ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 臨床心理士

CA0081CC-94A8-44E3-B5EC-A20363D2C432

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
「辿り着きたい場所」さえあれば、目指すべき方向はおのずと見えてくるし、進み方は後から身についてゆくもの。だからまずは闇雲だとしても、はじめの「一歩」。


◯ 臨床心理士概念の変遷

1.序  

この記事では国家資格公認心理師が増設されたことにより、民間資格臨床心理士がどのように今後推移していくのか考察を加えていきたいと思います。

2.歴史

32年の歴史を誇る臨床心理学の巨頭資格、臨床心理士、その発端は1988年に日本臨床心理士資格認定協会が厚生省及び文部科学省の支援で創設されたことに端を発します。同年12月には初の臨床心理士が誕生、専門教育を受けた日本の臨床心理学の権威ある専門家資格としては初めてでした。

資料のとおり 国家資格推進のために日本心理臨床学会が 1982 年に設立されました。心理臨床学会が中心となり河合隼雄先生は日本臨床心理士資格認定協会(以下、「認定協会」という。)の設立準備委員会委員長ともなり、1988年 12月には第1号臨床心理士が誕生しました。

河合隼雄先生は、1989年日本臨床心理士会(以下、「士会」という。)の初代会長ともなり、認定協会と士会との橋渡しのような役割となりました。

認定協会の初代木田宏会頭は文部科学省族の議員でした。

考えてみればこれは当然のことで、のち1995年スクールカウンセラー認定授業では文部科学省の認可を受けなければならなかったわけですし、臨床心理士は 1990 年文科省管轄の資格となったことからも文部科学省が主導的とならなければならなかったのはよくわかります。

現在は傍から見ても犬猿の仲のような士会と認定協会です。認定協会と士会はお互い設立当時すでに険悪だったとも噂されています「私たちは 32 年間資格認定協会にいじめられてきた」と一部の士会の重鎮が言ったことがあったのですが、いかがでしょうか。

さて戻ります。認定協会によってスタートしたこの臨床心理士資格は1988年に第1回審査、1990年までは書類審査(B審査)のみとなっておりました。

そして 1991年からはA審査として現在の筆記及び面接試験形式をプラスして実施されました。いくら問題集を探しても問題そのものがなかったので、絶対にありません。

また、「専門性」という意味では臨床心理士は大学院卒以上が基本だったのですが、2006年までは5年以上の実務経験で受験できるというルールでした。

昔は学部卒で活躍していらっしゃる心理の先生方が多かったので、2006年までにはほとんどの心理職が臨床心理士を取得したものと思われます。

思えば河合隼雄先生御存命中(2007 年ご逝去)は日本の臨床心理学の世界は河合先生を頂点としてひとつの大きなまとまりがあったような気がしています。

京大教授を経て2002年には文化庁長官就任、4年以上在任し(異例の2期目)、臨床心理学を日本の文化として広めたと言っても過言ではないでしょう。河合先生は寄って来る人を跳ねのける人ではありませんでした。

弟子として山中康弘先生(当時京大名誉教授、医師)多くの若手医師の範ともなり、その様子は認定協会の誇りとして雑誌にも掲載されていました。ちなみに河合隼雄先生の息子、河合俊雄先生も京大教授です。

Jung 派が大きな権勢を保ちながら精神分析も当然のことながら臨床心理学の一分野として確固たる地歩を固めていた時代です。箱庭療法、芸術療法、催眠、イメージ療法も臨床心理学の中で大きな割合を占めていました。

2005年には二資格一法案が協議されたのですが、日本臨床心理士会が臨床心理士をそのままスライドさせて各領域を横断する国家資格にして、医療に特化した医療心理師を創設するという案が出て心理団体対医師側の話し合いになりました。

※ (医師側は日本精神科病院協会及び日本精神神経科診療所協会(いずれも病院長、診療所、クリニック院長によって構成されている団体)が中心部となって協議したのですが、「臨床」という言葉に医師団体から抵抗を示されていたこと、医療心理師は大卒資格、もしくは専門学校資格ともされていて、お互いの合意を見ることなくこの法案は決裂しました。

