D5DCA882-EF2B-4DB6-B17C-07025F0EFCED

◯ フランス留学中ひなた君  

(日本国某地区にて)

僕:さ、コンビニバイトに行ってくるいナリ。

千美梨:深夜だから気をつけてね。

(セブ◯ンイレブン◯畑中店にて)

客A:急いでるから早くしろ。

僕:すみませんすいませんもう少々お待ち下さい。

客B:これ宅急便5個、3個着払いで2個発払いと公共料金と税金支払い。 

伝票にキログラム書いておいて。

僕:あの、今すごく混み合っていて、ごはん買いに来ていて早く帰りたくてみなさん並んでいらっしゃいます。お時間かかりますがそれでもお待たせしてもおよろしいでしょうか?

(混乱して趣旨支離滅裂)

客B:構わないけど何でもいいから早くしろ。

(後ろに並んでいる客7人ぐらい)

遅っせーな

おい、店長出せよ!

店員C:(先輩50代女子)文句言う奴は帰れ!

(チッと言いながら我慢したり帰る客たち)

僕:C先輩ありがとうございました。

店員C:あのさ、あんた少しココ時給高めだからってこのコンビニ働き始めたのかもしれないけど、ここ修羅場だからだから時給高いのよ。

ワカッてて仕事してくれないと足手まといなのよ。

僕:どうもすいません。(ぐすん)

客D:(無言でカゴをレジ前に置く)

僕:あの、ヨーグルトあっためますか?

客:おう、頼むわ

僕:んなわけないやろ!628円になります。

客:にいちゃん見てたけど頑張んな。そのボケツッコミが大事やで。

僕:ばりがどゔございばず。うう。

店員C:ほら、トラック来たから早く商品並べて!

僕:はい!

(朝8時帰宅)

僕:ちみちゃん◯◯園(就労継続支援施設(作業所))のバイトの出勤時間だから行って来るよ。

ち:はい、今日はあなたの好きな納豆いくらおかかソース味昆布ご飯おにぎり持ってって。ワタシもこれから高級ブティック、「素敵なレディースファッションの店、みんなが集う泥沼田屋超田舎町銀座通り本店(支店なし)」にパートに行ってくるけどアナタ無理しないでね。

僕:(心の中の声「僕もうムリ」)うん。

(出勤後)

僕:はーいDさん(利用者さん)おうちまで迎えに来ましたよ。

Dさん:あんた運転下手(事実)だからマイクロで山登る時生きた心地せんわ。

僕:ごめんなさい。今日は気をつけます。

(遅めの昼休み)

僕:あ、ブログ更新しよっと。この前提出したベルリンの専門誌で査読論文通ったっと。

今はフランス留学中、教授にならないかと引っ張られてるエピソード。

今はパリ第8大学かな?タイトルは「ひなたあきらin Paris報告第162日目」で。

えっと画像はフリー素材のエッフェル塔かな。

(その後ちみちゃんに電話をかける)

僕:ちみぢゃんぼぐづらい。

ちみ:あなたワタシいつも等身大のアナタでいいって言ってるじゃない。

裏付けなくてプライドが高すぎて、そもそも顔もワタシの好みでもないしすべりまくりのギャグばっかりでオヤジセンス炸裂、

でもワタシにたまに優しかったりいつも冷たかったり無関心でスマホばかりに向かっていて色々だらしない人なんだけどそれはそれででよくなくて腹立つけどいいのよ。え?気付いたけどワタシホントにこれでいいの?

ん?やっぱりダメ男。ワタシひょっとしてもしなくてもダメンズ?

やっぱちょっとこの先考えるわ。

ぼぐ:ゔん

就労継続支援施設サービス管理責任者(サビ管)との会話

Eさん:ひなたさんね、最近すごく疲れ気味なの僕も見ててよくわかるよ。 

それ、利用者さんにも伝わるから。

ご家庭とかで何かあるの?

僕:いや、おぐざんやざじいげどごわい。

Eさん:ひなたさんは資格いろいろ持ってるから期待してるのよ。「すべっても負けない特級漫談療法士」とか「プライドだけ高い検定2級」とかね。

利用者さんのことちゃんと目配りする気持ちの余裕持ってね。

うちバイトしか雇える余裕ないし大変なのはわかるけどそもそも「いるだけで雰囲気暗くなる」のは困るのよ。

ぼぐ:ぶぁーい

※ ということで全てフィクションで事実記述はいつもながらありません。

(かな?)

さて、心理職の人たちが定年、転職してからどうするのか。

当事者や家族も考えなければならないのですが考え始めると追い詰められてしまうので考えない努力をしている場合が多いです。

転職を繰り返さざるを得なくて退職金制度?ナニそれオイシイの?

という人生を送ってきた心理職の方々はとても多いと思います。

「定年後or早期退職後」は間があるように思えても、「あ」とすぐやって来る、そう感じるよと心理職に限らずいろいろな人から聞きます。

遺言、葬儀の希望を伝えておいて人生終末に向かう「終活」が喧伝されています。

僕のようなふらついていたフニーターもどきの心理職は「終労終活」を将来見据えながら家族を大切にしていくことも考えなければなりません。

この厳しい心理職生活をしながらもクライエントさんのために笑顔を忘れないでいつまでもいたいなと思っているのです。

(おまけ)

(トップ画像についてとか)

僕:ちみ、何コレ?不気味っつーか凄みがあるっつーか。

千美梨:あら、アキラちゃんわからないのお?ユニバースで満たされていると孤独を癒すでしょ?

僕:ちみりは哲学者で芸術家かぁ、うーん、解釈するのが難しい。

それからさ、話題変わるけど新ネタ。ねね、聞いて聞いて『ツイッターにやっとの思いでたどりツイッター』ってどう?

ちみ:その300回聞いてるギャグ飽きたから約束どおり千円の罰金今払ってね。

僕:・・・