CE2A17A8-FBE6-4C24-9690-B189B2D01231

◯ 第2回公認心理師試験受験生の不満-2

合格発表まで日が押し迫ってくるに連れて今回の受験生のみなさんの不満、不安などはだんだんと一方向に集約されていっているようです。

タイトルには「不満」と書きましたが、実際には「絶望感」「怒り」というネガティブな感情すら入り混じっているような気がします。

以下それを挙げてみます。

1.どうして誰も聞いたことがないような用語ばかりが出題されるの?

ブループリントに掲載されている用語は予習した受験生の方々はきちんと調べて網羅して知識を身に付けたでしょう。

ブループリントの範囲から完全に外れているかというと、拡大解釈すればSOAP、マルトリートメントや各種心理検査も十分範囲内だと出題委員側は言えるでしょう。

それでも「なんでどの参考書や問題集を見てみても何ら掲載されていない範囲が出ているの?」という不満は頻出しています。

2.第1回公認心理師と問題の水準が違うじゃないの?

1回目の試験は合格率ほぼ8割、北海道追試は6割5分近く、北海道追試は本試験よりも難しかったんじゃないの?

という声も聞きました。

そして今回の試験はさらに難易度が高くて得点を取りにくかった。

それは僕も自分で解いて思いましたし、多くの方々からそういった感想を聞いたので「今回の受験生の質が低い」とは毛頭感じていません。

合格率はとても低くなるのでは?

という受験生側の危惧も聞いています。

3.出題委員側の説明責任

これについては説明責任は「ない」ということで終わるでしょう。

どんな国家試験もそうですが「どうしてこんな難題を出すの?」

という問いに答える必要はないからです。

ただし、どういう方針で第1回と第2回が変わったのかについては相当に疑念を抱いている人々が多いでしょう。

4.試験から見える公認心理師像の不明朗さ

実務経験5年以上Gルートは週1回のボランティアでもOKとしたほど基準は緩いわけです。

指定大学院を出ていることが条件の臨床心理士とは緩い割には試験はクセがあって難しかった。

それでは第2回合格率はどんな風になるの?

というのは誰もが気になるところです。

あまりに第1回と第2回の合格率が乖離していたら試験としての一貫性がないと思われかねません。

5.課題

結局のところ公認心理師試験の合格基準はほかの国家資格試験と違って「厳密に6割」とも「合格率を考えて部分点を与えようか、それとも合格点数を引き下げようか」など一切発表がないので疑念が膨らむわけです。

第1回公認心理師試験では2万8千人のうち未登録者が約4千人、今度の1万7千人の受験者層をどう扱うかは官の側の一存で、何もわからないという手探りの状態が気になっているのでしょう。

試験結果発表はもうすぐですが、結果にともなう首尾一貫した姿勢があるかないかは受験生でなくともこの制度に興味を示している人(つまり国民全体)ならば誰しも気になります。