F16B14CB-9CFA-45A4-B9E3-A7207024FB66

〇 ノー勉で臨む公認心理師試験

1.序

新院卒受験生はみなさんプレッシャーに押し潰されそう、周囲はリンシ、公認とすっかり受験ムード、Gルートで次々回が最後の受験のチャンス、これまで僕は「さあ受験しましょう、そのために頑張りましょう」という内容のブログ内容ばかり書いています。ノー勉で受験をした場合にどうなるか?ノー勉で受験に臨む意味は?と思うかもしれませんが、これはそれなりの意味があることだと思います。以下、その意味合いについて書いていきます。

2.なぜノー勉になってしまうか?

(1) 時間がない
 
時間がない。これは決定的な事柄です。時間がなければ勉強できるはずなんぞない。当然のことです。ですので、もうどうにもならなければあきらめるしかないです。僕は時間は金でいいから買えという主義主張の人ですが、いろんな事情でそれがうまく行かない人もいるでしょう。ということは必然的にノー勉になってしまいます。これは致し方ないことです。今年はあきらめて翌年に伸ばしましょう。今年は受験するだけ受験する。試験場の雰囲気と試験の難しさだけ味わって帰宅しましょう。

リベンジ組の人も時間がなければ合格する可能性は薄くなります。というかリベンジ組の人は合格可能性はかなり薄くなってしまいます。Eルート新卒の人は心理を勉強していたのでひょっとしたら合格するかもしれません。Gルートでまだ心理のことは何も知らないという人はまず壊滅的にダメだと思います。これは本当の記念受験になります。この試験に「もしも」はありません。

(2) 勉強するという習慣がない。

わりと上と似ています。勉強することを知らずに今まですいすいと来てしまった人、学校の授業をぼうっとしながら聞いていたけれども一流大学院まで進んでしまった人、この人たちは合格するかもしれません。心理の素養がある程度できているからです。しかしGルートの人はゼロから積み重ねていくわけですから、これも合格可能性はほとんどないと思います。社会福祉、医療の基礎知識がある程度あっても他の領域は勉強しておいて知らなければどうにもなりません。

(3) 意欲がない、もしくは現在進行形でメンブレている。

実は僕は全くノー勉のまま臨床心理士に臨んで合格しました。「まあ落ちてもいいや」ぐらいの気持ちで受験しましたが、それに至るまではあちこちで後輩に勉強を教えていて、学生時代にはあらゆる本をがむしゃらに読んでいた、院試も公務員試験もむちゃくちゃに勉強していたという過去があったので、過去問を見ても不合格になる気がしなかったから、という非常にイヤなヤツです。しかしここで不合格だったら後がないという事情があったので、落ちていたら全く別の仕事に就いていた可能性は高いです。

あと、メンブレていれば何がどうあがいても勉強どころではない人も多いでしょう。受験できないかもしれません。メンブレながら、あるいは意欲ゼロでも記念受験として受験する意義はひょっとしたらあるかもしれませんしないかもしれません、と言っておきます。ただし、こんな僕でも試験と仕事の大変さに大きくメンブレながら勉強をして公認心理師試験は受験しました。

「来年になったら本気出す」という考え方の人たち、これはこれで人生の選択なのでそれを否定するつもりはありません。しかしGルートの人にとってはそうすると来年だけがワンチャンです。他ルートの人もそうですが、来年だけを頼りにしていたら今年は何もしないことになります。

果たして来年やる気になるのか?これもさあ、それはわかりません、というしかありません。やる気になるかもしれませんしならないかもしれません。ならない可能性の方が高いだろうということは付け加えておきます。

3.隠れノー勉の人たち

大変耳の痛いことを書きます。テキストは揃えた。予備校の教材も手に入れている。過去問もある、模試も受けた、しかし何ら復習をしていない、この人たちは「そろえた、やってみた」だけで何かを身につけているわけではありません。したがって合格可能性は非常に薄いでしょう。リベンジ組の人たちも「今までの蓄積があるからノー勉でもなんとかなるかもしれない」いやどうにもなりません。

不合格だった要因を分析していない、もしくは分析していてもそれを何とかしようとしていないからです。しかもこれまで勉強した知識はどんどん薄れていきます。したがってこれからの限られた期間、何もしなければそれだけ合格可能性は低くなります。

4.結語

この記事の中で僕が何を書きたかったかというと、公認心理師は以前触れたようにノー勉でセンスだけで偶然合格できる試験ではないということです。それでもいい、来年に賭けてみるからその時は必死になって勉強するから、という確かな意欲と覚悟が十分にあればそれでいいでしょう。人間、自分の人生ですから、何をどう選択するかは自由です。

しかし不合格になってよりメンブレてしまうならばなんとかして勉強してみてください。ダメだったら諦める、これができるのかどうか、どちらが自分の人生にとって得なのか真剣に考えて欲しいのです。
photo by ᴷᵁᴿᴼ' @PhotoKuro_