ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

カテゴリ: 心理学

4C8E6E2D-CB8B-49B9-8B0E-A064048DE862


※ 近代中小企業編集部様への投稿記事を掲載していただきました。

「近代中小企業」
発行:中小企業経営研究会
https://www.kinchu.jp

(以下本文)

 日々、コロナ禍に関するニュースが報道されています。「○○でクラスター発生」「今日の感染者数は○○人」など、ネガティブな報道が多く、人々はメンタルが弱くなっています。今、私はメンタルヘルス上大きな影響を与えているコロナ禍における心理学的な影響について、複数の心理カウンセラーと共同研究を進めています。本稿で、その一端を紹介します。


コロナ禍はメンタルを
不安定にさせる

●生物を無力化するダメ状態

「こんなに感染者が出ていると自分もダメかもしれない…」
「ウチの会社の従業員や家族に感染者が出たらどうしよう…」

 クヨクヨしているとメンタルはどんどん不安定になります。
 冒頭で述べたように、私は仲間と新型コロナウイルスの心理学的な影響について研究をしていますが、その途中経過で、

「苦境に陥っているときほど前向きな考え方をして、先に進んだ方がメンタルヘルスにはいい」

という結論が出つつあります。
 アメリカのポジティブ心理学の権威、マーティン・セリグマン博士は「いくら逃げ回っても電撃ショックを与え続けられたネズミは、そのうち丸くうずくまって何もできなくなってしまう」という、無気力感についての研究結果を発表しました。
 つまり「何をやってもダメ」という状態に置かれると、ヒトを含めた生物は無力感に襲われてしまうのです。反対に「何かの対策をすればそれは有効である」とも、セリグマン博士は述べています。
 楽観的に物事を見られるポジティブな心理状態は、人の気持ちを楽にしてくれるのです。

正しい知識と情報を得て
不安を減少させる

●新しい生活様式 
 正しい知識がないと不安が深まります。そして、不完全な情報は人の心を混乱させます。

「どこに行ったら危ないのか?」
「どこが安全なのか?」
「どういう生活方法をした大丈夫なのか?」

 例えば、新しい生活様式の中でスーパーマーケットへ買い物に行き「洗剤を購入するにあたり、手に取り成分をじっくりと見る」という行動はNGです。新しい生活様式では、できる限りモノに触れない、同じ場所に滞在しないようにする必要があります。
 周囲の人や店員は、あなたがウイルスを持っているか分からないので、他者への配慮をしなければなりません。スーパーマーケットへの買い物は、家族の中で一番体力がある人が短時間で行くようにして、帰宅後はすぐにシャワーを浴びてください。
 では、解放空間であれば大丈夫なのか…。例えば公園。遊びの中で子どもたちは三密を避けることは出来ませんし、遊具にもウイルスがついているかもしれません。

●安心感でポジティブ思考に
 新型コロナウイルスに対して最も有効なのは石けんによる手洗いです。正しい方法で手洗いをすれば殺菌力によってウイルスは死滅します。
 そして三密を避けるため、2メートル以上のソーシャルディスタンスを守りマスクをすることで感染の可能性はグンと減ります。クラスターの発生は、多くのケースで三密が守られていないことに起因しているので、以上の安全性の確保を心掛けてください。
 正しい知識を得ることで安全な生活方法を知り、感染リスクを減らして安心感を持つことことができます。それがポジティブな気持ちを保つことにつながります。

