C5C1F782-05D7-4D05-9D09-99BC69F4F325

「感謝されると自分が気持ちいいからカウンセリングを仕事にしました」by公認心理師Xさん

この言葉を研究会で聞いた時には唖然としました。

この人によるとカウンセリングをやると自分が尊敬されたようで心地よくなる、感謝されたい、だから心理の仕事を選んだとのことでした。

心理職の資質というのは学歴では決まりません。

公認心理師法には定められていませんが研究をしない人よりはした方がいいと思います。

効果ある心理療法をカウンセラーは行って欲しいですし、そのために勉強して技術や知識を身につける研修や学会に参加することにも意義があります。

上記の発言をした人は結構あちこちの研修に出ていて熱心に勉強をしていたのですが、僕が思ったのは何をお前は院や研究会で学んで来たのだと。

クライエントさんは利害関係がない、秘密を守ってくれる人に話を聞いてもらいたい、スッキリとしたいという理由からカウンセリングに来る場合が多いです。

カウンセラーは「またいつでもどうぞ」と言い、一回だけのカウンセリングでも満足して帰る人、カウンセラーの腕前に不全感がありながら帰る人、本来カウンセリングの問題ではなくて現実の問題で、金銭問題や仕事が合わないなどが主訴で、カウンセリングルーム内ではどうにもできないなど初回面接の終わり方はさまざまです。

またなんらかのニーズがある人は再来してきます。

もちろん僕も自分の腕前は100点満点でクライエントさんの誰もが満足して帰っていくとは全く思っていません。

ただ「何のためにカウンセリングをするか、誰のためにカウンセリングをするのか」というと、それはクライエントさんのためであって、当たり前ですがカウンセラーのためではありません。

カウンセラーが仕事に対して抱いている欲望は何なのか、それはクライエントさんには関係がないことです。

夢いっぱいで心理職の仕事にはついたものの、大変なことがいろいろとあって心折れてしまいそうになった。

でも食べるためには心理の仕事を続けなければならないからやっている人というもいるかもしれません。

仕事としてやっている以上、「いやあ、僕もいろいろ大変でしてねえ、この前は彼女とケンカしちゃいましたよ」という風なカウンセラーの個人的な話に興味を持つクライエントさんは通常皆無です。

カウンセラーの家族が病気でやむなく予定変更してもらったときは「この間はすみませんでした」「大丈夫でしたか?」「ええ、おかげさまで助かりました。それじゃあこの前の話の続きですが・・・」

とあくまでもクライエントさん中心に話は進むわけです。

自分の仕事の不満などをカウンセリング中に語る権利があるのはクライエントさんだけです。

公認心理師試験はマークシートだけですし、臨床心理士試験の短い面接で心理職としてその人の根本的な人間的資質を見抜くことはできないでしょう。

だからこそ心理職にはきちんとやってくれ、自分のことよりクライエントさんを先に考えない心理職はいつか失格という烙印を押されかねないぞと思うわけです。

とある大学のカフェテリアで食事をしていたら医学部生たちが「将来どうしようかなあ、内科とか外科はメジャー科だからめちゃくちゃ忙しそう」

「そうだよなあー俺精神科にしようかな、人の話聞いて薬出してればいいだけじゃん?」という話を聞いて「ほう」と思ったことがあります。

志があってよく学んでいてその道一筋に生きる、臨床心理学を愛しているカウンセラーは仕事もよくできますしクライエントさんからも慕われます。

こういうカウンセラーにカウンセリングを受けることができるクライエントさんは僥倖です。

別に糊口をしのぐためだけに仕事をしていても、目の前にクライエントさんが来たら一生懸命になれればそれでもいいのです。

怖いのは自分の実力を過大評価する人、万能感を抱いたり、際限ない劣等感の裏返しで仕事をしようとする人です。

精神科医でも心理職でも、人をコントロールするために仕事をしたいというコントロールアディクション(支配への依存)に陥るととんでもないことになりかねません。

自分の認知枠の中に相手の人間性や人格を無理やりはめこもうとするようになりますし、歪んだプライドを満足させるためにクライエントさんだけでなく周囲を踏み台にして優位に立とうとします。

こんなことを書いているとカウンセリングに期待を持ちつつ読んでいるクライエントさんには申し訳ないなあと思います。

大抵の心理職は熱心、真面目に仕事をしている普通の人です。

その中で尊敬できる心理職に出会えたらそれは素晴らしいことです。

臨床心理士だけでも3万5千人累計合格者がいて公認心理師も2万7千人います。

全員絶対まともですという品質保証はつけられません。

何がなんだかわからずに公認心理師を目指そうとする新入大学生には大学の先生方も臨床のイロハから教えなければならず、大変なことでしょう。

クライエントさんはいつでもカウンセリングをやめたりカウンセラーを変える権利があります。

組織内で暴走したら止める人も出てくるでしょう。

心理職がお互いの立場を尊重するということはいいことです。

ただし相当な規則違反や法軽視の態度を取っていれば通報、通告は同一職種間でも行うことができます。

むしろ通告通報しなければその心理職も同罪というのが倫理的には当たり前です。

ただ、具体的に誰かに迷惑をかけたということがわからない、こういったグレイな発言をするような人はほかの心理職も注意を払って忠告します。

そんな態度で仕事をしていればクライエントさんからのクレームも出るだろうし、所属機関の上司からもきつい指導を受けることになるよ、と。

別に心理職同士で監視し合う必要はありませんが、相互にきちんと物言える自由な雰囲気は大切です。

今後の心理制度でクライエントさんがもっと自由にカウンセラーを選ぶことができたらいいなと思います。

クライエントの方々には言っておきたいことがあります。

そういうことはどの学会のホームページにも書いてありませんが、どろどろとした権力争いをしている心理関係団体の中の人は人格的にどうなのか?と思います。

ブログを書くのにあちこちから話を聞いたり取材をしていると特にそう思いました。

ヤブカウンセラーには気をつけてください
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)