カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

2019年07月

F3AEBC26-4B5E-4502-A268-861745E0A0A5

美容整形公認心理師さなみちゃんの憂鬱

さなみ「心理カウンセラーの面接に来たみなみさなみです。」

事務長「あら、電話は可愛い声だったけど、実物も悪くないわね。あなた何歳?」

さなみ「はい、25歳です」

事務長「うん、合格、じゃ、うちのクリニックでは40歳で通してね」

さなみ「えっ」

事務長「ほら、うちのクリニック来た患者さんに『うあわ、40歳なのにこのクリニックの施術を受けてるからこんなに若ーい』って思われたら宣伝になるでしょ?だからあなたは今日から40歳」

さなみ「・・・はい・・・」

事務長「私も40歳だけど65歳で逆サバ読んでるんだからね。ところでウチのクリニックのウリはわかる?」

さなみ「はあ、ホームページ見たからいろいろとやってるなあと」

事務長「まずはフェイスでいうとボトックス注射はきちんとおススメしてね、それからほうれい線へのヒアルロン酸注入、それから顔のたるみのリフトアップ」

さなみ「えっ、そういうこと大学院で習ってない」

事務長「それはどうでもいいから。あと高濃度ビタミンC注射とか点滴ね、プラセンタ注射は回数多く来てもらっているうちに他の施術も受けたくなるように勧誘してもらってるのよ」

さなみ「はあ」

事務長「で、セット価格で夏の割引セールや学割を今だけやってるから、お客様になるべく多く限定パックおススメして」

さなみ「えっ?私が?」

事務長「当たり前でしょ、美容整形外科のカウンセラーなんだから売らなくちゃ。ウチのクリニックは院長の方針で国家資格の公認心理師所持者だと美容カウンセラーにもハクがつくかなって」

さなみ「うーん」

事務長「お客様でね、若くてお給料も安いから施術にためらっている人にはウチのクリニックのビューティ分割ローンをおススメしてね。『1日当たりわずかコーヒー一杯の値段ですから』って言えばハードルも下がるから」

さなみ「おいくらのコーヒーをどのぐらいの期間飲むんですか?」

事務長「気分次第でトークの中で笑顔で電卓叩けばいいじゃない。あとバストね」

さなみ「ちょ、待っ」

事務長「タブレットに写真入ってるからカウンセリングの時にはこの写真見せてあげて。生理食塩水バッグはバストが石灰化したりしこりが残るか、除去術をしなきゃいけないけど、うちのクリニックはヒアルロン酸注入と自己脂肪注入で自然なバストアップしてるの。もっとも今バッグ入れてるクリニックはないけどね」

さなみ「いろいろやってるんですね。ですけど・・・」

事務長「うちの脂肪注入バストアップはね、本人の太ももから抽出した自己脂肪を遠心分離器にかけて不純物を除去してから注入しているから異物反応が起きにくいのよ。そしてヒアルロン酸は分子が大きいから通常は1年しか持たないのに3年持つのがウリね」

さなみ「はあ」

事務長「高濃度ビタミンC点滴は週1回をオススメしてね。あと酸素カプセルセット価格で今25パーセント引きだから」

さなみ「あのですね、ところで私心理カウンセラー採用って聞いたから面接に来たんですけど」

事務長「うん?だから合格よ。ウチのクリニックはビューティアンドスリムメンタルカウンセラーB&Sメンタルカウンセラー認定資格発行してるからその証書にローマ字でキレイにサインしておいて。ところで公認心理師の資格証書ってあるの?」

さなみ「えっ、これですけど」

事務長「センス悪いドムラサキ色のケースねえ、中身も小学生が町内会の相撲大会でもらえる賞状みたいな・・・

さなみ「うん、で、私カウンセリングの仕事志望して来たんです」

事務長「あなたどこに住んでるの?」

さなみ「埼玉県所沢市ですけど」

事務長「うーん、うちね、南青山にあるクリニックだから、あなた表参道に住んでて、そこのマンションから来たっていう格好してきてくれる?今着てる服◯ニクロなんでしょ?」

