ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

5D35119D-4E00-4CE5-9C56-815409712296

◯ 俳優新井浩文女性暴行5年実刑判決・性犯罪厳罰化は再犯率を助長のジレンマ/公認心理師更生プログラム関与へ期待

出張マッサージの女性に暴行を働いたとして俳優新井浩文被告に一審で懲役5年の実刑判決が出ました。

こういった「卑劣で悪質」(裁判官)な性犯罪について、報道される度にその量刑の厳罰化が叫ばれています。

PTSDの教科書で読んだのですが、性被害に遭った女性が、犯人特定ができていない性犯罪の犯人を探し出して逮捕させるというNPOに所属して活動する事にやりがいを感じ、症状を軽快化させる事が出来ていたという事例が紹介されていました。

社会的に認められた代理的報復が彼女を癒していると言えるでしょう。

重大犯罪に対して世間からの刑罰強化の要求は当然の事で、被害者感情、社会的防衛、社会的感情からは当然の事です。

ところが性犯罪には量刑を厳罰化しても全く効果がないという研究結果が多く出ています。

英文: Does being tough on crime actually deter crime?「犯罪厳罰化は抑止力になるのか?」

https://arstechnica.com/science/2019/05/does-being-tough-on-crime-actually-deter-crime/

この英文記事によると犯罪者が社会的に犯罪をしなくなる抑止力が見受けられるのは「刑務所に入っている期間だけ」という事です。

犯罪への心理学的更生プログラムとしては北海道追試でも出題された、Andrewsが提唱したRNRモデルは、

RISK(再犯リスク)原則、リスクに応じた処遇密度を行う。(低再犯リスク者に高密度処遇をすると再犯率が高まる。精緻なアセスメント必要。)

NEED原則、処遇は仕事状態、交友関係、反社会的パターン、態度等の犯罪誘発要因にターゲットを絞る。(精神疾患に焦点を当てても意味がないとされています。)

RESPONSIVITY原則=応答性原則は教育学における適正処遇交互作用同様に受刑者の個性に応じた処遇が必要ということです。

RNR原則は以上です。

また法務省矯正局もRNRモデルを取り入れた処遇をしています。

http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/62/nfm/n62_2_6_3_1_1.html

犯罪=病的行為としてとらえていた医療モデルは古いと言われていますが、重い疾患=重犯罪は重い処遇で、という世論を現在も立法府は無視できません。

RNRモデルによればは重犯罪は高濃度処遇となるのですが、それでも死刑、去勢という厳罰が重大性犯罪者に処遇として適用されることはありません。

本来ならRNRモデルを敷衍していけば相当な厳罰も可能でしょうけれども、憲法36条は「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」と規定しています。

一方、認知行動療法を主軸としたRNRの効果については疑念も出ています。

そこでGLMモデルGOOD LIFE MODELという、更生に向かう犯罪者が人生に喜びを見出せるようになれば再犯率は低下するという研究が各国で行われています。

(確かに幸せな生活をしていて充実していればそちらの生活を大切にするでしょう)

今回新井被告は即日控訴をしました。

新井被告が有罪か無罪なのか現時点では断定できません。

三審制で被告人が控訴、上告をするのは国民固有の権利だからで、それまでは推定無罪だからです。

傷ついた被害者への心理的ケアを行う必要性がある事には間違いがありません。

そして心理職も人間なので被害者臨床を担当したり、報道があれば性犯罪者=「許せない悪」と思うのも自然でしょう。

性犯罪者の社会適応と再犯防止には十分な配慮ときめ細やかな対応を受刑者に対して行っていくという、司法矯正公認心理師にとっては難しい課題が常に存在しています。

2FA316A8-D367-48CF-9A6F-708694398482

◯ 家裁における公認心理師への悲痛な期待

結論:最高裁家庭局からの公認心理師制度への期待は増すと思われます。

少々古い資料になりますが長野家庭裁判所で、平成29年6月13日午後3時から午後5時まで開催された第33回長野家庭裁判所委員会議事概要議事録が公表されています。

この家庭裁判所委員会は毎回テーマを決め、裁判官を含む裁判所職員と外部から弁護士を呼んで行われ、議事録もこのようにインターネットに公表される正式なものです。

http://www.courts.go.jp/nagano/vcms_lf/20170613.pdf

テーマは「家裁調査官について」でした。

下級裁判所(という言い方をします)長野家裁が家庭裁判所職員採用制度について話題にしたところで、上級裁判所部局(最高裁判所家庭局)の耳に入りはするものの、だからといって制度がすぐ変わるわけではありません。