従前の二資格一法案から一資格一法案に方針が転換された際、認定協会と近縁の日本臨床心理士養成大学院協議会報第 12 号 では、国家資格化に反対する理由として

スクールカウンセラー数がすでに満員、5年間の更新資格で研修を受けて高い専門性を担保すること、これまで臨床心理士養成には高度な養成がすでになされている、卒後研修やスーパーヴィジョンがしっかりしている、臨床心理士による活発な研究が行われている、相談所機能も臨床心理士で行われているなどの一資格一法案への反対意見が出ていました。

公認心理師法が公布されたのは 2015年、それに先立って 2014年には公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会からの意見報告 という名前の文書が出ています。

はっきりとした表現がないので何度読んでも何を言いたいのかはっきりとした表現がなくて理解に苦しむのですが「臨床心理士に対する特別の配慮を」ということで、国家資格ができたとしても運用上で臨床心理士を同等に扱って欲しいという意図があるのだと思います。

もし認定協会が国家資格に賛同していたならば認定協会が公認心理師の試験機関になっていたことは想像に難くありませんが、そこには認定協会側が臨床心理士資格を上記のような理由で残しておきたいという強い信念があったのでしょう。 

3.考察

翻って考えます。「公認心理師」というネーミングはこうした歴史を踏まえると苦しいながらも納得の行く部分があります。というのも「公認」ならば国家資格を示すと同時に「医療」に特化した資格ではなく、およそ心理職が活躍する場面で横断的に使用することができます。二資格一法案にかたくなに反対していた日本精神科病院協会はこのようにして現任者講習も行うことになりました。

医師団体と日本臨床心理士会を含む心理団体側できちんと手打ちができたのだと思います。そこで主治の医師の指示条項も取り入れられ、公認心理師には生物一社会一心理モデルとして医学的概念を重視するようになりました。

以上、僕の私見を取り入れて臨床心理士資格が持つ価値についての変遷を考えてみました。

公認心理師資格があらゆる場面で臨床心理士よりもアドバンテージを与えられようとしている今は過渡期です。結果を見てみないとわかりませんが、臨床心理士資格で合格レベルのハードルを大きく上げたとしたら、2つのシナリオが考えられます。

1. 臨床心理士及び公認心理師資格ダブルホルダーが優遇される。

2. 臨床心理士は臨床心理学のある一部分に特化した資格である。公認心理師資格を持っていれば十分対応できるものとして臨床心理士資格価値が低くなる。

どちらに転ぶかはわかりません。しかし今回の認定協会が行った賭けは相当に大きなリスクを伴っているというのが僕の私見です。

58C057D1-B73E-48D1-B27D-E13C116F5017

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おやすみTwitter

きょうも
たくさん
ありがとう

またあした
この場所で ☪︎⋆


◯ 日本臨床心理士会に問い合わせてみました

※ 承前
まず電話で問い合わせをしようとしたところ「メールで」と言われたのでメールで問い合わせをしました。
1DC634DF-E09F-41CD-A8DB-F4AB46F5689A


拝啓

貴会におかれましては時下ますますご清栄のことと存じ上げます。

この度、臨床心理士試験が実施されましたが、今までと全く異なった形式で試験が行われました。

これにつきまして受験生、大学院生、学部生、現役臨床心理士、大学教員も戸惑っております。いわく、正答選択が2問選択式で難易度が高くなった。精神分析系、芸術療法についての設問ばかりが多く偏っているとの声が多かったです。

参考;拙ブログ記事

http://hinata.website/archives/26702800.html


試験機関である日本臨床心理士資格認定協会と職能団体である日本臨床心理士会が別団体であることは重々承知しておりますが、このまま32年間の長い歴史を持つ「臨床心理士」そのものが変質してしまうとその社会的影響は大きく、国民からの信頼も得られなくなることを危惧しております。

