ECBD5B23-A58A-4CB7-BD89-0397BE5A1A4B

公認心理師・臨床心理士の就・転職の仕方

新卒で恵まれた就職をして、そこで長く働ければそれに越したことはないのですが、心理職はさまざまな理由から転職を繰り返します。

新卒就職時に安定した職場を探すことができて長く働ければそれが一番です。

公務員、大学病院に勤められたらそこでずっと就労することが一番です。

安定した公務員職場でも昨日触れたようにセクハラ、パワハラがあったり、働き方改革?なにそれ美味しいの?という長時間荷重労働の職場があります。

国家公務員ならヒラでも2年に一回全国移動、地方でも自治体の端から端まで移動させられる場合もあり、職場の安定=長期間勤められるというわけではなく、女性の心理職はそれで泣く泣く辞職することもあります。

心理職は元々職場のパイが少なく安い時給、安月給ということから、もっといい職場を探して転職を余儀なく繰り返す人々が多いです。

さて、そして医療、教育、福祉、司法、産業の領域で仕事をしているとその領域を超えての転職は難しいです。

同じ領域内でもピンポイントで求人募集していることがあり、どうやって入り込めるの?というような募集があります。

「産婦人科心理業務10年、5人以上の部下を持った管理職経験3年以上、医療事務業務に明るく、医事統計業務にも長けている者」というようなハードルが高い募集もあります。

僕自身ハローワークに非常勤相談員として勤務していた経験があります。

履歴書、職務経歴書の書き方、面接の受け方などをコーチしていたことがあります。

僕自身も求職者としてあちこちを渡り歩いてものすごい数の履歴書を送り、多数面接も受けて領域を超えた転職をしてきました。

僕がした求職方法で一番固いのはコネです。

口利きをしてくれる人がいればそれが身元や能力の保証にもなるのでそれが最も有効です。

あと、万人にはおススメできない転職方法としては電話営業です。

医歯薬系薬剤メーカー、医薬機器、出版社、求人媒体はあちこちの病院やクリニックに飛び込み営業をかけています。

そこで僕も100件以上あちこちに採用面接応募をしたら「あ、今ちょうど人探ししてたところ」と奇跡的に雇ってくれた病院がありました。

一般就職のコーチを大学生にしていたこともあるのですが、志望動機と自己PRだけが大切と中谷彰宏氏が言っていたのは本当です。

志望動機や自己PRの中に自分の長所を織り交ぜる、「あなたの短所は?」といった意地悪そうな質問には「なかなか人に頼まれると断れなくて引き受けてしまうことですね。忙しくなるけど達成した時には喜びを感じます」

と答えると「依頼された仕事は嫌がらずにきちんと完成させる人」という長所アピールになります。

心理職の面接もほぼほぼ一般企業面接と変わらないところがあります。

新卒ポテンシャル採用ならば「一緒に仕事をして協調性があって働きやすい人か?」も大切で、テキパキとした受け答えができるかどうかという地頭の良さも見られます。

中途採用も同じです。

中途採用ならば管理職として採用されるかもしれませんし、心理テストができるという即戦力も重視されます。

心理職の場合、新卒でも学歴はあまり重視されません。

中途採用の場合はなおさらです。

心理職は掛け持ちで仕事をしていた経歴が多いので転職回数はそれほど大きな問題にならないことが多いのですが、「何か問題を起こしてヤメたの?」と思われるのはまずいです。

履歴書や職務経歴書に「◯◯社メンタルヘルス部門事業廃止のため」とか「夫の転勤のため」「育児のため」「介護」と誰でも納得できるような理由を書きます。

不思議なもので文書の中に理由を書いておくと面接官は「あ、そうなんだ」と納得して面接ではあまり突っ込んで来ないのであらかじめ書いておくことがおススメです。

あちこちの就職サイトで言われているように前の勤め先の悪口は絶対に書きません、言いません。

不満ばかり抱きやすく、すぐ辞めてその就職先の悪口を言いふらすのではないかと警戒されます。

それから、公務員を辞めた人については「何故辞職したの?」という照会があっても官公署以外には答えません。

嘘の経歴はダメです。

内定後に「じゃ、前の勤務先の在籍証明書出してね」と言われることがあります。

在籍証明書には職印の押印を求められます。

職印は絶対に手に入りませんし、ハンコ屋さんでも作れません。

もしなんらかの方法で不正に職印を押せたとしてもそれは有印私文書、有印公文書作成同行使で間違いなく実刑判決が出る重い犯罪です。

と、心理職の就職も一般の就職とあまり変わらないところ多々あります。

心理職が領域を超えて転職をする時は福祉⇄教育ならばそこで発達障害当事者を多く見てきた経験、産業⇄医療でも多くの精神疾患を対象としてきて他医療従事者と連携を取った経験、司法は法に明るいことがアピールポイントになると思います。