カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

2557D4B5-B833-45BB-AF09-0E9231F9726B

魔法の紫の薬〜癒し、ダイエット、過食、依存のためのワーク

今は春めいて桜が終わり、またこれから桜が咲く場所に住んでいる人もいて今まさに桜満開の季節の中にいる人もいるでしょう。

桜に含まれる幸せな物質、エンドルフィンを感じてあなたは幸せになれたのかなれなかったのか。

この季節は実は人が強い意志を持ち続けるということがとても難しいのです。

だから何もかもあなたがやりたいことが成功しないということではありません。

幸せをもたらす一方で桜はいにしえから「桜の花人狂はす」と言われていたようにこの時期に精神的な激しい上下の混乱を感じていた人もいるはずです。

さて、そこであなたは気を鎮めようとします。

これから5月、ツツジの花の季節、ツツジは赤い華やかな情熱を感じさせる話。

あなたの思念が透徹されていき、見事な華やかさを手にした時にはそんな色にふさわしいかもしれません。

マーガレットのような白、白水仙の色のようにあなたは純白の心地よさを求めるかもしれません。

あなたがどんな美しい自分についてのイメージを求めるのも自由ということを忘れないでください。

今日あなたに処方したい私からの贈り物は紫の高貴な薬です。

あなたはマグカップ、コップにぬるま湯を入れます。

そこに入れる紫のオイルは特別な、あなただけのために調合された特殊なものです。

1滴、2滴だけで構いません。

それで十分です。

あなただけのためのふんわりとした香り高い飲み物を口にするとあなたはそれだけでお腹が暖められて満足して、不必要な食べ物は要らない、自然に癒されていくのを感じます。

もしあなたが衝動にとらわれてしまったら?

そのとらわれている時、あるいはあなたが後悔の念に襲われてしまい、自分は失敗者と思う必要は何もありません。

ただあなたは自分を癒すためにその魔法の紫のオイルが入った薬を飲んでいればいいだけです。

その薬は1日後、1週間後と飲んだ後からどんどんと効果を発揮します。

このワークの文を読んでいるあなたの手元にはマグカップも薬もありません。

ところがあなたは目の前で両方の手のひらをおなかの前でそっと丸く形作るだけで好みのマグカップ、とても大好きな香りの飲み物を手に入れることができました。

両手を丸く広げると癒しはそこにやってきます。

癒しがやってきたらあなたはそれを楽しんで胸からおなかに至るまで特別な飲み物を楽しみましょう。

イメージの世界の中では何が起こるのか起こらないのか何のルールもありません。

あなたはただ感じるままにしていればいいので、なにかを完全に連想出来なかったのはむしろ当たり前のことです。

あなたがあなた自身で感じたことが一番正しいのです。

あなたの手の輪の中にある特別な癒しの薬は実は気づいていなくてももうすでに持っているものです。

いつでも使えるその魔法をいつでも使ってください。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

0CC0CE99-EC52-4E6F-81F5-D16ED3FFF7A0

公認心理師養成をめぐる東京福祉専門学校の迷走

以前、専門学校でも公認心理師が取得できるという触れ込みで東京福祉専門学校が「大学に準ずる施設だから大丈夫、あとは卒業後実務経験を積むだけ」という趣旨の取材記事を掲載しました。

しかし実際には厚生労働省の認定では、公認心理師になれる大卒後の実務経験施設は家裁、法務省、一部の病院とかなり僅少です。

東京福祉専門学校のホームページを再度確認

実務経験を積むというのはかなりハードルが高い、これは記事にした僕の問題でもあるので電話して確認をしてみました。

Q「東京福祉専門学校さんのホームページを見ると、卒業後公認心理師になるには2年間の実務経験さえすれば大丈夫と書いてあります。でも公認心理師実務経験のための公認心理師法第7条第2項に該当する認定施設はあまりにも少ない、東京福祉専門学校を卒業して簡単に公認心理師になれるというイメージをホームページに掲載するのはいかがなものかと思います。いま公認心理師をめぐってかなり多くの大学がカリキュラム編成に苦労しているところで、ホームページでこういった宣伝をするのはいかがなものかと思います。」

A(学部カリキュラム説明責任者)
「ホームページを開設した当初は2年間の実務経験をどこかの病院で行なえば可能と考えていましたが、実際には公認心理師として実務経験を積むため、病院が厚生労働省に申請をしてもどんどん撥ねられている状態です。」

Q「それではホームページを見て簡単に公認心理師になれるかのようなイメージを与えるのはまずいのでは?」

A「東京福祉専門学校では精神保健福祉士の資格が取得できます。精神保健福祉士を取得してから病院などに就職、それから実務経験を積んで公認心理師受験資格を得られればいいと考えています。」

