44C018FA-C53C-4DE0-99CD-4C7CB7D57C79

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

世界を笑顔にしたいのなら
まずは自分が
頬を上げてみるところから
始めてみよう

きょうも吹く風を喜びにかえて ໒꒱⋆゚


○ 公認心理師試験総復習呪文

以下に僕が公認心理師試験を受けた時にいろんな分野からアトランダムに羅列したメモがありましたので引き写しました。

なんだかわからない単語が出てきたら調べて見ておくといいかもしれません。

HIV 遺伝子疾患 染色体異常ミトコンドリア病 生活習慣病 サイコオンコロジー グリーフケア 再生医療 2025年問題(2025年には後期高齢者人口が約2,200万人に膨れ上がり、国民の4人に1人が75歳以上になる)

特殊神経エネルギー説は、感覚の五感(モダリティ)は刺激の性質で決まるのでなく刺激された場所、受容器で決まるというJohannes Peter Müllerの説です。冷点を45度ぐらいのお湯で刺激すると冷たく矛盾感覚を生じます。

側頭葉聴覚野の障害で皮質聾が出現します。チャイムを音として認識できない、聴覚失認です。

公認心理師法第41条に違反し、秘密保持規定を破った場合には1年以下の懲役か30万円以下の罰則があります。告訴罪です。

前頭葉は中心溝の前に位置し、随意運動を司る運動野、感情、思考の機能を司る前頭連合野が分布しています。 

同一被験者に同じ検査を繰り返して同じ結果が出たとしてもテストの妥当性はわかりません。測定すべき概念をきちんと測定できていれば妥当性は高いです。

高次脳機能障害の診断基準には、「現在、日常生活または社会生活に制約があり、その重たる原因が記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害である」という記載があります。(厚生労働省)2004年

脳を作る細胞には神経細胞ニューロンとグリア細胞があります。情報伝達をニューロンが担い、グリア細胞はニューロン位置固定、栄養因子合成分泌、カリウムイオン再取り込みなど多くの役割を果たしています。

DSM-5では社交性不安障害(社交恐怖)の不安・恐怖の不合理さや過剰さを患者でなく医師が判断します。このような恐怖や不安に6カ月以上耐え忍んでいることが診断基準です。

「私はラーメンです」は統語論的には正しく意味論では誤っています。ところが中華料理店で注文時に言うと語用論では正しく、このような文脈理解を語用論的知識と呼びます。

公認心理師の秘密保持義務よりも児童虐待防止法の通告義務、DV防止法上の通報努力義務通告、通報をしたとしても秘密漏洩にはなりません。ただし同意を得る努力は法的義務にかかわらず信頼関係のためには重要でしょう。

特殊神経エネルギー説は、感覚の様相(モダリティ)は刺激の性質で決まるのでなく刺激された場所、受容器で決まるというJohannes Peter Müllerの説です。冷点を45度ぐらいのお湯で刺激すると冷たく矛盾感覚を生じます。

法第三十二条2 は、第四十条(信用失墜)第四十一条(秘密保持義務)第四十二条第二項(主治の医師の指示)の規定違反をした際は、登録取消又は期間を定め公認心理師の名称、名称中における心理師の文字の使用停止を命じる事ができるとしています。

公認心理師法第四十三条(資質向上の義務)公認心理師は、国民の心の健康を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、第二条各号(心理支援、普及、知識、情報提供など)に掲げる行為に関する知識の向上に努めなければならない。

Piaget.Jは発達を〜2歳、外界を事物を通じて認識する感覚運動期、〜7歳象徴機能、ごっこ遊びができる前操作期、〜11、12歳までの数量保存概念と可逆性理解可能、脱中心化が起きる具体的操作期〜14、15歳までの抽象、仮説演繹可能な形式的操作期に分けた。

公認心理師法第四十二条(連携等)
公認心理師は、その業務をするに当たっては、その担当する者に対し、保健医療、福祉、教育等が密接な連携の下で総合的かつ適切に提供されるよう、これらを提供する者その他の関係者等との連携を保たなければならない。
(第2項は主治の医師の指示です。)

医療倫理の4原則は、Jonsen,A.Rによって提唱されたもので、医学的適応、患者の意向、QOL、周囲の状況を考えてそれぞれ表にします。医療を行うこと、行わないことで何のメリットとデメリットがあるかも考えます。

短期記憶は数秒間程度は保持されます。その間に維持リハーサルを行い、何度も繰り返し学習を行うことによって長期記憶メモリーに貯蔵されます。

自己愛性パーソナリティ障害は、自己愛を満たすために他人を不当に利用、共感性が欠如、利用された側の事は考えません。過剰な賛美を求め、他人に嫉妬し、嫉妬されていると思い込みます。健全な自己愛とは異なります。

TEACCHはノースカロライナで生まれた自閉症療育プログラム、ゆりかごから墓場までASDを地域で支え、就労支援をします。TEACCHはASDも1つの独立した文化ととらえています。

光点を見つめていると自動運動をします。周囲が動くと静止物が動いて見えるのが誘導運動、点滅している2つのランプが動いているように見えるのが仮現運動です。

児童福祉施設とは、授産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、幼保連携型認定子ども園、児童厚生施設、児童養護施設、障害者入所施設、児童発達センター、児童心理治療施設、児童自立支援施設支援施設及び児童家庭支援センター。

