ひなたあきらの公認心理師でポン!

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

このブログ運営者は産業と医療の中間領域のようなところでカウンセリングを行っている、世界の謎を解き明かす心理職です。

これまで司法、教育、福祉分野での心理職経験もあります。

このブログのテーマは僕が専門としている心理学に加え、スタートしたばかりの公認心理師制度の検証、カウンセリング全般についてです。毎日更新を目指しています。誰も読まなくても書きます。もし評判が悪ければ反省してやはり毎日書きます。コメントは他者の誹謗中傷でなければ掲載します。僕へのクレームは大歓迎。掲示板がわりに使っていただいて構いません。

ブログ運営者:ひなたあきら/メールアドレス himata0630★gmail.com(★を@に変えてください)

ツイッターやってます。
https://mobile.twitter.com/3A1V8A4fOhs8WIZ

E7571121-C5F3-4B52-A268-08F425D40CB9

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

目の前のものに時を託したら
周りの目なんて気にならないね ☪︎⋆


◯ 臨床心理士資格改革論

先日、いつも研究会で一緒になるB君と公認心理師上級資格や臨床心理士資格と公認心理師資格の今後について話しました。(まだ自粛中なのでSkypeで)

B君は気弱なガラスハートの僕と違って行動派です。不正?と思われる公認心理師受験資格がないであろう受験者の告発メールを日本心理研修センターに送信したり、日本心理臨床学会に(オンラインが決まるずいぶん前から)中止申し入れFAXを送信したりとなかなかの過激です。

そのB君の持つ慧眼さで何かコメントをしてくれないだろうか期待していたら「臨床心理士資格は臨床心理学の試験だけやって基礎心理とか統計問題出題は公認心理師に任せる」

という実にアクロバッティックな案を提示して来ました。

僕:あの、公認心理師はエビデンス重視の傾向があるじゃない?どうするの?
B君:知らん。勝手に揉めればいい。臨床心理士試験は精神分析フロイト、ユング、ビオンやクラインとか対象関係論とかガンガン出しまくってね、あと今も出てるけどロールシャッハのスコアリングから解釈もバシバシ試験に出して今以上にやらせる。あと箱庭とか風景構成法とか公認心理師試験には絶対出ない領域で、心理療法と心理テスト投影法だけでやればいいんじゃない?
僕:なんか公認心理師試験と範囲違い過ぎて両方取るの難しくならない?
B君:臨床心理士はこの際
「趣味の資格」っていうことで、お好きな人にはたまらないっていう。まず保険点数になる公認心理師から受ければいいんじゃない?
僕:それ、不味いモノ食わされたグルメレポーターの台詞じゃ?
B君:専門性が高いんだからそれよりはマシでしょ。あ、でも認知行動療法家にとってはもっと悪質だと思われるね。

※ 今でも臨床心理士資格と公認心理師資格は、厚生労働省も日本臨床心理士会も、制度を創設した当事者たちもその決定的な相違についてわけがわかっていないと思います。ただし、臨床心理士オンリーでは食べられない時代はやって来るでしょう。

そこで、完全に別資格にしてしまうというB君の解決方法もアリだと思います。

そうするとどちらが上でどちらが下かという比較も何も気にしなくていいので、いかがでしょうか?臨床心理士資格認定協会の方々、生き残りを賭けるならば、簿記資格も日商簿記検定と全商、全経ぐらい、いろいろ格差付けをして差別化を図っています。臨床心理士は心理クラスタのみなさんが面白さを感じて取る自由資格にしてはいかがかと思うのです。

BB4345F2-F38D-4157-8060-9E00CFB0536F

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
静かの海は
荒波の先にあるもの


公認心理師資格が採用に影響か・矯正局心理・家裁調査官試験

法務省矯正局の心理技官(矯正心理専門職)採用パンフレットを見てみました「法務省矯正局はTwitterアカウントも持っています。



矯正局本パンフレットが掲載されているのはこのurlです。
http://www.moj.go.jp/moj/KYOUSEI/SAIYO/pdf/hg-panf.pdf

「心理技官を専門家として育成するための充実した研修・指導体制は、国家資格「公認心理師」の受験資格が得られる「実務経験プログラム」として認定されています。

とかなり公認心理師制度に好意的な記述がされているように感じました。

というわけでこれについての僕の所感です。矯正心理専門職は公認心理師制度発足以来、まだ方針が定まっていない時と比べて公認心理師制度も矯正局の方針もだんだん可視化されつつあります。

