カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: カウンセリング

DD9411C4-E483-415A-82F9-7977623E688C

ひなたあきら・平均的?心理職の1日

(もちろん脚色あり)

午前6時30分起床

今日の職場は通勤約15分、というかそのためにこのアパートを借りたので。

午前8時00職場到着、初回カウンセリング9時から。

だいたい主訴を聞いて終わり。

「ごめんねえ、最初だったからいろいろこっちから聞くだけで終わっちゃって、あんまりすっきりした感じなかったかも。次からはきちんと話したい話聞くから。」

次回1週間後。

午前10時、お茶しようとしてたら突然のオーダーが入る。

11時終了。

他院に転院したいとのことで医師の依頼でリファー先をいくつか提示、話しているうちに「やっぱりここでいいです」とのこと。

ケースワーカー不在の際はこういうこともやります。

さあ休憩取ろうかなあとバックルームでスマホ画面を開いたところで職員さんから声をかけられる。

以前から子育てでいろいろ気になっているということで立ち話していたけれどもそれでは何なのでカウンセリングルームで普通に話してペアレントトレーニングの知識などを伝達。

とにかくほめるポイントを見つける、問題が起きている時だけかかわると問題が頻出するので、問題が起きている時にはクールダウン、何もなくて落ち着いている時にほめるようにアドバイス。

「これはカウンセリングなのかな?」と思いつつ、上司から統計報告は多めにあげるように言われているのでカウンセリング数に計上。

昼休みは看護師さんたちの当直室で談笑しながら時間交代でご飯。

お花見の予定とかツツジ祭りとかご近所のスポットを教えてもらう。

看護師「ひなたさん、ダイエットの魔法とかないのお?」

僕「ありますあります。」

看「じゃ、10秒ぐらいで一瞬で」

僕「・・・」

別の看護師「疲れたあ、ワタシ心身ともに病んでるからさあ、疲れ取れるワザとかひなたさんなんかないのお」

僕「できますできます大丈夫です。」

午後1時から常連さんのカウンセリング

何をテーマにしようかなあと考えつつ25分は聞き役に徹して25分課題をイメージワークでクリアにしようとすると思わず話が長引いて少し焦る。

簡単にワークを終わらせて時間早めに切り上げようとすると「実は」とクライエントさんから切り出されるので10分間時間オーバー。

50分を目標にしているので次回からは気をつけようと思う。

こっちは仕事だから慣れていてもクライエントさんはカウンセリングが長引いたら相当に疲れるので。

次の予定が1時間入っていなかったのでカルテ整理をしてから新刊書をパラパラとめくる。

心理テスト。

1時間で終わり。

クライエントさんの職場の上司から外線電話、患者さんをどんな補職につけたらいいのかアドバイスが欲しいとのこと。

病休明けのリワーク(復職支援)カウンセリングで、本人から了解を取って守秘義務に反しない内容で現状を話す。

1.部下を持たせない

2.納期のある仕事をさせない

3.残業はさせない

4.渉外折衝が必要な仕事はさせない

という厚生労働省のガイドラインを参考にして作った約束事を再確認、電話を取るとそこからまた伝言をして折衝をしなければならないので、電話受けも望ましくないですねえと話す。

その後今日の面接記録を紙カルテに綴ってからPC内にもデータとして打ち込みをする。

テスト結果をまとめ上げて医師に出すためにレポートに仕上げる。

病棟から帰って来た医師と打ち合わせ。

なんとなく片付けをしたり休憩時間にお茶をしている間に6時ぐらいになると仕事じまいで帰宅です。

研究会の準備をしたり、学会発表が控えていたりとか多忙な時にはもう少し遅くなりますが、まあ普通のサラリーマンと同じような感覚です。

普通のサラリーマンといってもさまざまな勤務形態があり、ブラックではないけど軽労働かというと、どちらかというと感情労働に近いけど、クレーム処理をしているわけではないので通常は怒鳴りつけられることもなくまあお給料なりの仕事をしているのかなあと。