コロナストレスと
メンタルマネジメント

●免疫力を高める

「自分がコロナに感染しているのではないか?」
「家族がコロナに感染しているのではないか?」
「会社でクラスターが発生したらどうしよう?」

 これらの心配事はすべてコロナストレスと言えます。特に経営者がこのようなストレスを抱えていると、企業という組織・集団の中に不安が広がることになります。
 だからこそ、コロナストレスにはメンタルマネジメントが必要になるのです。
 メンタルマネジメントのための心得とは、
・リラックスすること
・精神的なタフさを身につけるために充分な休養を取ること
・そのタフさやレジリエンスを鍛えるにはユーモアが大切
 企業のセクション、あるいは全体的なムードが沈滞していると、企業そのものの士気にも影響してきます。
 現在、飲食店や観光業など、コロナ禍のため短期的に損失を被っている企業もあります。この機会に、従業員には将来的な生活も大丈夫であるという保証のためにも、きちんと休暇を消化し、リラックスして心身を休めてもらうことが重要です。
 つまり、リラックスしてよく眠り、食事をきちんと摂る。これを企業リーダーが率先して実行し、従業員もそれに習うことが、ウィズコロナに必要なメンタルマネジメントになります。
 さらに、前述したポジティブ心理学では、
・楽観主義でいる
・気持ちを安定させる
・深呼吸をする
などの何気ない工夫がとても重視されると説いています。このような、落ち着いて安定した雰囲気作りが人々の免疫力を高めます。

企業リーダーが実践する
有効的な危機介入

●カウンセリングマインド
 これだけ新型コロナウイルスの感染が流行していると、いつ・どこで・誰が、感染してもおかしくありません。街中での経路不明感染、そして、よく聞く「夜の街」で感染することもあり得ます。
 夜の街は周知の通り感染確率も高いのですが、自社のコロナから回復した従業員に、どこでどのように感染したか、取り調べのように聞くことは好ましくありません。実際、そういったパワハラに近い対応をしている事業所があるという話も聞いています。
 その結果、何が起こるかというと、コロナの感染源が不明になります。確かに、夜の街に行ったのかもしれません。しかし、会社に対して申し訳ない、また、やましさから医療機関や家族、企業に感染経路を秘密にしてしまうかもしれません。そうすると感染経路は不明になってしまいます。
 感染経路がわからなくなることで、コロナクラスターの発生源もわからなくなります。つまり、公衆衛生的な介入ができなくなってしまうのです。
 仮に、自社から患者が数人出たとして「すべて感染経路不明」だったとしたら、保健・医療機関からいぶかしく思われるでしょう。
 どのような感染ルートでも、それをリーダーは「責めない」「差別をしない」ことです。感染ルートやクラスターを明らかにすることは、企業の社会的な責任でもあります。リーダーは何が起こっても泰然自若とした振る舞いで、事に対処してください。
 心理カウンセリングの世界ではよくあることですが、患者さんの不安をきちんと受け止めていると患者さんは安心して悩みを話してくれます。リーダーも広い心で従業員の不安を把握し、きちんと受け止め、受容するという、カウンセリングマインドで対応して欲しいと、産業・医療現場で働く私は思っています。

感染予防知識を伝えて
意識向上と安心感を与える

●接触確認アプリ「COCOA」
 「アメリカ疾病予防管理センター(CDC)」は、どんな感染症が流行しても基本的な予防法は、
・手指消毒(正しい手洗い方法)
・ソーシャルディスタンス
の厳守であると説いています。
 手洗い方法や感染症対策は、厚生労働省や首相官邸の作成したものが推奨されており、そこに、手洗いやマスクの仕方が掲載されています(図1)。
 また、厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」は、一人ひとりがアプリをインストールすることで予防意識を高めることができます(改善中箇所あり)。リーダーがアプリを自分のスマートフォンにインストールして、従業員にも推進してください(図2)。
 リーダーが、従業員の健康に気を配り、コロナ禍の現状に対応していることをアプリひとつで示すことができます。

今、企業リーダーに
求められていること

●言葉に出してほめる
 多くの企業がコロナ禍で厳しい経営状態が続いています。しかし従業員には、自社の屋台骨は揺らぐことなく雇用確保を示します。
 実際にカウンセリングの現場では、特にコロナ多発地域に居住する人々は自身の感染よりも経済的な不安を口にします。安心感を与える根拠が必要なのです。
 動物は勘や食物の有無で危険を察知します。地球上で人間だけが言語を使いますが、言葉は人間にとって罰にもなれば報酬にもなります。報酬とは、金銭的な報酬だけでなく、言葉による安心を与えるだけでも充分なのです。
 根拠というと数値的なものを想像しますが、様々な心理学的理論では、論理的な根拠だけでなく、暖かい雰囲気やポジティブな声がけ、ほめられることなどが、自信を持たせる根拠となり得ることが示されています。
 「兵站は戦の要」という言葉がありますが、心理的なプラスの資源を持っていることは人を前向きにします。従業員が心の中にプラスのエネルギーを持つことで、ゆとりある気持ちで働くことが可能になります。
 どんなに小さなことでも、注目してほめられると人は嬉しさを感じ、それは充分ポジティブな心理状態を生み出します。