議題は家裁調査官の数が足りない、それはどうしてか、どのようにアピールしていけば家裁調査官数が増やせるかといった事が中心です。

出席委員のうち家裁調査官が主となって議論をしています。

昔は家裁調査官は女性より男性の割合が多く、7割程度が男性だったのが今は逆転しています。

旧国家I種、上級職は全国移動が当たり前、女性よりも異動能力が高そうな男性を以前は「下駄を履かせて」採用していた言われていましたが、男女雇用機会均等法が施行されて厳格に運用されている現在、このような差別採用は決して許されるものではありません。

また、少子社会が全国異動職種志望を阻む影響についても話題となっていて、手元に子どもを置いておきたい親の立場からは自治体に就職させたがっているのではないかとも言われていました。

現在裁判所総合職家庭裁判所調査官補倍率は毎年10倍前後、裁判所総合職事務官は合格率3.6パーセントと大きな開きがあります。

調査官試験のこの倍率はだいたいバブル期の公務員倍率と同等で「公務員よりも民間の方がお給料もらえるから」「ハイパーメディアクリエイターみたいなカタカナ職業カッコいい」という時代とあまり変わらない競争率です。

あまりにも倍率が低いままだと総合職という位置づけが難しくなり、家庭裁判所調査官制度の崩壊に繋がりかねないので確かに申込者数の減少は家裁にとっては死活問題です。

受験母数となる学生が少ないことに加え、心理学系院卒者は臨床心理士や公認心理師という、司法臨床よりも別の心理専門性を追求していくのではないかという話も出ていました。

家庭裁判所でも法務省でもインターンシップ制度や説明会を開いて受験生の興味関心をひきつける工夫をしています。

この議事録でも触れられていますが、家裁調査官の仕事の醍醐味は子の福祉にかかわる心理的専門的調整、成年後見人先任における被後見人の権利擁護、家事紛争におけるお互いの心理調整などやる事は山ほどあります。

少年事件では調査官が少年保護、中間処分における試験観察等少年の健全育成のために出来る事は多くあり、調査官が少年事件処理の中心と言っても過言ではありません。

公認心理師法第7条2項では心理学大学院卒後に調査官経験2年以上で公認心理師試験を受験することも可能となっています。

家裁は優秀な心理系学生を求めています。

確かに臨床心理士、公認心理師を持っているからといって採用に有利になるわけではないですし、採用後に特別扱いするというわけでもありません。

公式発表ではそうなっているのですが、家裁は公認心理師制度施行で受験者増も期待していますし、公認心理師取得レベルのある優秀な司法心理職が家裁内で働いてくれる事も願っているのではないかと思っています。