学会や研究会や団体の世話役をやっていると土日も時間外もつぶれて大変なのですが、僕は少ししかやっていないのでまあラクです。

管理職になると会議などの業務もたくさん出てくるのでしょうけれども部下もいない専門職なのでそこは気楽です。

会議にはちょこっとオブザーバー役で出る、あとは契約先の産業領域の職場でメンタルヘルス教育を月イチ程度でやる、事故など大きな事案があったら危機介入するけれども基本今いるところでカウンセリングをする、ということなので枠付けはしっかりとできているのかなと。

カウンセリングの中で話題となる事柄はどれもダイナミックですが、自分自身は淡々としようと思っています。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ

FAE1DBC0-2591-4720-9C69-2FB97F2D6603

美術館のワーク・ダイエット、過食、依存のために

あなたは真っ白な彫刻作品や陶磁器が集められているということで評判がある美術館に来ました。

今日が最終日、と聞いていたのでほっとします。

その作家はとても小さなお皿から始まって、一輪ざし、素焼きの真っ白で一点の曇りもない大皿や壺と大小さまざまな作品を創り、それらが無数に展示されている光景は圧巻ですが心ひきつけられます。

美術館の壁、この作家に合わせたのでしょうか。

真っ白な壁、白い階段を上り下りするとまた新しい作品群をみることができます。

この美術館は庭園にも彫刻があります。

ひとしきりこの作家の作品を堪能したあとに外に出ると陽光がさわやかに降り注いでいて、青々とした芝生、色とりどりの季節の花が咲いています。

この季節はここの美術館はまだ寒くて黄色、紫、紅いビオラやパンジー、ピンクのサクラソウや黄色い水仙が咲いているころ。

庭の向こうにある喫茶店に入ります。

喫茶店は木造で、ハーブティや紅茶、あなたが好きな飲み物がなんでも頼めます。

この場所はあなたにとって知らない場所だったのですが実はとても近くて歩いても来られるような場所でした。

一個100円ぐらいの美味しそうなクッキーがガラス瓶の壺に入って売られていました。

ちょっと迷ってから買わなかったあなたはいつでもこの場所には来られるからと思ったからです。

物静かな店主はあなたがまた来てくれるといいと思っていても全くそのことは話しません。

外の真っ白な別の彫刻家が製作した彫刻。

とても力強くあなたを励ましてくれるようなあなたよりもずっと大きな筋肉質な男性の彫刻は、野外展示ですから触ることも自由、スマホで写真も撮れます。

自撮りをしようとしたら「撮りましょうか?」と素敵な男性が語りかけてきます。

「僕もこの作品は大好きです。この美術館にはよく来るんですよ」と言われます。

たくましい彫刻に寄りかかりながら少し恥ずかしいと思いながらも写真を撮ってもらいます。

あなたはスマホのケースが外れてしまったので、素敵な男性がベンチに座って親切に直そうとします。

花が見える白いベンチに座りながら、その素敵な男性と会話をします。

「僕はこの美術館が大好きでよく来るんですよ。ところで今日展示されていた白い陶磁器の作品は常設展示になるらしいですよ」

かなりフランクであなたも話しやすそうなこの男性は笑顔であなたにそう言います。

あなたが理解するのは、こんな近くにあっていつでも来られるような美術館、きっといつ来てもこの素敵で親切な男性とは会えるということです。

あなたが気に入った白い陶磁器はいつでも見にこられます。

さて、この文章の中に散りばめられたダイエット、過食、依存のためのメッセージにあなたは気づいたでしょうか?

あなたがそれに直接気づいていても気づかなくてもこの文章を読んだ後、今日見る夢はとても大切であなたを向かわせる方向を暗示する夢です。

夢は覚えていてもいなくても構いません。

感じるままに感じたようにいることの心地よさを知ることができれば今日あなたが読んだこの文章は忘れて構わない自由があなたにはあるのです。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ

4996BC03-F73C-4BAA-8DCE-021F3998B668

ダイエット、過食、依存のためのワーク〜冬山

あなたがいる冬山はとても厳しい吹雪で立っているのもやっとです。

どんなに厚着をして自分を守ろうとしていても叩きつけるような雪の嵐があなたの身体全体に当たり、凍てつく風が全身を覆い尽くして、どんな厚手の防寒具も役に立たないと感じます。

