カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 公認心理師

35356EF6-2C6E-4DDE-9BE8-4F3D8E318633

◯ 公認心理師資格を取らない方がいい人・取る必要がない人々

これまで公認心理師試験のことばかり書いてきました。

公認心理師数が必要だと書いて来たので、公認心理師資格をどんどんいろいろな人が取得すべきだ、と僕の主張が受け取られているかもしれません。

実は受験者の中にも「取らない方がいい人」や「取らなくてもいい人」はいます。

医師はほぼ必ず医師の仕事に就きます。

公認心理師取得者のスタンスは異なります。

公認心理師は名称独占資格に過ぎないのですからタンス資格にしてしまう人もいるでしょう。

1.取るべきでない人

⑴ 多重関係が生ずる専門家

養護教諭のしている援助業務はほぼ心理と同じ仕事なので、意義は十分にありそうです。

管理職、一般の教員は公認心理師資格登録とともに教員業務に支障をきたすことが考えられます。

多重関係が生ずるので立場上資格を取らない方がいい人はさまざまな領域にいるでしょう。

⑵ 資格を取るだけで満足する人

他資格ホルダー、もしくはすでに心理以外の職に自己のアイデンティティを持っている人がいます。

教員もそうですが、公認心理師を取得すれば確かにハクはつきます。

今までしていた仕事を捨てて心理職に転職するなら心理専門家として生きることができますが、心理職はそれほどまでに魅力的でしょうか?

名刺、名札に「公認心理師」と書いてあっても「心理面接をしてください」「心理テストをしてください」というクライエントさんや現場医師からのオーダーに応えられない、やる気がない人で「あ、それできませんから」と答えるようでは「取っただけ資格」になってしまいます。

それでも他領域の人でも心理知識を得て元々の仕事の幅を広げることは意義があります。

資格取得したから心理専門家と対等以上になり、心理職と競い、プライドだけを満たすという資格の取り方は違うと思います。

僕は他職種の人も幅を広げることにも意義があると思いますが、試験実施側では違う意図がありそうです。

資格を取っても心理業務の実働人員にはならない、養成施設で指導に当たれない人は資格を取得しても戦力外とみなされているかもしれません。

⑶ 心理業務をしていないし今後もしない人

こういった人は受験を自ら辞退すべきと日本心理研修センターは考えています。

企業でも官公庁でも「◯◯相談員」という名目だけで相談業務をしていない、実質上は総務や人事の仕事をしていて、今後も心理相談をしないであろう人たちでこの資格を取りたがるもいます。

2.取る必要がない人々

医師は取らなくても業務に支障はありません。

公認心理師を取得して養成指導に当たる立場の医師は資格が必要と思います。

他資格ホルダーで自らの立ち位置がはっきりしている人、自分の職務領域だけで仕事をする人も取得する必要はありません。

私設開業をしていてキャリアコンサルタント、コーチング等で一定以上の地歩をすでに築いている人たちも無理をして取得する必要はないでしょう。

私設相談員が仕事の幅を広げるために取るならば十分に意義があることですが、資格と関係なく、ただ事務所の集客を考えるのならばそれも違うような気がします。

3.結語

資格がどうしても必要な人々に加えて、公認心理師を資格マニアのイチ経歴だけとしてしまう人々がいることを行政は把握しています。

また、他領域活躍者中、公認心理師資格を生かして将来的に心理業務を側面から支えていく人も求められていそうです。

「不合格だから職業人生が終わってしまう、取得しないと相当な不利益をこうむる」人たちはこの資格が必要です。

確かにこの試験は難しく、下方得点修正があると決まっているわけでもないので、得点率6割厳守だと軒並み元々の心理プロパー以外は合格できなくなってしまいそうです。

「不合格だからダメ、自分の人生が終わる」わけではない人々も多いでしょう。

もちろん試験は人格、人柄やや知能を問うていません。

不合格だったからといってその人の人生そのものを否定するわけではないのです。

今回心理の世界に触れた、そして元の仕事で自分を磨くというプラスのチャンスが与えられているという考え方もできると思うのです。

E8CDC33E-7B57-49CC-8BB7-BA9C2A95592D

※ 各社から第2回公認心理師試験解答速報が出ています。

適宜最新の情報による修正なども行われていますのでご参考ください。

こころJOB
第2回公認心理師試験 解答速報実施のお知らせ
https://cocoro-job.jp/test/1026/

プロロゴス
公認心理師解答速報 2019.08.05版(08.10修正)

【公認心理師】LEC神戸版の解答をアップします(神戸) →New!

