ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

このブログ運営者は産業と医療の中間領域のようなところでカウンセリングを行っている、世界の謎を解き明かす心理職です。

これまで司法、教育、福祉分野での心理職経験もあります。

このブログのテーマは僕が専門としている心理学に加え、スタートしたばかりの公認心理師制度の検証、カウンセリング全般についてです。毎日更新を目指しています。誰も読まなくても書きます。もし評判が悪ければ反省してやはり毎日書きます。コメントは他者の誹謗中傷でなければ掲載します。僕へのクレームは大歓迎。掲示板がわりに使っていただいて構いません。

ブログ運営者:ひなたあきら/メールアドレス himata0630★gmail.com(★を@に変えてください)

ツイッターやってます。
https://mobile.twitter.com/3A1V8A4fOhs8WIZ

75479E4F-AE6D-4749-A9BF-4FBEDB708F0B
photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
掴めそうな煌めく未来。


◯ 公認心理師の活動状況等に関する調査に答えてみたらメンブレた

まず封筒の中に入っていたのが公認心理師制度推進室、日本公認心理師協会、日本心理研修センターからの3枚の調査協力依頼。
くすぶっている個人情報保護のプライバシーポリシーには大いなる疑問を感じながら回答したわけです。

当局は調査事項は発表してはならぬと言っていたのでとりま僕の自由記載欄の回答だけ公開します。(改変なしそのまま)

細かい設問を読みながら記録しながらで結構メンブレたのですが、僕が書いた、質問に対する回答をそのまま転載します。

1.ドヤ顔をして専門上位資格創設を語る自称識者には疑問を感じるなう。地位の向上とは全く関係がない。倫理ガイドランが定まっていない。主治の医師は公認心理師が指示を受けなければならないことを知らない。文書で指示を受けた場合その料金は患者負担になる。医師に義務を課せ。チーム学校制度は廃止し、SCは独立機関としろ。試験から精神分析や芸術療法をなぜ除いたぬ。医師の出題者を減らせ。教員と学生のメンブレを危惧する。

2.職能団体が分裂している現在、一方の職能団体のみが調査を行っていることには疑問を感じる。職能団体は統一させるよう、厚労省から働きかけるべき。臨床心理士との共存共栄ではなく、臨床心理士をdisるだけの制度になっていてまずたんたんめん。資格や制度が 不安定なまま、両者での話し合いがなされていないのはやばみん。自由記載を多くすべき。この制度を育てていきたいという気持ちはこの文字数では伝わらないぬ。

まあ自由調査ということで、僕はじっくり考えながらやったので疲れてメンブレたのですが、結構簡単な調査です。やはり自由記載欄に多くの意見をみなさんに書いて欲しいと思うわけです。集まれば数は力です。

僕は僕で今後もこのブログやTwitterで情報発信を続けて言論の自由を振りまいていきたいと思った時代です。

(おまけ)
−でぃーえむにて−

みおみん:ちゃんと栄養のバランス取れたもの食べてね
僕:(みおみんは優しいなあ。画像貼っとこう)
サンドウィッチ
み:どう見てもそれサラダじゃない
僕:いや、述語うっかり抜いたぬ、サンドウィッチもさっき食べた。チーズとハムも入ってる。
み:述語抜き過ぎ
僕:そんな俺の仕事はカウンセラー
み:ダメだね
僕:よろしくお願いします。なんの問題もない
み:(何言ってんだこの人)
僕:俺の弟子にならないか
み:う、うん嫌です無理っす
(了)

528BF576-0816-436E-B55B-62D9F7C08507

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
笑えてますか
あの日の私が
微笑みかける


◯ 日本心理研修センターと日本公認心理師協会への電凸

1.序

今回、厚生労働省障害者総合福祉推進事業の一環として公認心理師の皆様にアンケート用紙が配られて来ます。僕自身はこのアンケートに自分の意見を書くのは大賛成で、上位資格創設に反対してやろうとか給料上げろとか色々と書けるいい機会なので是非参加してやろうと思っています。そしてみなさんも思いのたけをぜひ魂の叫びをシャウトして欲しいと思っています。

2.日本心理研修センターに電凸

このアンケートの意義は十分にあるので構わないのですが、疑問に思ったのは「日本心理研修センター」という試験を行う公的機関が日本公認心理師協会からの依頼で個人の最大のプライバシーである住所、氏名を日本心理研修センターに流していいものだろうか?