臨床心理士と公認心理師の共存共栄を謳っている貴会としての公式見解を伺いたいです。そして今後日本臨床心理士資格認定協会とのガラス張りの協議を行い、臨床心理士、志望学生、国民への説明義務が両会にあると思います。

以上ご返信よろしく願いいたします。
貴会の真摯な姿勢による公式見解はぜひ拙ブログに転載させていただきたいと存じます。

                   敬具

令和2年10月22日

   心理学ブロガー
   ひなたあきらのおけまる公認心理師たん
   http://hinata.website/
              ひなたあきら拝

※ 以上です。
 実は日本臨床心理士会からメールの返信があった試しがないのですが「何月何日問い合わせをした。返信がなかった。」という履歴を残すことも心理職の資格制度を考える上で大切だと思っているので記事にした次第です。

E6420AEB-F1C2-43F6-9ED2-CA25C346DDD4

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おやすみTwitter

きょうも
たくさん
ありがとう

またあした
この場所で ☪︎⋆


◯臨床心理士試験受験生・学生、現役心理士からの生の声

今回臨床心理士試験受験者、現役大学院生、心理学部生から生の声を拾うことができたので掲載します。全員女性なのは心理職を志望する人は女性の方が多いからで、たまたまです。

1.受験生ゆめみんさん

臨床心理士試験を今回受験したゆめみんさんは割とサバサバしていて、受かればよし、気を取り直して今は全力で公認心理師試験の勉強をやっています。もちろんショックは受けていますが前向きです。

先輩から心理テストの資料を取り寄せたり、脳科学の図解入りテキストを買って一生懸命勉強しているようです。 

一次試験の結果は真摯に受け止めてつつ諦めない。二次試験の面接練習にも余念がなく、公認心理師と両方の資格ホルダーとなる、そういう姿勢を感じます。もし今回不合格だったとしてもまた来年受験すると言っています。

彼女には福祉心理職に就きたいという夢があり前向きです。

2.受験生ことみんさん

ことみんさんはこの試験の後にまた気を取り直して今度は公認心理師頻出の心理テストの勉強をしようと公認心理師向け資料を揃えて一生懸命です。

なんでも試験直後に大学に用があって行ったら教授たちに質問責め。大学教員たちも相当今回の臨床心理士試験の変化に驚いていたようです。

彼女は現在病院で働いていて、資格を取ったらまた先の段階に進みたいという夢があるようです。

過去問を解いたり真面目に勉強しています。彼女もまた気持ちを切り替えてこれからやっていこうというレジリエントな人です。 

ただし、もし臨床心理士試験が今年ダメだった場合には来年は迷っているとのこと。

3.受験生れなみんさん

確かに公認心理師との違いが明確になった試験でした。力動的心理療法を学んできたので、難しいけど解きやすかった印象があります。でも、不安しかないです。自信はありません。一次試験結果までハラハラです。ダブルライセンス取得したいです。

れなみんさんは今回の試験について不安ながらも前向きに語っていました。以前から彼女が精神分析、ナラティブな分野に強い興味を持っていたのはよく知っています。

4.現在大学院2年生みかみんさん

元より精神分析を学びたいと院に進んだみかみんさんは今回臨床心理士試験が「過去の傾向と違って変化した」ことに不安がないわけではないと思います。しかし彼女は元より臨床心理士と公認心理師資格のダブルホルダーになり、心理職として小児医療臨床にかかわりたいという強い意欲があります。

5.現在学部生かなみんさん

そうですねぇ…公認と臨床両方持ってることがアドバンテージになるなら取る予定ですね。自分は精神分析的な介入に興味あるので、士が精神分析寄りになったとしても、精神分析的な介入ができる心理士として活躍できるなら取りたいですね。
これ言っちゃアレなんですけど、ぶっちゃけ今後次第です。士がどういう方向に行くのか、現実的に大学が臨床心理士養成課程に対応したままなのかとかです。
あと、ダブル受験するデメリットよりメリットが大きいと思ったら取りますね…。勉強しんどいけど、取ったら公認だけ取ってるよりも実力があるとみなしてくれるとか。