2019-08-11 03:51:52
テーマ:LEC公認心理師・心理系大学院対策
えいめい教育研究所(心理・M部門)神戸威行
https://ameblo.jp/gohdontake/entry-12504363322.html

IPSA
2019年(令和元年)公認心理師試験 解答速報
https://ipsa-yobiko.com/news/1424/

和光大学青年心理学研究室
高坂康雄先生
http://blog.livedoor.jp/kosakayasumasa/
※ 解答速報だけでなく各問題の解説もされているサイトです。

辰已法律研究所 &京都コムニタス
解答再現サイト
https://sinri-store.com/info/2019%e5%b9%b4-%e5%85%ac%e8%aa%8d%e5%bf%83%e7%90%86%e5%b8%ab%e6%9c%ac%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%80%8c%e8%a7%a3%e7%ad%94%e5%86%8d%e7%8f%be%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

7E731ADA-6299-4047-9079-05F207365839

第2回公認心理師試験受験者の不満

かなりの数の受験生の方が試験のレベルが上がったということや、出題内容について不満を持っていると聞きました。

曰く、「出題基準ブループリントに書いてあることがそのまま出てこなかった」「初めて聞く単語ばかりで勉強してもムダに終わった」

などです。

どうしてこのような不満が出たのか?

というと、ひとつにはブループリントが問題に厳密に対応していないという認識があるからだと思います。

初見の理論、聞いたことがない外国の学者、知らない心理テストの略称のローマ字の羅列は相当受験者にとってはストレスですし、問題文を見た途端頭が真っ白になってしまうのも容易に想像できます。

また、そういった試験問題に対する不満はかなり受験者の精神状態を直撃したものと思います。

実際、伝え聞いた話だと解いてみた人が第1回試験=8割、北海道追試=7割、第2回試験=6割ギリギリなので結果不明、という人もいたようです。

知らない事柄は人を混乱させ、判断力を弱めます。

出題委員会の意図と受験生の構えもズレがあったと思います。

去年と同じ出題傾向と思ったら今年はPTSDが頻出で、精密な細かい知識を要しました。

知らない単語が出ていて「なんだろう」と思ってそこにチェックをした人もいるでしょう。

心理テスト問題は多く出ていて「これは何のテストなのか?」という疑問を持った人は多かったでしょう。

ブループリントには大項目として「14 心理状態の 観察及び結果 の分析」とだけ書かれていて心理テストは何のテストなのか書かれていません。

ところが蓋を開けてみたら相当種類の知らない名前のテストがあって、クラっときた人も多かったでしょう。

学説、医療、心理技術、法文についても名前を知らなければ苦労します。

公認心理師と支援チームが緊急の場合以外は勝手にクライエント抜きで意思決定しないという選択肢を選ぶ、知らない理論でも臆せず勘をフル動員する(なんとなくでもいいので想像を働かせることは役立ったでしょう)知ってる領域の問題でも知らない言葉が出てきたらそれは選ばないなど隠された正答のコツは様々にあったと思います。

