ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 臨床心理士

EA9C750C-EF28-4B23-BE86-6C41E3C0154B

臨床心理士・公認心理師のレベル

1 はじめに

心理職は低時給、低給与の生活をしなければならないことが多いです。某国立 T大やK大博士課程を出ても「イルツラ」生活を余儀なくされたり、「とりあえず雇っておけ」的な対応をされるといつまで経ってもカウンセリングも回って来ないし、心理検査もない。言わば「過少労働」となり、心理検査能力も上がらないし、カウンセリング能力も上がりません。

能力に見合わない軽い労働をさせる、あるいは心理職をして採用されたのにもかかわらず人手が足りないからということで受付や医療事務を行わせたり、面接はインテークだけという「町のクリニック」はいくらでもあります。

だからといって、「パワハラだ」と言ったら、それが本当でもボスの院長から「もう来なくていいよ」と言われそうです。

また、社会的養護や放課後デイサービスで働いている心理職(を dis っているわけではありません。)も本来の心理職らしい心理職の業務を行いたいと思っている人もいそうです(結構本格的心理治療を取り入れている施設も多いのですが)。

本来やりたい仕事をしたい、という領域移動をして仕事をしたい人はそこに勤められるスキルを身に付けるために外部で研修を受けても「経験重視」の職場で採用してくれるとは限りません。「300人以上の病床で3年以上働いた経験がある方」とピンポイントで求人が出て来ることもあるので(例えばなかなか「福祉→医療」)には移りにくいです。

2 学歴要件等

「学歴要件」は難しい臨床心理士試験や公認心理師試験に合格しているから、それでいいだろう、と思いがちですが、はっきりと落とされてしまう場合もあります。

というのもアカポス(アカデミックポスト)を狙う場合には、まず学部段階(院ではない)でそれなりのレベルの大学を出ていないと、よほど大きな業績を上げていない限り、それ以上の偏差値のアカポスは狙えない(臨床心理だけではなくどの大学でも同じ)という不文律があります。

そういうところの准教授に応募しても落とされます。また、「関西→←関東」の移動も激しく難しいです。「まあふらついている根無し草だからいいや」と僕が全く違う地域の求人に応募して「ちゃうやろ」と言われて落とされたこともあります(地域要件)。

あとはアルバイトでも英語ができないと仕事にならなかったり、Spss のような統計ソフトで複雑な関数を使いこなせないと、アシスタント的な研究職でも勤まらないという、実際には「能力要件」のようなものがあると思います。

この辺りは差別的な言い方になってしまうのですが、学部偏差値と能力はある程度の相関関係はありそうな気がします(ちなみに専門職大学院や奨学金給費制度があるハイレベルな院は学部偏差値と関係なく高い資質や学力を持っている人が集まっています)。さらに言うなら公認心理師 G ルートは学歴要件がありませんので、誰しもが受けられます。

ただし、かなり努力しないと試験には合格できないので「試験突破能力要件」は満たしていても「経験値」で採用が難しい場合もあるでしょう。

経験値と言えば心理職としてやってきた経験よりも点滴が上手な看護師さんが心理職になるという(看護学部卒→心理院卒→臨床心理士・公認心理師) 例も知っていますが、キャリアをゼロから積み直さなければならないのでそれなりに苦労をしていたようです。

3 自営・心理職・類似?職

自営の心理関係の仕事はいろいろとあります。
例えばEAP(Employee Assistance Program・従業員支援プログラム)の中には様々な資格、学歴の人がいて、こういった職種は臨床心理士を雇用しているところも多いのですが、1 人経営のところもたくさんあるので、専門学校卒、短大、高卒で産業カウンセラー、
または資格なしでも公認心理師を取得していた人もそれなりの数はいると思います。

こういった人々は資格があるとストレスチェックにも食い込めるし、かなり必死に勉強したのではないでしょうか。自営で、きちんと受験資格を認められた G ルートの人は資格要件に関係ありません。ということで公認心理師を受験するというヒーラーの人を以前 Twitter で見つけて驚いたのですが、その人は無事?受験資格が手に入って大学院卒程度の試験に合格できたのでしょうか。