ポジティブ心理学で
ウェルビーイングを

●肉体、精神、生活を満たす
 ポジティブ心理学は、その名の通りポジティブな思考法を推し進める心理学の一分野です。健康的な良い生き方をすることは、単に病気を患っていないということではありません。
 WHOは「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます」と定義しています。
 病んでない生活をするだけではなく「満たされて幸せで充実した生活(ウェルビーイング)」をポジティブ心理学ではとても重視しています。
 コロナ禍で不安な気持ちに追い込まれ、また、そこから抜け出せない生活は「ウェルビーイングからはほど遠い状態」と言わざるを得ません。
 ポジティブ心理学は、経営学でも重要視されており、マイクロソフト社やグーグル社にも導入されています。その中核となる理論を図3に紹介します。
 これらの考え方は、不安の解消やうつ病の予防に役立つことが知られており、実際に脳波測定をして脳の血流量を調べると、ポジティブな考えをする人は脳も活発に動いているという研究結果が出ています。
 常に、積極的で前向きに進んで行くことが人間の心を豊かにします。そして、このポジティブ心理学の牽引役は、企業リーダーが務めなければなりません。

図3 ポジティブ心理学の理論
●嬉しい、楽しい、明るい、面白い、感謝、感動というポジティブさは、人の心を力強くさせます。
●何かに集中、熱中して自分を積極的に課題に関与させる「フロー状態」という概念を実践すれば不安は薄まります。
●よい関係性、援助し合い助け合うことは絆と連帯感を生み出します。
●人生の意味や仕事の意義、及び目的を前向きに追求することは、人生と仕事にプラスに働きます。
●達成感は満足を生み出します。企業リーダーは、実際に体験された方も多いと思いますが、必ずしも結果が伴わなくとも努力をしたというプロセスそのものも満足につながります。


今一度、逆境を乗り越え
自社をパワフルにする

●スモール・ステップ
 仮に、コロナ禍の影響を受けて一時的に業績がダウンしていても、人は前向きでいる限り苦境を乗り切ることは可能です。生活は変わらず、暖かい同僚、上司、経営者がいて、家族に恵まれていれば従業員一人ひとりのモチベーションは高まります。
 コロナ禍は世界的な脅威となっていますが、逆境の中でも一つひとつ目標を達成することができれば自信につながります。
 心理療法の世界では「スモール・ステップ」を重視します。コロナ禍において、自社や自身の現状が劇的に1日ですべてが改善していくことは考えにくいです。一つひとつの課題を積み重ねてゆっくり完成させることは、一見すると歯がゆいように思えますが、着実な小さな変化はやがて大きな変化につながります。
 自社が安定経営の際はあまり意識していなかったかもしれませんが、今一度、原点に立ち戻り全社全員で協働して苦境を克服し成果を挙げた日のことを思い出してください。「大変な状態を乗り切った!」という自信です。
 コロナ禍の影響はすぐに収束するものではありません。しかし、そんな辛い状況でも前向きでポジティブなリーダーがいる企業は成長を続け、日本経済と世の中の雰囲気を明るくしてくれると信じています。

※ いつも記事をPDF(クリックで読み込み可能) にしていただいて素敵なレイアウトにしていただき、非常に感謝しております。今後とも機会があればぜひよろしくお願いします。


D1457AA8-2A34-4C8F-8E18-B7040F247464

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
ほんの少しの遊びをもって ໒꒱⋆゚


4DEA5239-059A-4079-96A4-328CF907D076

454D4239-21B1-4B30-9976-E57148517C0C

AFAC2AA4-DF88-497F-B625-B8625BE669F4

◯ 公認心理師数と養成機関の地域間格差と今後の合格率の見込み

またもや盟友ウサねずみ@usanezme さんからのtweet書き込み情報を転載しての記事です。

公認心理師数、そしてそのためのら養成学部、大学院の充足率はどうなっているのかというデータをExcelでグラフにしてくれたものが上の図になります。(カウンセラーの種・サイトデータ引用とのことです。)

