心理カウンセラー・ひなたあきらからのメッセージ

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata★gmail.com(★を@に変えてください。)

公認心理師はプロファイラーになれるか?

1.序

たまに若い人からの「心理学を専攻したらプロファリングをするプロファイラーになれますか?」という話を聞くことがあります。

プロファリングは未解決事件、連続凶悪事件の犯人像や行動パターンを心理学的に作成し、その特徴から次の犯行日時、場所を特定して犯人逮捕にまで至るというもので、多くのテレビドラマや小説で取り上げられています。

これは確かにスリリングで見ていてときめきますし、会議室で連続事件のポイントにピンを刺して、「次はここだ!」などと推理をしているのは視覚的エフェクトも抜群で興味を抱かせます。

重大犯罪が起きると大学で教鞭を取っている精神医学者や臨床心理士がテレビに出て、犯人の診断名を述べたり、生育史を想像してまだ逮捕前の犯人像をプロファイルしています。

その識者たちの発言「?」と思うこと多数、「犯人にも会っていないし精神鑑定も実際にしていないのにここまで言い切っちゃっていいのかなあ」と思うことがたびたびあります。

精神医学、心理学とは関係のない、犯罪について見識のあるジャーナリストが奈良で起きた小児女子に対する凶悪事件を犯人逮捕前から「フィギュア萌え族」の犯行と言い切って大はずれだったことが思い出されます。

2.日本でプロファリングをしている機関は?どうすればなれるの?

都道府県にある科学捜査研究所ではプロファリングを行っているところもあればやっていないところもあります。

都の科学捜査研究所では心理区分担当者にポリグラフの研究をしてもらっていると書いてありました。

科捜研ではアメリカFBIのように全米を統括して行動科学部門がチームで犯罪捜査に当たるような全国協力捜査をしていることはなさそうです。

科学捜査研究所はおおむね30歳程度の年齢制限もあるので、博士号、臨床心理士、今後は公認心理師ホルダーも採用されていくでしょう。

やはりプロファリングができるかもという魅力からでしょうか。

受験倍率は100倍ぐらいになるらしいです。

自治体によっては心理警察官もいますが、キャリア採用というわけでもなく、加害者の再犯防止のための心理面での支援も重要な業務です。

僕が卒論に使った(嘘)困ったときのウィキペディア先生に科学捜査研究所について聞いてみたら採用条件に「公認心理師」と書いてあって驚きました。

役に立つこともあるwikiですがまあ情報の真偽もそこそのなのでほどほどに。

科学捜査研究所出身の教員がいる大学もあるそうです。

そこを出たからといってプロファリングができるわけではないのですが、生の話が聞けるのは面白いかもしれません。

3.犯罪心理学あれこれ

日本犯罪心理学会は司法にかかわる心理学者、実践家の研究学会です。

行われている研究発表は司法矯正に関するもの、どのようにしたら累犯者に治療的処遇ができるかという、臨床的なものが多いように思われます。

司法の現場で求められている心理職の実践的な仕事は、犯罪に至った家庭や社会的環境、個人の資質と矯正可能性をどう見極めるか(家庭裁判所調査官、法務省矯正局)です。

そしてどのようにして心理学を活用して再犯を防止していくか、どういった処遇プログラムを行えばいいかという、治療的なかかわりです。

これはかなり人間理解を総合的に必要とする仕事でやりがいのあるものでしょう。

司法や犯罪に心理職としてかかわりたいのであれば、加害者を取っ捕まえたいというよりも、加害者臨床を行って更生させる、犯罪被害者の精神療法を行う(これにも相当な困難さを伴います)があります。

4.結語

プロファリングをやりたい、どんな事柄でも犯罪捜査にかかわりたいと
いうのであれば、心理学を学部で学んだことはさておき、いっそのこと警察官になるということが手っ取り早いのではないかと思います。

