7F0D5B91-A2C5-4B8C-85D6-A690B621BCAD

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
とかく人生経験を重ねる程に選択は慎重になり、失敗体験から生み出される「かん」なるものをたよりに道を決めてゆくもの。でも未来の後悔を避けて通ろうとする人生は、それなりの景色しか見せてくれないのかもしれないね。子どもが危険予測ばかりしながら遊んでいたら、あの笑顔は見せないはずだから。


◯ 第3回公認心理師試験までにやっておくべきこと

当ブログ、「公認心理師試験」一本で制度と対策をごちゃごちゃに書いていたのですが「公認心理師試験対策」と「公認心理師試験制度」ジャンルに分割して記事掲載します。

ちなみにこの記事は「公認心理師試験対策」の記事です。 

もう記事を分割済みですので下にもう一度アナウンスします。
さて、公認心理師試験まで約半年、大学院卒レベルの知識が求められる試験ですが、今からスパートをかけていけば十分合格可能性がある試験だと思います。試験対策2020.7.23版を書いてみます。

1.時間確保

まず仕事を持ちながら受験しなければならない人は取れるだけの限界まで有給を使います。非常勤の人はこの期間は収入が多少減っても勤務日数や時間を減らします。8月は夏休みに入りますが一切家族サービスはしません。配偶者や親に全て家事育児は丸投げします。家にいると子どもや誰かがまとわりついてくるようだったら図書館に逃走します。

2.半年間の意味

これがあと2カ月、となったら小手先のテクニックでしか切り抜けられなさそうですが、半年ならテキストを読み返す時間もあるということです。

しかしながら「これだ!」というテキストでも最初から読み込んでいたら最初の方は忘れてしまい、再学習しないとならなくなってしまいます。効率よくやりましょう。

3.学習方法

⑴ ブログなど

ア 橋口誠志郎さん

橋口さんのYouTubeも勉強になるのでチャンネル登録して見て損はないでしょう。「ねことひるね」ブログからYouTubeに入れます。

イ 拙ブログ&勉強方法

手前味噌で恐縮です。僕のブログも変更を加え、これまで「公認心理師試験」と検索をすると公認心理師試験対策と公認心理師制度の内容になっていたのですが「公認心理師試験対策」 に受験勉強編は一本化しました。のでご参考にして下さい。ポイントを絞りました。(参考:「公認心理師試験制度」

正当選択のコツやお役立ちurl、公認心理師法、心理検査、成年後見、面会交流、公認心理師ブループリント「心理的負担による精神障害の認定基準」改正、認知症、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成 18 年 3 月 策定、平成 27 年 11 月 30 日改正) 受験生も公認心理師も知っておきたい精神薬の副作用、司法面接などなど参考にして欲しい記事を書いておきました。

さて、過去問をやりましょうとはよく言われていますが、やり方があります。

初めてやってみて120点、これではいかんと思ってもう一回テキストを最初から見直して125点、これは大変もったいない勉強方法です。

満点230点のうち、誤答選択肢を選んでしまったら全ての選択肢の意味をおさらい、あるいは新学習します。

4択か5択でわけもわからず正答をたまたま選んてしまったら、それは真の意味での正答ではありません。あと、なんとなく聞いたことがあるからこれだろうと選んだ選択肢が当たっていても、次に別の形式で出題されていたら当たらないかもしれません。

誤答や自信がない選択肢こそ宝の山です。模試も積極的に受けたいです。

テキストを何回も読み返すよりは誤答から学んで遡って調べていった方が早いです。

ウ 和光大学青年心理学研究室
  高坂康雄先生のブログ

エ 公認心理師ブログ(池田誠さん) 

オ こころJOB/公認心理師クイズ
  こちらは長内優樹先生の出題でかなりレベルが
  高く模試と言ってもいいレベルです。

カ ブロロゴスの山崎有紀子先生のYouTube

キ 北川清一郎先生のブログ
  北川先生は精神分析家です、
  このブログは心理、臨床心理学の宝庫です。

このあたりで全体をざくざくさらってみてもいいでしょう。

⑵ 参考書

みなさまが勧めているものの中には、ヒルガードの心理学があります。辞典がわりに使うのだったらいいのですが、あれは優秀な学生さんが学部1年、2年のころから読み込むもので、ヒルガードを読んでいたらそれだけで半年終わってしまいます。

なので有斐閣の心理学をおすすめします。あとは心理学検定でしょうか。

あと、心理テスト関連は公認心理師試験だとものすごく多くのテストが出るのですが、サクセスベルや千葉テストセンターのホームページの他にも「こんなに詳しかったのか」と思うのは金子書房のネット版のカタログで勤務先に予算があったら購入してください。ADOS-ⅱは公認心理師試験既出ですがかなり高い検定力があります。TEG3、CARS2、Conners 3® 日本語版などなど新しい心理テストが網羅されています。そして公認心理師試験は新しいテストが好きです。

あと心理学検定、精神保健福祉士や社会福祉士の過去問を勧める人もいます。

ところで絶対に必携なのは医学書院のDSM-5でポケット版でいいから買って診断基準を覚えてください。ディメンジョンシステムの診断基準をきちんと覚えて下さい。  

もうここからは僕のどくだんじょうなのですが
臨床家のためのDSM虎の巻(日本評論社)
が参考書として超オススメです。

そして「公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法」医学書院をおすすめします。

過去問の統計を解きます。統計は何がなんだかわからないという人は10点捨てています。

Twitterでも紹介したのですが、統計をやりましょう。過去問をパラパラと見てわからないことがあったら、偏差、分散、尺度、判別分析、因子分析、数量化がわかる「あなたもできるデータの処理と解析」福村出版が僕の好みです。 

公認心理師法は「公認心理師試験 これ1冊で!最後の肢別ドリル 2020年 ハイローヤー 増刊」
辰已法律研究所が1番信頼できます。

⑶ その他

公認心理師試験のための模試は受けたいです。
オンラインセミナーは受けたことがないのでわかりません。模試の出題範囲は同じで洗練されています。本試験と同じように徹底して使うといいでしょう。 
予備校はIPSAがかなり真剣という印象を受けています。