というものでした。こういった疑問を持つ人は多いでしょう。これに関してセンターに確認の電話をしてみたところ、インターネット上には明記していないが、公認心理師登録証の請求書に情報を公的に使用することがあり得るとは書いてあると明記されているとのことです。

公認心理師の職能団体は分裂しています。例えば臨床心理士会の会員であれば会員に動向調査をする、これは会員は自分の住所氏名を明らかにしているので、会員に対するアンケートは構わないけれども、臨床心理士全体に対するアンケートは行いません。こういった、公認心理師全員に対する調査を行っていいものだろうか?という疑問が湧きました。

ところがこの疑問はきちんと日本心理研修センター・サイトポリシー/個人情報等保護方針 に書いてあるではありませんか。


「個人情報等の第三者提供
個人情報等は,法令に定める場合等正当な理由のある場合を除き,事前に本人の同意を得ることなく第三者には提供しません。」

とあるのですが、

「個人情報等の委託
個人情報等の取得時に通知した利用目的の達成のため,個人情報等を外部に委託する場合は,委託先でも個人情報等が適切に扱われるよう,所定の水準に達していると認められる委託先とのみ業務委託します。」とも記載されています。

試験や登録の手続きに個人情報を提供するのは当たり前ですが、このアンケート実施が「所定の水準」に達しているかは不明です。したがって、本来なら日本心理研修センターが「こういったアンケートを日本公認心理師協会がやるのだけど個人情報を渡してもいいですか?」と聞くべきで、かなりこの辺りの個人情報の取り扱いはグレーだと思いました。

繰り返しますが
この調査そのものは大変意義のあるもので、多くの方に回答して欲しいと思っています。

2.公認心理師協会に電凸

僕からの質問は「アンケートの設問をネットに流していいか?」というものです。オフレコの話も聞かせてもらって興味津々だったのですが、こういったアンケート設問には著作権があります。

ひごろから僕は著作権にはかなり気を配っていて、著作の引用は引用部分と主従をはっきりさせています。ただしDSM-5はダメです。診断基準は図表扱いです。著作権を破ると大きなペナルティが科せられますがこの辺りに気を配らない人は多いです。DSM関連の記事 をいくつか僕は受験対策に書いていますが、ポケット版でもよいので診断基準はぜひ買って下さい。

あと、大学入試、公認心理師の過去問も創造されたものなので著作権があります。ただし、urlを貼るのは著作権法になりません。Twitter社の規定によるとtweetを画像としてjpegで貼るのは違反ですが、tweetそのものを貼るのは違反ではありません。それを知った上で書き込みをしなさいと明記してあります。ちょっと厄介ですがブログなどにtweetを埋め込むやり方はあります。

さて、僕は著作権があることを知って敢えて聞いてみたのですが、やはりアンケート設問は著作者の了解がないと難しいとのことでした。

そこで次に確認したのは公益社団法人日本複製権センターです。ここは著作権について詳しく教えてくれます。アンケートの設問はダメ、それならば「回答は?」と聞いたところ、設問を書かないで回答ならば構わないでしょうとのことでした。まあ僕なので 多少だけぶっ飛んだ回答をするかもしれませんが乞うご期待。

※ ちな、僕は知人からこの個人情報保護に関する文書が送られて来ましたので読んでみましたが個人的には納得できませんでした。

(おまけ・みおみん)

み:ワタシ、自信ないなあ。こんなんで心理職やってけるのかなあ
僕:大丈夫、俺を見ろ
み:あ、納得。大丈夫だわ
僕:おい

90A24201-F231-4BF2-81BB-B4D2B46088F6

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おはようTwitter

きょうも
小さき声にこころを傾けて ໒꒱⋆゚


◯ 公認心理師受験をする方へ〜心理職としての矜恃

1.序

給料は安い、非常勤だと何の保障はない、Twitterの最初の固定メッセージにも書いてありますが、それでも志のある方には心理職の仲間になって欲しい。その気持ちが強くてこのやくたいもないブログを書き続けているのかもしれません。

以下、心理職をやってきて、自分なりに凄まじい体験かな?と思えることをプライバシー保護のため、大幅に改変して掲載してみます。こんな仕事の仕方を事例問題で選択したら間違いなく試験にぶち落ちます。また、大変危険な方法ですので、しっかりとした基礎を数年以上身につけて、職場のルールギリギリで自分の性格に合っていると思った時だけのあくまで参考にしてください。ほとんど自分語りです。

1.児童虐待

なんと言っても感情移入してしまうのは、児童虐待です。司法臨床をしていた時もスクールカウンセラーをしていた時も、そして一市民として生活している時も児童虐待に出会うことがあります。

