EF480379-B5BB-43A6-85C6-ACBAC02A9DBD

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)

おつかれTwitter

遠回りだっていいんだよね
道はひとつじゃないんだから ☪︎⋆


◯ 新型コロナと第3回公認心理師試験

さて、2020.12.20日程に決定された公認心理師試験日程、みなさん心配しているのは「いったいそのころにはコロナはどうなっているの?」ということでしょう。

安部首相は2020.7.24の1カ月ぶりの記者会見で、まだ非常事態宣言を出すには至っていないと明言していました。

さてここで感染者数を見てみます。
2020年7月24日23時55分現在
総感染者数 6,523人前日比+561人
新規感染者和 769人前日比-212

2020年4月14日に第3回公認心理師試験の延期決定発表があったのですが、同日の感染者数は6,984人で、緊急事態宣言が発出されたのは2020年4月7日、4月26日には9,577人の最高感染者数を出しています。つまり緊急事態宣言を出してから3週間近く経たないと感染者数は減少しないのです。

この感染症は感染してから2週間経たないと発症の数値はわからないとされています。6月19日、解除になる日には現在感染者数749人と最小でしたがうなぎ上りの右上がり曲線を出していて、ここで緊急事態再宣言を発動しないと12月の感染状態は惨憺たる有り様になるように思えます。

大学生、院生もまだオンラインのところが多く、企業もオンラインワークをしているのになぜ?と思うのですが、解除以来人の出入りが激しくなり、東京の風俗街でキャバクラ、ホスクラ、風俗が通常営業していればそれは感染者数が減らないだろうなあと思うのです。

子育てをして経済的困窮に陥っているセックスワーカーについて公的支援が行われたとしても「そういう問題ではなくて働き口がなくなるという恐怖」という意見を読んだことがあり、こういった意見には賛否大両論あると思いますが、なくならない産業ならば感染症対策を行って危険性を減らすことを官の側の対策として考えなければならないのかもしれません。

とにかくできることは何でもやらないと、まず受験者も1人の人間です。コロナの「軽症例」というのはうわ言を言うような高熱が続き、トイレにも行けないほどふらつき食事は喉を通らない、回復してからも肺に与えられたダメージから息が苦しくなります。公認心理師受験生よ家族持ちです。そして自分が勤めている機関にウイルスを持ち込んだらどうしようという恐怖にも苛まされることになります。

まだ7月下旬、世論も緊急事態宣言再発動を多く望んでいます。試験に臨むのは生身の1人の人間です。現段階でも受験を諦める人たちは多いと思います。受験もさることながら安心できる世の中を作って欲しいものだと思います。

※ ブログ内でアナウンスするのもどうかと思うのですが、最近メッセージを送っていただいてもメアドが正確でないため返信ができないことがあります。どうぞよろしくお願いします。