カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師

EE92E5A8-2177-4F77-A523-A827A6C8B2A9

公認心理師協会副会長から主事の医師の指示に対する挑戦状

日本大学文理学部心理学科教授津川律子先生は、同大学臨床心理センター長、臨床心理学専攻主任である他、日本臨床心理士協会会長、日本公認心理師協会副会長の要職を務める方です。

その津川先生の「面接技術としての心理アセスメント 金剛出版 2018」は、公認心理師制度導入正式決定、試験直前に上梓されたものです。

「臨床家のあり方とは」という臨床哲学がちりばめられた書籍となっています。

別に津川先生が心理職に表立って「挑戦状」を突き付けているわけではありません。

ただし、公認心理師法第42条第2項の「主治の医師」の指示とクライエントさんの利益や守秘義務が相反した際の心理職の働き方について見ていると津川先生の対応から、公認心理師の動きというものを見ることができます。

以下、津川先生のあげたものの中から今回取り上げたい事例です。

この著作中p171、【事例から学ぶ➃】「うつ病」内、事例3.「ひげボーボー状態の男性」のケースです。

医療機関の知人から紹介されたこのクライエントさんは、津川先生先生が勤務する地域の相談室にやって来ました。

津川先生はカウンセリングをするに当たって主治医の了解を得ることについてクライエントさんから了解を取ります。

そこで津川先生は自分の名刺を添え、カウンセリング開始許可申請書などをしたためてクライエントさんの男性に渡します。

次回セッションの際、クライエントさんは封筒ごと津川先生が書いた書類を返納しました。

クライエントさん曰く「カウンセリングは受けていいけどその手紙も名刺も持って帰ってくれ」と医師に言われて受け取ってもらえなかった。

理由は医師が外部機関と連携したことがないから、というものでした。

ひきこもりがち、内気なこの青年は主治医について「その先生、僕に似てるんです」と述べます。

津川先生はその行為を「主治医をかばう」傷つけないようにするという意味で、青年クライエントさんと主治医の間に素晴らしい人間関係が構築されていると判断しました。

さて、この文献を元に心理職仲間と議論したのですが、この場合、どのように対応するのが正解だっただろうか?

という話をしました。

津川先生の見立てではこの青年はコミュニケーションに課題を持っている。

僕が思ったのは、そうであればこの青年は主治医に津川先生からの提供書を渡さなかった、渡せなかったのではないだろうかということです。

津川先生が書いているとおり、この青年は主治医と津川先生との板挟みになっていました。

主治医に連絡をしなければ、医師に無断でカウンセリングをすることになる。

カウンセリングはクライエントさんにとって有益なものか、場合によっては有害なものになるかもしれない危険性を常に持っています。

他機関で勤務する治療者2人の間にいるクライエントは違った指示を受けて忠誠葛藤の問題に直面するかもしれません。

だとするとなんとかして医療機関と連携を取りたいものですが、内気な青年は主治医に気を遣い、そして津川先生に気を遣っています。

産業領域心理職の友人は「こういう時にはどうしたらいいんだろうねえ」

と言いました。

僕は「公認心理師法だけじゃなくて医療安全の視点から見たらどうなんだろうね」と答えました。

クライエントさんが主治医とカウンセラーの双方を傷つけたくないと思ってこのような対応をしたと考えるなら、クライエントさんに「ごめんね、悪いけどきちんと直接主治医の先生と連絡を取ってあなたのことを話しておきたいの。主治医の先生と私の方針がが違ったら、あなたが困るでしょ?」

これが優等生的回答です。

そうしたがる心理職も多いでしょう。

ただし、そう言った途端にもうカウンセリングに来なくなってしまう、その発言そのものが十分にこの青年にとっては侵襲的です。

さて、津川先生はどうしたかというと、この青年の気持ちを慮りながら、青年を追及せず、最終的には主治医とも連携を取っていきました。

主治医の判断が仰げなかった=公認心理師の悪、としてしまうと公認心理師はどんどんクライエントや患者さんを追い詰めて「言うことを聞けなかったらカウンセリングはしません」という冷たい対応になってしまいます。