なんとかして被虐待児を公権力を動かして、子どもを公的、あるいは民間の受入れ先につないで親から引き離すことに苦労しました。特に性的に搾取されている子どもは金づるになるので親は子を手放そうとしない。または父と娘で相姦関係があって母がそれを知っていても経済的に家庭が崩壊するのを恐れて見て見ぬふりをしているということが多くありました。よくある話です。

子どもが虐待のことについて話し始めた時には感情移入させず、スパッと司法面接モードに入ります。共感や受容、驚異は偽の発言を引き出す可能性があります。

親子再統合は望めない、そのプロセスの中で出会う親に対して僕は共感も受容もしなかったと思います。親は自分の生き死にがかかっているので必死です。虐待の対象がいなければ代理ミュンヒハウゼン症候群の対象として、甲斐甲斐しく子どもの面倒をみるというアイデンティティが崩れてしまう親も必死でした。

親が「子どもから引き離されたら死ぬ」と言われたこともありますが「あなたの生き死にと子どもの処遇とは関係はありませんから」と切って捨てていました。

スクールカウンセラーをしていた時、児童保護の担当者2人に対し、一刻も早く被性虐待児の保護をお願いしても全く動かないことがありました。近年は専門家採用が進んでいますが、一般行政職として採用された職員は営林署や全くわけのわからないまま書類仕事を役所でしていた担当者でした。

校長以下学校の管理職がずらりと並んでいた中でなぜか上席に座らされていた僕は児童福祉法や公務員法、刑法、知っている限りの法律を並べ立てて「不真正不作為による犯罪として2人とも告発されてもおかしくないわけですが。これだけ証人がいますよ?」と(はったり半分。でも事実)淡々と恫喝しました。

その後の行政の仕事は手早く、スクールソーシャルワーカーと協働して市の上部団体や県の中央、多分議員もスクールソーシャルワーカー2人が動かしてくれたものだと思います。児童はほどなく養護施設に入りました。

一般市民として呆れるような虐待を見ることもありました。豪雨の中、ベランダに小学6年生ぐらいの女の子が立って泣き叫んでいる。ぎょっとしてすぐに警察と市役所に通報。警察は「子どもが遊んでちょうちょを捕まえに行こうとしただけで、婦人警官が体を見たらあざもかないし虐待ではないですね」とのこと。

僕は結構激昂して「また子殺しの事件を作るんですか?警察は何をやってるんですか?マスコミに通報しますよ?」と言うと黙って帰りました。児相にその後通告、市役所の担当者は、守秘義務があるのでその後どうなったのかは伝えられないが定期的に訪問していくと約束してくれました。あの子は今ごろどうなっているのだろうかともうあの土地から引っ越してしまった今思うのです。

2.加害者臨床

性犯罪は1人の加害者を更生させれば何百人という犠牲者をその後出さないで済みます。小児性愛者が一生のうちに作り出す被害者は400人以上、受刑者によれば「そんな数じゃ足りない」とのこと。性犯罪治療にはさまざまな治療法があり、RNR理論で適性な量の処遇を与えること、MI動機付け面接でなければ問題意識を感じない人もいます。松本俊彦先生が開発したSMARPP、その簡易版のTAMARPPは性依存症の治療にも有効そうですがそのプロセスで被害者が出てしまうのは倫理的には問題があるでしょう。

結局のところ、今性犯罪者に有効なのはGL理論、GOOD LIFE理論とされていて、安定した生活、仕事、家庭があれば再犯率がぐんと低くなるというもので、これには僕も納得です。ただし、自殺者も多く出る性被害者は決して納得しないだろうわと思います。

前置きが長くなりましたが、司法、行刑担当の心理職のやることは絶対に試験に出ない事柄も多いです。(どの職場もそうですが)手錠のかけ方、腰紐の縛り方、マイクロで犯罪容疑少年を移送する時に騒いでいる共犯者たちを一喝して怒鳴りつけるなどこんなことは院では習いません。

司法で雇える通訳は安く、技量も悪い人もいます。(いい人もいます。)僕が特殊なのでしょうけれどもさくっと人定事項(氏名・生年月日・職業など)をその相手の母語で聞けるとスムーズになります。

殺人者との面接などもしましたが、厄介なのはやはり加害者意識がない加害者でした。「反省しています」「何が?」「出たら彼女と結婚して幸せな生活をして仕事を頑張って死んだ◯さんのために生きていきます。」

