カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

4EC700A6-BC12-4832-A537-95CE8B4C59ED

◯心理臨床学会最終日に思う・公認心理師、臨床心理士の今後の世界

これから最終日発表を聞きに行きます。

さまざまな発表に参加してみて、心理職の中で臨床心理士と公認心理師が混在している今、その意義について十分に考察えていかなければならないと思いました。

以下、学会の発表で出た各先生方からの意見ではなく、あくまで僕の私見です。

僕もクライエントさんに会っていて思うのですが、クライエントさんにとっては僕が臨床心理士だろうが公認心理師だろうがどうでもいいのです。

付き合いの長いクライエントさんに「いや、僕実は国家資格を取りましてね」という話を切り出してもクライエントさんは聞いて?となるだけです。

クライエントさんにはカウンセラーが何の資格を持っているか、それはカウンセリングの本質には関係のない話です。

クライエントさんには勉強熱心な人もいるのでカウンセラーの資格を気にする人もいるのですが、ごく少数です。

目の前にいる白衣を着た心理の先生は自分の悩みを解決してくれるだろうか、優しく丁寧に接してくれるだろうか、どんなカウンセリングをしてくれるだろうかということがクライエントさんの最大の関心事です。

ただ、クライエントさんの期待に応えられるためにさまざまな知見を広め、こういった大規模学会、小規模でも専門学会への参加は心理職が研鑽を高めるためには大事です。

ワークショップや各地でやっている自主的研究会への参加も大切です。

専門書を読む、論文を読む、研究をする、これらはどれも必要なことで「科学者-実践家モデル」には必須の視点です。

日々の臨床に追われる、自分の生活もあり研究にまで手が簡単に回らない、金銭的制限もある、そういった心理職の人々が多いのは知っているので「なんでやらないの?」と超上から目線では言えないのですが、少なくとも関心は持ち続けて欲しいということです。

目前のクライエントさんに知識や技法を還元するのは、クライエントさんのエンパワーメントにつながります。

公認心理師時代を迎えて徐々にですが公認心理師でないとできないことが増えてきました。

さて、その要望に応えられるだけの能力があるか否かということも社会や国民から問われているということです。

そして臨床心理士制度についてです。

31年間の歴史を持つこの資格は大学院卒の基礎教育を経てさらに難易度の高い試験を受験しなければ取れない専門資格です。

今公認心理師シフトが進む中で臨床心理士の高い専門性を要求している職場も多く、まだまだ臨床心理士の役割は大きく期待されています。

今回学会発表に参加していても臨床心理士制度が各個人や団体の高い学術的な活動を広めて来たという感があります。

以下に書くのは私見ですが、多分各地方の都道府県公認心理師協会も要望していることです。

日本臨床心理士資格認定協会は各地方で行われている単独研修を第2類の研修参加として臨床心理士資格更新のハードルを下げて欲しいと思います。

資格認定協会に対して公認心理師制度創設当初から辛辣な批判があることも聞いています。

さらにこの期に及んで頑な姿勢だと臨床心理士制度存続という根幹にかかわることになります。

次です。

日本臨床心理士会がそのまま日本公認心理師協会に移行できなかったのは理事会議決で規定の3分の2を満たしていなかったので手続き的には問題はありません。

ただし、多くの一般会員から日本臨床心理士会と日本公認心理師協会の双方団体に入らなければならないのか、そして公認心理師の会も設立されているのでどうしたらいいのか一般の心理職は混乱しています。