意外に思えたのが、現在公認心理師登録者数と養成機関の養成キャパシティがほぼほぼ同一数だということです。これは察してみるに、各養成機関が公認心理師数を多過ぎもなく、少な過ぎもなく、学生のニーズ(地域のニーズではない)に合わせた養成を行うようにしたからだと思います。

第3回〜第5回も同じような曲線を描くような気がします。

そしてやはりなんといっても東京の登録者数・養成学部・大学院は頂点に立って多いということです。第1回試験と第2回試験を経て東京都の合格者数は6,755人です。全体合格者数が36,438人なので実に19.6パーセントが東京一極集中ということになります。

ウサさんにもらったデータはあくまで登録数で、今後養成機関からどの程度の受験者が卒業していくかの参考になると思います。第1回〜第5回試験まではGルート受験者も混じっているのでこのグラフはあくまでも参考ですが、かなり近似値になっていることにむしろ驚きを感じます。

相関関係論ρを求めたら.80以上の強い相関が出てきそうです。ここで意外に思えたのは京都の数値です。京都と言えば京都大学を中心として、私学でも京都文教大学などの名門校がずらりと並んでいます。詳細に調べてみないとわからないこともあるのですが、前述のとおりGルートの誤差や地域別合格率、各大学院の定員も見てみないとならないのでなんとも言えません。

ウサさんによれば「都市部の大学は他県からの入学者も多く、それらがUターン就職するか、そのまま居着くか、全く違うところに就職するかは分からないので」との仮定です。

「大都市は人口多くて大学も多いので、この相関は続きそうですね。放っておけば地域間格差が大きくなっていくのではないかという危惧もあります。メンタルヘルスのインフラとして機能するには人口に関わらず各都道府県で一定数の最低限配置は欲しいところです。医師養成や教員養成のように、最低でも都道府県に1校は養成機関を設置するというのが課題でしょうか。」ウサさん談

さて、「都会は人が多い」というのは真実ですのでそれが見かけの相関?に関係しているのかもしれません。

ただ、なんとなくの印象?(失礼ですが)東京の大学はそれなりに名門校というか、臨床心理士を輩出してきた大学院のような気がします。

日本心理研修センターは都道府県別の合格率を出していないのでわかりませんが、2024年、1年時学部からの純粋培養組は現在の臨床心理士同様1400人程度受験、このグラフ曲線の数値を縮小した形になる、あるいはかなりレベルが高いシラバスを受けて合格率は7割〜8割以上になるかもしれません。

その前に学内選抜GPAから始まる勉強漬け、実習と座学と課題のハードスケジュールで学生たちや大学教官がメンブレないか危惧しています。

(おまけ)
みおみん:箱庭とか好きなんだけど、うちの院学生用には開放してなくて相談室にあるから自分でも触れないし解釈とかはケース持たないとなかなかできないんだよねえ。
僕:ちょっと待ってて。写真フォルダ探すから
み:何?
僕:でぃーえむで送信するぬ。17歳男子高校生
み:この箱庭の写真の置かれた象徴を見ると…非行少年かぬ?
僕:それな!生の箱庭は送れないから俺が想像しながら作ってみた。もう一枚28歳女性会社員未婚
み:うーん。結構危なげな
僕:うん、全体の構成の様子とか孤立感を強調してみた。みおみんセンスあるね。かわゆすし
み:描画解釈でもよくそう言われるぬ
僕:(あ、かわゆす流された)共感性が高いヤンデレ?
み:んあ。いやひなたんには本音でツンツンぬ。ひなたんこそヤンデルしんりし
僕:尊敬する病理医ヤンデル先生に失礼なので小心しんラリ師で
み:それな!


