カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 心理学

5C0939A6-6D75-4580-8B30-C8ED890B6BC2

◯ 公認心理師大卒実務経験ルートは超難関

公認心理師法第7条第2号では、大卒後2年間の実務経験を経ることで公認心理師受験が可能とされています。

これまでのところ認定施設は

1.法務省矯正局(採用年間100名程度)

法務省矯正局で毎年行っている矯正心理専門職(心理)は倍率2〜3倍程度ですが、近年では臨床心理士資格取得者が多く、決して簡単な試験ではありません。

また、国家公務員総合職(人間科学)は年間15人程度の採用です。

2.裁判所職員総合研修所及び家庭裁判所(採用年間60人程度)

これは家庭裁判所調査官補のための教育課程で、裁判所は総合職の調査官補のために全国から著名な心理学者、精神科医を招いて講義を行ったり、関係施設の見学(医療など)にも行くことができる大変養成にコストがかかる試験です。

倍率は8倍程度ですがかなり難易度が高く、旧帝大院試や臨床心理士試験よりはるかに難易度は高いです。

法務省も裁判所の総合職試験も学歴不問となっていますが、国立旧帝やその他国公立、私立でも早慶上智、GMARCH、KKDRレベル以上の受験生がしのぎを削って受験しています。

3.病院の実習施設

※ 一般財団法人愛成会 弘前愛成会病院

この病院の田崎院長は公認心理師大卒ルートの実習に大変意欲的な方です。

公認心理師カリキュラム検討委員会会員を経て、第38回心理臨床学会の公認心理師実習プログラムにもシンポジストとして参加されている、公認心理師養成に関して大変意識が高く理解ある先生です。

この愛成会病院の公認心理師養成実習は年間2名を採用しています。

公認心理師大卒ルート養成については、大学院ルートと同様のかなり細かい規定が定められています。

実習生に実習を行わせるほか、大学院レベルの教育、実習も行います。

働きながらの実習なので大卒実務経験ルートは3年間を基本年限と厚生労働省では考えています。

また、実務ルートなので、この間に実習生にきちんとした労働条件の下、給与や賞与を支給して休暇も与えながら実習を行わなければならないので実習生は労働者としての側面も持ちます。

これらの条件を全てクリアすることは実習施設にとってはかなりハードルが高いものになります。

愛成会弘前病院の実習生2名、さっぽろ駅前クリニックの募集は2020年度に4名、メンタルクリニックダダは2019度4名、2020年度5名です。

賃金を払いながらこれだけの実習を含む教育を行うということは施設にとっては並大抵のことではありません。

病院、クリニックは単に施設内実習をするというだけでなく、グループホーム、作業所や幼保施設、老人施設やデイケアなどサテライト機能がないとこれだけの実習を行わせるキャパシティはないでしょう。

施設側にとってメリットは?

というと金銭的なものよりも高い理念が必要になります。

それでも大卒ルートを担保するための試みは非常に貴重なものなので実習施設側には頑張って欲しいものです。

4.総論

大卒後実務経験を積めば簡単に公認心理師になれますよ?という大学や専門学校は軽々しい謳い文句の割には無策です。

これだけの少数の実習を獲得できる難関をそう簡単にはくぐり抜けられるようには思えません。

受験生の方々はよく考えてから進路を決めて欲しいものです。

心理職国家資格論議の中で臨床心理士(院卒)と医療心理師(大卒)2ルートの資格が過去、提唱されたことがありましたが、実習施設側に高い要件を厚生労働省はもうけました。

医療心理師案の際には医師団体が「国家資格を持つ心理職は大卒で十分」と考えていたのが皮肉にも大卒者区分B(2024年度誕生)あるいは区分Fは受験者に非常に高いハードルが課せられることによって高度な専門性が担保されることになりました。

ここ5年間の現任者Gルートが公認心理師施行令5条に定められている施設勤務経験があれば受験OKということで玉石混交、心理職採用側が公認心理師の採用に躊躇しているということを以前記事にしました。