また、新団体に次々と入らなければならないのかという不満を抱いている人々が多いのは事実です。

内部に近い人から日本公認心理師協会の登録者数が少ないとも聞いています。

心理職はクライエントさんに相対することが仕事の最も基本ですので、各心理団体の軋轢には巻き込まれたくないはずです。

臨床心理士と公認心理師の共存共栄が臨床心理士団体側では謳われています。

この過渡期だからこそ臨床心理士の持つ役割は軽視できないわけです。

そのための方策を資格認定協会と日本臨床心理士会、地方公認心理師協会との間で協議のテーブルについてきちんと見直して欲しいと思いました。

今回の学会はレベルの高いものだという印象を受けていますので、なおさら心理職の活動に期待していきたいと思うのです。




AFA2559C-C96A-4A99-BAC3-D4414C66F0FD

◯ 心理臨床学会3日目・公認心理師制度について

この日は一般公開されている公演に出ました。

学会企画シンポジウム

「公認心理師養成における「心理実践実習」と「心理実習」の実際 -養成機関と関係団体、心理臨床現場とのコラボレーション-」に出ました。

その内容は許可を受けていないので掲載しませんが、ただ、僕が以前から思っていたことなどをこの一般公演や学会全体に出てインスパイアされた自由連想的な思いや考えをを書いてみます。

今後心理職の方が公認心理師として働いて行くのに精神神経医学会の提出した「公認心理師法第 42 条第 2 項に係る主治の医師の指示に関する運用基準についての見解」です。

公認心理師が行う支援行為と医行為との峻別はしがたい、これは精神神経学会の指摘のとおりだと思います。

ただ、公認心理師の支援行為が全て独占的医行為に含まれるとすると心理師は何もできなくなってしまうでしょう。

ケースワークもカウンセリングも心理社会的行為ですし、確かにそれは医師が行う行為でもあるからです。

さて、次ですが、今後大卒または専門学校卒+実務経験ルートが制度上可能だとして、公認心理師法(以下、「法」という。)第7条第2号に規定されている実習施設はあまりにも狭き門です。

これから実習施設は増えるかもしれませんがかなりハードルが高い厚生労働省側の要件があり、このルートは特殊ルートになっていくのだろうと思います。

以前ダダメンタルクリニックのホームページを見た感想でも書きましたが養成施設側のかなりの熱意を必要とします。

病院がコストパフォーマンスに合うかどうか、それは大学、大学院実習施設でも同じことが言えるのですが、それだけの高いコストを大学、大学院、実習施設に求めてさて、どうなっていくのか、大学院教育はかなり高いレベルの実習経験を求めています。

大学病院は比較的患者さんも診察に陪席されることに慣れています。

しかし患者さんにとってはかなり微妙で当該病院の医師や心理職にしか知られたくない内容を患者さんが聞かれるのに耐えられるのか?

昔僕も大学病院実習では診察に陪席して「なんだか申し訳ないなあ」と他の実習生5人ぐらいがいて持った感想です。

院生がケースを持てば実習では必ず終わりの時が来ます。

守秘義務も多重関係の禁止があってもそれは双方にとって耐えられることなのか?

僕も7〜8年以上かかわっているケースを何例も持っていますが、心理療法はクライエントさんにとって果てしなくそしていつ終わるともわからない苦難をカウンセラーと共にする道程です。

