748822D3-0F86-439C-A892-B9A6FE183333

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おやすみTwitter

たくさんなびいた後は
忘れずこころを凪へと ☪︎⋆


◯ 辛いなら、辞職をしよう心理職

心理職は就職先によっては無茶苦茶大変な目に遭うことがあります。

特に新卒就職は心理の仕事のイロハもわからず、ストレートで24歳、個人経営のクリニックや病院に就職するとそこは院長=経営者が全権力を握る、パワハラがまかり通る恐怖の場所となります。

大規模病院でないと、とにかく人手が足りないので受付事務員兼任レセコンを打ちつつ面接はインテークのみ、ということもあり得ます。

それで時給千円台、どうやって暮らしていくの?と思うのですが、週イチスクールカウンセラーをしてなんとか生きているという人は多いでしょう。

中規模以上でも医療、福祉職は新卒で入ると必ず先輩がいます。先輩は心理に限りません。他職種の人はその施設に慣れて仕事をしています。「臨床心理?大学院卒業でこの厳しい現場に入ってきても、やって欲しいのはいつもみんなでやっているデイケアの会場作りとかミーティングの司会とか買出しとかいろいろあるんだよね、おむつも替えられないの?」

という現場もあります。そのあたりは器用な世渡り上手な新卒なら「せんぱーい、なになにを教えてくださいよー」とうまくやるのですが、お局さまのお気に召さないとお局一派のターゲットになり出勤するのがイヤになり、毎朝出勤しようとするとお腹が痛くなってトイレから出られなくなったり、吐いて胃痛がひどくなり、パジャマから着替えようとすると通勤着が怖くなるかもしれません。

そういう職場は心理に限らず歴代新人がいつかない場所でしょう。心理職を名ばかりで募集していてもやらせる仕事は心理的要素ほんの少しということもありえます。

僕が求人を見ていて「これは?」
思った募集がありました。「◯◯特別××施設」は給与もよく待遇はかなり安定した職場のようですが、初めて1人心理職を募集するとのこと、僕は「絶対ここに行ってはならぬ」と勘が働きました。

心理大学院を卒業して新卒、既卒で採用されたとして「こういう障害のある人(児童)たちのことを本や研究会できちんと勉強してきました」といっても同じ職場の心理でない職員は20年、30年経験者、百戦錬磨の強者たちです。僕なんぞが応募して採用されても心理の専門家だから任せてくれと、そんな生半可な知識は鼻で笑われるだけです。

というわけでまた求人を見ていたら同じ施設から1カ月後にまた心理職を初めて1人採用したいという求人が出ていました…

心理の仕事をしていて辛い辛い、そして無理をしてフラフラになって「自分は甘えてるんだ、怠けてるんだ、心が弱いから職場に耐えられないんだ」こう思い込んでいるあなたはその時もう立派なうつ状態です。うつになっても仕事を続けているとどうなるでしょうか?

みなさんが院で習ったとおり、今度は病院という別の院にお世話になって回復するまで1年2年かかって抗うつ薬抗不安剤のお世話になることになります。

そんな苦しい思いをするならいっそのこと退職してしまいましょう。その後は好きなことをやってインドアで引きこもってオタク趣味に興じるもよし、ドライブして旅行に行って旧知の友人と遊び歩くもいいでしょう。

さて、充電期間が終わったらゆるゆると職探しをしましょう。お金がなかったら対人関係に疲れているあなたは軽作業をしてあまり人と接しない仕事をしてお金を稼いでいてもいいです。

検品や電子部品組立て、百均の品出しがおすすめです。スーパーの品出しは2リットルのペットボトル10本入り段ボールを積み上げたりするので、腰と体力に自信がある人がやりましょう。前職が対人関係で疲れ切っていたのにテレアポ営業は不思議と苦にならない人もいます。

履歴書の空白期間を埋めるには、介護や育児など(親戚でもいい)家庭の事情でもいいです。そのかわり、解決したので全力で働ける、働きたいことをアピールしましょう。

前職よりもいい条件で長く長く働けるように慎重になって面接に応募し続けて内定を取ったけど断り「ここしかない」と選んだのが御社(貴院・事業所)です。

でもいいです。多少空白期間が長くなっても言い訳になります。

とかく心理職は就職のための小技も面接技術も下手です。例えば面接で「何か質問はありませんか?」と聞かれた際にはなんでもいいので聞きましょう。「いえ、何もありません」は減点です。質問は3つぐらいがいいでしょう。ホームページに書いてあることは読めばわかるので独自性がある方がいいです。だからといって「玄関先にある銅像を作るのにはいくらかかりましたか?」とあまり独自すぎることを聞くとその場で退場になります。

例として「ここに来る時に受付からスタッフの方々がみんな笑顔で働いていたのを見ました。職員の方々が生き生きとして働ける職場作りの工夫はなんでしょうか?」(患者さんがゆったりと落ち着いた雰囲気、でもよし)「ここの患者さん(入所者さん)は一度ここに来るとそのまま別の場所に変えないと噂で聞きましたがそれはなぜでしょうか?」「今までの面接を通じて前向きな気持ちになりましたが、私がここでお役に立てることは何だと思われますか?」

等などです。
「公認心理師・臨床心理士、就転職必勝法」
http://hinata.website/archives/25227612.html

でも小技テクニックを書きました。面接を受けたあとのお礼のハガキや手紙もきちんと出しましょう。

「本日はお忙しい中を採用面接にお時間をちょうだいさせていただきまして誠にありがとうございました。渡辺人事部長さまのお話をお聞きして、A病院における心理職の役割が大きい事を自覚して身の引き締まる思いがいたしました。もし採用されたならば…」(中身がなくても書くことは何でもいい、採用面接は短時間で合否が決まることが多いので僕は面接地近くの喫茶店で書いてハガキをそのまま出していました。)

曲がりなりにも専門職、多少の空白期間があっても採用はしてくれるので心身が壊れるまでブラック職場で働くのならいっそのこと退職してしまい、しばらくしてから次を考えればいいのです。