4 おわりに

それなりにきちんとした要件を必要とするそれなりの仕事だと、やはり資格だけでなく、かなり厳しい制限がつくのは採用側としてはある程度仕方のないことだと思います。以前確認したとある病院でも「うちは臨床心理士資格を持っていないと、公認心理師単独資格ではどういうルートで資格を取ったのかわからないから採用しない」と断言していました。

学歴、経験値、「出身地域差別(は本当はかなりブラックな違法)」あと「女性が欲しいから」という理由で採用面接で断られたことも2回ほどありました。

心理職に限らず、採用側としては自分の組織にとって都合のいい人材を採用したがるものですが、応募者の能力値、経験値、学歴等をごちゃまぜにすると差別的な採用活動になるということを雇用主も知っておいて欲しいと思っています。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

9CF6661E-86D5-413A-9A3F-EB9E69B6FA94

◯ 臨床心理士資格を捨てる人たち

先日、知り合いの友人の(早く言えば他人)のK君と仕事上のLINEを交換し、必要なやり取りをすることになって、人間嫌いかつ社交辞令でフレンドリーな僕は彼と雑談なんぞをしたのですが「臨床心理士の更新をしたくないのだけれどもどうしよう?」という別に相談でもない愚痴を聞かされました。

僕と同じ「医療−産業」領域で彼は働いているのですが「え?心理士として採用されたのにまずくない?」と聞いたら「うちの職名は心理セラピスト」だからちっともまずくない。関係ないとのことでした。

今は求人でも臨床心理士の方が幅を効かせているので大丈夫かなあ、常勤でも定年まで勤め上げるのは6割程度というこの世界、次の就職に差し支えたらどうするのだろうと心の中で思っていたらさすがLINEだけあって考えていることをそのまま書き込んでいたら、とにかく臨床心理士でいることが苦痛で仕方ないとのことでした。

K君が今所属している研究者は、割と排他的で入会資格は臨床心理士資格を持つ人だけ(公認心理師Onlyの福祉司の人も参加したがっているけど臨床心理士は大学院卒でないとダメだから臨床心理士のみと最近幹事会で決まったばかり。

次期幹事に選ばれたけどSkypeで研究会をやるので全員のアドレスで呼び出したり(urlを送信しとけばみんなが接触するもっと簡単な方法があるのに…と思って書いたけど年配の人は呼び出されるまでじっと待っているので面倒だそう)。

まあ結局人間関係のしがらみで研究会を辞められないのだったら自動的に退会にするために臨床心理士を辞めてしまった方がスッキリするから…ということでした。

なんかこういったさまざまな人間関係のしがらみで臨床心理士を辞められない人は多いとか。

でも資格認定協会でも臨床心理士会でも、公認心理師と臨床心理士資格との共存共栄を謳ってるよ?と言ったのですが、共存共栄とか、絆とか連帯感とかカネのかからない言葉を使うようになったらもうおしまいだ(一理ある)とのことで彼は固い決意で臨床心理士資格を返納するか更新しないか迷っているそうです。

せっかくなのになあと思ったら「だって臨床心理士資格返納しても再受験できるらしいじゃん」と言われました。

しかし再受験となると「何で以前辞めたんですか?」と聞かれるんじゃない?としつこく聞いてみると「一度は返納しむしたが、公認心理師よりもより臨床心理学の専門性が高い臨床心理士が必要だと辞めてみてから痛感しました」とか答えればいいじゃん(彼もなかなかフレンドリー)、それにカネかかるからやっぱり臨床心理士はイヤということでした。

まあ確かに最近では各種学会や研究会でも公認心理師だけ持っていれば参加資格に不自由はないです。

確かに臨床心理士と公認心理師のダブルホルダーはベテラン心理職になると転職でも要らないのかなあ。でもせっかく30年以上の歴史がある資格で「心理カウンセラーの資格」というと「臨床心理士」だからもっていないじゃん?と言っても聞かないようでした。

今の新卒の子たちは臨床と公認の両方の資格を取りたくて入院した人たちが多いので、彼のような実力派はもったいないなあと思いつつ、2024年の公認心理師純粋培養組になるともはや臨床心理士と公認心理師双方の資格は多忙過ぎて取得が難しい、そうすると公認心理師のみの資格取得者も増えるのかもしれないなあと思った次第です。

