◯ 新情報 地方公認心理師協会・臨床心理士研修救済措置

◯ 日本臨床心理士資格認定協会に電話連絡して確認しました。

Q「地方公認心理師会で日本臨床心理士会と共催研修については第4群ではなく第2群(臨床心理士資格更新重要度が高い研修)になる可能性があると聞きましたがどうなんでしょうか?」

A「そのとおりです。日本臨床心理士会との共催については第2群です。そのように答えるように指導されています。」

とのことです。

※ 以下東京臨床心理士会にも問い合わせをしましたので参考に写しを掲載します。

A4B0ADBF-09D4-46E2-94EC-CC58653BBA67


5FC040EC-69CC-4236-8365-FEE51F8B3B39


東京臨床心理士会

ひなた あきら 様

お問い合わせいただき、ありがとうございます。
昨年5月発行のニュースレター臨時号でお知らせしているとおり、当会主催研修会につきましては、これまでどおり申請手続きを行う予定です。

どの群に該当するかについては、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が発行する

「『臨床心理士』研修機会 承認申請手引書」にあるとおり、同協会の判断になりますが、当会としては、関係諸団体とも連携し、会員が不利益を被らないよう活動を進めていく所存です。

今後とも当会へのご理解、ご協力をお願い申し上げます。



------Original Message------
送信元:"【お問い合わせ(一般用)】Synergy!ジャーナルメール"
送信先:
CC:
件名:【お問い合わせ(一般用)】お問い合わせがありました。
送信日時:2019年02月12日 15:35:14(+0900)
>下記のお問い合わせ依頼がありました。
>内容のご確認をお願い致します。
>--------------------------------------------------------------------------------
>
>臨床心理士番号 :
>氏名      :ひなた あきら
>メールアドレス :himata0630@gmail.com
>お問い合わせ内容:心理学ブログを書いているひなたあきらと言います。

東京臨床心理士会が東京公認心理師協会に変わることで臨床心理士資格更新ポイント第2類から第4類に変わると日本臨床心理士資格認定協会から聞きました。

これに関する真偽、更新ポイントが取りにくくなるという東京臨床心理士会会員が被るかもしれない不利益、事前に会員に十分な説明はあったのかネットに公表してもいい範囲内でご回答いただきたいと思います。
>
>--------------------------------------------------------------------------------
>上記内容をご確認の上、対応お願い致します。
>対応後はデータベースへの登録をお願いします。
>
>
>

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一般社団法人 東京臨床心理士会事務局
 113-0033 東京都文京区本郷2-29-2 小山ビル1階
 TEL/FAX  03-3818-1176
 E-MAIL info@tsccp.jp
 URL http://www.tsccp.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)