次です。

法7条第2号ばかりでなく、これから5領域ルートを追求するに当たって司法はかなり難しい、警察署に「実習させて下さい」ということもこれから可能になるとは思います。

ただハードルは高いでしょう。

あと多忙な教育領域でどこまで実習が可能なのかとも思います。

福祉領域でも「じゃ、学生君、せっかくだから重い物持ってね」という簡単な世界ではないです。

つらつらと考えることは多々あります。

大学指導教官への講習をどうするのか、学生の実習記録ノートと評価基準です。

災害派遣やストレスチェック制度では今後公認心理師と精神保健福祉士と看護師がほぼほぼ同等となるでしょう。

医学知識を考えると看護師や保健師がふさわしいことも多々あるでしょう。

公認心理師の立ち位置は活動領域が広がるほど難しい問題を内包しています。

連携が重視される資格で連携連携また連携としている間に守秘義務との兼ね合いがあり、そして他職種との境界侵犯も起こりうることに危惧を抱いています。

8869D53A-BC43-4CA8-9AF9-14E4F69E087A

◯ 心理臨床学会2日目・公認心理師、臨床心理士たちとの会話など

長い間心理職をやっていると自然と知り合いも増えるもので、学会発表のことではなく心理職の人たちとの会話や学会の雰囲気などを多少書いてみます。

主に産業、医療領域の人たちと話せたのですが、今回は福祉領域の人たちとも話すことができました。

3万人ぐらいの構成員の学会ですが歩いていると必ず知り合いに会います。

心理職の世界は小さな市のようなものです。

福祉領域の心理職の人々と話しました。

福祉領域はかなり大変なもので、以前から聞いていたのですが、例えば乳児院(公認心理師法施行規則第5条に定める施設第四)だと心理職でも乳児のおむつを替えたりしなくてはならないとか、宿直があったりとかなりハードな仕事のようです。

福祉関係の心理職は総じて給与が打ち止めになる、給与がなかなか上がらないというのも聞いていたのですが、相当の重労働をしなければならないという話を聞いて頭が下がる思いでした。

そう言えば一昨年学会参加しようとした心理士の人が横浜パシフィコで若い男の人たちの行列に混じって並んでいた、彼は「最近の臨床心理士は熱心な若手の男の人が多いんだなあ」と思って並んでいたら列が進むにつれて?という雰囲気になった。

最前列まで行ったらAKBのイベントに並んでいたという話をしてくれました。

横浜パシフィコはそれだけ大会場で心理臨床学会以外にも他のイベントを行うキャパシティがあり、心理職は増えたんだなあという感じを今年は受けました。

ただ、去年はかなり盛況で椅子が足りないほどだったのが少し閑散とした?というのが気になります。

公認心理師試験が思いのほか難しかったので第2回目受験者が総じて来なかったとか、やっぱり臨床心理士のポイント更新をしない覚悟でいる人たちが来なかったのか、詳細はわかりません。

総参加者はもちろん学会は把握しているのでしょうが聞いても教えてくれるわけでもなく、と思ってひるんでしまいました。

学会発表は口頭発表、シンポジウム、ポスター発表とレベルは年々上がっているような気がしています。

以前の学会で某大学の研究として箱庭療法を行う前と行った後にfMRIを行うとトラウマの影響が脳内血流を見て減少するという発表がありました。(その後インターネットにも公開されたのでここに書いてもいいと思います)

そうやって証拠の証明力があるとされているエビデンスベイスドメソッドEBMばかりでなく物語を語るかのごとく古くからあるNBMもどんどん科学と融合してその効果が認められるのは嬉しいことです。

昨日シンポジウムで発表をされた北川先生について再度触れます。

精神分析の世界は奥深いですし、北川先生の論理展開は物凄く説得力がありました。

どの発表も魅力的な臨床心理の世界を提供してくれますし、自分の主領域とは異なる分野の発表は新しい心理の世界の知見を提供してくれます。

そうこうしてあちこち見て回っているとオーディエンスとして参加する発表も多くなるわけで、飛び回って忙しいという感じでした。

全国から人が来るので休憩時間は僕の住む地域と離れていて、これまであまり話したことがない人でも顔見知りの人と話したりと顔つなぎという意味でも収穫が大きかったです。

知らない人から声をかけられることが多かったのは僕が別学会で毎年発表をしているのでそのおかげだろうかなあと思います。

心理関係の出版社も来ていて旧知の編集や営業の人と挨拶できるのも楽しみのひとつです。

名刺をもらったら課長と書いてあって「えっ、◯◯さん昇進したんですね」と話したら「えっと、部下がいないけどいちおう年が年なので昇進しましたー」ということでした。

心理関係の出版社の内情はよく知っているのですが、売れる本でも1万部というのは稀有で、大抵の書籍は千部単位、下手すると千部ギリギリということも多いので知り合いの出版社からはなるべく買おうかなあと思います。

そうすると別の出版社から僕の領域の本が出ているとついそちらに目が行って、結構な大荷物になります。

感想:本は重いです。

↑このページのトップヘ