と、かように臨床心理士資格をギリギリまで推した僕ですが、いつも重ねて申し上げているように、日本臨床心理士資格認定協会の偉い理事の方々、本ブログは中立性をもって常としているので

贈答品などは一切お断りさせていただきます。

いつもこの一文を書いてあるおかげで幸いにしてつけ届け等がないのでほっとしている次第です。

この資格をどのようにしていくのか、あとは個々人の判断にお任せするしかないなあと思っています。
photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

0EC1E3C9-B65C-4B27-858B-3BC2E3D99CA8

臨床心理士&公認心理師統一発展論

※ 以下めちゃくちゃ長いので結論を知りたい方は最下段へ

(しばらくどうでもいい(よくない怪しい「雑談」)の後当社比80 パーセント安全に配慮してトーンダウンさせた会話にアレンジしました。)

S女史:ソーシャルワーカーの職能団体は国際会議に日本が参加するため、厚生労働省主導で作ったんでしょ。運営大変だったみたいけど

僕:日本公認心理師協会は組織率数パーセントでどうすんだあ。それより共存共栄団体を何とかしないと

S 女史:ソーシャルワーカーは資格を超えて社会福祉学の元にひとつにまとまろうって動きがあるみたいよ

僕:社会福祉学はれっきとした学問だし臨床心理よりはるかに進んでいるなあ…

S 女史:共存共栄団体は、自分のことしか考えていないように見える。国家資格の恩恵におんぶに抱っこ期待しているのかしら

僕:もうちょいあの団体がしっかりとしてカリ検(カリキュラム等検討会)で意見述べたらスキマ世代作らんで済んだのに

S女史:ホンマそれな
国家資格→政策施設での活用
臨床心理士→私設開業での活躍
の棲み分けをするけど資格は両方に取らせる

僕:現在学習者移行経過措置とかを作れば受験資格できてただろうに・・・

S 女史ができるぐらいに制度整えておけば…

僕:それがあの団体は、カタツ無理…コタツムリ...

S女史:経過措置なんだから、科目等履修生認めれば良いのに

僕:それな

S 女史:というか、カリ検で総提案したら、その方向でも検討されたんじゃ

僕:カリ検でも「俺が俺が心理士が」としか言わなかったものね

S女史:あれは議事録読んでても恥ずかしい

僕:カリ検はシナリオある会議なのにライターの質が...

S女史:認定協会は、棲み分けのためにも「公認心理師を程度の低い資格」にしたい魂胆しかなかったんじゃないか?ライターじゃなくてアクターの質も。アクターの下手な踊りはちゃんと議事録に載りました。主に認定○協会がぴえろ役

僕:載ってますね。こんなん悪口に取られるようなことばっかり言ってたら 2人とも資格剥奪になるんじゃ…

S 女史:むしろ表彰されてもいいと思ってる。歯に衣着せぬ批判をちゃんとする人がいないから

僕:指定研究やりますか?w

S女史:指定?

僕:資格認定協会が以上の事情を認めないっていう研究。抗争が怖いから士会も師会もやらない(この時はすっかり冗談のつもり)。意外と師の会が乗ったりしてw

S 女史:「指定研究」というのは団体側が厚労省に指定された研究では?

僕:それなです。厚労省で指定してくれないかなあ

S 女史:厚労省もわざわざの面倒くさいことはやらないでしょう

僕:自主シンポ

S女史:やるなら自主シンポですね

(この先具体的な話がだんだん煮詰まってくる)

僕:「これからどうする?公認心理師・臨床心理士両資格の、その先へ」

S女史:それはシモシーのパクリっぽい

僕:ライターなのでタイトルは何とかします。「共存共栄が拓く新しい世界」キレイすぎるか...

S女史:臨床心理士衰退の原因

僕:さあこれからが戦いです

S女史:心・仁義なき戦い

僕:真面目にシンポやるとするとキレイなタイトルにするしかないなあ。資〇格認○定協会に申し入れたらええのん(人)来るかも

S女史:キレイなタイトルにしなくても、公序良俗に反しなければ。人目を引くタイトル

僕:ダブルプラチナスタンダード

S女史:イマイチ・・・

僕:「この世でたったひとつだけしか資格を取れないとしたら?」ちな俺は運転免許

S女史:ワタシも

僕:じゃあ、この世で2番目に大切な資格

S女史:自分が持っている資格のうちでってこと?