Cronback.L.Jの適正処遇交互作用では、学習者の知的能力、性格、興味、意欲、価値観、年齢という適正と教育者の教授法、学習内容、教材、学習環境、評価、カリキュラムという処遇の交互作用が学習効果に影響を与えるとしている。

Cattel.R.Bは因子分析でパーソナリティを共通特性、独自特性に分類、外部から観察可能な表面的特性、背後の根源的特性に分けました。16因子パーソナリティ因子質問紙を作成しました。

リハビリテーションとは、医学的身体機能の全回復だけでなく、身体、社会、精神的なあらゆる側面から行われ、セルフデターミネーションができるような「全人権的復権」を目指します。

長期記憶の中の宣言的記憶は、学習の結果としてもたらされます。特定の場所、時間で起きたエピソード記憶、それらに依存しない意味記憶があります。

S-M式社会生活能力検査第3版は社会的生活指数が算出されます。知能の高低にかかわらず社会生活能力を測るもので、養育者に質問する形式です。1歳から13歳が対象です。

「超能力はある」を帰無仮説とする。コインの表を10回連続で出す→単なる偶然→第1種の誤り。そのぐらい偶然。心理学の統計的検定は棄却されることを前提とした帰無仮説。例えばさきほどの「超能力はある」を立て、対立仮説を立て、前者が棄却された時に後者を選択します。

行動療法の応用行動分析では、報酬訓練と、望ましくない行動を除去するオミッション訓練があります。報酬として貨幣、トークンを使用するのがトークン・エコノミー法です。

Piaget.Jは、3つの山の模型を山の反対側から見るとどう見えるかを聞くことによって、他者の存在に気づくかどうかという認知の自己中心性を調べました。(2〜7歳前操作期)

命令倫理。最低限の基準に従って行動すること
理想追及倫理とは、「専門家としてめざす最高の行動規範」

視覚情報の感覚的記憶は短期記憶より短く一秒ほど、アイコニック・メモリーiconic memoryと呼ばれます。Sperling.G1960

視覚野の領域は大脳皮質後頭葉にあります。第一次視覚野は後頭葉最後部から内側部で初期パターン認識、第二次視覚野は第一次視覚野周辺に位置して複雑な情報処理をしています。

フィードラー(Fiedler,F.E.)の状況即応理論(contingency theory)ではリーダーとメンバーとの関係、集団課題の構造、リーダーの権限の3要因の相互作用で集団効率が規定されるとしています。

新版K式
目的:①姿勢・運動領域、認知・適応領域、言語・社会領域等の発達の測査、②発達状況や行動特性の理解、望ましい発達を援助する手がかりを得る 
対象年齢:3カ月〜成人 
所要時間:約45分〜1時間15分  
「姿勢・運動」(P-M)、「認知・適応」(C-A)、「言語・社会」(L-S)の3領域について評価します。3歳以上では「認知・適応」面、「言語・社会」面に、検査の重点を置いています。

Yerkes, R.M.ヤーキーズは第一次世界大戦のため、言語を用いる陸軍α式、移民のために言語を必要としない陸軍β式集団知能検査を考案しました。

外的な報酬が内発的動機づけを低減させる現象をアンダーマイニング効果、外的誘引が内発的動機づけを高めるのをエンハンシング効果と言います。

Bandura,Aは、ある結果に必要な行動をうまく実行できる確信の程度を自己効力(self-efficacy)と呼びました。

集団討議の結果、個人の考えとは異なり、より危険な結論を出すのがリスキーシフト、より安全な結論となるのがコーシャスシフトです。これらは集団分極化現象です。

すでに完結、到達している発達領域と他者からの援助があれば達成できる発達の最近接領域(zone of proximal development)を唱えたのはVygotsky,L.Sです。

焦点を合わせるため水晶体の厚みを毛様体筋が調節を行います。両眼視差は網膜上でのズレ、輻輳は両眼角度の差異による外眼筋の眼球運動の情報。いずれも奥行き知覚に関連。

焦点を合わせるため水晶体の厚みを毛様体筋が調節を行います。両眼視差は網膜上でのズレ、輻輳は両眼角度の差異による外眼筋の眼球運動の情報。いずれも奥行き知覚に関連。

子どもから大人への過渡期を境界人、周辺人と呼んだのはLevin.Kで、青年期には所属集団が変化します。青年期の生活空間、集団は不安定なので青年期には葛藤を抱えます。

認知症では記憶、見当識障害、失認、実行機能障害、失行失語を中核症状、行動・心理症状(妄想幻覚、興奮、うつ、脱衣抑制、易怒性)等をBSPDと呼びます。

災害時の心理学、サイコロジカルファーストエイドでは、大人の庇護が必要で死の概念の理解未発達な子どもの支援が優先されます。

アミロイドβはアルツハイマーの原因となる蛋白質で、神経細胞の死滅をもたらします。アミロイドが全身に沈着するアミロイドーシスは全身性難治疾患です。

コクラン計画

ランダム化比較試験 RCTを中心として、臨床試験を収集、評価、分析するシステマティック・レビュー (sytematic review) その結果を、医療関係者や医療政策決定者、さらには消費者に届け、合理的な意思決定に供することを目的としている。システマティックレビューでは文献をくまなく調査し、質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことである。EBM。バイアスの最小化。