それは国民が望まない公認心理師増だと思うのです。

公認心理師の自由度は文字通りクライエントさんの運命の生殺与奪を握っていると思うのですが、いかがでしょうか。

F3AEBC26-4B5E-4502-A268-861745E0A0A5

美容整形公認心理師さなみちゃんの憂鬱

さなみ「心理カウンセラーの面接に来たみなみさなみです。」

事務長「あら、電話は可愛い声だったけど、実物も悪くないわね。あなた何歳?」

さなみ「はい、25歳です」

事務長「うん、合格、じゃ、うちのクリニックでは40歳で通してね」

さなみ「えっ」

事務長「ほら、うちのクリニック来た患者さんに『うあわ、40歳なのにこのクリニックの施術を受けてるからこんなに若ーい』って思われたら宣伝になるでしょ?だからあなたは今日から40歳」

さなみ「・・・はい・・・」

事務長「私も40歳だけど65歳で逆サバ読んでるんだからね。ところでウチのクリニックのウリはわかる?」

さなみ「はあ、ホームページ見たからいろいろとやってるなあと」

事務長「まずはフェイスでいうとボトックス注射はきちんとおススメしてね、それからほうれい線へのヒアルロン酸注入、それから顔のたるみのリフトアップ」

さなみ「えっ、そういうこと大学院で習ってない」

事務長「それはどうでもいいから。あと高濃度ビタミンC注射とか点滴ね、プラセンタ注射は回数多く来てもらっているうちに他の施術も受けたくなるように勧誘してもらってるのよ」

さなみ「はあ」

事務長「で、セット価格で夏の割引セールや学割を今だけやってるから、お客様になるべく多く限定パックおススメして」

さなみ「えっ?私が?」

事務長「当たり前でしょ、美容整形外科のカウンセラーなんだから売らなくちゃ。ウチのクリニックは院長の方針で国家資格の公認心理師所持者だと美容カウンセラーにもハクがつくかなって」

さなみ「うーん」

事務長「お客様でね、若くてお給料も安いから施術にためらっている人にはウチのクリニックのビューティ分割ローンをおススメしてね。『1日当たりわずかコーヒー一杯の値段ですから』って言えばハードルも下がるから」

さなみ「おいくらのコーヒーをどのぐらいの期間飲むんですか?」

事務長「気分次第でトークの中で笑顔で電卓叩けばいいじゃない。あとバストね」

さなみ「ちょ、待っ」

事務長「タブレットに写真入ってるからカウンセリングの時にはこの写真見せてあげて。生理食塩水バッグはバストが石灰化したりしこりが残るか、除去術をしなきゃいけないけど、うちのクリニックはヒアルロン酸注入と自己脂肪注入で自然なバストアップしてるの。もっとも今バッグ入れてるクリニックはないけどね」

さなみ「いろいろやってるんですね。ですけど・・・」

事務長「うちの脂肪注入バストアップはね、本人の太ももから抽出した自己脂肪を遠心分離器にかけて不純物を除去してから注入しているから異物反応が起きにくいのよ。そしてヒアルロン酸は分子が大きいから通常は1年しか持たないのに3年持つのがウリね」

さなみ「はあ」

事務長「高濃度ビタミンC点滴は週1回をオススメしてね。あと酸素カプセルセット価格で今25パーセント引きだから」

さなみ「あのですね、ところで私心理カウンセラー採用って聞いたから面接に来たんですけど」

事務長「うん?だから合格よ。ウチのクリニックはビューティアンドスリムメンタルカウンセラーB&Sメンタルカウンセラー認定資格発行してるからその証書にローマ字でキレイにサインしておいて。ところで公認心理師の資格証書ってあるの?」

さなみ「えっ、これですけど」

事務長「センス悪いドムラサキ色のケースねえ、中身も小学生が町内会の相撲大会でもらえる賞状みたいな・・・

さなみ「うん、で、私カウンセリングの仕事志望して来たんです」

事務長「あなたどこに住んでるの?」

さなみ「埼玉県所沢市ですけど」

事務長「うーん、うちね、南青山にあるクリニックだから、あなた表参道に住んでて、そこのマンションから来たっていう格好してきてくれる?今着てる服◯ニクロなんでしょ?」