さなみ「えっと、ラフな格好で面接来て下さいって書いてあったから」

事務長「じゃ、むしろ高いスーツがいいわね。持ってなかったらうちでいい白衣用意してもいいし」

さなみ「はい、私大学院で認知行動療法で修論書いて児童対象の限局性学習障害の研究してたんですけど、ちょっとここの仕事は・・・」

事務長「そこにあるカウンセリングルームはすごく立派な内装なのね、お客様がVIP待遇されてるって感じられるように」

さなみ「えっと」

事務長「で、このクリニックの向かいにエステサロンがあるじゃない」

さなみ「ああ、あれですね」

事務長「エステ脱毛は施術が完全じゃないこともあるし、何回も通わなきゃいけないから医療脱毛の方が安心で結局安いってお客様には言ってね。痛みも少ないし。」

さなみ「はあ」

事務長「お給料は初任給28万円プラス当社規定の歩合給ね、初任給は3カ月保証、あとは実力主義ね。新卒でこんなに出してくれるところないでしょ」

さなみ「まあそれはそうですけど、1日コーヒー何杯分のお給料なんですか?」

事務長「売上によっては◯ターバックスの最高級コーヒーが何杯分も飲めるわ、じゃ、明日8時半出勤ね。笑顔でお客様を安心させてどんどんクリニックの売上げに貢献してね。院長にあいさつしてもらいたかったけど、院長は今日は福岡院行ってるの。1人で大阪院と3つ掛け持ちしてるから。でも電話に出るときはそういうことは言わないように」

さなみ「えっと、ありがたい話ですけどそう言えば私他にカウンセリングのバイトやってて毎日来られないの思い出して」

事務長「あら、うちのクリニック土日もカウンセリングもやってるし21時まで空いてるからその仕事の合間に来てね。こっちもありがたいわ」

さなみ「あのですね、こういう美容整形外科って私知識もないし本当に効果があるかどうかわからないし」

事務長「大丈夫、私がしっかり教えるから一緒に頑張りましょう。最初はみんな素人なの」

さなみ「あの、忙しいから今日は帰ってからいったんよく考えてみようかと」

事務長「はい、じゃ、この雇用契約書にハンコとサインね。そしたら今日は終わりね」

さなみ「いえ、結構で」

事務長「そうなのよ、うちは結構いい評判があってお客様からも従業員からも評価が高いのよ」

さなみ「ぅ゛〜ゎ゛カゝ丶)まιナニすひ″レよ″せω」

事務長「わかってくれてありがとうね。さなみちゃんがハンコついた契約書預かったわよ。じゃ、明日から私たちの仲間ね、私たちのお金、じゃなくてお客様への最高のサービスのために頑張りましょ!」

さなみ「レよレヽ─」

1A765FD3-5CE7-4ACF-87A2-6A25C35A575D

公認心理師試験直前5点up!心理検査編

「公認心理師は現場に出ても心理テストができない」という危惧が世間では多いながら、意外と心理テストに関する問題が出ています。

試験における心理検査問題は、質問紙テストについて
1.何を測定しようとしているのか
2.どんな時に使われるのか、目的
3.カットオフ値(有意識別値)


がわかればかなり理解が深まります。

試験直前なので「さあ、これから心理テストに関する問題集や参考書を買って読もう」

というのは難しいですしおススメしません。

過去問で出題された、わからないテストを検索してメモしておく、当該テストのページを印刷しておくだけだけでも違います。

心理テストは何百種類もあって膨大です。

心理テスト作成・販売会社の金子書房、サクセス・ベル社、千葉テストセンターで販売しているテストカタログをインターネット上で概観して聞いたことがない不明なテストを見ておいたり、テスト全般を把握しておくとかなり役立つと思います。

さて、公認心理師試験に出題された心理検査名を列挙しておきます。

特に1問独立で出題されたテストについては太字にしておきます。

上記1〜3の他、意外に役立つウィキペディアで、有名な心理検査については当該心理テスト成立の歴史、テストの背景となっている理論も見ておくといいのではないでしょうか。