これから(これまで合格した人たちも)どんどん実力を発揮して公認心理師の専門性の高さを現場示していくことが期待されます。

Gルート合格者で心理職プロパーでなかった方々が公認心理師資格をどう活用していくかも今後の課題ですし、その実情も今後の資格のあり方の見直しに大いに影響があるでしょう。





4EA9E6CF-0860-4D1F-A562-8415027940A3

心理臨床学会から帰宅してからのちみちゃんとの会話

千美梨「疲れたでしょ。はい、あなたが業務用スーパーで買ってきた格安インスタントコーヒーいれたわよ」

僕「ありがとう。今度はもっと安いコーヒー探してくるよ」

ちみ「・・・ご飯食べる?」

僕「いや、疲れたからあとでいい。今回の学会はすごかったなあ。北川先生の発表は前から聴きたかったし、児相とか福祉関係のシンポジウムは出たかったし、児相も養護施設もすごい人たちばかりなんだよ。児童福祉は大変な仕事してるけど暗くならない、明るい性格の人たちでね」

ちみ「うん」

僕「公認心理師制度導入初めての学会だからね、大卒ルートも大学院ルートも課題が山積していてね、それでもきちんと能力ある公認心理師を養成していこうっていう官側や大学、大学院側の意気込みは十分に伝わってきた」

ちみ「うん」

僕「ただね、僕も北川先生の発表で質問したんだけどね、主治の医師の指示とか公認心理師制度を円滑に運用していくための現場での戸惑いとか工夫も伝わってきたし」

ちみ「うん」

僕「いろんな現場の心理の人とも話したんだけどね、心理ってあんまり恵まれていないのかねえ、廊下で休憩してると3人集まると転職話」

ちみ「うん」

僕「ポスター発表も出版社の人たちと話したりして楽しかったよー。こころJOBさんと話ができてね、民間の側でもこの制度をきちんとしておかなきゃいかないってのはよくわかった」

ちみ「ね、あなたいつもそうなんだけど久しぶりに帰って来てお留守番してた私にお疲れさまとかねぎらいの言葉もないワケ?いつも自分のことばかり喋ってるじゃないの。日ごろからそうなんだけど。カウンセラーって人の話聞く仕事なんでしょ?」

僕「えと、あの、お疲れ様、大変だったでしょ」

ちみ「うん、ツイッター見たらあなた私に内緒で若い子とランチに行ったんだって?

僕「え、僕のツイッター読んでたの?」

ちみ「友だちがたまたま教えてくれたの。で、どうだったの?楽しかった?」

僕「いや、後輩だからさ、ほら、仕事の悩みとかあるかなあって聞いてたらいつのまにか説教されててね、僕の生き方はどうなの?ってとかね」

ちみ「ふーん、楽しかった?」

僕「いや、仕事がらみだしね」

ちみ「ほかに女の人とご飯食べたりした?」

僕「えっと、ほら、学会の会場だといろんな人に会うじゃない。久しぶりの人とかね、それでね、公認心理師試験難しかったなあとかさ、これからどうなっていくなかとかね」

ちみ「要するに他の女ともごはん行ったワケね。やっぱり女グセ悪い」

僕「・・・今回学会に単独で行ったからお金かかったなあ。行動費とか立て替えといたお金ちょうだい」

ちみ「で、夜は何してたの?」

僕「一人で串揚げ食べに行ったりとんこつラーメン食べたり、ほら、安くあげたいじゃん?」

ちみ「私も串揚げとかとんこつラーメン食べたかったなあ。美味しかったでしょ。」

僕「ほら、泊まったの場末のホテルだったからさ、下町だしそんな高級店じゃないしね」

ちみ「あなたこう、一人きりで自由にしてて楽しかったでしょ、いいなあ、私もエステとか行きたい」

僕「う、うん」

ちみ「格安エステだけで済むんだったら安いでしょ?それからね、出張から帰ったら、これからは自分の話をするだけじゃなくて寂しい思いしてお留守番してた私の話もよ・く・聞・く・こ・と」

