公認心理師試験/隠されていたブループリントの存在

公認心理師試験が大学で所定の単位を修めた受験者にも認められることは受験の手引きにも明確に記載されていました。

そのためにはA、Bルートで受験できるだけの必要単位数、学習内容を履修していなければなりません。

今回A、Bルートで受験した受験生はいなかったわけですが、Bルートは学部+実習で受験が可能になります。

公認心理師は臨床心理士会と医師団体の(苛烈な?)交渉によって、学部卒でも資格取得が可能になりました。

公認心理師受験資格を専門学校で学べるカリキュラムを計画している学校法人もあります。

さて、公認心理師養成校として認められるためには、法定の機関で一定の時間の実習を含む養成カリキュラムを受けなければならないわけです。

今後、公認心理師養成大学で教えるべき科目のガイドラインとして日本心理学会では2017年12月に「公認心理師大学カリキュラム 標準シラバス」を作成し、2018年3月末までに学会員からのパブリックコメントを求め、2018年8月22日にインターネット上でも公表しています。


さて、僕も含めて皆さんがあれほど勉強して結局試験に出なかった用語も多かったブループリントの「負の相補性」や感情の「高次回路 低次回路」「遺伝心理学」「エピジェネティクス」「DoHad」ですが、このシラバスには掲載されていません。
(公認心理師試験に今後出題される可能性は大いにありますが)

そのかわり、このシラバス自体がブループリントの2〜2.5倍はあろうかというボリュームなので、相当なものですが、中には「ヒューマンエラー」や「潜在記憶とプライミング」を含んでいて、今回の出題範囲の数々の用語も網羅されています。

この用語集を全て勉強する時間を取るのは難しいことですが、かなりの領域と用語が試験と重なっていて、事実上の「もうひとつのブループリント」として勉強しておけばよかったなあと今になってみて思います。

さて、寄せられたパブリックコメントにもあった意見だそうですが、これだけのボリュームのカリキュラムを大学四年間で学ぶことができるのか?

公認心理師が大卒者にも門戸を開く試験である以上、現認者ルートがなくなった後は大卒者にはこのルートしか残されていません。

このシラバスでは、ざっと見てみても基礎心理学分野ではデカルト以来の心理史、コンピュータPDPモデル、経営学、心理学が今後参加する新領域、進化科学、感性科学、社会制度設計、素因ストレスモデル、心理統計はほぼ全領域、プログラミング、信号検出理論、ROC理論、ヒット・ミス・FA・CR、クレイクとタルヴィングパラダイム・・・

寡聞にして聞かない用語も多いです。(僕の勉強不足?)

また、法律分野では刑法、刑訴法、民訴法、刑事施設法、道路交通法、道路運送法、貨物自動車運送事業法が含まれています。

道交法分野は交通心理学の観点によるものだそうです。

シラバスだけで今後の公認心理師養成大学のカリキュラムが拘束されるものでないことは明記されています。

このシラバスは量が多過ぎるきらいはありますが、これから公認心理師受験をする人たちの参考に十分なるでしょう。

公認心理師は成立したばかりの制度で、法案成立に関係した団体が多かったためなのか、かなりの学習量を要請されていくのではないかと思います。

公認心理師の必須学習項目が適切かつ実用的なものとなっていくことを期待してやみません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村


12343FA8-CB13-42F7-B4FF-847AE39DFBD0