矯正局の記載は、僕にとっては、公認心理師制度そのものが心理資格であるため、矯正局をこれから受験するならば公認心理師資格を取得していたのならば有利になるのではないかと思いました。

自治体によっては公認心理師取得が心理職員や教員採用試験に加点される場合もあります。

矯正局ではこれから心理専門資格を取得したい、または心理学をこれだけ熱心に勉強してきたという経歴はプラスに働くのではないかと思いました。(とある筋からの非公式情報ではプラスになる可能性は十分にあるとのこと)

矯正局へと電話連絡をしたところ「特別措置はないですよ」というのが公式見解で、公式見解としそれはわかります。

さて、ブロガーなので掲載しますと前置きした上で、次は特に公認心理師について記載がない最高裁家庭局に電話連絡をしたところ、以前のように若い係員(家裁調査官だったかも)が対応するのではなく、僕のような個人ブロガーに家庭局第三課長補佐が対応してくれて(家裁調査官の中でもかなりトップクラスで偉い人)が答えてくれてかなり恐縮しました。

質問は
1.「公認心理師資格を取得して受験をしたら有利になるか」

2.「公認心理師を採用されてから、何かメリットはあるか」ということでしたが、
「申し上げ辛いところがありまして」というところで、以前の「何もありません」とは少し異なったなあという印象でした。

裁判所、法務省矯正局は変わりつつある。元々公認心理師成立時のカリキュラム等検討委員会でも東京少年鑑別所首席専門官が矯正心理専門職に公認心理師を取得させることに熱心な姿勢でした。

公務員の場合にはインターンシップ制度を活用して事前に省庁を見学しておかないと知識も得られません。

公認心理師が取れるから受験しました、では大卒区分では×でしょう。

学生時代一生懸命幅広い勉強をしてきて、その結果として公認心理師受験に興味も出てきた、家裁での少年の健全育成や家事での子の福祉や成年被後見人の権利擁護に興味を持った。心理職である前に裁判所職員でありたい、裁判所は裁判官を頂点にしてこんなことが行われているということに自分の関心がマッチして興味を持ったなどなどが考えられるのですが、志望動機はどんなものが望ましいのかOB訪問をしてよく聞いておくと良さそうです。

司法関係や犯罪心理学に興味があって公認心理師になりたい、資格取得者でその道に進みたい人には徐々に追い風が吹いているような気がしています。





AC76F7AA-FA52-4088-8F18-88D8F30B94E4

photo&lyric by sora (@Skylit_Blue)
おつかれTwitter

おそれるべきは失敗じゃなく
それを次に繋げられないことだね ꕥ⋆゚


心理職×ライターという生存戦略
~心理職として生き抜くための精神とお金の話~


心理職のアルバイトというテーマで以前記事を書きましたが、僕のような雨時々ところによりライター、というような生き方ではなく、地に足をつけてきちんとしたライター&心理職という生き方をしている、Twitterffの佐藤セイさんに無理にお願いして寄稿していただにました。

ライターとして某エージェントからプラチナライターの認定も受けている方です。ライティングの仕事も絶賛募集中という事です。この記事を読んだ、目に止まったエージェント、クライアント様はぜひ佐藤セイさんの以下にあるしっかりとした文章表現力をお読みになって仕事をご依頼されてはいかがでしょうか。



はじめまして。臨床心理士&公認心理師ライターの佐藤セイと申します。
このたびは、ひなたあきらさんにTwitter経由で「心理職のアルバイトについて記事を書いてもらえませんか」とお声掛けいただき、こちらのブログにお邪魔させていただいております。

私は非常勤のスクールカウンセラーとして週2日勤務するかたわら、個人事業主としてライターをしております。なので、アルバイトとはちょっと違うかもしれませんが、ご了承ください。

私がライターを始めたのは、以前の職場で「心理職を辞めるかもしれない」と思ったからでした。その経緯をここで詳しく語ることはしませんが、シンプルに言えば「バーンアウトしてしまった」ということです。
そして、心身ともに憔悴した私の脳裏に浮かんだのは、
「心理職のくせに自分の世話もできないなら、心理職を辞めるしかない」
という武士のような潔さへの陶酔と
「心理職を辞めたら、生活できないし、奨学金も返せない」