※ ご飯もそこそこに寝てしまってこの日は終わったわけですが、心理臨床学会だけが加入学会ではないので参加の度にちみちゃんに寂しい思いをさせていることは事実です。

仕事が忙しければ深夜休日に及ぶこともあります。

以前は当直をともなう仕事をしていたこともありました。

仕事の都合でやむなく単身赴任している方もいるでしょう。

心理職は何かと採算に合わない仕事も多いです。

2回連続で書きましたが、児童福祉領域の心理・福祉職の人たちには頭が下がる思いでした。

大事なことなので3回目にも書いておきました。

0CDEF196-2734-41FB-9606-200D8DA8284B

日本心理臨床学会の後にこころJOBさんと公認心理師談義

こころJOBさん(メディカ出版)の中の人となんだか意気投合した勢いで約1時間半ほどお話する機会がありました。

中の人はこの公認心理師制度の行く先にかなり注視していて、前のめりに進んでいく熱意を感じさせる人でした。

中の人と話してみて僕が感じたのはこの制度全般と今後について考えるためにかなりの量の勉強をしていて、関心が薄い心理職よりもはるかに制度や心理職の生き様にも詳しくてサクサク話ができました。

こころJOBさんは公認心理師の今後の活躍の場について真剣に考えていて、人材紹介のサービスを進めています。「今後も求人情報があればどんどん載せますよ」という利用者(公認心理師や、これから公認心理師を目指す学生さんなど)中心の観点です。

こころJOBのWEBサイトでは公認心理師の職場や仕事内容について取材して掲載されているのですが、これからも公認心理師の活躍の舞台を紹介したいので、現職の公認心理師の方で職場のことをぜひ知ってもらいたいという方に、どんどん応募して欲しいとのことでした。

僕の感想ではきちんと閲覧者のことを考えてよくできているサイトだと思います。

情報があれば随時更新していくのでよろしくとのことでした。

※ こころJOBさんから一銭ももらっていないのですが、中の人の熱意に圧倒されて記事にしてみました。

070BC316-2542-4441-99E0-218F59D04705

◯ ひきこもりとはなんだ?!

川崎事件では死亡した容疑者がこのように親族に述べていました。

さて、容疑者は死亡時51歳、無職、家のことはちゃんとやっているだろう、というのが彼の言い分でした。

ひきこもりの厳密な定義は半年仕事をしていない、学校も行ってないということだそうです。

この辺りは若年者のニート Not in Education, Employment or Training, NEET)の定義と重なるようですが、ニートは15歳から34歳までに限られています。

内閣府(pdf資料厚生労働省、日本臨床心理士会(未公表)資料をつらつらと読んでみたのですが、ひきこもりは時代とともに概念が変遷しています。

そして今問題になっているのがひきこもりの高年齢化で、40代以上69歳までの引きこもりが61万人いるという内閣府の調査結果が2019.3.29に出ています。

この調査はかなり精度を高めて調査したサンプルから母数を推定しています。

ただし、これはよく言われていることですが潜在的なひきこもりとしての女性のひきこもりは数の上に計上されていません。

女性のひきこもりは男性よりもかなり僅少な数で算出されています。

働き盛りの夫に知らない土地から知らない土地に連れて行かれてその度新しい人間関係を構築できる主婦は限られています。

暗数としてはひきこもりの数は政府が発表しているよりも多いでしょう。

さて、昔を振り返ってみます。

一昔前なら司法試験浪人や東大早稲田浪人がいて、「あいつは30になっても40になっても頑張っている、エライやつだなあ」と一部の人は許してくれたという文化がありました。