それはあなたに無力感をもたらして自分をちっぽけ、それどころかこんなに苦しいのならば、いっそ雪山に負けてしまうのが楽なのかなとも思ってしまいます。

少し吹雪が弱まったので先を見ると遠くにうっすらと見える山小屋があります。

沈む新雪をゆっくりと歩いていき、山小屋にたどり着き、木の扉を開けてあなたは入ってみます。

気温は外と変わらない、でも小屋の天井、壁に守られているだけ吹雪を防げます。

暖炉のそばにあるマッチで薪を燃やそうとしてもなかなかうまくいきません。

マッチは湿っています。

5本ぐらいしかなかったマッチが全て折れてしまい、あなたは絶望感に襲われながら暖を少しでも取ろうとジャケットのポケットに手を入れるとそこには新しいマッチがあります。

震える手でマッチを擦ると、大きな炎が暖炉を照らします。

まるでバーナーのような強い、青い炎は湿った薪に火をつけてバチバチと明るく暖炉が輝き、そしてあなたが手をかざすと確かな暖かさを手のひらの上に感じます。

いいでしょうか。

この不思議なマッチは実はあなたが元々自分で持っているものです。取り出そうと思えばいくらでも出てくる無限の資源なのです。

火の光は古来から聖なる儀式の象徴、じっと火を見ているとあなたは引き込まれて今まであなたをとらえていた欲望や衝動が火の中に入って焼き尽くされていくのを見ています。

冬山はとても寒いですが、あなたは自分だけが使える魔法のマッチを持っています。

そのマッチを灯すと光り輝くのは色とりどりの光、情熱の赤、エネルギーを与えるオレンジ、可愛らしさのピンク、鎮静、再生の青、静謐の緑、浄化の白、喜びの黄色、すべてあなたが望む色になります。

暖かくなり気持ちよくなりまどろんでいるとまるで昔の8ミリ時代の映写機のようにどんどんと景色と時間が流れていきます。

あなたは暖かさを感じたまま季節だけが早送りになっているので、目が覚めた時はすっかり春です。

春の山、木々から芽吹く緑の葉、山は怖いもの、あなたの欲動を気ままにコントロールしようとして暴れる嵐吹雪く存在ではもうありません。

生命豊かな、そしてあなたは健康を手に入れようと進みつつある自分に気づき人生に喜びを感じるようにだんだんなっていきます。
4D6FD89D-9392-4415-9D8A-C8F97ADCF339

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ

142BAB41-26BE-4751-952D-C85141F3B626

ダイエット、過食依存から抜け出すためのワーク〜木洩れ日

あなたが今いるのは少し街から離れた木々の生えている林、森と言ってもいいような生い茂った草木。

空から降り注ぐ太陽の光は木々の葉にさえぎられて強い光ではなく、柔らかであなたを暖かく包み込む、そして癒しをあなたに与えていく光です。

光は部分的にはまぶしくてあなたの頭のてっぺんを照らしてそしてあなたの喉から胸からそして皮膚で覆われているお腹を照らし、浄化してくれます。

あなたは土の匂いがする柔らかな草の上に座っていて、鳥のさえずり声を聞いています。

すぐそこにある小川、そのせせらぎの音が聞こえ、そしてあなたは小川の流れの中にさっき手を入れてその流れのひんやり冷たさを心地よく感じていたことがわかっています。

小川は澄んでいて、色とりどりの小石がきれいに水底にあります。

あなたがひんやりとする小川に手を入れたその指先から澄んだ小川があなたを依存や過食から浄化するきれいな癒しの力は身体中に浸み込んで広がってあなたを浄化しているということにあなたは気づいているでしょうか。

あなたは水、無意識のエネルギーからパワーを受けてそして今度は木漏れ日の光によって浄化されているのです。

あなたが今何をしているかというと、ただ黙ってじっと座り込んで木々や木漏れ日の匂いを感じてそして鳥の鳴き声や小川の流れる音を聞いているだけです。

ただそうしているだけのことであなたは許されているのです。

あなたはこれまで自分のことを責めて苦しんでひどい勢いで自分自身を攻撃してこなかったでしょうか。

そうすることで何かあなたに得があったとでも?