(これまで出題されたテスト)

BACS
田中ビネー
MMSE
STAI
BDI
CMI
MAS
IAT
NEO-PI-R
エゴグラム
MDI
WMS-R
ADHD-RS
ADOS-2
M-CHAT
Vieland-Ⅱ
CAAAS
IES-R
LSAS-J
Y-BOCS

新版K式
K-ABC-Ⅱ
YG
WISC-Ⅳ
ベンダーゲシュタルト
クレペリン
TAT
バウム
PFスタディ


さて、これらに掲載されていなくても出題される可能性があるテストについて僕の勘で下記に一部列挙しておきます。

ロールシャッハ
箱庭
風景構成法
CMAS
CAS
S-H式レジリエンス
グッドイナフ
コース立方体
レーブン色彩マトリックス
TK式親子診断
TSCC
津守式
遠城寺式
新版S-M
AQ日本語版
CLISP-dd
A-ADHD
A-ASD
新ストループ
MMS言語検査
TAS-20トロント・アレキシサイミア
WHO-SUBI
CAT
SCT
K-SCT
SADS
CISS
LOI
ベントン視覚記銘検査
DACS
JIBT-R
DAMS
PMS&PATS
SDS
K-10
フロスティッグ
SRS-2
CCC-2
ITSP
AASP
SP日本版感覚プロファイル
POMS
BAQ
TMT-J
PNPS
PARS-TR
SASS-J
Conners3
CAADID
SRQ-DⅡ
TOM
日本語版ECBI
FEP
PIL
ウィスコンシンカードKWCST
RBMT
WAB

これはあくまで僕の主観なので、掲載していないテストも出題されると思います。

これだけたくさん挙げると心理テストプロパーでない人々はクラっと来るかもしれませんが、概括しておくだけならば半日あれば終わるでしょう。

試験直前です。

半日が無理でも心理テスト学習時間に時間が割ける人はさらっと見て「あ、こんなテストがこんな用途だったよね」と記憶を再認できるので(再生する必要はないので)点数アップにつながると思います。

※ なお、今回の記事についてはインターネットブログ、SNSという媒体の性質上、それぞれのテストの持つ意味、解釈については一切触れません。

インターネットは誰もが閲覧可能ですので、すでに公表されている、公認心理師過去問題掲載の心理テスト名称を抜粋し記載するにとどめておきました。また、同じく公表してあるテスト販売会社名についてはその記載にとどめておき、双方ともにリンクは貼りません。

C59ED79A-52A8-41CD-B99F-42FC906E553A

公認心理師で金儲け(個人営業編)

瑠奈・エトワール伊集院:
「ひなたくん、いらっしゃい、お話したいっていうからすごく忙しいけど特別に時間取ってあげたわ」

僕「はあ、伊集院さん、なんだかすごい名前ですね、本名のごんざわケメ美さんで呼んでいい?」

瑠奈「あら、ひなた君、私忙しいんだからいつでもお帰りなさって結構なのよ。瑠奈様でいいわ」

僕「はい、すみません。瑠奈さんってあっという間に他の開業カウンセリング事務所の相談員から独立しましたね」

瑠奈「うーん、3年間かかったけどね。それから開業軌道に乗せるまで3年は持ち出しばっかりでもう大変」

僕「前ケメ美さんが自称事務所って言ってたところは木造の階段がステンレスっぽいカンカンアパートでしたね。足音が階段に響く。で、こんな駅から遠くて不便なマンションにオフィス開いたんですね」

瑠奈「瑠奈様でしょ、ねえー、くるみちゃーん、お客様一人お帰りよー」

僕「あ、ごめんなさいごめんなさい」

瑠奈「商売の話聞きに来たんだよね、私、この仕事では公認心理師は名乗ってないの」

僕「ほう」

瑠奈「だってねえ、瑠奈様のありがたいヒーリングを受けに来るお客様に資格は関係ないもの。公認心理師って名乗って売上げ上がるならそうするわ

僕「そうですか」

瑠奈「でね、集客のためにはまずSNSへの露出ね。Facebook、ツイッター、Instagram、LINE、mixi、特にFacebookはアカウントいくつか取ってね、私名義のアカウントとサロン名のアカウントと、サロンを応援してくれるファンのアカウントとかサブアアカ10ぐらい取ってね。ほかのSNSもそうね。営利目的じゃないっていう標榜だとアカウントひとつで数千人に宣伝できる。意外と効果あるのがフリーペーパー。名刺大の宣伝カードはたくさん飲食店に置かせてもらうの」

