9B60DBAF-C0B3-4546-829F-F68E54AB8499

第2回心理師試験・受験生、読者からの生の声

実は毎日のように受験者の方々、その他この試験にご意見がある方々からのコメントをいただいているのですが、なかなか時間が取れなくて返信できないでおり、申し訳ありません。

それらのご意見、コメントに一括返信するような形での記事になります。

時間が取れたら個々に返信をしていければいいなと思っていましたがなかなか時間が取れず、お詫びいたします。

まずはいただいた貴重なご意見をきちんと掲載した上で、大変失礼ですがまとめた形でまずは僕の見解も載せます。

◯公認心理師試験合格点下方修正予想

◯ 第2回公認心理師試験は本当に難化したのか?

◯ 第2回公認心理師試験合格水準厳格論への反論

◯ 第2回公認心理師試験は臨床能力を測定できたのか?

これらの記事に新たについたコメントです。

僕はいろんな角度から自分の視点で記事を書いているのですが、「公認心理師試験下方修正論」に対する反対意見は多いようです。

点数、合格ラインに関する記事をただのブロガーが過度に期待させるような発言をするべきじゃないという意見は正当性があるものです。

さて、この試験の難易度は人によって感じ方が違います。

それは当然のことと思います。

第1回試験より北海道追試は難しかったけれども、第2回試験の方が易しかったという声もありました。

これは人によって得意分野としている出題領域が違うので当然のことと思います。

ただ、「第1回試験の方が第2回試験より易しかった」

という声は誰からも聞いていません。

第2回試験の受験者のうちとても厳しかったと述べる人たちは、第1回試験、北海道追試を経て穴がないように全問正解できるレベルまで学習したにもかかわらず、今回の試験は知らない用語、知識ばかりで答えようがなかった。

どう考えても前年度の138点には届かない、もう浪人を覚悟している、それでも再受験を考えているけれどもこの先どうやって勉強したらいいのかわからない、今後どうやって勉強すればいいですか?

不意打ちのように知らない知識がどんどん出てくるようでは対策ができない。

などの声がありました。

こういった、今回試験が難しかったという感想は僕のところに来るコメントだけなのかなあ、と疑問に思っていたらベテランで心理の実務経験が長い人でも120点台やそれ以下が多かったという人たちのことを聞いて驚きました。

それがこの試験の困難さを示しているのでしょう。

実際に臨床心理士などの資格を持って現場第一線で働いているにもかかわらず、第2回試験では合格水準の得点は取れない、そんな試験を実施するのはどうなの?

という感想もありそうです。

第1回試験との第2回試験水準の不整合についての不満も多いでしょう。

それから、合格点を下方修正をすべきだという僕の意見は結構な数の方から反対もされています。

その中のいくつかについて紹介します。

1.この試験は面接もなければ実技もない、点数だけが全て

2.試験は厳格な基準で6割合格とするのが公平性がある、試験とはそういうものだ

と雑駁に言えばそういうものです。これらの見解も理はあります。

実際基準点6割厳守の試験もあります。

例えば言語聴覚士です。

簡単な試験ではありませんが合格率は約8割です。

公認心理師試験がどのような水準を求めていてどうなっていくかは現時点では不明なことが多いのです。

今回、多くの人がそれぞれの見地からコメントを下さっています。

自由な意見を述べる権利があるのは民主主義社会においては当たり前のことです。

皆様が「意見」「見解」という形で冷静なコメントを下さるようであればきちんと掲載していきたいと思っています。

コメントを下さった方々には大変感謝しております。

お礼を申し述べるとともに、今後とも宜しくお願いいたします。