カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 臨床心理士

58F7844D-DEB5-44EE-8AEC-D064E979DC0D

◯ 公認心理師や臨床心理士だけがカウンセラーじゃないよ

民間資格や無資格カウンセラーのことについて何度か触れて来ました。

求人では「臨床心理士または公認心理師」など見受けられますが、僕の知ってるとある小さなクリニックはカウンセラーなしでカウンセリングに匹敵するする相談効果を上げているので紹介します。

まず院長先生、溌剌とした印象があるエネルギッシュな30代後半の男性、これからますます働き盛りという印象を与えます。

薬ABCを出して副作用が出たから薬Dを出す、今度はまた薬Dの副作用が出たから薬Eを出すというむかーしの投薬センスを嫌います。

単剤処方、漢方併用、栄養指導もします。

医師というのは何科の先生でも栄養指導はなかなかしないもので「痩せたら?」の一言で済ませるのですが、このクリニックの院長は「◯◯さん、今いい本があるんですよ」とニコニコしながら食と健康に関する本を彼の書棚から出して勧めます。(別に出版社からマージンを取っているわけではナイ。)

このクリニックは開業当初臨床心理士を雇おうとしたのですが主にコストの理由で雇えなかった、その代わりに面白い人材を雇っています。

栄養、食やダイエットに関する民間資格、カラーセラピー、ヨガやフィットネス、ダンスなどなど民間資格だけですが患者さんが興味を引きそうな資格をたくさん持っている方がアルバイトで来ています。

院長先生が「うーん、●●さんにも話聞いてもらってよ」と言うと、このカウンセラーさんは食べ物や運動の事など、患者さんに足りなさそうな事を丁寧親切に伝えます。

クリニック公認でこの方が経営しているヨガ教室に患者さんを誘う事もあり、結構喜んで通っているとの事です。

このカウンセラーさんは自分で「心理カウンセラー」とか「セラピスト」と名乗る事は決してありません。

自分で心理の専門家ではないと自覚しているからです。

ところが「食」「運動」の指導をメインにしているこのクリニックにはこのカウンセラーの方がぴったりとフィットするわけです。

心療内科としても敷居が低く、地元の人は漢方中心で落ち着く、薬も出るけどそれだけじゃないと通いやすいわけです。

ここの患者さんにはかなり重度の人も来ていてそれなりの強い薬もバシッと出る事が多いのですが、信頼している医師から出る薬の効き目は良好です。

カウンセラーといっても心理カウンセラーばかりじゃない、患者さんが気に入って通っていればそれが最高のカウンセリングという営みかもしれません。

063B58F2-1263-4A7D-A4FD-21F38B41F6E9

◯ 臨床心理士制度はなぜ斜陽に向かうのか

今回各都道府県臨床心理士会が公認心理師協会に変わったということで、資格更新(3群(種類)にわたる領域、5年間にわたって15ポイントが必要)についてとても申請しにくくなったという声を聞きます。
(参考:臨床心理士資格認定協会資格更新手続き)

学会参加(第3群)やさまざまな研修参加(第4群)に加えて臨床心理士資格認定協会(以下「資格認定協会」という。)あるいは日本臨床心理士会が主催する研修(第1群、第2群)に参加してポイント申請を行っていた人がかなり多かったと思います。

公認心理師協会が臨床心理士会と共催で研修を行ってもそれは第4群にしか認められないことになっています。←NEW!

資格認定協会に対して各都道府県公認心理師協会から嘆願書が出ていることはご存知の臨床心理士も多いでしょう。

沖縄県も沖縄県公認心理師協会に変わりましたし、北海道公認心理師協会になりました。

試される大地をこれ以上試さなくてもいいだろうと思うのですが、これまでも必死で多忙な中遠隔地まで研修に出かけていた臨床心理士の更新手続きが難しくなったわけです。

臨床心理士と公認心理師は共存共栄をお互いに謳っているはずなのに資格認定協会は公認心理師を不倶戴天の対象として見なくてもいいじゃないかと思います。

以前書きました(ような気がします)が臨床心理士の偉い人が臨床心理士制度創始以来「資格認定協会は臨床心理士制度が始まってから日本臨床心理士会をいじめてきたんだよお」という趣旨の事を話していました。

確かに資格認定協会が公認心理師制度に理解を示していたならば日本心理研修センター創立時に資格認定協会も協働路線を取っていたでしょうけれどそれはありませんでした。

臨床心理士資格を維持したくても研修は受けられない、臨床心理士養成大学院は減少しそう、更新が大変、診療報酬にもならないうのが現状です。

臨床心理士はやはり別の偉い先生が言っていたように、これからは斜陽の一途、これから臨床心理士と公認心理師のどちらかを選ばなければならないならば学生には公認心理師を勧めたいというのは実際のところそうでしょう。