それもまた、道路に落ちた車の破片から加害車両を特定するという地道な捜査になるかもしれませんが社会における犯罪抑止には役立つ仕事です。

公権力の介入で児童福祉についての強制力が付与されるようになり、長期間児童が出てこない家庭に児相と警察が共同して強制捜査をすることができるようになっています。

警察としての捜査の仕事も人命を守るためにはやりがいがある、立派なものだと思うのです。

それはそれとして、ユーロポール女性心理分析官クローディーンが活躍する、ブライアン・フリーマントルのプロファリングシリーズは面白いので、お時間のある方は手に取って読むのもよろしいかと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

051DD961-95F8-4557-B7C2-CD43AA75DC8E

◯ 公認心理師のサイコロジカルクライシス CPPPC

1.緒言

PTSDに罹患した人の苦しみは凄まじいものです。

第1回試験でも北海道追試でもPTSDは必須問題として扱われ、EMDRの文字を現任者テキスト以来、初めて問題文の中では見ることができました。

公認心理師にはPTSDに対する知識が必要だという事に関しては異議はありません。

それではその対応力についてはどう問われているのか?

こういった学説や技法があるからそうした方が良くて、タブーはこういうやり方だよ、というところまでしか試験問題は踏み込んでいません。

目の前にPTSDの人が来た時、「じゃあこういう目標を作ってフラッシュバックを起こらないようにしましょう、心的苦痛を減らしましょう」と自信を持って言える心理職はどれほどの割合でいるでしょうか。

日本でPTSDを専門にしている治療家は医師、心理療法家を総計してもごくわずかです。

厚生労働省発表ではPTSD生涯有病率1.1〜1.6パーセントと決して低い数字ではありませんが治療者は圧倒的に足りません。

厚生労働省では自然災害でPTSDの有病率は2倍に跳ね上がり、戦災に遭遇した人の半数、性犯罪では60パーセントの高率の人が罹患することになると明言されています。

しかもPTSDは最も心理療法家や医療関係者がバーンアウトして燃え尽きやすい領域です。

PTSD治療を主としてかかわる医療スタッフの平均バーンアウト期間は3年から5年が限度でしょう。

2次受傷を受けやすい領域です。

日本では医療機関、被害者関連機関、児童福祉領域の心理スタッフが日々かかわって努力をし続けていることに敬服します。

2.PTSDとPTSI

星和書店「身体に閉じ込められたトラウマ・ソマティックエクスペリエンシングによる最新のトラウマ・ケア」て初めてそういった概念があることを知ったのですが、イラク帰還兵がdisorder障害ではなくinjury障害だと言って自分はPTSIだと主張しています。

ただし、傷であるからには治癒される余地があるという意味だと同書は指摘しています。

3.治療の概要

PTSD治療に特化した日本EMDR学会で実施しているWeekendⅠ、WeekendⅡの心理職のトレーニングは、心理職の国家資格を得ている者が望ましいが、それは誰もいないので臨床心理士を有資格者としてトレーニング受講を可にしていて、それを明記していました。

今回公認心理師制度が成立したことによって、公認心理師も受講資格者になりました。(日本EMDR学会ホームページ参照)。

認知行動療法では持続エクスポージャー法のほかにトラウマについての認知を扱う認知処理療法(cognitive processing therapy;CPT)も治療法としてあげられています。

PTSDの疾患単位としての成立は1980年、ベトナム戦争後の軍人会の働きかけによるものです。

PTSDという疾患そのものはジャネの示唆があり、精神分析の源流ともなっていたもので、フロイトとブロイアーのヒステリー研究は1895年に出版されています。

不幸な戦争はPTSDの研究に多くの寄与をもたらし、続いて犯罪被害者ケアセンターなどが治療に当たるようにもなりました。

戦時に軍人によって提唱されたPIEモデル近接性proximity、迅速性immediately、期待性expectaciyはすぐにその場で復帰させることを求めています。(PTSD治療ガイドライン第2版 金剛出版)