※ アナウンス

従来の「公認心理師試験」カテゴリを
公認心理師試験対策
公認心理師試験制度 に分割しました。

※ 青字クリックで飛びます

AC2AF477-7C87-4BB9-9C4C-FF78D512705B

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
秋めく薫りに時をあずけて。


◯公認心理師試験・統計問題2点が示す意味

昨日の記事にも書いたのですが、現任者講習会テキストの中村知靖 先生の執筆担当の部分がそのまま出題されているとは知らず、唖然としました。

僕も折に触れ統計に関する記事は書くようにしていて、ちまたのYouTube 公認心理師試験対策動画でも統計はかなり多く出ていますがテキスト当該部分を理解していなかても読むだけで解けるというのはものすごいことです。筆写、音読を繰り返していくと統計の基本的な考え方も身につくので一石二鳥、さて、公認心理師試験統計問題2点の持つ意味について考えてみます。

統計問題は非心理専攻者、また心理専攻者でも苦手と思っている人は多いと思います。

これまでの受験者で1、2点差で惜しくも不合格だった人もいるでしょう。

脳神経系、知覚心理、基礎心理、精神物理学、心理学史など心理専攻者でも苦手意識を感じている部分は多いはずです。

ところが統計2点を克服することで「あ、一番苦手分野ができた」と思えると他の分野に取り組んでいく自信にもなります。

「ワタシ、事例問題でセンスを示してカンでなんとかなるからいいわ」と思っていると陥穽があるのがこの試験です。自分の活動領域に限って公認心理師出題者の意図と現場の働き方は相違点が多いので事例問題は知識問題より正答率が低くなっています。

統計のたかが2点、されど2点を克服したことによって他領域・知識問題への学習意欲が湧いて来ればそれは素晴らしいことです。

人間、どうしてもわからない分野があると「ここは捨てた」「ここはどうせやってもわからないから勉強しない」とその部分に対する学習性無気力感を抱きながら受験勉強をすることになります。

それよりは1番の苦手分野の克服ができたと思いながら学習に取り組んだ方がメンブレも少なくはるかに生産的だと思うのです。

※ アナウンス

従来の「公認心理師試験」カテゴリを
公認心理師試験対策
公認心理師試験制度 に分割しました。


※ 青字クリックで飛びます

B8C334B9-5748-42EE-A5CA-70C97A46A971

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
あの日の言葉が
渇いた心に
木霊する


◯ 発見・公認心理師試験統計問題必勝法&構造方程式モデリング

「構造方程式モデリング」と聞くだけで統計慣れしていない人は「そりゃなんじゃ」「働いたら負け」と思うかもしれませんが、橋口誠志郎さんのYouTube動画は数式を使わずに統計を説明しています。

橋口動画にもありますが統計に関する問題は過去3回の試験で出題された内容を見ると現任者講習テキストのp232〜236からしか出ていません。筆写して丸写ししてください。10回音読してください。意味なんぞわからなくてもこれで統計問題必勝法は終わりです。人に偉そうに教えられる門前の小僧になれます。さて、以下はいちおう知っておくと統計初心者にとってはこの現任者講習テキストを読む手助けになるでしょう。

構造方程式モデリングに関する橋口動画(620回再生の超人気動画) 



なぜ構造方程式モデリングを説明するかというと構造方程式モデリングを遡って理解することで他の統計的概念を広く俯瞰することができるからです。

構造方程式モデリングは多変量解析の一種です。そもそも多変量解析とは3つ以上のデータを分析する方法です。例えば他者から見た男性の評価を学歴、身長、年収で見たときに、3つ以上の要因があるので、多変量解析を行うことしかできません。

さて、まず多変量解析ではない解析法に触れます。分散分析一元配置分散分析、二元配置分析、多元配置分散分析がありますが、帰無仮説は全ての水準の平均が等しいというもので、それを覆すことができるかというものです。(分散分析については以前触れました) また、仮説検定として2群の平均値の差を見るt検定があります。

回帰分析とは、2群の変数の相関関係を見るもので、例えば「日ごろから30分以上ジョギングをやっている人は3000メートル走のタイムが早いか?」というものです。

この場合、「30分以上ジョギングをやっている人」は説明変数この仮説が正しいかどうかを確かめるのが目的変数です。

ここからが多変量解析になります。

⑴ 重回帰分析

説明変数が2つ以上あるので「重」なわけですが、例えば説明変数が3つあるとします。酒量、喫煙、肥満という3つの説明変数が血圧に与える影響という仮説検定をします。結果変数→現任者テキストでは基準変数と呼んでいます。