僕:いや、自主シンポタイトルなにかないかなあと思いまして

S 女史:自主シンポ、シンポジストや座長のアテも申請時に決めとかなきゃですよね

僕:偉い人4人ぐらいの中に資格認定協会を入れる

S 女史:うーん、内諾取れるならそれでもいいけど

僕:新卒ダブル資格保持者とか?

S 女史:「こういう人を呼んでください」ではなく「この人たちの内諾は取り付けてあります」と申請する

僕:偉い人かあ、Xさん?

S 女史:なので、早めにアポイントと交渉するのに動かないと。身内だけで企画するのでなければ「の会」の偉い人はこなさそう

僕:「統一と共存共栄、次の世代に残したいもの」

S 女史:協会も、公認心理師学会作ったしなあ。そっちでやりましょうと言って会員に誘導されそう

僕:士会と両方の偉くて重なってる人?

S 女史:認○定協会、ダブルホルダー、ダブル養成している大学教員。重なっている理事も複数いるしαさんとかβさんとかγさんとか…どうやって声かける?いきなり?

僕:お手紙がいいかなあ。資〇認定協会に出すべきかなあ

S 女史:お手紙出すなら具体的に企画詰めなきゃ

僕:自主シンポより大会企画になるかも。話しやすい理事に打診が一番先かな。内部事情をいろいろ知っている

S女史:企画を詰められるのならαにメールはできるが.…

僕:文面考えられる?文面と名前出してもいいよ

S女史:書く前に、企画内容をもっと詰めないと、何も書くことがない

僕:たたき台つくろうか?

S 女史:まず今の時点で、案がいくつか散らばっただけで、具体的な方向性まで作れていないと思うんだが

僕:それはそのとおり。ポイントをいくつか出さないと。心理士と心理師の棲み分け。共存共栄の今後の見通しと今後のお互いの発展。公認ブームに敢えて胸を張れる、心理士のメリット

S女史:テーマ目的はひとつにしぼらなきゃ

僕:テーマは共存共栄。目的はこの 2 つの資格がどのように協力して今後の心理業界に寄与していくか

S 女史:心理士のメリットなら、心理士だけで議論できる。共存共栄なら、心理士、公認の合議が必要

僕:後者かな?

S女史:それなら公認側も呼ぶ。あとはどのレベルでの議論にするか

僕:大きくすればいくらでも。資格認定協会代表と心理士会と公認心理師協会かな?呼べないほどの偉い人たちのレベルの人もいるね。でも声かけはいいかな?団体を代表するから。
すごい偉い人の方がいいなあ。

S 女史:呼べるかどうかの問題があるけど、まずは資格制度、枠組みの話にするのか、枠組みの中での運用の話にするのか、でもシンポジストの構成は違ってくる

僕:俺はできたものは崩せないので運用で行こうと思っています

S 女史:そうすると、認定協会まで呼ぶ必要はない?職能団体または現場レベル

僕:それも面白そう。自主シンポとしては現場の声聞くのも面白い。ありより

S 女史:なので、自主シンポとするなら、その規模で扱えるレベルに落とし込む可能性がある。自主シンポとして申し込むのか、学会理事に大会企画として意見するのか、団体間で話し合うようにお願いするか。方向性を定める必要性もある

僕:②かな?でなければ本当に現場レベルの自主シンポ

S 女史:②の場合、企画の具体性は大会委員にゆだねられるので、かなり具体的なものを提案ないと、あるいはしたとしても実現すらしない可能性が高い。自主シンポなら、登壇者も含めた根回しが必要

僕:②は撥ねられる可能性が高いな

S女史:そもそも委員との直接的なパイプを使わないと届かない。コネクション使わなきゃ

僕:③はあって膝詰めで話せる関係ね、自主シンポも審査あったよね

S 女史:抽選、ってことになってる。来年もオンラインになるなら、自主シンポのうま味があまりないように思う

僕:オンラインの可能性が高いかな

S女史:学会のプログラムだから業績にはなるけどオンライン環境の確保は企画者持ち。オンラインじゃなければ会場だけ用意してくれる

僕:オンラインだとZoom?