というきわめて残酷で生々しい現実でした。
そして、「心理職を辞める可能性があるなら、他の稼ぎ口を急いで見つけねばならない」と思ったわけです。

私は小学生の頃から心が疲れてくると文章を書き殴るクセがあります。
小学生時代はわら半紙の裏、中学では大学ノート、高校では文芸部で黒歴史を次々と生産し、大学生以降はmixi、アメブロ、Facebook…と、あらゆる媒体で、その日に起きたこと、自分が感じたこと、空想的な物語など、とにかく何でも書きまくっていました。当然、心理職を辞めるや否やという時期にも、せっせと文章を書き綴っていたわけです。

そんなときに、とある先輩が言いました。
「そんなに文章書くのが好きなら、ライターになればいいのに」と。
「それだ!!」と思った私は、とりあえずライターの仕事を探し始めました。そして、どうやらクラウドソーシングサイトを使えば簡単にライターの仕事を受注できるらしいことが分かってきました。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と仕事がしたい人を仲介するサイトのこと。そこで「こんな記事を書いてください」という依頼に応募し、採用されればすぐにでも仕事が出来るというわけです。
さっそくサイトに登録して、最初に受注したのは「オーボエについての記事2000字700円」だったと思います。高校で吹奏楽部と文芸部を兼部していたのが初めて役に立ちました。

また、大学院でもせっせと論文を書いていましたので、書くことは苦ではありませんでした(あ、論文は苦でしたが…)。むしろ、いつもは一銭にもならない私の文字たちが価値を生んでいることは嬉しく、喜ばしいものでした。

そこから継続してお仕事をくださるクライアントさん(※「クライエント」ではない)とも出会い、なんやかんやでライターを続けるに至っています。

現在の職場には不満はありませんし、「心理職を辞める」という考えは大分薄れています。それでも、心理職とライターを続けているのは、この2つの仕事の違いが歯車のようにかみ合い、お互いを回しあっているからだと思います。

■心理職
【仕事のタイプ】クライエントさんと一緒に長い時間をかけて成し遂げていく「ファーマー型」の仕事。成し遂げた喜びは大きいが、それまでに時間がかかる。そして、成し遂げられないこともある。

【私の意識】生活のための「仕事」として取り組んでいるため、基本的には心理職として得た収入の範囲内で生活している。やりがいはあり、学ぶことは楽しい。ただ、悩んだり、消耗したりことも多い。

■ライター
【仕事のタイプ】書けば比較的短期で報酬(お金や評価)が得られる「ハンター型」の仕事。ちまちまと承認欲求を満たしてくれる。

【私の意識】どちらかと言えば「趣味」に近い。「仕事」にしすぎないため、ライターで得た収入は生活費にせず、投資や急な出費などに回している。心理臨床に疲れたときの避難所としての役割を重視しているので、仕事を選ぶときは自分の心がウキウキするものを選び、「なんか嫌だな」と思ったら撤退することを心掛けている。

どちらが良い、ということではなく、私にとってはどちらも大切なのです。
ありがたいことに心理学に関するテーマでのライティングの仕事をいただくことも多く、私自身も新たな学びを得たり、知識を整理したりする良い機会となっています。また、クライエントさんに伝わる言葉選びにも、ライティングでの経験は生かされているように思います。

さらに、ライティングをする中で、クライエントさんの言いたかったことがふと理解できるようなこともあります。これはなぜかわかりませんが、写経に取り組むときのように、余計なものが取り除かれていった結果、必要なものだけが残るのかなぁ…と考えています。

そういったことからも、今のところは「心理職×ライター」は、かなりしっくり来ています。これから先どうなるかはわかりませんが、私としては当面はこの形でいこうかなぁと思っています。

心理職や公認心理師をしつつ、副業としてライターを目指される方は、とりあえず「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトを覗いてみてはいかがでしょう?メンタルヘルスや発達障害など、心理の領域の記事を求める依頼も意外と見つかります。

ライターの仕事が自分に合っているなら、個人事業にしてみるのもおすすめ。青色申告控除をはじめ、税金でのおトクがたくさんあります。

心理職・公認心理師などの心理職の待遇はまだまだ厳しいのが現状です。
もちろん、「待遇を改善して!」と声をあげることも大切です。でも、今まさに足元が崩れそうなら、目の前の「ライター」でも「アルバイト」でも、ぱっと掴んで命綱にする方がいいんじゃないのかな。少なくとも私はそう思います。
私たちはクライエントさんたちと、この世界を生き延びねばならないのですから。

↑このページのトップヘ