2つの値を固定させたとすると説明変数を1増加させると血圧がどうなるかをほかの要素を考えずに予測することを偏回帰係数と呼びます。偏回帰係数は説明変数の分散の影響を受けるため、標準偏回帰係数を使います。

標準偏回帰係数は相関関係を1、平均値を0と仮定して標準化したものです。

(x− x̄/)sが標準化手続きです。xは元データ(例えば酒量が日本酒換算で1日3合)、x̄は平均値、sは標準偏差です。行っていくと相関関係1、平均値0になります。

例えばA、B、Cの3人がいたとしてAさんの喫煙量が1日50本が抜きん出て平均値から高ければ標準化した結果となります。標準偏回帰係数です。

こういった重回帰分析は質問紙テストで、基準変数に影響している説明変数はなにかを探すためにも利用されます。

重相関係数を自乗したものを重決定係数と呼びます。

⑵ 因子分析

よく選択式アンケートで使われる量的分析手法です。

たとえば「公認心理師」のイメージを求めた時に

観測変量
 ↓
優しい−冷たい 
賢い− 愚か
美しい−醜い
明るい−暗い
清潔−不潔 
変人−普通
聞く−話す 
玄人−素人
穏やか−短気 

因子としては「性格」「見た目」「能力」の潜在因子に分けられるかもしれません。因子は実際に観測されたものではないので潜在変数と言います。

因子分析は複数のイメージの構成概念「因子」を抽出するのが目的です。複数の変数間の相関行列を見ます。(因子負荷量)

因子分析では共通性を推定するのを共通性の推定法と呼びます。

共通性は0から1までの間の値を取ります。因子抽出法は最小自乗法と最尤法などがあります。因子数は分析者が決めます。

因子数がすぐに求められればいいわけですが、複数の因子が関係している場合には因子軸を回転させて解釈を容易にするため、直交回転であるバリマックス回転を使用しています。

斜交回転のプロマックス回転が使われることもあります。

⑶ 構造方程式モデリング

構造方程式モデリングは変数間の因果関係を解析することを目的とした、観測変数のパス解析を背景しています。

例えばパス解析では
・国語
・英語
・地理
・数学
・物理
・化学


の要素があると仮定したとします。その際パス図を作成、相関関係を探ります。そうすると「文系能力」「理系能力」の最尤値に分けられるかもしれません。

構造方程式モデリングはマルチレベル分析とも呼ばれ、因子分析と重回帰分析との両方を扱うことができます。

※ アナウンス

従来の「公認心理師試験」カテゴリを
公認心理師試験対策
公認心理師試験制度 に分割しました。

※ 青字クリックで飛びます。

90A24201-F231-4BF2-81BB-B4D2B46088F6

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
小さき声にこころを傾けて ໒꒱⋆゚


◯ 公認心理師受験をする方へ〜心理職としての矜恃

1.序

給料は安い、非常勤だと何の保障はない、Twitterの最初の固定メッセージにも書いてありますが、それでも志のある方には心理職の仲間になって欲しい。その気持ちが強くてこのやくたいもないブログを書き続けているのかもしれません。

以下、心理職をやってきて、自分なりに凄まじい体験かな?と思えることをプライバシー保護のため、大幅に改変して掲載してみます。こんな仕事の仕方を事例問題で選択したら間違いなく試験にぶち落ちます。また、大変危険な方法ですので、しっかりとした基礎を数年以上身につけて、職場のルールギリギリで自分の性格に合っていると思った時だけのあくまで参考にしてください。ほとんど自分語りです。

1.児童虐待

なんと言っても感情移入してしまうのは、児童虐待です。司法臨床をしていた時もスクールカウンセラーをしていた時も、そして一市民として生活している時も児童虐待に出会うことがあります。

なんとかして被虐待児を公権力を動かして、子どもを公的、あるいは民間の受入れ先につないで親から引き離すことに苦労しました。特に性的に搾取されている子どもは金づるになるので親は子を手放そうとしない。または父と娘で相姦関係があって母がそれを知っていても経済的に家庭が崩壊するのを恐れて見て見ぬふりをしているということが多くありました。よくある話です。