S 女史:企画者次第かな

僕:そこは来年なのでゆっくり詰めればいい。あとは人選

S 女史:オンラインの場合「こういう自主シンポあります」と学会側が言うだけで、あと全部企画者が準備。自主シンポにすると「共存共栄」をどのぐらい扱える?

僕:論客で持論ある人なら

S女史:「共存共栄」を願っているの、認定協会にいるのかな?というそもそも論

僕:両方とも欲しい、役立ててると思えている若手…論客には力不足。論客でもそもそもこれについて考えている人がいるかどうか

S女史:あまり関心がないかも
臨床心理士は残して欲しい、という人はいるけど愛着や思い入れとかの感情論ではなく、論
理的に臨床心理士を残す必要性を語れる人はいるのかな?

僕:いなさそう。いっそのことポスター発表?ポスターにも馴染みにくい話題。ソースがカリキュラム等検討会。あと一般のしんりしに半構造化面接でもするか。各りんし会と公認心理師協会にアンケート。2つの資格の違いをどう見るか?①、②、それぞれのメリットは?
共存共栄のために心がけていること、これからしたいこと。夏休みの宿題みたい orz

S女史:「共存共栄のために必要なことはなんですか? その施策は?」と認定協会に突きつけるしかないかも

学会発表とするためにはインタビュー形式にした方がいいね。何をしたいのかを整理しないと方向性がわからなくなる

「共存共栄」はこれからの臨床心理士資格制度そのものの話になるし、基本的に認定協会が解決すべきマター。これに対して働きかけるなら、学会発表にこだわる必要性はない

認定協会への提言をまとめるために、議論の場として自主シンポを使うのはひとつの手段として考えられる、その場合でも自主シンポは手段のひとつであって目的ではない

この方向に持っていくなら、「公認心理師との共存共栄を考える臨床心理士の集い」みたいなグループを立ち上げて仲間を集めるしかない。

そのメンバーで自主シンポを行って、仲間を増やすきっかけにも利用する。学会でなにかするためのネタ、としてなら、正面からぶつけるのはハードル高すぎる気がする。他業種において「同業他資格でうまく相互発展している例」などがあればそれについて考察するとか?

僕:ひとつひとつ行こうよ。自主シンポは他職種で「うまく行っている例」を出す。できれば資格認定協会と公認の側の団体に出て来てもらいたい。あのさ、LINE 電話で相談しない?文だけだと埒があかない

S女史:おけ

僕:あのさ、S、だいぶ話詰めたけどお前この企画やりたいの?

S女史:いや全然、だってめんどくさいもん

僕:じゃあなんであそこまで企画詰めるのさ

S女史:いやひなたがあんまり一生懸命だったから合わせるしかないと思って

僕:…それは俺のセリフ。なあこの企画流していい?

S女史:もちろん。別にワタシやりたくないし

※というわけで議論を始める前の「そもそも論」のコミュニケーションはとても大切だということがわかりました。そうでないと実は2人で A という方向を内心で向いていてもいつの間にか B という結論に達していたり、ひどい場合には B と C に分かれて全く違う議論のための議論を行って、あさっての結末を招くことになるのだなあとこの会話を通じてどこかの団体同士のやり取りを見ていても思った次第です。

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

98694785-A951-416C-B0E3-D7A9FB35460D

◯ 「心理テストはこうして学べ!「まりぃ先輩(まりりん)の必勝心理検査勉強術 


例によって内容はまりりん動画の全パクです。



1.序

今回まりりんはLINE動画で公認心理師試験第2回問88を使って、1歳半の乳児に対する発達検査はナニカ?という設問に対する解き方を教えてくれました。

まりりん言うとおり、この問題そのものはテストの適用年齢がわかれば正答が出せるのですが、「ちょ、おま、受験生はそれだけでいいのか?」というものでした。

2.本論

確かにこの問題ではWIPPSI、日本語版K-ABC、田中ビネー、ベンダーゲシュタルトテスト(BGT、こいつだけ作業検査で色違い)、遠城寺のどれを使うの?というものでしたが、適用年齢さえわかれば回答できるこの問題、まりりんがこの問88を取り上げたのには88を解けるようにするのが目的ではなく、心理検査そのものを勉強する「コツ」「勉強の仕方」を伝えたかったわけです。