※ ちなみにこれは本筋とは関係ありませんが、臨床心理士の更新の手引きか今年は改定点が多かったので更新手続きが事務上の理由で遅れています。

10月中旬に発送する予定が11月20に変更になったそうです(資格認定協会HP)。

この項を書くに当たっては資格認定協会からオフレコにして欲しいと言われた部分もありましたのでそれについては書きません。

資格更新の点について、困ったことがあり、個別に質問があれば資格認定協会に電話で聞いてみて欲しいとのことでした。

A04EE863-F1B3-4137-AE4B-EEF4A87563FC

◯ 臨床心理士・公認心理師は若い方がいい?年配の方がいい?

これは実はとても難しい問題です。

僕「ちみちゃんがもしカウンセリング受けるんだったら若いカウンセラーと年配の人とどっちがいい?」

一般人代表・千美梨
「若い人はちょっとなあ。やっぱりある程度経験積んだ方がいいや」

僕「ちなみに男性と女性だったらどっちがいい?」

千美梨「アキラ(最近呼び捨て)は男で結果重視の話し方ばっかりで雑だし忘れっぽいっつーかそもそも人の話聞いてないし自分の事ばかり話してるし、細やかな気配りできる女の人がいいかなあ」

僕「うーん」

※ 心理職は目の前にクライエントさんがもうすでにいるので自分より若い人がいいのか、年配の人がいいのか、性別はどちらなのか等は聞けません。

ただ、僕も(たまには)心理職以外の人と話すので、確かに年配の人の方が経験があるから頼りになりそうだとか、ただ人の話を聞いてりゃいいのなら俺にもできるとか、色々な意見を聞くことがあります。

昔から言われている事ですが

年配で勉強熱心な心理職>若くて勉強熱心な心理職>若くて謙虚な心理職>年配で勉強しないけどおごり高ぶって威張っているだけの心理職

という構図があります。

クライエントさんは若いというだけで敬遠する人もいるでしょうけれども、精神科医でも心理職でも「新しい勉強をしていて最新の薬の知識があって海外の論文もよく読んでいる」「最新の心理療法の知識があっていつも勉強を怠らないでいる」若い人たちは優れた実力があると思います。

心理職のコンピテンシー(発達段階)を考えたら、若いうちは児童相手の仕事の方がやりやすい。

かな?と思ったりしますが、若くて実力がある心理職のカウンセリングを感心しながら受けている年配のクライエントさんもいます。

それでも若ければ経験値は少ないというのも本当なので、年齢と実力の相関関係はρ=0.40(弱い相関関係)ぐらいがあるのかなと思います。

年配で堂々とした心理職、臨床心理士制度がない当時の若いころから入職して患者さんと野球部を作って汗を流し、当直中の他職種と夜中まで和気藹々と話して組織へのジョイニングをして・・・

という講演を聞いて感動したので僕が知っている患者さんをそこの病院に紹介してカウンセリングを受けてもらったら

患者さん「偉そうにしていばられていただけで話聞いてもらえなかったよ」

僕「・・・」

と言われ、話者、講演の上手さ、理念、カウンセリング能力は別物だと悟りました。

ついでに言うなら受けた教育の内容が立派でそれを理解して身につけている人、聞き流しただけではないかと思える人、というのは年齢と関係ありません。

また、他分野から心理職に転換して来る人もいますが、前職の経験、経歴を十分に活かしてカウンセリングをして信頼されている立派な人たちもいます。

馬齢を重ねるだけの心理職になりたくないなあと思う一方、本当に若い新卒の人たちの熱心さにも頭が下がる思いです。

87C5D770-6757-4128-89C0-80F471653F7F

◯ 臨床心理士・公認心理師の転職話

臨床心理士、公認心理師は3人集まれば転職話になります。

というか2人でも転職話をします。

専門職ならではでしょうか。

また、みなさん条件がいい職場を探しているのでそういった情報交換が盛んなのは、それぞれに恵まれない労働環境にいるからでしょうか。

常勤の心理職公務員だからといって転職をしないわけではありません。

公務員も結構辞めていくのは心理職だからでしょうか。

多忙過ぎる、給料が良くても体が持たない、薄給過ぎるなど転職理由はさまざまです。

心理職は自分がやりたい領域の仕事に就きたいので転職することもあります。

福祉、教育、医療、司法、産業5領域で自分のやりたい領域に移る人も多いです。

また、働き始めてみたものの、仕事時間が長くて育児に支障をきたしたり、お給料や人間関係、勤務地、旦那さんの転勤で転職、退職していく心理職の人も多いです。

〜ある日〜

A君「この前同僚の心理のKさんと一緒になってさ、今後の転職とか家庭とかライフサイクルについて2時間ぐらい熱く語り合っちゃった。心理職の人生は問題が山積だねえ。うちらは給料安いし公務員っていってもみんな途中でやめちゃうしねえ」