参考:きっと受験に役立たない?拙記事

「家裁調査官公認心理師さらみちゃん」
http://hinata.website/archives/17730351.html

「公認心理師家裁調査官さらみちゃん再び」
http://hinata.website/archives/18254099.html

F410A521-4EA4-4A48-BBF8-31A7E541BF4D

◯ 第3回公認心理師試験おすすめ参考書・過去問・関連通達集

第3回公認心理師試験は2020年6月実施予定です。

試験ですので、どんなに実務能力・カウンセリングに長けている人でも油断は禁物です。

今回は試験対策参考書等を紹介します。


・参考書

1. 心理学専門校ファイブアカデミー
一発合格! 公認心理師対策テキスト&予想問題集 ナツメ社 2,750円

※ 多くの合格者が使っていたテキストですが、これ一冊で合格できるというわけではなく、知らない単語は徹底して調べておく事をおすすめします。

2.心理学 有斐閣 4,620円

公認心理師試験は臨床心理学よりも基礎心理学知識が多く問われる試験です。基礎心理学をがっちりと固めたいならこの本を熟読して完全に理解することをおすすめします。

3.心理学検定関係書籍

⑴ 心理学検定基本キーワード改訂版
実務教育出版 2,200円

⑵ 心理学検定公式問題集 2,200円

⑶ 心理学検定 一問一答問題集[A領域編]1,540円

⑷ 心理学検定 一問一答問題集[B領域編]1,540円

※ いずれも公認心理師大学学部、大学院教育課程シラバスを作成している日本心理学諸学会連合の心理学検定局が作成しています。

基礎心理学をみっちりと身につけたいなら2&3か2or3で実力を養うとお役立ちと思います。

4. 公認心理師試験 『これ1冊で!最後の肢別ドリル』辰已法律研究所
web販売3,300円

※ 公認心理師試験で公認心理師法は必修です。このテキストを熟読しておけば公認心理師法分野8〜9割正解の得点源となります。

5. メディカ出版

⑴ 本番さながら! 公認心理師試験予想問題154 (こころJOB Books)3,080円
高坂康雄

⑵ 公認心理師試験必勝キーワード66 313の関連キーワードでさくさく学べる
(こころJOB Books)3,080円
長内優樹 

※ 超高名な試験委員関連の先生方が著した本ではありませんが、公認心理師試験に特化した自由な視点からこの試験を見た画期的な書籍です。

6.公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法 医学書院 3,520円

※ 何気なく手に取ったのですが、公認心理師試験医学分野、医療倫理、医学一般、精神医学と医療知識に特化した良書、この一冊で医学の得点源になりそうです。

7. DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引
医学書院 4,950円

※ ポケット版ですが十分です。必ずDSM-5の診断基準に基づいた問題は出ます。

僕は「臨床家のためのDSM-5 虎の巻」日本評論社1,760円もおすすめで、時間があればぜひ読んで欲しいと思います。

(また出題されるカモ)
8F8C97E1-A2E9-4131-8346-6202A0E44488


・過去問

「過去問どこ?」といまだに問われることもありますが、以下のurlに掲載されていますので再掲します。

第1回公認心理師試験
試験問題・解答・合格者内訳等

http://shinri-kenshu.jp/topics/20181127_830.html

第1回公認心理師試験(北海道追試)
試験問題・解答・合格者内訳

http://shinri-kenshu.jp/topics/20190131_1124.html

第2回公認心理師試験
試験問題・解答・合格者内訳

http://shinri-kenshu.jp/support/examination/examresults_2019.html


参考:第2回公認心理師試験出題基準
(ブループリント)

http://shinri-kenshu.jp/topics/20190320_1235.html

参考2:拙ブログ「改定・試験委員著作掲載第2回公認心理師出題委員一覧」

http://hinata.website/archives/16457676.html


・参考url

⑴ 心理テスト関連

ア. サクセス・ベル 心理テスト販売サイト

イ.千葉テストセンター

ウ.金子書房心理検査目録

※ このあたりは通販で心理テストを購入する時にカタログを見ながら僕も買っています。

かなりの心理テストが網羅されていて、どのテストがどんなテストでどういった用法なのかが書かれています。

購入する意志ががない人はカタログ取寄せはまずいと思いますが、仕事で新しい心理検査を導入したい方は目録を取り寄せてもよいかと思います。

⑵ 拙ブログから

ア. 公認心理師試験 司法領域、法務省・裁判所等関連url
http://hinata.website/archives/17288350.html

イ. 公認心理師試験お役立ち 厚労省・文部科学省・LITALICO発達ナビなど
http://hinata.website/archives/17268297.html

ウ. 公認心理師試験、お役立ち厚生労働省資料2
http://hinata.website/archives/17245490.html

エ. 公認心理師試験対策・ブループリント用語を厚生労働省HP内で検索
http://hinata.website/archives/17234479.html

※ あと、意外と役立つのがWikipediaです。

医療法とは何か?障害者総合支援法とは?Wikipediaが全部正しいわけではありませんが下調べをして本格的に知識にブラッシュアップすると間違いがないでしょう。

以上、もうすぐ冬休みですが受験生のみなさん、あと半年は長いようであっという間かもしれません。

ぜひ頑張ってください。

↑このページのトップヘ