僕「ふうん」

瑠奈「代わりにオタクのお店宣伝しますからって言ってね」

僕「へえー」

瑠奈「ホントにそのテーブルの上にほかのお店のチラシ置いて宣伝もしてあるのよ」

僕「うん」

瑠奈「あとホームページはお金かけても外注でキレイに。ブログはアクセス少なくてもWordPressで独自ドメイン取って作る。あとメルマガね。」

僕「普通の無料ブログだとダメなの?」

瑠奈「無料ブログっていろいろルールあるじゃない?でも日本ブログ村には登録しておくといいのよ。私はヒーラーとか癒し、ヒーリングに登録してあるけどね」

僕「それでお客さん来るの?」

瑠奈「ブログ村で順位は下位でも、とにかく私の紫のヴェールの奥に隠された美貌とハイヤーパワーの効果が感じられる写真撮りまくって載せまくってセミナーとかセッションの写真いっぱい載せるのよ」

僕「ふん」

瑠奈「セミナーは無料でいいから、2、3人しか来なくても写真の撮り方でたくさん集客出来たように見せるの。お客様の声を拾い上げたら10倍ぐらいの長さに編集して宣伝して個人ヒーリングにつなげると。」

僕「うん」

瑠奈「メルマガも同じね」

僕「ふん」

瑠奈「あとはね、ヒーリングの売り物はピンポイントに抑えること。私は美容、健康、精神の安定。細かい要望はセッションの中で聞くから看板は少ないメッセージ。売り物は3つ以内。宣伝文は15文字以内」

僕「ふーん」

瑠奈「あとは絶対に1セッションの値段を下げないことね。安上がりなセッションだとありがたみもなくなる。私は90分2万円。これを厳守」

僕「なるほどねえ」

瑠奈「あとね、ひなたくんも言ってたけど立地の問題ね。うちは駅から離れた住宅街だから場合によってはバイトのくるみちゃんが駅までお客様を迎えに行くの」

僕「ほう」

瑠奈「そうするとお客様はお迎え付きだから感動する人もいるのよ。あと本は絶対出版すること。500部でもいいから。本出してるってことが信用になる。3冊は欲しいわね」

僕「やること多いね」

瑠奈「そうよ。セミナー、セッション、講演、出版、ブログ、メルマガSNSって全部回さないとね」

僕「ふーん」

瑠奈「あとは天使の加護や宇宙でハイヤーセルフを高めさせる。お客様のインナーチャイルドを育てるためのエナジーやシナジーをマジックナンバーから割り出してキネシオロジーで確認する。最近はグラウンディングワークをたくさんやってるのね」

僕「何それ?」

瑠奈「うーん、私も実はよくわからないけどなんとかなる」

僕「ケメ美さん今日は忙しいのにどうもありがとう」

瑠奈「くるみちゃーん、お客様一人お帰りよー。あとで塩撒いといて」

くるみ「はーいごんざわ先生」

瑠奈「・・・くるみ、あんたも今日は帰んな」

67346D34-402C-4683-8940-6E2BE910F5BF

第2回公認心理師試験合格基準・配点基準・受験者数未公表

以下、あくまで7月17日現在の話です。

本日、日本心理研修センターに電話問い合わせしたところ、受験者数、合格基準、傾斜配分の有無、これら全てについて「お答えできることは何もありません。ホームページに書かれている事柄が全てなので参照してください」

とのことでした。

僕がこれを聞いて思ったのは、国家試験だと税理士、保育士、言語聴覚士は合格基準60パーセント正答でかっちりと決まっていますが、公認心理師はまだ合格基準が公表できるほど定まっていなくてふわふわしたものではないかということです。

