ひなたあきらのおけまる公認心理師たん

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。ほか心理学全般についての考察も進めていきます ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

このブログ運営者は産業と医療の中間領域のようなところでカウンセリングを行っている、世界の謎を解き明かす心理職です。

これまで司法、教育、福祉分野での心理職経験もあります。

このブログのテーマは僕が専門としている心理学に加え、スタートしたばかりの公認心理師制度の検証、カウンセリング全般についてです。毎日更新を目指しています。誰も読まなくても書きます。もし評判が悪ければ反省してやはり毎日書きます。コメントは他者の誹謗中傷でなければ掲載します。僕へのクレームは大歓迎。掲示板がわりに使っていただいて構いません。

ブログ運営者:ひなたあきら/メールアドレス himata0630★gmail.com(★を@に変えてください)

ツイッターやってます。
https://mobile.twitter.com/3A1V8A4fOhs8WIZ

085F1C51-A95B-4BDF-A12B-F4734597C614

EE83C0C9-0F01-46BC-B240-509753C298F6

さて、倫理問題について調べているうちに東京公認心理師協会のホームページに行き着きました。

東京公認心理師協会は倫理委員会で倫理に関する研修、また丁寧な対応をしてくれるそうです。

が、どこにその記述があるのか探すのにとても苦労しました。

ものすごく小さな左下のFAQから入らないと見られない。

中身はちゃんとしているようです。

全国に先駆けて対応しようとしているのだからもっと宣伝しないと誰もわかんないよ、と思いました。

あと協会主催の研修では臨床心理士研修ポイントにもなるとは書いてありましたが第2群なのか4群なのかわからないです。

東京では公認心理師協会が相談に乗ってくれますが、あくまで年会費1万円を支払った、当協会在住か東京在勤者にしか相談する機会は与えられません。

そしてどの職能団体も特に法的に正しいアドバイスができるとは限らない、「◯◯会に相談したら問題ないって言われたんですけど」

「いや、ところがダメなんですよー。というわけで公認心理師資格は返上してください。」

ということもあり得るわけです。

5年後の公認心理師法見直しまで事例を就籍していかないとわからないのかもしれませんが、そのプロセスでモルモットにされるのはイヤです。

倫理問題は奥が深いだけに慎重に対処できる公的機関が欲しいですね。

公認心理師はこれまでの心理職倫理とかなり異なった倫理を作り上げているのでそう思うわけです。

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)


AFE6821D-BBB0-427A-B766-1EB78D807934

◯ 地方公認心理師協会の研修ポイント種別扱い・倫理についての回答(日本臨床心理士資格認定協会へ電話)

情報が錯綜しているようなので、あらためて日本臨床心理士資格認定協会に電話して、臨床心理士の研修ポイントの扱いについて質問をしてみました。

Q「地方公認心理師協会と日本臨床心理士会との共催研修については第2群になりますか、それとも第4群『その他』として扱われますか?」

A「あくまでも日本臨床心理士会が主導して開催の主体でないと第2群にはなりませんね。例えば◯◯県臨床心理士・公認心理師協会」ということで別職種の名前が入っていてそこが主催だと第4群になります」

Q「貴協会には倫理委員会があります。臨床心理士が業務を行う上で迷ったり困ったりした際には相談することはできますか?」

A「はい、当協会倫理委員会に書面で質問していただければ回答します。」

※ これについて僕からのコメントとしては、日本臨床心理士資格認定協会ではかなり徹底して第2群の場合には条件を絞って更新ポイントとするということです。

沖縄も公認心理師協会になっていますが、日本臨床心理士会が主催研修を全国各地でやらないと、地方の臨床心理士は資格更新がしにくくなります。

日本臨床心理士会と日本臨床心理士資格認定協会の連携がない・・・

と思いました。

臨床心理士30年の歴史は両団体確執の歴史でもあります。

さて、倫理問題については日本臨床心理士資格認定協会の方に公認心理師関係団体よりも軍配が上がりそうです。

何度も繰り返しているのですが、国家資格なんだし、もう始まっている制度なんだし、罰則規定ばっかり重いんだから、どこの団体も倫理は知らんぷりっていうのはやめて下さい

と痛切に感じました。(この記事について日本臨床心理士資格認定協会インターネット公開了承済)

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

8AB0498A-7591-4F7E-97CF-9BDCBC8EBE39

◯ ダイエット、過食、全ての依存から解き放たれるイメージワーク3

・黒い球のイメージワーク

あなたに襲いかかってくるのは欲望、どんなに自分が必死で我慢しようとしてもあなたに襲いかかってくる欲望の前にはなすすべがなく、絶望感を覚えます。

やがてやってくる黒くて大きな鉄球、トゲが生えていて、鎖で繋がれていてまともにぶつかればあなたはものの見事に砕け散ってしまう。

とても恐ろしい大きな鉄球は次から次へとあなたの痛みを無視してやってきます。

そこであなたはじっとやってくる鉄球がやってくるのをじっと眺めていると、実はそれが黒くて軽い風船だったことに気づきます。

あなたにぶつかろうとしてもぽん、ぽんと軽く当たるだけであなたは何も傷つかない。

あなたにぶつかってきた見掛け倒しのトゲのあるゴム風船はぶつかっては、ぽん、ぽん、ぽんとはねて地面に転がります。

あなたをとらえて離さなかった欲望、過食への欲求はとても軽くて見掛け倒しです。

あなたは縫い針を取り出します。

黒い風船をちょん、っとつつくとぱちん、とはじけて欲望はしゅっと空気が抜けてどこかに行ってしまいます。

あなたに襲いかかってきてぶつかってこようとする黒い恐ろしい鉄球はただの風船でした。

過食の欲求に押しつぶされそうになっていたあなたはそれがやってくる度に針でちょんっとつつけば、ぱちんとその欲求はしぼんてしまい、
黒いただのゴムのカスのようになってしまい、どこかへ抜けて消えて行ってしまいます。

限りなく黒いゴムのカスのゴミが床の上に散乱しているのを見たらあなたはちりとりとほうきでゴミを集めてゴミ箱に入れます。

やがてゴミは回収されて焼却炉に入れられて焼かれて跡形もなくなって煙になって悪しきものはすっかりと消えてしまいます。

深呼吸をします。

ゆっくりと息を吐いて、止めて、そして少しだけ吸って頭の中に新鮮な酸素を供給します。

あなたを浄化してくれるコップの水を一杯飲んで、身体のすみずみまで浄化されていくのをじっくりと味わいましょう。

あなたは今悪しき過食への欲望から解放される自由を手に入れることを自分に許可してすっかりと許されています。

気がつくとあなたは解放されているのを受け取ることができています。

(参考:現代催眠原論)

※ 当サイトは公序良俗に反するサイトを除きリンクフリーです。また、当サイトからのリンク先情報についての真偽は保証しかねますのでご了承ください。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
(スポンサードリンク)

↑このページのトップヘ