Tさん「私、福祉にいたんだけどねえ、とにかく忙しかったのよ。毎日9時は当たり前で心理に詳しいと心理と福祉両方やらされてねえ、残業代途中でカットされて超過勤務多いと組織内でカウンセリング受けさせられるのよ。だから超勤務カット。若くても手取り30万40万当たり前。他の部局の余ってる残業予算かき集めて出してたんだけど。で、ストレスたまるから仕事終わったらみんなで二次会で打ち上げ出かけるのー。若い女性ばっかりだけどすぐやめちゃうのよお」

G君「うちもね、EAP(従業員支援プログラム)だったけど社長がやり手でねえ、心理出身じゃないからビジネスとしてメンタルヘルスをとらえていたからどんどん飛び込んで仕事取ってきて大変だったよう。日付け変わる前に帰れなかった。太陽が黄色かった。転職したらすごく貧乏。中間がいいな」

A君「また◯市役所今年も受けなきゃなあ(A君の出身地)」

僕「毎年毎年受けて落ちてたらマイナス評価の記録ばかりたまっていくんじゃ・・・」

A君「年中行事だからいいのいいの」

※ 心理職はふらふら転職しながらステップアップする人もいますが、自ら望んでステップダウンする人もいます。

女性が多いので家庭との両立はとても大変そうです。

アカポス(アカデミックポスト、大学教員)は博士号必須、薄給多忙で時間関係なく土日も何かしら仕事や学会業務、研究をしています。

どこに転職しても青い花はなさそうです。

ただし臨床をやりたいという気持ちは誰もが強く持っている、それが心理職をこの仕事を続けさせている理由になっているのでしょう。

D0B4C6FF-B027-40C0-AB9F-FF7E47DFBCAC

◯ 日本赤十字社ポスター宇崎ちゃんへの臨床心理士のコメントは是か非か

日本赤十字社がマンガ「宇崎ちゃんは遊びたい」の巨乳のヒロインをポスターに起用、これは環境的セクハラに当たるのではないかと国内外のTwitterで大きな話題になっています。

日本赤十字社としては「血液が足りない、いつも萌えキャラでアナウンスして血液を確保しているので今回も同じことをしただけ」という理屈がありそうです。

僕はこの問題自体は日赤運営側できちんと話し合いをして然るべきだと思いますし、フェミニズムに詳しい識者の意見を聞いても良いかと思います。

僕が違和感を覚えたのは大学の臨床心理士、心理学准教授がテレビのインタビューに答えていたことで、内容としては「今後も議論が必要」というなんとなくお茶を濁したような回答だったのですが、僕が思ったのは何で臨床心理士がこの問題にテレビに出て答えているの?

ということでした。

この准教授は公認心理師教科書も書いています。

准教授は内科学、健康科学も専門分野で、その意味では医療関係についての有識者とも言えますが、やっぱり臨床心理学を専門分野としている人です。

この献血ポスター問題に識者が語るとすれば、表現の自由とその制限に詳しい社会学者が適任ではないかと思いました。

昔から犯罪が起こると犯人が死んでしまっていても犯罪者に診断名をつけたり心理分析をする精神科医や心理学者は多いのですが、見て(診て)ないことを語っちゃっていいの?

と思っています。

マスコミが意見を容れ物とするコップなら、識者は世論を主導する指導者です。

若者たちがカリスマ性のある指導者の下でふらりと自分の意見を失って右往左往する様を古くは社会学者マックス・ヴェーパーは「日々の仕事に戻れ!」と喝破しました。

心理職の仕事はクライエントさんに向き合うこと、日々の実践が基本です。

臨床心理士が公共の場で心理学と関係ないオピニオンを述べていたら「私は先生から潔癖すぎるって批判されているの?」あるいは「僕のオタク趣味は先生から見たらおかしいのかな?」とクライエントさんから誤解を招きかねません。

この問題について僕は敢えて自分の見解を出しません。

それは心理学を学び実践する者の本旨ではないと思いますし、心理学を生業とする人は意見を求められたら言う、という受動的立場ではなく、謙抑的になることで臨床心理学の営みを守って欲しいと思うからです。

↑このページのトップヘ