さなみ「えっと、ラフな格好で面接来て下さいって書いてあったから」

事務長「じゃ、むしろ高いスーツがいいわね。持ってなかったらうちでいい白衣用意してもいいし」

さなみ「はい、私大学院で認知行動療法で修論書いて児童対象の限局性学習障害の研究してたんですけど、ちょっとここの仕事は・・・」

事務長「そこにあるカウンセリングルームはすごく立派な内装なのね、お客様がVIP待遇されてるって感じられるように」

さなみ「えっと」

事務長「で、このクリニックの向かいにエステサロンがあるじゃない」

さなみ「ああ、あれですね」

事務長「エステ脱毛は施術が完全じゃないこともあるし、何回も通わなきゃいけないから医療脱毛の方が安心で結局安いってお客様には言ってね。痛みも少ないし。」

さなみ「はあ」

事務長「お給料は初任給28万円プラス当社規定の歩合給ね、初任給は3カ月保証、あとは実力主義ね。新卒でこんなに出してくれるところないでしょ」

さなみ「まあそれはそうですけど、1日コーヒー何杯分のお給料なんですか?」

事務長「売上によっては◯ターバックスの最高級コーヒーが何杯分も飲めるわ、じゃ、明日8時半出勤ね。笑顔でお客様を安心させてどんどんクリニックの売上げに貢献してね。院長にあいさつしてもらいたかったけど、院長は今日は福岡院行ってるの。1人で大阪院と3つ掛け持ちしてるから。でも電話に出るときはそういうことは言わないように」

さなみ「えっと、ありがたい話ですけどそう言えば私他にカウンセリングのバイトやってて毎日来られないの思い出して」

事務長「あら、うちのクリニック土日もカウンセリングもやってるし21時まで空いてるからその仕事の合間に来てね。こっちもありがたいわ」

さなみ「あのですね、こういう美容整形外科って私知識もないし本当に効果があるかどうかわからないし」

事務長「大丈夫、私がしっかり教えるから一緒に頑張りましょう。最初はみんな素人なの」

さなみ「あの、忙しいから今日は帰ってからいったんよく考えてみようかと」

事務長「はい、じゃ、この雇用契約書にハンコとサインね。そしたら今日は終わりね」

さなみ「いえ、結構で」

事務長「そうなのよ、うちは結構いい評判があってお客様からも従業員からも評価が高いのよ」

さなみ「ぅ゛〜ゎ゛カゝ丶)まιナニすひ″レよ″せω」

事務長「わかってくれてありがとうね。さなみちゃんがハンコついた契約書預かったわよ。じゃ、明日から私たちの仲間ね、私たちのお金、じゃなくてお客様への最高のサービスのために頑張りましょ!」

さなみ「レよレヽ─」

C59ED79A-52A8-41CD-B99F-42FC906E553A

公認心理師で金儲け(個人営業編)

瑠奈・エトワール伊集院:
「ひなたくん、いらっしゃい、お話したいっていうからすごく忙しいけど特別に時間取ってあげたわ」

僕「はあ、伊集院さん、なんだかすごい名前ですね、本名のごんざわケメ美さんで呼んでいい?」

瑠奈「あら、ひなた君、私忙しいんだからいつでもお帰りなさって結構なのよ。瑠奈様でいいわ」

僕「はい、すみません。瑠奈さんってあっという間に他の開業カウンセリング事務所の相談員から独立しましたね」

瑠奈「うーん、3年間かかったけどね。それから開業軌道に乗せるまで3年は持ち出しばっかりでもう大変」

僕「前ケメ美さんが自称事務所って言ってたところは木造の階段がステンレスっぽいカンカンアパートでしたね。足音が階段に響く。で、こんな駅から遠くて不便なマンションにオフィス開いたんですね」