さて、第21回精神保健福祉士試験合格発表のホームページを見てみます。(厚生労働省)

精神保健福祉士は公認心理師に近縁の資格だと僕が思ったので比較する対象としました。

以下引用

第21回精神保健福祉士国家試験の合格基準及び正答について

1 合格基準 次の2つの条件を満たした者を合格者とする。

(1) ア 総得点163点に対し、得点87点以上の者(総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

イ 試験科目の一部免除を受けた受験者 (精神保健福祉士法施行規則第6条)

総得点80点に対し、得点41点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

(2) (1)のア又はイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては 1から16の16科目群、イに該当する者にあっては1から5の5科目群すべて において得点があった者。

1精神疾患とその治療 2精神保健の課題と支援 3精神保健福祉相談援助の基盤 4精 神保健福祉の理論と相談援助の展開 5精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム 6人体の構造と機能及び疾病 7心理学理論と心理的支援 8 社会理論と社会システム 9現代社会と福祉 10地域福祉の理論と方法 11福祉行財政と 福祉計画 12社会保障 13障害者に対する支援と障害者自立支援制度 14低所得者に対す る支援と生活保護制度 15保健医療サービス 16権利擁護と成年後見制度

(引用終わり)

精神保健福祉士試験には傾斜配分はありません。

ただし、公認心理師試験と全く同じ文言で 総得点の60%程度を基準と し、問題の難易度で補正した。という記載に加え「配点は1問1点である」という記述があります。

精神保健福祉士合格ラインは60パーセントぴったりとは決まっていないわけです。

精神保健福祉士の最新合格ラインは全科目受験者得点率57.0パーセント、共通科目免除受験者52.5パーセントの得点率で合格でした。

社会福祉士は合格ラインが60パーセント以上のこともありました。

ちなみに精神保健福祉士共通科目受験者とはすでに社会福祉士を取得している者です。

そして精神保健福祉士の場合には0点科目があると合格できません。

公認心理師試験でも「統計は捨てた」という人もいますが、大丈夫かな?

と思ってしまいます。

心理統計出題委員は何人かいます。

「難易度で補正」記述には受験生のみなさんとても解釈に迷われるところだと思います。

合格基準は6割得点率基準で詳細は定まっていないですし、どうなるかはわかっていない。

今後公認心理師試験合格基準がきちんと決まるのはひょっとしたら試験施行5年後になるかもしれないと思いました。

ADAD15F3-B597-41B9-97C6-003671A549C3

公認心理師試験直前5点up!DSM-5

1.序

出題委員の精神科医師の多さから、試験はDSM-5から多く出題されることが考えられます。

まず、DSMとは何か?

という問いですが、

例えばAという精神疾患について「なんとなく勘で◯◯病」ということではあまりに科学的ではありません。

そこでA病と断定診断するためにはa〜hの8つの症状のうち、5つが当てはまってそれが過去6カ月にわたって続いているものだけを認める、というとても明快なものです。

この診断基準は世界標準で使うことができて「操作的診断基準」と呼ばれます。

DSM-Ⅲが最初に定められ、現在ではDSM-5が診断基準として病名診断に使用されています。

DSM-5直前に使用されていた診断基準はDSM-Ⅳ-TRです。

DSM-5は多軸診断システムからディメンション診断システムを取り入れたことが大きな変更点です。

これまでの多軸診断システムは、大雑把に言うとI軸=病名、II軸=人格障害、Ⅲ=身体疾患、Ⅳ=心理的状況

でしたが、この多軸診断システムはDSM-5になって原則ディメンジョンシステムに変更されました。

2.ディメンジョン診断

ディメンジョンというのはスペクトラムで、グラデーションのように例えば統合失調症なら

統合失調症←統合失調症様障害←短期精神病障害←妄想性障害←失調型障害(左に行くほど病態水準が重い)