6.心理士(師)りきまるさん

※ 現役心理職が男性なのはたまたまであって理由はありません。僕が女性心理職から敬遠されているからではないと思いますのでご安心ください。

受験生には頑張ってくださいの一言につきます。認定協会へは、今後の臨床心理士資格のビジョンを明確に示して欲しいです。 

7.心理士(師)くめまるさん

知っている今臨床心理士を目指し頑張っている子たちは、少し先とはいえ、報われないだろうな・・・という。大人の醜い争いの犠牲者になった子ども、というと失礼ですが、有資格者としてはそんな感想も浮かびます。。「仮に」今後このまま臨床心理士が分析系重視の、従来のバランスを欠いた資格になっていくのであれば、例えば一般就活における漢検1級とかじゃないですが、持っていても別に損はしないが得もしない、そんな「マニアック」な資格になっていくのかなと。資格ビジネスと化した今の臨床心理士資格制度を鑑みるに、そんなことも思います。

8.総括

試験当日、翌日聞いた範囲ではみなさん結構がっくり来てるのかと思いきや、若いだけあってかなりレジリエントで立ち直りも早く、二次面接の練習をしながら公認心理師試験の勉強もやる、心理職には必ずなるもし臨床心理士試験がいう強い意欲を感じました。現役院生は臨床心理士資格に強い興味を持っていました。この院生さんもかなり熱意がある人です。

しかし今回の変貌してしまった臨床心理士試験の合格率が低ければ来年また受験するかどうかということには受験生さんの話を聞いてると疑問に思いました。

学部生になるとやや冷静になるのか、まだ臨床心理を本格的に始めていないからか、どちらがアドバンテージが高いのかを考えるようです。

臨床心理士は長い歴史と伝統を持つ、心理カウンセラー=臨床心理士と思われている安定感のある資格です。今後臨床心理学を学んできた人が安心して受験できて、ライセンスとして十分社会に通用するようになって欲しいと思っています。多分現役心理士の人たちもそう思っているのではないかと感じました。

