716AB6C8-CDFA-4B1B-AC87-20F9BCF497D2

◯ 公認心理師が成年後見人制度に期待される役割の増大

成年後見人制度は過去2回出ています。

司法関係は裁判所のホームページで検索すると、少年・家事事件双方とも調べられるので便利ですが、やはり心理学プロパーや周辺諸科学専攻者には馴染みがない知識なのでなるべく噛み砕いて説明してみます。

まず、成年後見人制度が一番多く使われるのは認知症患者さんの財産保護や、遺産分割目的です。(たとえば旦那さんの遺産分割をしたいけれど、遺産分割協議が奥さんが認知症のために困って子どもたちが申し立てをする)などです。

この制度は、被後見人の判断能力不十分なため被後見人の財産保護、身上監護といった権利保護のために作られた制度です。

成年後見人制度には3種類あります。

以下裁判所のホームページからの引用になりますが、
(以下引用)
□ 契約等の意味・内容を理解し、判断できればこの申立てはできません
□ 支援を受けなければ、契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することが難しいことがある→「補助」
□支援を受けなければ、契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することができない→「保佐」
□支援を受けても契約等の意味・内容を自ら理解し、判断することができない→「であれば「後見」の申立てをしてください。

とあります。

管轄家庭裁判所は本人が現に住んでいる住所地です。

申立権者は本人、配偶者、四親等の親族です。

後見されても戸籍には記載されません。
(引用終わり)

成年後見人は家庭裁判所が選任します。

その職務は身上監護(施設入所契約等)と財産管理です。

後見人は被後見人の財産目録(預貯金、不動産等財産一切)を作成、家裁に提出します。

親族が後見人になるということは、推定相続人が後見人になる可能性もあるわけで、子が後見人になった場合、被後見人と後見人の財産管理に紛争性が生じることがあります。

後見監督人、家庭裁判所、後見人以外の親族、検察官は後見人の不正があれば後見人の解任ができます。

代理権を持った「特別代理人」が選任されることもあります。

ちなみに後見監督人は最初から選任される場合もあれば選任されない場合もあります。

したがって問題になるのはきょうだい間で遺産分割争いをしている際や感情的葛藤が存在していると、後見人は親族が家庭裁判所に選任されないケースは多いです。

全てではないですが後見監督人が選任される場合もあるので、しっかりとその辺りは管理されます。

後見人は親族が選任される場合もあれば、弁護士、司法書士、社会福祉士が選任される事もあります。

(最近では成年後見人サポーターという後見人育成制度を自治体で作っている場合もあります。)

既出問題ですが、本人の意思能力が制限されるのは主として取引行為等の契約行為で、民事上は無能力者の行為は取り消しになります。(百万円の土地を一万円で売り渡す等)

ただし、被後見人だとしても一身専属の婚姻、選挙は制限されません。

さて、この辺りが理解できれば成年後見人制度はだいたいいいかなと思います。

試験対策のためにはぜひご自分でも調べてみてください。

ちなみに試験には出ない?かと思われますが、本人が認知症になったら発動させる任意後見制度は公証人役場で書類作成できます。

後見制度に類した「家族信託制度」という最先端制度は知らない専門家も多いのですが、意思能力がはっきりとしているうちに選択した、例えば親族の一人の受託者受益者が自由に財産処分をすることできる制度です。

認知症になる前にこの制度を活用しておくと便利だと思いますが、家族信託だけだと受託者受益者が自分の家のローン支払いに財産を充当することもできるので、紛争が予想される場合にはやめておくべきでしょう。

また、任意後見と家族信託は重ねる事ができます。

また、任意後見と家族信託は重ねる事ができます。

ラクナ型脳梗塞は血管型認知症を引き起こし、梗塞を繰り返しやすく、その度に死滅した部位が広がるので医学・心理と成年後見人制度は無関係とは言えません。

アルツハイマー型、ピック型認知症も頻出問題なので覚えておく必要があるでしょう。

併せて認知症中核症状記憶障害失認(ハサミの使い方がわからない)失行(着替えができない)、見当識障害(自分のいる場所時間が不鮮明)BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)に見られる徘徊、暴力、暴言、せん妄、興奮などの区別も大切です。

成年後見人制度ではこれまで、心理職の動きとしては家庭裁判所調査官が当事者調査をするという役割を担ってきました。

認知症や精神疾患で判断能力が低下している方の財産、身上監護の目的で病院心理職、訪問看護チームでの公認心理師の役割が増大していく可能性は十分にあると考えています。

(校正by my lovely wife 千美梨)