そして正答に迷ったら「ない」「抑える」という謙抑的な回答よりも「多職種と連携して介入」という原則は徹底していました。

この辺りの「コツ」はかなり精密に見極め直す必要があると思いました。

現場で働いていた経験が長い心理職なら研修に参加し、事例センスがあれば正答につながりやすかったでしょうけれども絶対とは言えません。

受験者はセンス+知識の正しい取得法を得なければならなかったのですが、今回はガイドラインなしに徒手空拳で挑むことになってしまいました。

今回の受験者は情報不足が大きかったことも不満要因だったと思います。

僕自身も今回解いてみてかなりレベルが高い試験で、前回2回と同じだけの得点率には到底及ばない難しい試験だと感じました。

F03AF443-480C-46E7-A878-95CA285E15D0

審美歯科公認心理師かがみちゃん

-創作-

僕「かがみちゃん公認心理師取ったんだね、かなり遅れたけどおめでとう」

かがみ「うーん、もう1年近く経つのに今さら感満載の祝福ありがとう」

僕「審美歯科で働いてる心理の人って僕はかがみちゃんしか知らないよ。Gルート受験って聞いたけど」

かがみ「歯科医院も診療所、クリニックだから大丈夫なのよ」

僕「そっかあ」

かがみ「歯はね、結構その人のメンタルと深く関係してるの。ほら、矯正されてないとか、歯が茶色いとか、そうすると人前に出るのがおっくうになる人も多いワケ」

僕「うん」

かがみ「歯で食べ物を満足に食べられなかったらイライラするしストレスたまるでしょ?だから一般治療も十分意味があるの。時間をかけて根管治療をやるとか大事なのよ」

僕「ふうん」

かがみ「でも不幸にして自分の歯が機能できなくなったときに入れ歯や部分入れ歯だとやっぱり噛みにくいのよ」

僕「うん」

かがみ「だからウチのクリニックでは保険適用外でもインプラントをオススメしてるの。QOLも上がるしね」

僕「ふうん、見た目も身体面も両方ともメンタルに関係しそうだねえ」

かがみ「そそ、最初に十分にカウンセリングしてね、何を患者さんが求めていて、そのためにはいくらお金がかかるのかじっくり話すのよ」

僕「うん」

かがみ「あと審美歯科のウチでやってるのは歯のホワイトニングね、いくら美人でも歯が黄色かったら笑顔も台無しじゃない。だからうちではオフィスホワイトニングを勧めてるのよ」

僕「オフィス?」

かがみ「ホワイトニングはね、薬液をマウスピースにつけて定着させるんだけど、薬液は海外から個人輸入でも手に入るからセルフホワイトニングもできるけどね、個人輸入した海外の薬液の品質や安全性の保証はあんまりアテにならないのよ」

僕「うん」

かがみ「そしたらね、ホワイトニングが不十分だったり、ムラになったり、安い薬液だといろいろと心配もあるからさ」

僕「うん」

かがみ「だからウチは高価だけど院長がアメリカの学会のコネでいいホワイトニング薬液を輸入して、プロの技術で施術をしているのよ」

僕「ふうん」

かがみ「でもタバコとかカレーとか色素沈着しやすい要素は必ずあるから、歯の表面だけじゃなくて歯の内部まで染まってる場合もあるのよ。」

僕「そういう場合は?」

かがみ「どうしても汚れが落ちない歯の場合にはセラミックコーティングで歯の上にセラミックを被せちゃったり、自費用コンポジットレジン(歯科用修復剤)を塗ったりとかね」

僕「うん」

かがみ「あとは矯正ね、うちは小児歯科もやってるけど、もう3歳ぐらいで矯正か必要かどうかわかるからね」

僕「ほう」

かがみ「なるべく子どものころから矯正した方がアゴの骨が柔らかいからやりやすいの」

僕「子どもは歯医者さん嫌がりそうだよね」

かがみ「うちの小児歯科は普通の歯医者さんみたいに白いカベで無機質な感じじゃないよ。LEGOみたいにカラフルな色で外装も内装も楽しげにしてプレイルームで歯医者さんコワイって言ってる子どもと遊んで気に入ってもらうのも大切なワタシの仕事ね」

僕「ほう、たしかに大切かもね」

かがみ「矯正っていうと子どものためだと思われがちだけどウチは大人向けの矯正もやってるのよ」

僕「うん」

かがみ「八重歯がカワイイとかそういうのは昔の日本の文化ね。噛み合わせが悪いと健康全体に悪影響あるし」

僕「ふうん」

かがみ「外見で引け目を感じてたら奥手な性格になっちゃう。歯並びを良くするためにはある程度削ったり抜いたりも大人の場合には必要になる場合もあるわね。そこでインプラント奥歯に入れる場合もある」

僕「うん」

かがみ「表側矯正でブリッジが目立つのが気になるなら、今は裏側矯正やマウスピース矯正みたいに目立たない矯正方法もあるし」

僕「審美歯科っていうとインプラントのイメージがあるけど」

かがみ「インプラントって、高級な入れ歯ってワケじゃなくて、もうアゴへと人工歯を埋め込む手術だからね」

僕「うん」

かがみ「だから事前にCTスキャン撮ってそこからできるステント模型や全体の模型を作ってね」

僕「凝ってるね」

かがみ「インプラント施術に適合できるぐらいのアゴの骨の厚みがあったら、手術計画立てるんだけど、この手術をしたらいくらかかって、そこで得られるメリットは何かとか。患者さんもチームに含めて歯科従事者が説明していくのよ」

僕「丁寧だね。お金高くない?」

かがみ「保険適用外診療だから確かに高いわね。でもね、全部自分の歯を失って『あー、総入れ歯だと味気ないなあ』と思ってる患者さんに全部30本ぐらいのインプラントを埋め込むワケじゃないのよ」

僕「ほう」

かがみ「インプラントをアゴの要所に入れて、そこで人工歯を支えるオールオンフォーって施術があるの。費用面でも身体的な負担も少なくなっているのよ」

僕「最先端技術なんだねえ」

かがみ「あとは予防歯科ね。虫歯になってから来院するよりも定期的に来てもらってバイオフィルムを除去するとか、メンテナンスが大事だから。メンタルヘルスも一次予防が大事でしょ。糖尿で歯周病になったら命取りだしね」