※ 今回の臨床心理士試験についての本記事についてご意見のある方はコメント、メールなどにご意見ください。積極的に掲載していきたいと思っています。

00EC0841-9754-4270-91DC-13F874DC01E8

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
自分の答えをさがして ໒꒱⋆゚


◯ 臨床心理士資格の今後

※ 会話形式です。 

A:今回の臨床心理士試験は精神分析、ロールシャッハとか公認心理師試験には出ない部分がたくさん出たぬ。受験生メンブレてる
B:合格率どうなるのかね
A :わからぬん。2択で部分点があるかとか合格ラインどこまでにするかとか、論述を採点対象にするかとか、多く合格させて二次面接で決めるとか色々考えられるから全員ぶち落とすとかやったらもうみんな受けないだろ
B:こんな風に変えるなら変えるっていう説明責任あるんじゃね?養成大学院とか青ザメてやばみん状態やろ。同じ臨床心理士団体でも日本臨床心理士会とは相談なくやったんだろうなあ
A:うーん、なんか一般人にも丸わかりの資格認定協会と日本臨床心理士会の不一致、っつーかバラバラってまずいんじゃね?これまで臨床心理士っていやカウンセラー必須資格だったろ?信用度はいまでも高い。資格認定協会の自由っちゃ自由だけど公認心理師とあまりにも出題範囲違ったら受験者減るんじゃね?これ両方やるのつらみが深い
B:うーん、これから大学も院も公認心理師にシフトするだろ。そうするとロールシャッハや精神分析はシラバスから抜ける
A:学生はどうやって臨床心理士の勉強するのか?今までロールシャッハや精神分析教えてた教授らどうするんだろ?
B:それな!公認心理師のシラバスとか実習とか無茶苦茶大変だろ。両方資格取ろうとしたら学生メンブレ量産必至
A:その意見にはわかりみしかないぬ。これから数年間は公認心理師臨床心理士ダブルライセンスじゃねーとまずいだろと思ったんだけどな
B:臨床心理士養成大学院協議会に試験の方針について話してシラバスすり合わせていつから試験を変えるかとか、実質日本臨床心理士会は日本公認心理士協会&日本心理臨床学会とも話し合いしないとまずかったよなあ心理臨床学会のホームページ には国家資格化を目指そうという臨床心理士4団体の中に資格認定協会も入ってるのにな。お前どう思う?
A:コメントするとやばたにえんだからしないぬ。それより 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会からの意見報告 2014年についてはどう?
B:国家資格化要望に4団体から資格認定協会が抜けたのはわかった。臨床心理士に対する「特段の配慮」というのがよくわからぬ。じゃ、最後に2010年の 日本臨床心理士養成大学院協議会報 当協議会理事会は、現在一部の人達により 推進されている「一資格一法案」はもはや看過することのできない重大な欠陥と問題を有するものと判断して、本年 5 月 9 日に本協議会理事会としての反対声明と会長と事務局長による見解を発表した ってなってるけどどう思う?
A:臨床心理士制度を大切にしろってことか。今回の試験は資格認定協会の独走って取られるのかな。普通国民は試験やってる団体と資格持ってる職業人の団体がこれほど割れてると分かったら「ちょ、おま、やばたんw草」って思うだろ。32年の歴史と伝統ある資格なのにな。話し合いや説明すっ飛ばしてる
B :臨床心理士は特殊技能士になりそうだな。そういう位置づけにしますっていうアナウンス何年かかけてしとねば良かったぬ
A:憧れの職種として臨床心理士になりたかったから学部から院に進学した学生がかわいそす
B:それな!で、実際のところ受験者たちに臨床心理士資格についてどうするか聞いてみたところ、ああいうテストだったらもう受けない、公認心理師だけでいいってさ
A:あちゃー、逆効果じゃん
B:特定分野に特化し過ぎたら汎用性なくなるし難易度高めたら最初から諦める受験生多くなるからな

※ あくまでここに記載してあるのは聞き伝えた「会話」による感想ですが、こういった意見は臨床心理士有資格者、受験生から多かったのではないかなと思っている次第です。


215B47FD-8433-4518-80D2-5B44C7DCF7CE

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
心に在る隙間を埋めたくなる感情。それは、穏やかな海に安らぎながらもどこか物足りなさを感じているような矛盾に似ていて。


◯ 臨床心理士試験口頭試問対策

※ 本記事は第一次試験終了前に書いたものです。受験生のみなさん、頭の片隅にでも置いてちゃちゃっと次の公認心理師に進みましょう!

2020.10.17臨床心理士試験第一次試験お疲れ様です。そして11月7日〜9日にわたって東京国際フォーラムで口頭試問試験(二次試験)が行われますが、この二次試験をなめてはいけませぬ。毎年二次試験で100人程度は落とされます。

1.面接対策

まず共通の事柄を書きます。服装ですがスーツ、薄いメイク、ネイルは透明か淡いピンクです。男性は髪の毛立て立てはいけません。ちょ、おまダセエぐらいの格好が望ましいです。

男は髪を七三に分けるぐらいでもオーバーではありません。ノックをして面接試験場に入り一礼、座ってくださいと言われて一礼して座ってよろしくお願いしますと言って軽く会釈、終わったら椅子を立ってお辞儀、ありがとうございましたと言って一礼、帰りのドアで一礼、この辺りは臨機応変にやってください。面接官は男女一人ずつ大学教授、先生なのですから「先生のおっしゃったとおり」と敬語を使います。