4週間経つとASD急性ストレス障害がPTSD心的外傷後ストレス障害になるかどうかわかるから、今は様子見をしておいてそれまで見守りましょう、という言説を時々耳にしますが、いかがなものかと僕自身もカウンセリングをしている印象から思います。

怖いと言っている人を放置してしまうからで、クライエントさんは急性期に助けを求めています。

だからこそ集団であれば災害時にデブリーフィング(感情表出の受容のための構造的介入)が必要なわけですし、ナラティブな物語療法の端緒も第一次世界大戦当時から重視されていました。

デブリーフィングは今後も公認心理師試験に頻出と思いますが、単に一回デブリーフィングをして終わりというわけではなく、何度もトラウマケアの機会を与えるCISM critical
incident stress management
としてとらえられるべきだとされています。(前掲書)

4.PTSD治療の最前線

トラウマ治療に当たっては認知行動療法だけにエビデンス証明力があるわけではありません。

精神分析的な介入、催眠によって記憶を再構築する、除反応が起きて激しく感情表出してもそれを出し切らせることは古典的ながらも効果的です。

芸術領域、絵画領域や箱庭も効果的でしょう。

JEMDRA-HAPは日本EMDR学会が支援活動のために行っている団体です。

トラウマティック芸術療法も含め、ボディワークも実施します。

なぜそれを行なっているかというと効果的だからです。

以前、心理士が被災した子どもに絵画療法を行わせてフラッシュバックが起きたことが大々的にニュースとして取り上げられ、カウンセリングの危険性が喧伝されたことがありました。

心理支援計画の中でどういう位置付けで絵画療法が行われたのか、支援計画期間は十分にあったのか、これらの情報は記述されていませんでした。

ただ「公認心理師は国の資格だし、サイコロジカルファーストエイドの一員として被災地に行ってね」というそんな場面は今後もどんどん出てくるでしょう。

恐怖で固まった人々への感覚を追跡(トラッキング)し、こういった恐怖は災害でなくとも外科的手術、重篤な病気でもなりうることを知ることは大切です。

生命体リズムの回復とリラクゼーションが必須です。

変化する有機的心理(ペンデュレーション)、包み込むコンテイン機能、心理職は増大していくだろう期待に対して応えられるだけの素養を自ら育て、技能を磨いていく必要があります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

※ いつも行く近所の喫茶店の生け花。許可を得て撮影しています。

BF32B737-6CF5-4A52-B50B-3041560F4744


公認心理師に求められる児童福祉行政への緊急支援、緊急介入

(2018.10.5の記事を加筆修正し、再掲します。)

社会的養護(施設内養護)を受けている子どもは少ない職員数に比して子どもの数が多過ぎる、あまりにもひどい日本の状況について杉山登志郎先生は著作の中で書いていました。

しかし、施設に入れる子どもはまだ生き長らえることができるだけマシな状況と思える、児童虐待が行き着くところまで行くと子どもの命が奪われることに発展するまでになります。