子どもが虐待のことについて話し始めた時には感情移入させず、スパッと司法面接モードに入ります。共感や受容、驚異は偽の発言を引き出す可能性があります。

親子再統合は望めない、そのプロセスの中で出会う親に対して僕は共感も受容もしなかったと思います。親は自分の生き死にがかかっているので必死です。虐待の対象がいなければ代理ミュンヒハウゼン症候群の対象として、甲斐甲斐しく子どもの面倒をみるというアイデンティティが崩れてしまう親も必死でした。

親が「子どもから引き離されたら死ぬ」と言われたこともありますが「あなたの生き死にと子どもの処遇とは関係はありませんから」と切って捨てていました。

スクールカウンセラーをしていた時、児童保護の担当者2人に対し、一刻も早く被性虐待児の保護をお願いしても全く動かないことがありました。近年は専門家採用が進んでいますが、一般行政職として採用された職員は営林署や全くわけのわからないまま書類仕事を役所でしていた担当者でした。

校長以下学校の管理職がずらりと並んでいた中でなぜか上席に座らされていた僕は児童福祉法や公務員法、刑法、知っている限りの法律を並べ立てて「不真正不作為による犯罪として2人とも告発されてもおかしくないわけですが。これだけ証人がいますよ?」と(はったり半分。でも事実)淡々と恫喝しました。

その後の行政の仕事は手早く、スクールソーシャルワーカーと協働して市の上部団体や県の中央、多分議員もスクールソーシャルワーカー2人が動かしてくれたものだと思います。児童はほどなく養護施設に入りました。

一般市民として呆れるような虐待を見ることもありました。豪雨の中、ベランダに小学6年生ぐらいの女の子が立って泣き叫んでいる。ぎょっとしてすぐに警察と市役所に通報。警察は「子どもが遊んでちょうちょを捕まえに行こうとしただけで、婦人警官が体を見たらあざもかないし虐待ではないですね」とのこと。

僕は結構激昂して「また子殺しの事件を作るんですか?警察は何をやってるんですか?マスコミに通報しますよ?」と言うと黙って帰りました。児相にその後通告、市役所の担当者は、守秘義務があるのでその後どうなったのかは伝えられないが定期的に訪問していくと約束してくれました。あの子は今ごろどうなっているのだろうかともうあの土地から引っ越してしまった今思うのです。

2.加害者臨床

性犯罪は1人の加害者を更生させれば何百人という犠牲者をその後出さないで済みます。小児性愛者が一生のうちに作り出す被害者は400人以上、受刑者によれば「そんな数じゃ足りない」とのこと。性犯罪治療にはさまざまな治療法があり、RNR理論で適性な量の処遇を与えること、MI動機付け面接でなければ問題意識を感じない人もいます。松本俊彦先生が開発したSMARPP、その簡易版のTAMARPPは性依存症の治療にも有効そうですがそのプロセスで被害者が出てしまうのは倫理的には問題があるでしょう。

結局のところ、今性犯罪者に有効なのはGL理論、GOOD LIFE理論とされていて、安定した生活、仕事、家庭があれば再犯率がぐんと低くなるというもので、これには僕も納得です。ただし、自殺者も多く出る性被害者は決して納得しないだろうわと思います。

前置きが長くなりましたが、司法、行刑担当の心理職のやることは絶対に試験に出ない事柄も多いです。(どの職場もそうですが)手錠のかけ方、腰紐の縛り方、マイクロで犯罪容疑少年を移送する時に騒いでいる共犯者たちを一喝して怒鳴りつけるなどこんなことは院では習いません。

司法で雇える通訳は安く、技量も悪い人もいます。(いい人もいます。)僕が特殊なのでしょうけれどもさくっと人定事項(氏名・生年月日・職業など)をその相手の母語で聞けるとスムーズになります。

殺人者との面接などもしましたが、厄介なのはやはり加害者意識がない加害者でした。「反省しています」「何が?」「出たら彼女と結婚して幸せな生活をして仕事を頑張って死んだ◯さんのために生きていきます。」