潜在的ひきこもりを許す文化です。

現代でも10年浪人して医学部に入ればお医者様になれます。

果てしなく医学部浪人をしている人たちの中でも成功者は出てくることも事実です。

もっと時代を遡れば素浪人という無職の仕官を求めて江戸時代以前から明治前期に至るまで、時には野盗などをしながら仕官できたり、大商人になれた人たちがいます。

こういう人たちは無職でも求職していた武士もどきということで、プライドが高い無職だったのでしょう。

今度は小中高児童生徒について考えてみます。

現在登校拒否という言葉はほとんど使われていません。

いや、拒否しているんじゃなくて行けないんだから不登校なんだ、ということで不登校という言葉を使われています。

不登校に対する対処はスクールカウンセラーにとっては果てしない課題です。

そしてその人が引きこもりになってしまうかどうか、人生の境目ともなります。

スクールカウンセラー配置で不登校はどれだけ減ったか、逆に増えたかという数はそのまま翌年のスクールカウンセラーの雇用につながることがあります。

校長は自分の評価にかかわるから必死です。

スクールカウンセラーを替えれば変わるかもしれないという言い訳を考えて非常勤職員を切り捨てても不思議はありません。

学校はなかなかハードルが高い命題を出すもので、不登校児の家に迎えに行け、担任が行っても学年主任が行ってもダメだ、と言われて何度も子どもの家に行きました。

子どもに何をしに来やがったんだ早く帰れ、ばかやろうと怒鳴られたことも度々、アウトリーチ(積極的介入)の持つ意味についてきちんと説得できれば良かったのですが、しがない非常勤職員としては校長に逆らえません。

うまく行った例(改変済)もあって、家庭訪問に行くと子どもがアニキャラやオリキャラのお絵描をしていて「うまいじゃん、よく描けてるねえ、これ◯◯のキャラっぽいね?」と言うと子どもがびっくりしたような顔をします。

僕「また来ていい?」
子ども「ビミョー」

スクールカウンセラーは年間35週契約、行かない週があると「あのおじさんは?」と聞いていたそうでした。

子どもにとっては大人はみんなおじさんなので、なんだかわけがわからないけど週イチで来ておじさんに絵を褒められているうちに相談室登校して教室復帰をします。

こういう場合は子どもや保護者、学校にも十分な準備体制が整っていてカウンセラーはきっかけを作ったに過ぎない場合だといろんな例を振り返って思います。

将来的なひきこもり候補が1人復帰したと思うとほっとするのですが、長期化すると確かに厄介でしょう。

僕が福祉の現場や労働局でバイトしていたときも小学校からだんだん学校に行けなくなってそれからなんとか外に出られるようになって、必死で就継やハローワークに来てもう緊張でガチガチになってそれでも来る。

偉いねすごいねとポジティブに評価してもなかなか続かなくてまたひきこもってしまうわけです。

ひきこもりサポーターという制度があって、元ひきこもりのピアサポーターがひきこもりの人の家庭を訪問声かけをする。

ひきこもりの人を完全社会復帰させるまでいかなくとも、作業所に来られるようにするとかデイケアに行けるように頑張る気持ちになれたら僕は大成功だと思います。

行政でひきこもり地域支援センターを作りアウトリーチをするという看板は立派です。

実際のところ、ひきこもりの定義にも書かれている、さまざまな精神疾患の可能性もあるけれどもそれと決まっているわけでもない、これがひきこもりの実体的な意味づけだと思います。

社会的支援体制を充実させて福祉的な受け入れを充実させて行政はありとあらゆることをしようとしています。

厚生労働省科研費事業で作成された「ひきこもりの評価・支援に対するガイドライン」pdf資料ではひきこもりを精神障害、発達障害、パーソナリティ障害のいずれかに該当すると規定していますが(p24)
「障害がなければひきこもりは起こらないの?」と思ってしまいます。

実際にはほかのガイドラインでは述べられているようにひきこもりはさまざまな要因から成り立っていて疾患や障害が前提となっていない場合も多いでしょう。

現在、心理職ができることとして可能なのは教育では不登校支援、医療では病院に来た際にその人が統合失調症スペクトラムや神経発達障害群に当てはまっていればそのサイコロジカルな支援をしていくことです。