瑠奈「瑠奈様でしょ、ねえー、くるみちゃーん、お客様一人お帰りよー」

僕「あ、ごめんなさいごめんなさい」

瑠奈「商売の話聞きに来たんだよね、私、この仕事では公認心理師は名乗ってないの」

僕「ほう」

瑠奈「だってねえ、瑠奈様のありがたいヒーリングを受けに来るお客様に資格は関係ないもの。公認心理師って名乗って売上げ上がるならそうするわ

僕「そうですか」

瑠奈「でね、集客のためにはまずSNSへの露出ね。Facebook、ツイッター、Instagram、LINE、mixi、特にFacebookはアカウントいくつか取ってね、私名義のアカウントとサロン名のアカウントと、サロンを応援してくれるファンのアカウントとかサブアアカ10ぐらい取ってね。ほかのSNSもそうね。営利目的じゃないっていう標榜だとアカウントひとつで数千人に宣伝できる。意外と効果あるのがフリーペーパー。名刺大の宣伝カードはたくさん飲食店に置かせてもらうの」

僕「ふうん」

瑠奈「代わりにオタクのお店宣伝しますからって言ってね」

僕「へえー」

瑠奈「ホントにそのテーブルの上にほかのお店のチラシ置いて宣伝もしてあるのよ」

僕「うん」

瑠奈「あとホームページはお金かけても外注でキレイに。ブログはアクセス少なくてもWordPressで独自ドメイン取って作る。あとメルマガね。」

僕「普通の無料ブログだとダメなの?」

瑠奈「無料ブログっていろいろルールあるじゃない?でも日本ブログ村には登録しておくといいのよ。私はヒーラーとか癒し、ヒーリングに登録してあるけどね」

僕「それでお客さん来るの?」

瑠奈「ブログ村で順位は下位でも、とにかく私の紫のヴェールの奥に隠された美貌とハイヤーパワーの効果が感じられる写真撮りまくって載せまくってセミナーとかセッションの写真いっぱい載せるのよ」

僕「ふん」

瑠奈「セミナーは無料でいいから、2、3人しか来なくても写真の撮り方でたくさん集客出来たように見せるの。お客様の声を拾い上げたら10倍ぐらいの長さに編集して宣伝して個人ヒーリングにつなげると。」

僕「うん」

瑠奈「メルマガも同じね」

僕「ふん」

瑠奈「あとはね、ヒーリングの売り物はピンポイントに抑えること。私は美容、健康、精神の安定。細かい要望はセッションの中で聞くから看板は少ないメッセージ。売り物は3つ以内。宣伝文は15文字以内」

僕「ふーん」

瑠奈「あとは絶対に1セッションの値段を下げないことね。安上がりなセッションだとありがたみもなくなる。私は90分2万円。これを厳守」

僕「なるほどねえ」

瑠奈「あとね、ひなたくんも言ってたけど立地の問題ね。うちは駅から離れた住宅街だから場合によってはバイトのくるみちゃんが駅までお客様を迎えに行くの」

僕「ほう」

瑠奈「そうするとお客様はお迎え付きだから感動する人もいるのよ。あと本は絶対出版すること。500部でもいいから。本出してるってことが信用になる。3冊は欲しいわね」

僕「やること多いね」

瑠奈「そうよ。セミナー、セッション、講演、出版、ブログ、メルマガSNSって全部回さないとね」

僕「ふーん」

瑠奈「あとは天使の加護や宇宙でハイヤーセルフを高めさせる。お客様のインナーチャイルドを育てるためのエナジーやシナジーをマジックナンバーから割り出してキネシオロジーで確認する。最近はグラウンディングワークをたくさんやってるのね」

僕「何それ?」

瑠奈「うーん、私も実はよくわからないけどなんとかなる」

僕「ケメ美さん今日は忙しいのにどうもありがとう」

瑠奈「くるみちゃーん、お客様一人お帰りよー。あとで塩撒いといて」

くるみ「はーいごんざわ先生」

瑠奈「・・・くるみ、あんたも今日は帰んな」

67346D34-402C-4683-8940-6E2BE910F5BF

第2回公認心理師試験合格基準・配点基準・受験者数未公表

以下、あくまで7月17日現在の話です。

本日、日本心理研修センターに電話問い合わせしたところ、受験者数、合格基準、傾斜配分の有無、これら全てについて「お答えできることは何もありません。ホームページに書かれている事柄が全てなので参照してください」