この人は実は自分の世界からは当然のことを言っているわけですが、内省に乏しいという客観的評価を下されます。

3.除反応

僕はイメージ療法や催眠など特殊な心理療法をしています。臨床心理士試験には出題されて公認心理師試験からはとりこぼされている分野です。トラウマに苦しんでいる人のパンドラの箱の蓋を開けるかどうかはいつも悩むところですが、開けてしまった方がすっきりとする場合には記憶支配催眠で解離していた原記憶を想起させる(というか自然に想起される)ことがあります。どんな心理療法でも同じ現象が起こります。心理面接者がそれに気づくかどうかにかかっています。

話しているうちに混乱する→興奮する→セルシンやリスパダールを注射する、これは根本的解決にはならないと思っています。

解離の原因となっていた原記憶を想起するとクライエントさんは泣き叫び床を転げ回ることがあり、僕は身体的危険性がなければ放置しておきます。

杉山登志郎先生は被虐待児童に対して簡易EMDR4セットをやっただけでかなりの子どもに除反応が出るという統計を出しておられました。

除反応は徹底的に出させる、そして気が済むまで除反応が出し切るとケロっとしています。「なんだったっけ?」「さあ?」現実の脅威がなく、トラウマだけが残っている場合は有効です。

4.研究会・患者の自殺

今はコロナの関係で休止しているのですが産業領域、医療領域のなかなか厳しい場面で働いているメンバーが多く、ハードです。どの心理職も患者さんにだいたいもれなく自殺された経験を持っています。

カタルシスのようにその体験を話し、泣いている心理職を見ていると胸が締め付けられる思いです。それを悲しく思い泣けるような仲間がいて良かったと思います。

5.心理職のプライバシー

スクールカウンセラー、長距離通勤をしない心理職は街中でクライエントさんに会います。レジかごをのぞき込まれて「おっ、先生今日は半額のマグロで晩酌ですかい?」「いや漬け丼を作ろうと」こんな時の会話の仕方は試験には出ません。

筑波大学自殺学権威の高橋祥友先生が個人携帯番号の患者さんとのやりとりの取り扱いについて「患者が死にましたって電話と、患者から『今から死にますっていう電話とどっちがいい」と聞かれて百人ぐらいの研修で個人携帯を教える、教えないが半々だったと思います。

僕は「死ぬだろう」という患者さんには必ず携番を教えています。カウンセラーのところに電話をかけてくる患者さんは本当に切羽詰まっています。夜間でも対応できるいのちの電話など社会資源や信頼できる友人や家族に連絡するようには伝えておきますが、往々にして何も頼れる社会資源がない患者さんも多いです。

主治医やリワークセンター、職場、とにかく資源を探すために助けを求めている患者さんの最後の分水嶺の象徴なのだなと思い、僕自身が丸ごとホールディングはしないように気をつけているのですが、数年以上付き合いのある患者さんだと曖昧になるのを気をつけています。

実際に死に際の電話はかかってきます。

6.結語

院でも教えてくれないし、困ったときにどうするか誰も指針を示してくれない場合は多いです。ワープア心理職がバイザーを全員持てるか?持てない人の方が多いです。大変厳しい心理職の現状のごく一部だけを書きました。繰り返します。Twitterに固定してあるtweetの「それでも志のある人は仲間になって欲しい」それだけを願っています。

(おまけ)

みおみん:ふえーん、Grinberg.L難し過ぎ
僕:あの、深掘りし過ぎじゃない?対象関係論の中では確かにビオンの系譜を汲んだ逆転移研究者で、逆転移が精神分析に与える影響を研究してるけどさ、松木邦裕先生の本にも書いてないぞ。ビオンまでだ。Grinberg.Lはだいたい翻訳書ないぞ?深掘りし過ぎたらあかん。
み:過去問の選択肢に出てたから。もう不安で
僕:あいつは自分のコト大切なビオンと同じ研究者だぞ?おま、そんなもんより統計とか得意やん
み:回帰分析とか重回帰分析とか信頼性妥当性とか。
僕:尺度とか第一種の過誤とか?
み:うーんなんとか
僕:お前事例得意じゃん
み:そそ、間違えたことない。ほぼほぼできる

僕:脳神経図解の本買ってたしおま、真面目だから俺はイケると思ってる。資格なくても仕事できるし
み:ふえーん
僕:ま、やるだけやんなよ、俺なにもしないけど応援だけはしてやんよ

(了)

↑このページのトップヘ