4A43FF4A-8E8B-411E-AE20-6AC5F35DB83C

◯ 意見絶賛募集中・公認心理師養成授業案(シラバス)

日本心理学会は公認心理師養成大学院で教えるべき内容についての授業計画案を2019/10/7に発表、これに対するパブリックコメント(意見募集)を始めました。

これに先立って2018/8/22には大学教育課程シラバスも発表されています。

大学院シラバス案を見て思ったのは、臨床心理士試験の出題基準よりもかなり幅広いということです。

ちなみに臨床心理士の出題範囲は「広く心理学の基礎的設問に加えて、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識が問われます。また、臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。」

とだけ日本臨床心理士資格認定協会の定義には書かれていて細かなブループリントなどは存在しません。

もちろん日本心理学会のシラバスにはプロの心理職としてやっていくためには必要な知識は多いです。

教育福祉分野では障害児のための放課後デイサービス、教育移行支援(特別支援を必要とする児童生徒がスムーズに次の段階に移る支援)がシラバスにはあります。

また、犯罪矯正心理学上の反応性原則、北海道追試で出たRNRモデルは、犯罪加害者へ適正な処遇を適切な量だけ行うというもので、このあたりの知識は心理職には知っておいて欲しいなあと思います。

リラプスプリベンションモデルという、薬物介入をいつのタイミングで行うかという設問はシラバスに書かれていませんが反応性原則に準じているのでそのうち試験に出るかもしれません。

ただ、このシラバスに記されている内科診断学、予診、身体医療になると心理職は学習に困難を覚えるでしょう。

内科知識全般、感染症予防対策、予防医学知識を得るのは心理職の仕事とは少し違うのではないかと思います。

また、力動的精神分析的精神療法もシラバスに入っていますが、精神療法の出題のバランスでは認知行動療法にかなり肩入れしていると思いました。

2018/8/22に日本心理学会から発表された学部シラバスでは消費者マーケティング、経営学、刑法、民法、遺伝子、細胞学、交通法規なども入っていたので公認心理師養成のために入学した学生さんたちは相当に多忙になりそうです。

こういったシラバスの学習内容は過去3回の公認心理師心理師試験でも何題も出ていて、ブループリントにもない内容でした。

元々公認心理師試験機関の日本心理研修センターには設立当時以来、日本心理学会がけん引している日本心理学諸学会連合(日心連)も深くかかわっていることから、日本心理学会の影響は相当に強いと思われます。

学会、大学という法人からのパブリックコメントも求められていますが、日本心理学会会員や「その他」の個人もパブリックコメントを出せるそうです。

パブリックコメントを出す出さないにかかわらず、受験生の方々や、興味のある方はシラバスに目を通してみてはいかがでしょうか。