一番重要なポイントはこの試験に合格したとして心理職としてやっていくつもりがあるかどうか?ということです。

したがって他職種&臨床心理士受験者は面接に苦労するかもしれません。

小中高教員、福祉職として現業で働きながらやっている人などは、ハッタリをかまして堂々と嘘をつけるならば、「試験に合格したら憧れの臨床心理士になるために転職します」(実際そうやって転職する人もいます。)と言ってもいいのですが、次の質問が矢継ぎ早に出てくることが予測されるので「今の仕事に臨床心理学的な見地を取り入れながら他の心理士の人と協働しながら臨床心理士としてやっていきたいと思います。」

というのが無難かと。スクールカウンセラーや職場の臨床心理士とケースの見立てを共有しながらクライエントさんの役に立つようにしたい、できれば協働で見地を深めながら研究活動をしていきたいと思います。→「どんな?」「望ましい連携のあり方を(事例・質的・心理教育による効果の統計的研究)をやりたいです。」

というものでしょうか。

企業の採用面接でもそうですが絶対やってはいけないのは泣き落としです。臨床心理士になるために奨学金をもらいながらアルバイトをして苦学したから一回でこの試験に合格しないと困るとか、院試浪人したから大変だったとか、そういった個人的な事情は臨床能力には何の関係もありません。

そしてバイトをしている人は今の仕事と臨床家としてのつながりについて聞かれるかもしれません。もう病院で非常勤心理職やどこかの相談所で見習いでもしていたらそのまま答えれは有利です。何の関係もない飲食店アルバイトやニートでも堂々と答えればいいでしょう。

生活のためにアルバイトをしていたがその中で毎日コツコツと勉強したり、休日は勉強しながらも尊敬する臨床家の本を熱心に読んでいたと言ってもいいのです。

ニートの人はこの試験にとにかく集中して勉強したかった。憧れの仕事だからどうしてもやりたかったので学生時代に計画的に貯金していたお金で院卒後から試験日まで勉強していたと言ってもいいわけです。見られるのは熱意です。実習ではこんなことをやっていましたと自分から話題を方向転換点してもいいわけです。

あと一次試験の出来具合、論述試験はどうだったか、何を書いたか聞かれる場合もあります。

昨今の情勢から公認心理師も受けますか?などと聞かれるかもしれませんが臨床心理士と公認心理師は協働協業、車輪の両軸のようなもので、大学院卒の知識を求められ、精神分析やロールシャッハにも詳しい臨床心理士の高い専門性は必ず役立つと思います。などと答えておけばいいでしょう。

あとは「修士論文は何を書きましたか?」「その研究テーマは臨床心理士になった時にどう役立ちますか?」

志望動機や自己PRを求められる場合もあるでしょう。ここで間違っても「自分は精神的に病んでいるから臨床心理士になって自分自身の心の闇を解明したい」と答えてはいけません。これで連続4回面接を通過できなかった旧帝大、同院卒の受験生を知っています。

あと専門性を見るために、実習で担当したケース、そのケースから学んだこと、その経験をどのように臨床活動に生かしていきたいかです。

どんな心理検査ができるか、SVについているか、日本心理臨床学会に入っているかを聞かれる場合もあるそうです。

最後の3つはこれから始めていきたい。その理由は〜だから。試験に集中するために学習していなかったが〜だからこそ取り組みたい課題だと答えておけばいいでしょう。

どんな領域て働きたいか、これからどんな研究活動をしていきたいか、その理由は何か。

2.基本的姿勢

自分は◯学派を勉強したからそれを生かしてこんなことをやりたいと言うのはいいことです。しかしながら院で十分勉強したから現場で十分通用しますという、おごった回答はいけません。生涯学習が大切、自分は◯◯をもっと勉強しなければという謙虚な姿勢が求められます。

※ 今年の試験問題から見ると認知行動療法はウケが悪そうです。

さて、こういった質問が出ますので、みなさん院同級生と時間があればロールプレイグをしてみて下さい。

※ アナウンス

従来の「公認心理師試験」カテゴリを
公認心理師試験対策

公認心理師試験制度 に分割しました。




↑このページのトップヘ