あなたは自分の心と身体を傷つけてその大きな代償のかわりに痛んだ自分を手に入れただけです。

あなたは自分を解き放ちます。

そうすると全ての欲望から解放された自分の尊さを認めることができる。

そのためにはただあなたはあなた自身でいることを自然に感じているだけでいいのです。

ただ楽にしているだけであなたは欲しいものを手に入れることができます。

それはあなたが無理やりに暴力的な衝動で無理やり口に詰め込んで苦しみながら飲み下していた不必要な食物ではありません。

あなたがこれから手に入れていくのは自由です。

あなたが一番欲しかった自由を手に入れたらあなたがどうなるのか考えてみましょう。

この文書を読んだ人にとって、奇跡は明日の朝に起こります。

その前にあなたは覚えていないかもしれませんがとても重要な夢を今夜見ます。

その夢があなたに与えていく影響は今日から大きな変革を与えるかも知れませんし、少しずつかもしれません。

どのように、どんなスピードで変化するかはあなたが自分で選ぶ権利があります。

今日の木漏れ日を浴びたあなたは自分自身をただ感じるままにしておきます。

そしてそれ以上何も求められないということを知っておいてください。

そしてもう一回繰り返します。

あなたはニャーと鳴く青い猫のことを絶対に考えないでくださいね

あるいはとてもすっぱいレモンをがりっと丸かじりしてみてください。そしてそれを想像しただけで唾液を口の中に感じるのは絶対にやめてください。

ね、できたでしょう?

あなたはイメージだけで、「絶対」と禁止されたことを自然に達成することができました。

あなたはただ心地よい木漏れ日を想像して深呼吸すると自由になります。

ワークを読み終えて最後にもしできたら今日か明日にでも水やお茶を飲んでみて自由を楽しんでみてください。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ

1584AB6B-D990-4219-A334-3D791CCEEF14

ダイエットのワーク〜トンネル/失敗は何度でも乗り越えられる

あなたは依存、過食という真っ暗なトンネルの中で運転席にいます。

そこは寂しくて人影もない。

あなたが自分の衝動に駆られて失敗したから罰を与えられていると感じています。

自己否定をして自分はネガティブな信念に打ちのめされて闇の中で真っ暗な気持ちでいます。

窓を開けるとトンネルから滴り落ちてくる水滴の音。

さて、あなたは寒さに震える手でヘッドライトを点灯してみます。

崖崩れで通行不能と思っていたトンネル内はここまでの悪路とは異なっていて、意外と開けていて、前方に大きな岩がありますが、それさえ避けて進めば安全ということがわかりました。

慎重に進んで行くと大きな岩を避けられます。

そして見えるトンネルの向こう側。

それは遠いですけれどもはっきりとしたまぶしい光です。

トンネルの中は安全です。

ヘッドライトを上向き、ハイビームにして遠くまで照らして思い切りアクセルを踏んでみましょう。

トンネルを抜けるとそこは春の風景、青空、白い雲、太陽の光、季節の色とりどりの花や青々とした草木、窓を開けると暖かく、あるいは涼しくて気持ちがいい風や空気に包まれます。

しばらく走るとまたトンネルが山の中に見えます。

トンネルは怖いですか?

怖いかもしれませんね。

ですが、トンネルの中に入り、長いかもしれませんけれどもトンネルには必ず出口があります。

トンネルの中に入ってしまい、イヤだな、またか、と絶望感に近い感情に襲われることもあるかもしれませんが安心してください。

またあなたは安全と思える地点に必ず到達します。

そうしたらまたヘッドライトをハイビームにして少しアクセルをふかし気味にして、あるいはアクセルを全開に踏んでそのままトンネルを駆け抜けてしまいましょう。

抜けた先はまた青空です。

トンネルに入ったとしてもあなたは何も恐れることなく、また抜けられます。

けわしい山道は何度もトンネルがあるかもしれませんが、その度に駆け抜けていけば、必ず抜けられるという確信を持ってあなたは依存から何度でも解放されることが可能なのです。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ

↑このページのトップヘ