Q「でも精神保健福祉士が就職した病院などが公認心理師実務経験施設でない可能性の方が多いわけでしょう」

A「そのあたりは東京福祉専門学校は願書を出す際に必ず学校に来てもらっています。オープンキャンパス
でもきちんと説明をします。」

Q「それでも誤解を招きかねない記載はまずいと思います。高校生が公認心理師になれると安心して東京福祉専門学校さんに行ったらなれないという事実を知るというのはどうなのでしょうか?」

A「ホームページを作り直せということをおっしゃりたいのですか?」

Q「私は心理学ブログを運営しているひなたといいますが、公認心理師制度全般についてきちんとした国家資格になることを目的として書いています。公認心理師は法的に定められたルートできちんとなって欲しいと思います。東京福祉専門学校さんのホームページだけというか、全体的に安易な保証をするのは学校としてどうかと思います。きちんと最初から事実を説明しておかないとまずいと思います。」

A「わかりました」

※ こういった安直な保証をした記載で受験生、入学者を集めようとするというのは非常に誠意が感じられないと思います。

これからからどんどん実務経験施設が増えていく保証は何もありません。

精神保健福祉士を取得できたとして就職した場所が実務経験認定機関となる保証もないからです。

専門学校ルートは確かに可能性はあります。

しかしそれは現時点ではかなり狭き門になっているということを受験生の方々には知っておいて欲しいと思います。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

FAE1DBC0-2591-4720-9C69-2FB97F2D6603

美術館のワーク・ダイエット、過食、依存のために

あなたは真っ白な彫刻作品や陶磁器が集められているということで評判がある美術館に来ました。

今日が最終日、と聞いていたのでほっとします。

その作家はとても小さなお皿から始まって、一輪ざし、素焼きの真っ白で一点の曇りもない大皿や壺と大小さまざまな作品を創り、それらが無数に展示されている光景は圧巻ですが心ひきつけられます。

美術館の壁、この作家に合わせたのでしょうか。

真っ白な壁、白い階段を上り下りするとまた新しい作品群をみることができます。

この美術館は庭園にも彫刻があります。

ひとしきりこの作家の作品を堪能したあとに外に出ると陽光がさわやかに降り注いでいて、青々とした芝生、色とりどりの季節の花が咲いています。

この季節はここの美術館はまだ寒くて黄色、紫、紅いビオラやパンジー、ピンクのサクラソウや黄色い水仙が咲いているころ。

庭の向こうにある喫茶店に入ります。

喫茶店は木造で、ハーブティや紅茶、あなたが好きな飲み物がなんでも頼めます。

この場所はあなたにとって知らない場所だったのですが実はとても近くて歩いても来られるような場所でした。

一個100円ぐらいの美味しそうなクッキーがガラス瓶の壺に入って売られていました。

ちょっと迷ってから買わなかったあなたはいつでもこの場所には来られるからと思ったからです。

物静かな店主はあなたがまた来てくれるといいと思っていても全くそのことは話しません。

外の真っ白な別の彫刻家が製作した彫刻。

とても力強くあなたを励ましてくれるようなあなたよりもずっと大きな筋肉質な男性の彫刻は、野外展示ですから触ることも自由、スマホで写真も撮れます。

自撮りをしようとしたら「撮りましょうか?」と素敵な男性が語りかけてきます。

「僕もこの作品は大好きです。この美術館にはよく来るんですよ」と言われます。

たくましい彫刻に寄りかかりながら少し恥ずかしいと思いながらも写真を撮ってもらいます。

あなたはスマホのケースが外れてしまったので、素敵な男性がベンチに座って親切に直そうとします。

花が見える白いベンチに座りながら、その素敵な男性と会話をします。

「僕はこの美術館が大好きでよく来るんですよ。ところで今日展示されていた白い陶磁器の作品は常設展示になるらしいですよ」

かなりフランクであなたも話しやすそうなこの男性は笑顔であなたにそう言います。

あなたが理解するのは、こんな近くにあっていつでも来られるような美術館、きっといつ来てもこの素敵で親切な男性とは会えるということです。

あなたが気に入った白い陶磁器はいつでも見にこられます。

さて、この文章の中に散りばめられたダイエット、過食、依存のためのメッセージにあなたは気づいたでしょうか?

あなたがそれに直接気づいていても気づかなくてもこの文章を読んだ後、今日見る夢はとても大切であなたを向かわせる方向を暗示する夢です。

夢は覚えていてもいなくても構いません。

感じるままに感じたようにいることの心地よさを知ることができれば今日あなたが読んだこの文章は忘れて構わない自由があなたにはあるのです。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

↑このページのトップヘ