※ 審美歯科医院、クリニックで働いている臨床心理士、公認心理師は実際にいます。

保険適用外なので結構宣伝にお金もかけて立派なホームページを出しています。

審美歯科はお金もうけ重視に見られがちな医療領域ですが、患者さんを第一に考えながらきちんと不安な人たちの手当てをしていくことができれば、患者さんの心身の安定や生活の質の向上にも寄与していけるでしょう。

今後、主流でなくても審美歯科心理職は活躍していくものと思います。

C17B2DB2-78C6-4C34-B781-D1ADC6546A04

(お問い合わせフォーム本文)

拝啓

貴協会におかれましては時下ますますご清栄のことと存じます。

さて、今回お聞きしたいのは貴協会発足以来、何人の会員が登録したかということです。

不勉強ながら、私の知る限り貴協会に入会した公認心理師はいないのですが、入会者数や入会率を参考にして今後を考えたい公認心理師も多いのではないかと思います。

私は個人で心理学ブログを運営しておりますので、インターネットに公表しても差し支えない範囲で数値のみ教えていただければ幸いです。

敬具
ひなたあきら拝

「カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた」

http://hinata.website

(本文終わり)

公認心理師は第1回目試験ですでに合格者28,000人、うち登録者24,000人に上っています。

新しい国家資格ですし、さまざまな意味で行政上でも発言権を持つためには職能団体が必要ということはよくわかります。

実際、日本医師会は故武見太郎氏が会長だったころから大きな政治的発言力を持ち、政権を動かす力すらあったでしょう。

日本医師会、日本看護協会の組織率は5割です。

臨床心理士の職能団体である日本臨床心理士会は加入率6割、同じ心理職なのだから多く加入すればいいのになあと思うかもしれませんが、心理職プロパーの人たちは日本臨床心理士会、都道府県臨床心理士会や地方公認心理士協会に入会しています。

さらに臨床心理士は更新制資格であり、心理士は研修ポイントを稼ぐのに飛び回っていて、特に僻地や離島の臨床心理士は「これからどうしたらいいの?」という状態です。

日本臨床心理士資格認定協会は当初から公認心理師制度創設に消極的?

というよりはすごく消極的?


という状態で日本心理研修センターも資格認定協会の関与なしで設立されたわけです。

なにかとお金がかかるワープア心理職にとっては日本公認心理師協会の年会費1万円はなかなか高額です。

とはいえ組織率が高まらないと発言力もないのも事実です。

精神保健福祉士、社会福祉士協会の組織率は2割です。

日本臨床心理士会がそのままスライドして日本公認心理師協会になるという案は、賛成過半数でしたが3分の2に届かないので否決されました。

ということで様子見様子見を公認心理師個人個人がしている間「なんだ、加入してないけど困ることなんか何もないじゃん?」

というのが現状です。

それどころか臨床心理士と公認心理師のダブルホルダーは臨床心理士資格を維持するのに必死で、資格認定協会が認めてくれる3カテゴリーの研修に出たりしなければなりません。

地方公認心理師協会が独自に行う研修を「その他の研修」として資格認定協会がはぐれ者扱いしていることを知り合いの日本臨床心◯士会の

ちょっと偉い<えと、実はもうちょっと偉かったかな?<いや、実は大変偉いのかな?重鎮って言われてたようだし・・・という、とある大先生は「ひなたさん、私の名前は絶対に出さないで欲しいけど、臨◯心理士会と資格認◯協会の確執の歴史は臨床心理士資格設立以来31年間あるのよお、もうイジワルばかりされて」と空耳で聞こえたような気がします。

こうやって資格認定協会、日本臨床心理士会、新設された日本公認心理師協会はどこも信頼を失いつつあるように感じます。

それどころか何を勘違いしたのか日本公認心理師協会は公認心理師<専門公認心理師<専門◯◯公認心理師

という壮大なハリウッド張りのスケールの構想を打ち出す始末、
A88CE992-2CDE-4175-A30F-532C95C7DBBC

これは一杯一品頼むたびにグイグイとお会計いが値上がりしていくボッタ◯リバーのようではないですか?

と思っているのは僕だけはないはずです。

さて、この錯綜しつつもなんだかとっても偉いスタンスの日本公認心理師協会に何人加入しているのか、回答があるのかないのか待ってみます。

↑このページのトップヘ