ところが一方では「働いたら負けかなと思っている」「親パワーで一生生きる」と言っている人たちをネットでも見ます。

50代ひきこもりが年金暮らしの母親にすがって生きているのを「母親にもやりがいを与えたいと思っているから」と開き直ったかのような態度をしていて芸能人から叱られていた動画を見たこともあります。

ネトゲの世界では60人の部下を従えてドロップ率0.数パーセントの伝説のアイテムをリーダーが入手する、みんなから拍手される、そんな話を聞くと、それだけのリーダーシップがあるなら、おま、社会人で十分やってけるだろうと思ってしまいます。

チームによってはメンバーにバイト一切禁止を言い渡しているところもあるとか。

せどりで月10万稼ぎながら声優イベントに行き続けるオタクの人もテレビで見ました。

ひとつ対応を間違えるとひきこもりの人はそのままになってしまいます。

こういった開き直ったひきこもりの人々は充実しているかというとそんなことはなく、精神的にその根底にあるのは将来への果てしない不安と恐怖です。

親から罵倒されて不登校の子が水をかけられる動画を見て「うわあ」と思ったこともありますが常識的にはそれはダメなやり方です。

故河合隼雄先生の講義を生で聞く機会がありました。

不登校の子どもの言い分をにこにこしながら聞いていたカウンセラーがあまりにワガママな子どもの言い分に耐えかねて「とにかく学校行け!」と怒鳴りつけたら子どもが翌日から学校に行き始めたというエピソードを話してくれました。

いろんな要因が重奏して起こるひきこもり、年々ひきこもりが高齢化していくにもかかわらず福祉財源が少なくなってくるでしょう。

行政ができること限られていて、心理職はどこかの場面で登場を要請されるとは思います。

心理職がどこでどうやって福祉や医療と連携して対応するか、ことひきこもり対策行政についてはまだ暗中模索のままです。

3E6AB937-11EA-4923-9C13-0D8366CA3914

川崎事件に思う タレント精神科医・心理学者が精神医学・心理学をダメにする

川崎市19人児童連続殺傷事件について報道で精神科医片田珠美氏が「犯人は世間へと復讐をしたかった」と述べていましたが、僕は「なぜそんなことがわかるの?」と即座に思います。

片田珠美氏は続けて「世間に対する欲求不満」「精神不安定」「破滅的喪失体験」「自己愛が強かったのでは」と矢継ぎ早に述べていますが、

犯人死んじゃってるから誰にもわからないのになぜ断言するの?

というのが正直な印象です。

こういった、事件が起こるとその事件についてコメントする「自称専門家」精神科医・臨床心理士は多々いてその度に犯人へのスティグマ、烙印付けを行おうとします。

「死んでしまったけれども犯人は精神疾患患者だったんだろう、病院に通っていてもいなくても患者だ、精神異常者だ、私はそう思うから間違いない」という「識者」の威を借りてマスコミが「ね、そうでしょ?精神疾患患者は危ないでしょ?普通の人よりも精神障害者は危なくてしょうがない」という論調で報じます。

そして一般人が「そうだそうだ奴らは危ない、だから奴らは普段から隔離して見張りをつけよう」と論調はどんどんあらぬ方向に極論化していく、これは議論の集団斉一化現象として社会心理学で言われています。

三段論法でいうと「トムは黒人だ」「トムが犯罪を起こした」「だから黒人は全て犯罪者だ」という誤った世論誘導をマスコミは好みます。

精神疾患患者の犯罪率は一般人に比べて僅少であることは各種研究で明らかにされています。

マスコミの「などとわけのわからないことを言い、当局では詳細な調査を進めています」という犯人=精神障害者という印象操作は9割9分外れていて大抵はそういった犯行は違法薬物使用者によるものです。