とのことでした。

僕がこれを聞いて思ったのは、国家試験だと税理士、保育士、言語聴覚士は合格基準60パーセント正答でかっちりと決まっていますが、公認心理師はまだ合格基準が公表できるほど定まっていなくてふわふわしたものではないかということです。

さて、第21回精神保健福祉士試験合格発表のホームページを見てみます。(厚生労働省)

精神保健福祉士は公認心理師に近縁の資格だと僕が思ったので比較する対象としました。

以下引用

第21回精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について

1 合格基準 次の2つの条件を満たした者を合格者とする。

(1) ア 総得点163点に対し、得点87点以上の者(総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

イ 試験科目の一部免除を受けた受験者 (精神保健福祉士法施行規則第6条)

総得点80点に対し、得点41点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

(2) (1)のア又はイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては 1から16の16科目群、イに該当する者にあっては1から5の5科目群すべて において得点があった者。

1精神疾患とその治療 2精神保健の課題と支援 3精神保健福祉相談援助の基盤 4精 神保健福祉の理論と相談援助の展開 5精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム 6人体の構造と機能及び疾病 7心理学理論と心理的支援 8 社会理論と社会システム 9現代社会と福祉 10地域福祉の理論と方法 11福祉行財政と 福祉計画 12社会保障 13障害者に対する支援と障害者自立支援制度 14低所得者に対す る支援と生活保護制度 15保健医療サービス 16権利擁護と成年後見制度

(引用終わり)

精神保健福祉士試験には傾斜配分はありません。

ただし、公認心理師試験と全く同じ文言で 総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。という記載に加え「配点は1問1点である」という記述があります。

精神保健福祉士合格ラインは60パーセントぴったりとは決まっていないわけです。

精神保健福祉士の最新合格ラインは全科目受験者得点率57.0パーセント、共通科目免除受験者52.5パーセントの得点率で合格でした。

社会福祉士は合格ラインが60パーセント以上のこともありました。

ちなみに精神保健福祉士共通科目受験者とはすでに社会福祉士を取得している者です。

そして精神保健福祉士の場合には0点科目があると合格できません。

公認心理師試験でも「統計は捨てた」という人もいますが、大丈夫かな?

と思ってしまいます。

心理統計出題委員は何人かいます。

「難易度で補正」記述には受験生のみなさんとても解釈に迷われるところだと思います。

合格基準は6割得点率基準で詳細は定まっていないですし、どうなるかはわかっていない。

今後公認心理師試験合格基準がきちんと決まるのはひょっとしたら試験施行5年後になるかもしれないと思いました。

96ECDB65-EAA6-423C-9270-D1C2EA5A7DF3

◯ 公認心理師で金儲け(法人営業編)

※ 以下、架空の話です。

僕「きんせいさん、凄くやり手ですねえ。お若いのにこんな都会の一等地のビルにすっごく狭い事務所構えてカウンセリング事務所経営しているんですから。いつもブログ見てますよ。メルマガも読んでますよ。」

金成「ああ、僕の苗字、かねなりって読むんだよね、ま、ハンドルネームなんだけどね、本名は図部沼(ずぶぬま)っていうんだけど、ほら、名前も大事だから。いちおう臨床心理士会と日本心理研修センターにはハンドルネームでいいかって、許可申請はしているよ。イメージって大事じゃん?」

僕「はい」

金成「あ、ちなみにブログもメルマガも自分では書いてないよ。2000文字250円ぐらいでクラウドソーシングに頼んでる」

僕「えっ」

金成「だって面倒じゃん。自分で書くの。安い金で文章買えるのは便利。それからね、どんなに狭くても大都会に事務所持つのはイメージ戦略として大事だね、このレンタルオフィス安いし会議室も借りられるからプレゼンもできるし。名刺に書いてあるオサレな地番は大事だよ」

僕「はい。なりきんさんってどうやって若くしていろんな大企業から仕事取って講演会とかやっているんですか?」

金成「なりきんじゃなくてかねなりね。まず最初は普通に病院に勤めてたんだけどね、たまたまね、まとまった伯父の遺産入ったから。ほら、人生一回しかないじゃん?それで一発勝負に出たのさ」