まずどの検査にしても対象年齢やカットオフ値、検査の目的を知るのは当然として、まりりんの作戦は「えい、せっかく問題に出たんだからちょっと深掘りしちゃえ!」←というものでした。

例えば…WIPPSI-Ⅲとはナニか、どんな検査か、手持ちの参考書数冊を使ってどんどん調べていきます。

日本語版K-ABC-Ⅱには尺度構成がある。それはどんな尺度か?元となる理論は何か(この場合はルリア理論とCHC(Cattel Hone Carrol理論)基になっている。

田中ビネー検査の「基底年齢を下げる」、知能指数、知能偏差を測るその違いは何か?

ついでに関東ではほとんど使われていない新版K式(京都式のKだそうです。)は何か。いろいろと心理テストの数々の深掘りのやり方を教えてくれたわけです。

3.今後の展望

ということで、次はまりりんは次回受験生限定ライブをZoomでやってくれるとのこと。

僕もいつもの書き方より歯切れが悪いのですが、心理検査は誰がいつ受けるのかわからない、僕のブログは1日10万人のアクセスがあり(ウソ)あまりにも詳しい心理検査の内容を書くのははばかられるという理由からです。

まりりんもかなり気をつけて話していて、その代わり、次の対受験生限定ライブではがっつり心理検査解法のコツを話してくれるそうです。

4.まとめ

⑴ なぜ冒頭でいつもまりりんは犬のぬいぐるみの両耳を持つのか?🐶

⑵ 人名の英語の発音がかなり良く、聞いてて悔しかった。

⑶ 今日の関西弁はいつもより上品

というわけで限定ライブもありますし是非興味のある受験生の方は参加してみてはいかがでしょうか。


公認心理師試験対策

photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

F7C49B5F-762C-41EB-A69E-91B3DAF219D4

偉大なる神理士、まりりんの公認心理師&リンシの公認心理師受験講座

さて、毎週日曜日、偉大なる神理士(師)まりぃ先輩ことまりりんの受験講座がありました。


(概要)

さて、7月5日からリンシの申込みの書類を取り寄せるという大作業が始まりますのでみなさんお忘れなきよう。ちゃちゃっとお金は払いましょう。
日本臨床心理士資格認定協会

前回はまりりんのWAIS講座があったのですが、公認心理師と違って公認は深いところまで問われません。(リンシは所見見て解釈までやらされますよね)

ぶっちゃけ公認心理師試験のポイントはなるべく多くの試験を知る、目の前にこの人はどんな検査を受けるのか?受けてもらうか?年齢は、性別は?などなどetc…

検査項目、何件法か?カットオフ値(この点数だったら◯に当てはまる)を覚えよう!

というものでした。

いやもう時間ねえよw

という、人のためにはまず朝起きてコーヒーをずるずる飲む(ここ大事なポイント、試験に出るかもしれません。ヨガ推奨)

朝起きて勉強、昼復習、夜また復習、次の日の朝はまた間違えたところを復習、(まりりんは心理学検定A領域、B領域を使っていましたが僕もおすすめです。)

例えば脳、神経系なら自分の頭を叩きながら覚える。

そしてできればまりりんが大好きなハリネズミ柄のノートを使って書き込んでYouTube、プロロゴス山崎先生のYouTubeや「トライ」の生物学のYouTubeも見ましょう。

という3カ月実践スケジュールでした。

このまりりん動画を見て思ったのですが

1.可愛い声の関西弁
2.いや実際に役に立つ勉強法
3.今回はまりりんの生の字が見られた
4.ぬいぐるみがカワイイ

というものでした。まあ僕なんぞは臨床心理士制度、公認心理師制度、臨床心理士資格認定協会の宣伝をこうやって人の動画を完全にパクって参考にしながら紹介させていただいているのですが、

両制度の役員の方々、僕は遠慮します。したがって

謝礼は一切要りませんのでお断りさせていただきます。

ということで今日もまりりん動画、LINE動画をで紹介させていただきましたが、参考になるのでぜひ登録しておくといいですよー(みなさん、ここだけの話実はやっぱり完パクでしたので内密にお願いします。)


公認心理師試験対策


photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_

↑このページのトップヘ