみます。

まず、成年後見人制度が一番多く使われるのは認知症患者さんの財産保護や、遺産分割目的です。(たとえば旦那さんの遺産分割をしたいけれど、遺産分割協議が奥さんが認知症のために困って子どもたちが申し立てをする)などです。

この制度は、被後見人の判断能力不十分なため被後見人の財産保護、身上監護といった権利保護のために作られた制度です。

成年後見人制度には3種類あります。

以下裁判所のホームページからの引用になりますが、
(以下引用)
□ 契約等の意味・内容を理解し、判断できればこの申立てはできません
□ 支援を受けなければ、契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することが難しいことがある→「補助」
□支援を受けなければ、契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することができない→「保佐」
□支援を受けても契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することができない→「であれば「後見」の申立てをしてください。

とあります。

管轄家庭裁判所は本人が現に住んでいる住所地です。

申立権者は本人、配偶者、四親等の親族です。

後見されても戸籍には記載されません。
(引用終わり)

成年後見人は家庭裁判所が選任します。

その職務は身上監護(施設入所契約等)と財産管理です。

後見人は被後見人の財産目録(預貯金、不動産等財産一切)を作成、家裁に提出します。

親族が後見人になるということは、推定相続人が後見人になる可能性もあるわけで、子が後見人になった場合、被後見人と後見人の財産管理に紛争性が生じることがあります。

後見監督人、家庭裁判所、後見人以外の親族、検察官は後見人の不正があれば後見人の解任ができます。

代理権を持った「特別代理人」が選任されることもあります。

ちなみに後見監督人は最初から選任される場合もあれば選任されない場合もあります。

したがって問題になるのはきょうだい間で遺産分割争いをしている際や感情的葛藤が存在していると、後見人は親族が家庭裁判所に選任されないケースは多いです。

全てではないですが後見監督人が選任される場合もあるので、しっかりとその辺りは管理されます。

後見人は親族が選任される場合もあれば、弁護士、司法書士、社会福祉士が選任される事もあります。

(最近では成年後見人サポーターという後見人育成制度を自治体で作っている場合もあります。)

既出問題ですが、本人の意思能力が制限されるのは主として取引行為等の契約行為で、民事上は無能力者の行為は取り消しになります。(百万円の土地を一万円で売り渡す等)

ただし、被後見人だとしても一身専属の婚姻、選挙は制限されません。

さて、この辺りが理解できれば成年後見人制度はだいたいいいかなと思います。

試験対策のためにはぜひご自分でも調べてみてください。

ちなみに試験には出ない?かと思われますが、本人が認知症になったら発動させる任意後見制度は公証人役場で書類作成できます。

後見制度に類した「家族信託制度」という最先端制度は知らない専門家も多いのですが、意思能力がはっきりとしているうちに選択した、例えば親族の一人の受託者受益者が自由に財産処分をすることできる制度です。

認知症になる前にこの制度を活用しておくと便利だと思いますが、家族信託だけだと受託者受益者が自分の家のローン支払いに財産を充当することもできるので、紛争が予想される場合にはやめておくべきでしょう。

また、任意後見と家族信託は重ねる事ができます。

また、任意後見と家族信託は重ねる事ができます。

ラクナ型脳梗塞は血管型認知症を引き起こし、梗塞を繰り返しやすく、その度に死滅した部位が広がるので医学・心理と成年後見人制度は無関係とは言えません。

アルツハイマー型、ピック型認知症も頻出問題なので覚えておく必要があるでしょう。

併せて認知症中核症状記憶障害失認(ハサミの使い方がわからない)失行(着替えができない)、見当識障害(自分のいる場所時間が不鮮明)BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)に見られる徘徊、暴力、暴言、せん妄、興奮などの区別も大切です。

成年後見人制度ではこれまで、心理職の動きとしては家庭裁判所調査官が当事者調査をするという役割を担ってきました。

認知症や精神疾患で判断能力が低下している方の財産、身上監護の目的で病院心理職、訪問看護チームでの公認心理師の役割が増大していく可能性は十分にあると考えています。

(校正by my lovely wife 千美梨)

↑このページのトップヘ