という一つの疾患をグラデーションのようにディメンジョンとして示しています。

これらの概念は「統合失調症スペクトラム障害および他の精神病障害群」としてDSM-5では定義されています。

従来は統合失調型パーソナリティ障害は

Ⅰ軸、統合失調症
Ⅱ軸、失調型パーソナリティ障害

という診断もできたのですが、統合失調症をスペクトラムとして見ることで病態水準を定義付け、状態像優先で診断が可能になりました。

これは神経発達症群/神経発達障害群でも同じことで、知的障害、発達障害もスペクトラムとしてとらえられています。

多軸診断システムが完全に廃止されたわけではないのですが、ディメンジョンの方が正確で効率的ということです。

3.神経発達症群/神経発達障害群

⑴ 知的能力障害

従来は知的能力障害を知能指数で測定し、その重度を判断していましたが、DSM-5では知能指数にかかわらず、概念、社会、実用の3領域で何ができるのかというADLで重症度を判定するようになりました。

⑵ 自閉症スペクトラム障害ASD

以前言われていた、コミュニケーション障害のアスペルガー障害、広汎性発達障害PDD、広汎性発達障害PDD-NOS(ほかのどこにも分類されない広汎性発達障害」概念は廃止されました。

僕は特にこのどこにも分類広汎性発達障害の概念が廃止されたことは良かったと思います。

なんだかわからないけどきっと発達障害だよね。だからPDD-NOSだよね。という診断はかなりテキトーに使われていたような気がします。

ASDはスペクトラムなので、スペクトラムという用語で定義されているものは、重い高機能自閉症から軽い「変わりものかな?」程度の病態がグラデーションのようになっているわけです。

⑶ 注意欠如・多動症/注意欠如・多動型障害ADHD

注意欠陥から注意欠如に変更されています。

DSM-5がディメンジョン診断になったことで自閉症スペクトラム障害ASDとADHDの並存診断が可能になりました。

ADHDは初期発症年齢が7歳から12歳に引き上げられています。

4.双極性障害

DSM-4-TRまではうつ病と双極性障害は気分変動の波の上がり下がりがあるので、同じ気分障害のくくりの中に入れられていました。

DSM-5になって双極性障害こそが気分障害の中核で、うつ病とは違う疾患として分類されています。

心理職の人たち、自己が双極性障害の人も体験して理解できるのではないかと思いますが、単極性うつと双極性は別物です。

統合失調症、双極性障害は遺伝子変異によって起こりうるものですし、使っている薬もほぼほぼ同じものが多いです。

単極うつも双極性に似ていなくはないのですが、双極性障害はどちらかというと統合失調症に遺伝的には近いわけです。

家系研究結果からは同じ一族や親子の中に統合失調症と双極性障害は同じ家系の中で親=統合失調症、子=双極性障害という例が多々示されています。

4.トラウマ関連障害

従前PTSDも不安障害のくくりの中にありましたが、トラウマとストレス因子関連障害は独立項目になりました。

児童の反応性愛着障害もここに含まれます。

反応性愛着障害は抑制型⇄脱抑制型に DSM-4-TRまでは分類されていましたが、 DSM-5では独立した概念として

・反応性アタッチメント障害/反応性愛着障害

(ぼうっとして何にも共感や興味を示さない)



・脱抑制型対人能力障害

(大人が来るとしがみついたり、過度に甘えて離れようとしない)

これら2つは完全に分けられました。

⇄という障害ではなく、←×→で、どちらかからどちらかへの移行は臨床上もありません。

5.ためこみ症

強迫性障害群の中に新たに登場した概念です。

いわゆる汚屋敷とかゴミ屋敷に相当します。

この障害は拾って捨てられないという症状がありますが、誰かが分類して捨ててしまえはたちまち快癒します。

6.抑うつ障害

簡単に並列記述しておきます。

重度気分調整不全障害
(12歳以前のかんしゃく、イライラ)

大うつ病

持続性抑うつ障害(気分変調症)

月経前不快気分障害

※ 以上簡単にDSM-5について述べました。

教科書などで補完しながらDSMを中心とした選択問題、事例問題で5点アップを目指しましょう。

↑このページのトップヘ