公認心理師についてほか心理職らと話したある日のこと

先日ちょっとした、とても小さな学会と研究会の中間のような集まりがあって某所に出かけました。

何かのポイントにもならないような集まりです。

僕「あ、Sさんお久しぶりです。1年ぶりですよねえ」

Sさん「今日はグループAの司会だから僕も早くきたんですよ。昨日出る前も北海道はマイナス11度でしたよ。たまたまこっちに来る機会があったんで来られて良かったですよ」

M君(東北で働いている人)
「北海道の人たちは公認心理師試験どうでした?」

Sさん「んー知り合い10人ぐらいいるけど落ちたって話は聞いてないですね。言わないだけかもしれませんけど。これから公認心理師協会に入ろうか公認心理師の会にも入らなきゃいけないのか様子見ですねえ」

僕「64.5パーセントでしたよね。激戦でしたよね。」

Sさん「まあなかなか」

僕「団体加入は様子見って人たちが多いみたいですねえ」

M君「本試験と北海道の試験両方やってみたけど結構やさしかったですね。ところでお金がないから登録申請まだしてないんですよ。子ども生まれたばかりだし、いやあ公認心理師っていろいろお金かかって高いですねえ」

(この人は本試験直後に「もうダメだったから来年受ける」って言ってたんだけどなあ。でもいろいろ大変そうだなあ)

A君「ところでひなたさん今日ミニ発表でしょ。またマイナーな技法の発表しますね」

僕「イメージ療法手法の紹介ですよ」


(発表)

僕「と、PTSDに使われる手法はナラティブな物語療法でもあります。イメージ療法とのセットでアディクション、依存や強迫性障害にも効果がありそうです。」

Cさん(この研究会を主催しているかなり切れ者)「質問ですが、そういった特殊な技法をやる時は公認心理師法の主治の医師の了解は不要なんですかね」

僕「関係団体に聞いてみたら◯◯団体の理事の方は包括的に主治医はカウンセリングの命令を出している、例えば認知行動療法が有効かなあと思っていても話をとにかく聞いて欲しい場合、さっと技法を変えて来談者中心療法で話を聞く場合もあります。技法について主治の医師の了解を取らなくてもそこは心理職の裁量ではないかと。来談者中心療法も侵襲的になることは多いので、インフォームドコンセントでしっかりと患者さんの了解を取っておけばいいのかと。ネガティブな結果になってしまったら報告するべきと思いますが。」

Cさん「なるほどねえ、ひなた先生調べたんですねえ」

僕「いやありがとうございます、ま、こんな風にいろんな絵を描いてもらってそれからお話広げたり。」

※ 本物は出せないのでちみちゃん画伯と僕とで共同で描いた絵を展示してみました。

164D6883-42D9-41E9-9392-2BB38A3FCB63


119E540B-175D-4EC2-9D4B-8627B1C36573


精神科医N先生「いろんな技法をミックスして実施しているのはエビデンス、証明力があります?」

僕「あるものもありますしないものもあります。僕はN先生がご存じのとおり、エビデンスだけが精神療法とは思わないでやっているところがありますけれど。毎回統制された方法でイメージや心象世界を患者さんに実施していないのでランダムに割り付けをしたRCTのような研究はしてきないのですけど」

(以下ミニ発表他の人たち続き)

エビデンス重視で医療領域の方法論、僕のように実際の活動の紹介など。

僕(みんな頑張ってるなあ)

※ この会合は精神科医や心理職だけでなく企業人事の人など公認心理師受験をしていない人もいました。

守秘義務の関係から事例発表はなく、まあ和気あいあいとした感じの集まりです。

心理職の人たちは公認心理師にまつわる事柄をいろいろ気にしつつ日常業務やら研究やら忙しそうです。

関係他職種の人たちも精神衛生には大きな関心があるようで、こういった草の根的な集まりもまたいろいろインフォーマルな情報交換になった有意義な日でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村
(スポンサードリンク)