何とか生き延びたサバイバーは「親元に生まれなければ良かった」「施設で育てられたかった」と何十年経っても言い続けていきます。

この先の文章はいわゆる「食らってしまう」人は読まないでください。

この記事の元となっているのはルポライター石井光太氏著作、「鬼畜」の家 です。

厚木市幼児餓死白骨化事件、妻に逃げられた齋藤幸裕、当時26歳は乳児と2人きり、外に恋人ができると家に寄り付かず、1週間も家を空けることが多くなった。

幼児がひとりで命をつないでいくのは不可能な状況でした。

自らも精神疾患でネグレクトを受けていた齋藤は、子どもの育て方がわからない、刑務所に入ってからもルポライターに対し、自分の正当性を主張していました。

曰く、自分に責任は全くないわけではない、しかし報道で齋藤を一方的に悪者にするのはひどい、自分はそれほど悪いことをしたのだろうかという内省に欠ける言葉でした。

子育ての仕方がわからない、それでも自分は正しい、世間で言われるような人間と自分は違うと思い込む親もいます。

学歴を与えられず、貧しい中で育った親の中には子どもを犠牲にしてしまう親がいます。

そして子どもの生命身体に関する無造作な価値観を植え付けられた齋藤は子どもを空のアパートに放置することになりました。

統合失調症を発症して齋藤を育てられなくなった母親、行政が齋藤の情緒発達を気にかけることもなく、齋藤は無視されるのが当たり前という育児観を取得したのでしょう。

成り行きで結婚した理玖君の母親は、いいところのお嬢様出身、若干二十歳で母親になり、同年代が遊び歩いていたのを見て育児に耐えられなくなり、出奔します。

子育てを知らない若い夫婦の激しい諍い、そして社会的援助の欠落は悲惨な結果をもたらしました。

若夫婦がどんどん真っ当な生活からスピンアウトして、異常な行動に至ったという経緯が見受けられます。

共感性の欠落、他者への思いやりや子どもの生命身体の安全の確保についての無関心。

こういった親に共通しているのは、子どもを所有物とみなしながら何の責任も取らない、むしろ積極的、不作為的に心身への苛烈なダメージを与え続けるということです。

続いて下田市の高野愛(いつみ)当時28歳は、ファミレスで働きながら次々と生まれた嬰児を押入れに隠していく。

高野は若さに任せていたのでしょうか。

誘いかけてくる男性を決して断ろうとはせず、肉体関係を持ち続けます。

高野はそれでしか自分が必要とされている自己肯定感を得られなかったのかもしれません。

男たちが責任を取ることもなく、八方美人と言われていた高野が、すでに3人の子がいて、新たに子どもをもうけても育てることはできませんでした。

高野の母親夏美は愛から児童手当を含め、生活費として搾取をしていく。

このルポの最後に記載されているのは足立区ウサギ用ケージへの子ども監禁です。

育てにくいと称して若夫婦は子どもに当然の空腹を強います。

そこで起きた食物の盗み食いを処罰するため、ケージに入れて命を奪いました。

このような親について現代の精神医学は、共通の因子を抽出して疾患単位として病名をつけることをしていません。

僕はこのルポだけではなく、実際の凄まじい話に接するたびに、この親の精神構造はどうなっているのか考えます。

その親たちには精神障害、発達障害があるわけでもなく、私有化した子どもの安全を奪うことを自らの使命として課しているかのように見受けられます。

それが「躾」だ、と。

そして官憲や学校、児相が入ろうとすると大慌てで取り繕おうとします。

そしてアタッチメント障害に陥った子どもはそれでも親に縋る、もしくは逃げ道がない。

幼児が助けを自ら求めることはできません。

そして親は一時保護され、子どもから引き剥がされそうになると必死に抵抗する、よく言われているように自分のサイコパス的な欲求を満たす対象なしでは親は自己の存在意義を確認できないのです。

児童にかかわる医師(含む外科系医師)心理職、福祉職の専門家たちは決して見過ごして欲しくない、それは当然のことです。

歪んだ精神構造の親たちは矯正できないかもしれない。

しかし子どもがそこに戻る可能性は常に追求されます。

行政はやっと児童福祉司と児童心理司の増員に動き始めました。

児相の権限も強化されていきます。

それでも、はっきりした証拠なしでは動けません。

児童福祉行政には限界があります。

こういった闇に隠れてしまう事案を未然に防ぐことも困難です。

子ども、親にかかわる仕事をしている人たちは、子どもという命、身体、人格、心を預かる仕事をしているわけです。

自分のところに相談にも来ない親に対しそれでも切り込んでいき、子どもを助ける使命を志として持って欲しいと専門家の方々には願うばかりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村

99298231-24FD-4ADB-87A4-62928DC5ECB5

↑このページのトップヘ