実際僕が某措置入院基幹病院で土日に日直バイトをしていた時は事務所に詰めているだけという感じでヒマでヒマで仕方なくて僕が在勤時には結局精神障害者による犯罪のひとつも起こりませんでした。

半タレント精神科医、臨床心理士は昔から数多くいます。

精神科医に対しては「あんた、診てない患者を伝聞で診断する仕事をしてるの?」と思いますし、臨床心理士についても「あんた、アセスメント面接も心理検査もしてないのによくいい加減なこと言うよね?疾患とか障害とか担当医でもないのに勝手に診断していいワケ?」と思うわけです。

マスコミが識者の意見が取ってそれをそのままたれ流すと権威付けられた世論形成につながっていきます。

片田珠美氏も少年の心の闇についての著作があります。

「心の闇」ってナニ?

と思うのですが、少年がヤリ玉に上がっていたころもあります。

どうやら酒鬼薔薇聖斗事件(1997年)17歳バスジャック事件(2000年)に始まって「少年は危ない、罰を重くしようそうしよう」という論調から、世論に敏感な立法府は2000年、検察官送致して少年を刑事罰に処することができる年齢を16歳から14歳に引き下げました。

故意に人を死に至らしめた場合は16歳以上原則検察官送致という法律も同時に定められました。

心の闇ではなくてマスコミの闇、世論の闇でないの?

と思うわけです。

少子化であまりにも少年事件担当者はヒマになり、家裁は少年から家事シフトになりました。

少年事件の絶対数も犯罪比率も下がっています。

殺人事件が最も多かったのは1960年〜1965年の間の若年者成人によるものです。

いわゆるキレやすい団塊の世代です。

少年事件は年々減少の一途を辿っていて凶悪犯罪もほとんどありませんが1件2件の犯罪が法律の世界を動かします。

タレント精神科医や心理学者は実に多く、きちんとした業績を上げているのにもかかわらずマスコミ登場することで自分の価値下げをする人もいます。

それだけなら馬鹿者扱いされるだけなのですが、専門家としての魂を売って自分のクライエントとしての精神障害者、未成年者を売ってどうする、と憤りを覚えるわけです。

同業者からはいい加減なインチキ精神科医心理学者と見られるだけです。

挙げ句の果てには大学教員に収まって有料メルマガを出してテレビ番組のレギュラーになって本業は何をやっているのかと、ねえ名◯先生?と思ったりするワケです。

僕が某マスコミ事務所で糊口をしのいていたときのことですがテレビ局におつかいに行ったことがあり、局員から名刺を出されて「あ、ども」と名刺を返したら、たまたま凶悪事件が起こった日で「あ、心理カウンセラーの人って今インタビューに答えられます?」と聞かれて文字どおり「ふえっ?」と聞き返したことがあります。

確かにライティング、マスコミ関係の仕事はしていましたが、見たことも聞いたこともない事件について何をどう語ればいいのかと。

僕が「ふえっ?」とキョドッて言ったのでそのまま局員さんは忙しそうにどこかに去っていきました。

ちなみにその当時、事件インタビューを受けると短時間で一回10万円が相場でした。

専門家、精神科医や心理学者は自分の一言が精神障害者、少年という本来ならその人権を守られなければならない人たちを追い詰めていく危険性があるということを知っておいて欲しいです。

真面目な学者は守秘義務に注意しつつ、ケース発表の際には個人情報を改変しつつ本人に説明書を手渡して同意書にサインをもらい国立国会図書館に論文が収納されるまでの間、いつでも発表や掲載に関する異議申し立てをすることができる旨をきちんと説明しています。

それは最低限の倫理規定です。

それにもかかわらず何も知らない相手を診断したり分析したりあなた方は自分が所持している資格や同業者に対して大変失礼なことをしているのではないかと。

以上、マスコミ、精神科医、心理学者の持つ深い心の闇について語らせていただきました。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

↑このページのトップヘ