この人は実は自分の世界からは当然のことを言っているわけですが、内省に乏しいという客観的評価を下されます。

3.除反応

僕はイメージ療法や催眠など特殊な心理療法をしています。臨床心理士試験には出題されて公認心理師試験からはとりこぼされている分野です。トラウマに苦しんでいる人のパンドラの箱の蓋を開けるかどうかはいつも悩むところですが、開けてしまった方がすっきりとする場合には記憶支配催眠で解離していた原記憶を想起させる(というか自然に想起される)ことがあります。どんな心理療法でも同じ現象が起こります。心理面接者がそれに気づくかどうかにかかっています。

話しているうちに混乱する→興奮する→セルシンやリスパダールを注射する、これは根本的解決にはならないと思っています。

解離の原因となっていた原記憶を想起するとクライエントさんは泣き叫び床を転げ回ることがあり、僕は身体的危険性がなければ放置しておきます。

杉山登志郎先生は被虐待児童に対して簡易EMDR4セットをやっただけでかなりの子どもに除反応が出るという統計を出しておられました。

除反応は徹底的に出させる、そして気が済むまで除反応が出し切るとケロっとしています。「なんだったっけ?」「さあ?」現実の脅威がなく、トラウマだけが残っている場合は有効です。

4.研究会・患者の自殺

今はコロナの関係で休止しているのですが産業領域、医療領域のなかなか厳しい場面で働いているメンバーが多く、ハードです。どの心理職も患者さんにだいたいもれなく自殺された経験を持っています。

カタルシスのようにその体験を話し、泣いている心理職を見ていると胸が締め付けられる思いです。それを悲しく思い泣けるような仲間がいて良かったと思います。

5.心理職のプライバシー

スクールカウンセラー、長距離通勤をしない心理職は街中でクライエントさんに会います。レジかごをのぞき込まれて「おっ、先生今日は半額のマグロで晩酌ですかい?」「いや漬け丼を作ろうと」こんな時の会話の仕方は試験には出ません。

筑波大学自殺学権威の高橋祥友先生が個人携帯番号の患者さんとのやりとりの取り扱いについて「患者が死にましたって電話と、患者から『今から死にますっていう電話とどっちがいい」と聞かれて百人ぐらいの研修で個人携帯を教える、教えないが半々だったと思います。

僕は「死ぬだろう」という患者さんには必ず携番を教えています。カウンセラーのところに電話をかけてくる患者さんは本当に切羽詰まっています。夜間でも対応できるいのちの電話など社会資源や信頼できる友人や家族に連絡するようには伝えておきますが、往々にして何も頼れる社会資源がない患者さんも多いです。

主治医やリワークセンター、職場、とにかく資源を探すために助けを求めている患者さんの最後の分水嶺の象徴なのだなと思い、僕自身が丸ごとホールディングはしないように気をつけているのですが、数年以上付き合いのある患者さんだと曖昧になるのを気をつけています。

実際に死に際の電話はかかってきます。

6.結語

院でも教えてくれないし、困ったときにどうするか誰も指針を示してくれない場合は多いです。ワープア心理職がバイザーを全員持てるか?持てない人の方が多いです。大変厳しい心理職の現状のごく一部だけを書きました。繰り返します。Twitterに固定してあるtweetの「それでも志のある人は仲間になって欲しい」それだけを願っています。

(おまけ)

みおみん:ふえーん、Grinberg.L難し過ぎ
僕:あの、深掘りし過ぎじゃない?対象関係論の中では確かにビオンの系譜を汲んだ逆転移研究者で、逆転移が精神分析に与える影響を研究してるけどさ、松木邦裕先生の本にも書いてないぞ。ビオンまでだ。Grinberg.Lはだいたい翻訳書ないぞ?深掘りし過ぎたらあかん。
み:過去問の選択肢に出てたから。もう不安で
僕:あいつは自分のコト大切なビオンと同じ研究者だぞ?おま、そんなもんより統計とか得意やん
み:回帰分析とか重回帰分析とか信頼性妥当性とか。
僕:尺度とか第一種の過誤とか?
み:うーんなんとか
僕:お前事例得意じゃん
み:そそ、間違えたことない。ほぼほぼできる

僕:脳神経図解の本買ってたしおま、真面目だから俺はイケると思ってる。資格なくても仕事できるし
み:ふえーん
僕:ま、やるだけやんなよ、俺なにもしないけど応援だけはしてやんよ

(了)

↑このページのトップヘ