7F6D0D66-6D43-43CE-8D8A-28AE71F18383

上位資格について日本公認心理師協会に電話して聞いてみました。

2021.8.4日本公認心理師協会に電話

午前10時、スタッフの方に「午後にならないと責任持って答えられる者が来ない」ということなので午後に電話。事務局につながる(午前中も事務局だと思いましたが)。

以下伝えたいことの要点を事務局の方に話そうとしたら

「ホームページに書いてあることが全てなのでそれ以上は何も返答できません。この前メールをくれた方ですね。(認知はされているらしい。)何かあればメールをください。返信をするかどうかも含めて検討します。」

僕:検討するのは理事の先生が?

事務局の人:それも含めて内部で検討します。

僕:(要点を述べる。心理職はこういった状況下の中、公認心理師制度推進室の認知も得られていない制度について、しかも何ら保険点数にもならず、実利的なメリットを感じていない。むしろネット上では上位資格について猛反対の声が多く上がっている。協会から出された文書にはこの資格があると転職に有利なように書かれているがなければ不利になるのか?公認心理師法第43条の資質向上の責務は理想追求倫理であり、それを命令倫理のように書くのはいかがなものか?)

ということを伝えました。この文章はurlまるごと公認心理師協会に送信しますので付記しておきます。

キャリアポートフォリオ(どのようにキャリアを築いてきたかという履歴・履歴書)の作成をこの上位資格を取ることではっきりさせることができるかのような、また、上位資格を取ることでキャリアポートフォリオを広げられるかのように記載されているような気がしますが、元々心理職は自分でお金を出してSVを受け、学会資格に参加して学会資格を取得したり、研修会で自ら研修を受ける、ということで、このような資格は不要と考えます。

こういった職能団体が分裂している現在、ひとつの職能団体のみが資格を創設することは分裂を助長するのみで百害あって一利なしとも思えます。

本稿以上
photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_