B8AE8F40-838B-4D7B-9FA1-0F94DB35D100
photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
別れは世の常であり、命の有限さは自然の理。先日他界した祖母への別れを告げる式の最中、わたしの中を流れる祖母の血が新たに脈打つ感覚を覚えた。喪失は、決して悲しみの海だけでなく、芽生えの空の広がりでもあることを教わった気がする。おばあちゃんありがとう。そして、これからもよろしくね。

◯ 公認心理師が各領域に進出していく可能性

公認心理師の会も日本公認心理師協会も公認心理師の上級資格創設を虎視眈眈と狙っているわけですが、例えばその中には司法も入っています。司法分野の公認心理師と言えば家庭裁判所調査官、国家総合職人間科学分野公務員が挙げられるわけで、最高裁家庭局、法務省矯正局も職員の採用やキャリアパスに関して公認心理師資格の有無は関係ないと述べています。

この司法領域にどう食い込んでいくか?厚生労働省は公認心理師課程大学学部卒業後の認定施設として少年鑑別所及び刑事施設、裁判所職員総合研究所及び家庭裁判所を認めています。将来的になんらかのつながりができたとしても不思議ではないなと思います。

従来司法分野の心理職は伝統的に加害者臨床や家族臨床の担い手で、そこから大学教員になった人たちも多いわけです。ふと思ったのは公認心理師制度を推進する人たちは公認心理師法施行規則(文部科学省令・厚生労働省令で定める施設)第五条に多くの公認心理師を送り込もうとしているのではないかということです。

教員採用試験公認心理師資格所持者加点についてはすでに大阪府、浜松市、相模原市等が導入しています。つまり公認心理師資格所持者は教員になろうとすれば、有利ということになります。

生活保護法に規定する困窮者のための救護施設又は更生施設は精神障害者もいて、心理職の活躍の場となりそうです。

社会福祉協議会(ざっくりと言って福祉、心理、法律に関する地域の相談センターですでに臨床心理士相談員がいます。)もあります。

児童相談所における児童心理司任用資格が公認心理師ということはかなり早期に発表されていました。

さまざまな施設が実務経験者Gルート受験者の働く場所で認められているわけで、心理相談専門というわけではなくても福祉関係や公的相談施設、障害者施設は多く認定施設になっています。あちこちに公認心理師が誕生していれば、学生がこれから実習を受けて公認心理師になり就職をしていく可能性がある施設ということになります。

入国者収容所は現在も臨床心理士が働いています。不法入国者が強制退去になるまで心情的に不安定になるのでそういった外国人に対してのカウンセリングを日本語や諸外国語で行うのでしょうが、かなり必要性は高い仕事でしょう。

保護観察所は従来社会学専攻者の牙城だったのですが、ここにも公認心理師が現任者として働くことになります。

更生保護施設は出所した保護観察中の受刑者がそこから社会に巣立っていくのを支援するという、僕も出張で行ったことがありますが実にハードな施設です。出所したけれどもなかなか仕事はない。塀の外に出たら自由と不自由の境界にあってそこからまた再犯をする人もいる塀のない施設です。

無資格でも更生保護施設で働けますが、臨床心理士や精神保健福祉士、そしてこれからは公認心理師も優遇されて採用されることになっていくでしょう。

児童、老人に関する福祉施設もほぼほぼ網羅されています。

地域包括支援センターの業務は心理を勉強していた人には馴染みがないと思いますが、社会福祉士、ケアマネ、保健師などが協働して働いています。

かなりなんでも相談に乗ってくれる機関で「要介護度が高そうな重病人が退院したけど要介護度の認定はどうなんだろう」「どういった支援が受けられるのか」という際にも利用できます。

さて、なぜ僕が今さら感がある「当たり前でしょ?」というようなこの記事を書いているかというと、Gルート合格者の人から最近、他職種から合格して、専門の心理職としてキャリアチェンジして心理現場で働きたい、という声を聞くことが多くなってきたなあという理由からです。

あまり具体的な職種を挙げると失礼になってしまいそうですが、福祉関係だとかなり肉体的にも精神的にもハードな仕事が多く、相談業務の心理職に就きたいというのはわかります。

また、通常の学部生や院生のように心理の仕事をやってみたいという憧れ感があるのかもしれません。

その希望は心理職としてのキャリアを積んでいないと難しいです。ただしチャンスはあります。やりたい仕事は心理だから、条件にこだわらない、僻地でもいい、ハードな仕事で当直を辞さない、となるとハードルはずいぶん下がるような気がします。

また、なぜこんなことをつらつらと書いているかというと、心理の仕事がしたいと思っている他職種公認心理師の人は、今働いている現場が実は心理職の仕事そのものだと厚生労働省が見ている可能性が高いからです。

病院でカウンセリングをするというのが心理職の王道のように思われるのですが、公認心理師制度が行き渡り、多くの現場に公認心理師が入っていけばその現場の雰囲気そのものが変わる可能性があります。

新卒公認心理師が5領域を十分に学んで入職すればその現場が心理職の働くスタンダードな場所となる可能性も大きいかもしれないということです。

あまり焦ってキャリアチェンジをしようとしなくても現場の雰囲気がだんだん相談を重視、心理学的所見を重視する可能性があると思うのです。