63103EDE-0F81-4764-8989-7AF4F737C572

◯ Gルート第3回公認心理師受験予定者ケニーさん・試験延期の感想

ついこの前、僕のブログにGルート他職種からの公認心理師試験参戦者としてインタビューに答えていただいたのですが、さらに今回の延期についてケニーさんはご自身のブログでも感想とコメントを掲載しています。
https://kenny-gby.com/shikaku019

まずは中止確定ではなくて良かったという感想、特にGルートの受験者は限られた回数だけしか受験できないのでその思いは強いでしょう。

ケニーさんは年内実質は難しいと考えていて、日本心理研修センターは年内実施を追求しています。実はこれには法的根拠があるので論議を呼びそうなところではあります。

公認心理師法に明記されています。

(試験の実施)
第六条 試験は、毎年一回以上、文部科学大臣及び厚生労働大臣が行う。

ということで、日本心理研修センターも年内と記載せざるを得なかったのでしょう。しかしQ&Aに書いてあるように「中止」も今後の新型コロナCOVID-19の流行状態によってはわからない、そして中止となった際の代替措置についてもわからないというのは本当でしょう。

ケニーさんは来年3月〜6月を延期実施予定になるのではないか?と予想しています。そうすると厚生労働省が令和3年第4回試験を5月に予定しているところにモロに被ってしまいます。

だから可能な限り年内実施を目指しているのですが、こればかりはどうなるかわかりません。ケニーさんが言う通り、第3回試験を延期する。そして第4回試験も延期するというシナリオもあり得ます。

僕の個人的見解としては試験実施時期については全くわからないということです。

さて、ケニーさんが次に気にしているのはこの試験のモチベーションについてです。僕自身もこの試験は厳しいと書いたことがあるのですが、ケニーさんも『勉強する期間が延びてラッキー』という視点だと間違いなく落ちてしまう厳しい試験なので、再度の引き締めが必要だと感じています。
(引用終わり)

と書いています。

確かにモチベーションはこの延期によってだだ下がりは避けられません。ケニーさんはモチベーションが保たれるのは半年が限度、確かに僕も公認心理師試験の受験勉強に臨んだ時には4カ月でぐったりとしてしまいました。

今回の試験はいつCOVID-19が収まるかわからないので確かにモチベーションを保ち続けるのは難しい。ですけれどもこの試験は心理専攻大学院卒程度の知識を求められるのです。

ケニーさんは心理学部卒、精神保健福祉士も社会福祉士も保育士も持っている、大きなアドバンテージがあります。

さて、以下私見を書いてみます。

いつCOVID-19による制限が解除されるか先が全く見えない。厚生労働省専門家会議は定期的に見解を出している、そしてマスコミは騒ぎ立てている。これは受験生の受験のプレッシャーにさらに積み重なっている苦しさです。ここで「試験勉強の時間も伸びたし、まあ気を落ち着けてゆっくりやってよ」と言うのはあまりにもムリがあり過ぎます。動揺してショックを受けている人にはそういった言葉は酷だと思います。

そういう事情はよく理解できていますので、以下に勉強法の立て直しを記載するのですが、まだショックが大き過ぎるという方はこれ以上この記事を読むのはやめておきましょう。

心理専攻大学院者+αの知識が求められるので、この試験は確かに甘くはないです。だからこそ大変な局面には来ていますが毎日を「いつ試験予定が発表になるのかわからない」と思って計画的に学習する、そして時間が経って忘れている領域はきちんと再復習が大切になってくるので、そこが今までの学習とは違うところかもしれません。

試験直前に「えいやっ」と勉強してなんとかなる、ということは期待できなくなります。

人間は直前に勉強したことは短期記憶として残っていますが、昔自学自習したことはもう一度復習して長期記憶の引き出しに入れないといけません。だから学習時間は長くなり、記憶が定着するまで何度も復習が必要になるのですが、再学習は初回の学習よりも効率がよく覚えられるので再学習者は利点、アドバンテージを抱えているという点は有利です。

さて、有利な点をもうひとつ記載しておくと、このテストは絶対に気分次第で試験問題を難化させることはないだろうということです。

つまり試験の困難度のレベルで言えば第2回程度、今後模試を受けたりして138点を10点以上はコンスタントに取れる水準に達していれば合格は見えてするということです。

公認心理師試験は落とすための試験ではなく、一定水準以上の知識があるかどうかを問うための試験です。こういった状態だとなかなか気分を切り替えるのは難しいかもしれません。時が経ち冷静になれるようになったらもう一度不安、緊張がありながらも、試験に向かう自分自身というものをもう一度見つめ直してみたら得点源になるかもしれません。

でも今回の受験者の方々はキツいですね。世間も騒がしくお仕事や学業も平年どおりではないのにまた不安が積み重なって大変だと思います。どうかご自愛ください。

photo by 𝚜 𝚘 𝚛 𝚊 ໒꒱⋆゚