僕「かねとりさんって最初のとっかかりはどうやってお客さん取って来たの?」

金成「僕の名前わざと間違えてるよね?まあ性急に聞こうとしないでちょい待ってよ。僕ね、病院にいたときから開業目論んでたから、おんなじようなEAP個人企業と仲良くするために勉強会とかで人脈作る、これ後から話すけど大事ね」

僕「はあ」

金成「それからね、まず簿記2級とファイナンシャルプランナー取った。社労士は勉強だけしてみた。経営戦略大切なのね。」

僕「ほう」

金成「で、まあ君との仲だから特別に教えるけど最初は市民会館の小会議室とか借りていろんな講演会やるのよ。これは一般向けね。客は一人でも二人でもいい」

僕「はあ」

金成「それはそれで儲からなくてもいいわけ。自腹で。ただ、メンタルヘルス関係の講演実績になるでしょ?」

僕「はい」

金成「そしたら大手企業に格安で「メンタルヘルス啓蒙活動している事業やってます」って言って電話営業して売り込むの。1,000件電話すれば何件かはけっこう福利厚生部門は食いつくから、一講演1万円でもいいからやるの。でもこれはお試し初回料金ってことは強調するの。で、こんな大企業で講演したってことは実績になるからパンフに載せられるし。で、次からは1講演30万円ね。」

僕「はい」

金成「あとねえ、同業者と仲良くなったら官公庁とか社団とか独立行政法人の入札に参加するんだよ」

僕「うん」

金成「メンタルヘルスプログラムパッケージね。一回落札すると300万円ぐらい粗利取れる。」

僕「へえ」

金成「だから他社2社の見積書、社印が入ったもの持ってるんだよね」

僕「えっ、なにそれ」

金成「ほら、官公庁って3社見積相合わせが必要だからさ」

僕「ふん」

金成「形だけでも数社から見積書取ったってが必要なの。でもメンタルヘルスプログラムなんてそうそうクライエント企業もやり方変えたくないからさ」

僕「うん」

金成「だから前やってもらった業者にまた落札して欲しいワケよ」

僕「談合?」

金成「人聞きが悪いなあ。お互いの業務効率化と均質化サービス安定のためだよ」

僕「いろいろ大変なんだねえ」

金成「まあメンタルヘルスは個人で法人を相手にするCtoBのやり方がコスパがいいね」

僕「ふーん、よくわからないけど」

金成「ま、飛び込みでの問い合わせもあるからリスティングはセグメントに訴求力があるものにしてSEO対策や被リンクもばっちりやらないとね。サチコンもどんどん工夫していかなきゃだし」

僕「リストラのセメントは砂丘でシステムエンジニアかあ。ドモホルンリンクルなんだね。幸子さんも大変だなあ」

金成「ひなたくん、ひとつもかぶってないしひどすぎるからそれ。どう?ところで今の仕事やめたら完全請負で仕事紹介するよ」

僕「あ、じゃそれで」

金成「メール相談とライティング1件350円、電話相談は1件1500円出来高、電話ない日はゼロね」

僕「・・・キッツいなあ」

金成「個人事業主だからね。合名会社が今はいろいろとお得なことも多いよ。ま、わからないことがあったら聞きに来たまえ。開業コンサル友人だから初回無料にしとくよ。そのあとは40分6万円。あとうちフランチャイズもやってるから。初年度ロイヤリティゼロ円顧客月30人保証制度もあるよ」

僕「・・・いや、僕の能力ではもったいないぐらいの話なのでご遠慮させていただきたいと・・・」

金成「うん、友だちにも紹介しといてね」

僕:(この人について行ったら丸裸どころか莫大な負債ができそうだなあ・・・)

金成「君、それ心の声のつもりでもきちんと声に出てるから」

僕「あ、じゃ、今日はこれで、ちみちゃんがおうちで待ってるので」

金成「うん、近いうちにまた僕からどんどん連絡するからね」

僕「あ、いや、どうも、今日はありがとうございました」

↑このページのトップヘ