593A7BD4-8B1D-499C-B9D3-7C6417E5A740

◯ パーソナリティ障害に公認心理師が向かう時

「公認心理師試験のカウンセリング能力検出精度は?」

で中西美穂様のコメントに触発されて今回の記事を書こうと思いました。

中西美穂様が触れているクライエントさんの「個別性」を重視しながらきちんとエビデンスも考えていかなければなりません。

カウンセラーの「カウンセリング能力」には限界があります。

そして境界性人格障害(bordeline personality disorder=BPD) へのかかわりは最も医療者にとっては難しい対応を迫られる局面が存在しています。

中西美穂様に提示していただいた認知症患者さんへのリーダー研修教材「24時間シート」

http://www.tojinkai.or.jp/chofukaen/especially/images/24sheet_sample.pdf

は患者さんの個別性にきめ細やかに対応する内容となっていて、かなり感心させられました。

ところでパーソナリティ障害への個別対応は心理職に限らず医療者全体にとって大きな問題です。

厚生労働省の自死未遂患者への対応マニュアルでは、救命を生業としている未遂者に対し、医療者は嫌悪する気持ちが生じることがあり、その感情と対峙しなければならない旨の記述があります。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/manual1.html

また、境界性パーソナリティ障害〈日本版治療ガイドライン〉(金剛出版)牛島定信編 では患者さんと治療者との境界侵犯が起こりやすく、しばしば治療者-患者間での性的逸脱が起こりやすい、そしてそれが起こり得ることを前提としたガイドラインが策定されています。

公認心理師の多重関係、信用失墜行為は資格剥奪につながりますが、こういった難事例にはどう接したらいいのでしょうか。

手首が傷だらけの心理学者、マーシャ・リネハンによって創始された弁証法的行動療法(DBT)はパーソナリティ障害やその他の疾患治療に際し、多くの知見をもたらしました。

元々バリント.Mから境界例は幼少期の親との信頼関係の欠如、基底欠損の存在を指摘され、カーンバーグ.O等の精神分析家によってもたらされた研究業績も今なおパーソナリティ障害治療に大いに役立っています。

実際、横浜で精神分析オフィスKを私設開業されていらっしゃる北川清一郎先生のパーソナリティ障害への理解と接し方の理解は極めて優れています。

さて、「パーソナリティ障害への対応は難しい」多軸診断システムを取っていたDSM-Ⅳに代わってスペクトラム、グラデーション的概念で診断体系を構築しました。

それでもパーソナリティ障害とPTSDや統合失調症、双極性障害、うつ病が多軸的に併存することはあります。

とても接触困難と言われているパーソナリティ障害の人たちは「わざと治療スタッフを苦しめている」「操作しようとしている」と受け取られがちです。

しかしご本人は苦しくて仕方なくそういった対処しかできなかったということを理解しておく必要があります。

信頼関係がきちんと醸成された時、心理専門スタッフでなくとも、心理的理解をしようとしている公認心理師と患者さんとの関係性は格段に改善されていくと思うのです。