カウンセラーひなたあきらが公認心理師について考えてみた

新制度公認心理師の検証をしばらく続け、この制度がよりよいものになるための問題提起を行いつつ、カウンセリングの在り方について考え、最新の情報提供を行っていきます。 ブログ運営者:ひなたあきら メールアドレスhimata0630★gmail.com(★を@に変えてください。)

5C0939A6-6D75-4580-8B30-C8ED890B6BC2

◯ 公認心理師大卒実務経験ルートは超難関

公認心理師法第7条第2号では、大卒後2年間の実務経験を経ることで公認心理師受験が可能とされています。

これまでのところ認定施設は

1.法務省矯正局(採用年間100名程度)

法務省矯正局で毎年行っている矯正心理専門職(心理)は倍率2〜3倍程度ですが、近年では臨床心理士資格取得者が多く、決して簡単な試験ではありません。

また、国家公務員総合職(人間科学)は年間15人程度の採用です。

2.裁判所職員総合研修所及び家庭裁判所(採用年間60人程度)

これは家庭裁判所調査官補のための教育課程で、裁判所は総合職の調査官補のために全国から著名な心理学者、精神科医を招いて講義を行ったり、関係施設の見学(医療など)にも行くことができる大変養成にコストがかかる試験です。

倍率は8倍程度ですがかなり難易度が高く、旧帝大院試や臨床心理士試験よりはるかに難易度は高いです。

法務省も裁判所の総合職試験も学歴不問となっていますが、国立旧帝やその他国公立、私立でも早慶上智、GMARCH、KKDRレベル以上の受験生がしのぎを削って受験しています。

3.病院の実習施設

※ 一般財団法人愛成会 弘前愛成会病院

この病院の田崎院長は公認心理師大卒ルートの実習に大変意欲的な方です。

公認心理師カリキュラム検討委員会会員を経て、第38回心理臨床学会の公認心理師実習プログラムにもシンポジストとして参加されている、公認心理師養成に関して大変意識が高く理解ある先生です。

この愛成会病院の公認心理師養成実習は年間2名を採用しています。

公認心理師大卒ルート養成については、大学院ルートと同様のかなり細かい規定が定められています。

実習生に実習を行わせるほか、大学院レベルの教育、実習も行います。

働きながらの実習なので大卒実務経験ルートは3年間を基本年限と厚生労働省では考えています。

また、実務ルートなので、この間に実習生にきちんとした労働条件の下、給与や賞与を支給して休暇も与えながら実習を行わなければならないので実習生は労働者としての側面も持ちます。

これらの条件を全てクリアすることは実習施設にとってはかなりハードルが高いものになります。

愛成会弘前病院の実習生2名、さっぽろ駅前クリニックの募集は2020年度に4名、メンタルクリニックダダは2019度4名、2020年度5名です。

賃金を払いながらこれだけの実習を含む教育を行うということは施設にとっては並大抵のことではありません。

病院、クリニックは単に施設内実習をするというだけでなく、グループホーム、作業所や幼保施設、老人施設やデイケアなどサテライト機能がないとこれだけの実習を行わせるキャパシティはないでしょう。

施設側にとってメリットは?

というと金銭的なものよりも高い理念が必要になります。

それでも大卒ルートを担保するための試みは非常に貴重なものなので実習施設側には頑張って欲しいものです。

4.総論

大卒後実務経験を積めば簡単に公認心理師になれますよ?という大学や専門学校は軽々しい謳い文句の割には無策です。

これだけの少数の実習を獲得できる難関をそう簡単にはくぐり抜けられるようには思えません。

受験生の方々はよく考えてから進路を決めて欲しいものです。

心理職国家資格論議の中で臨床心理士(院卒)と医療心理師(大卒)2ルートの資格が過去、提唱されたことがありましたが、実習施設側に高い要件を厚生労働省はもうけました。

医療心理師案の際には医師団体が「国家資格を持つ心理職は大卒で十分」と考えていたのが皮肉にも大卒者区分B(2024年度誕生)あるいは区分Fは受験者に非常に高いハードルが課せられることによって高度な専門性が担保されることになりました。

ここ5年間の現任者Gルートが公認心理師施行令5条に定められている施設勤務経験があれば受験OKということで玉石混交、心理職採用側が公認心理師の採用に躊躇しているということを以前記事にしました。

これから(これまで合格した人たちも)どんどん実力を発揮して公認心理師の専門性の高さを現場示していくことが期待されます。

Gルート合格者で心理職プロパーでなかった方々が公認心理師資格をどう活用していくかも今後の課題ですし、その実情も今後の資格のあり方の見直しに大いに影響があるでしょう。





D475095E-1878-4EDE-B40C-901341882753

児相批判しながら被虐待児も同時に叩く人たち

連日マスコミでは児相バッシングが止まりません。

芸能人が根拠を持って世間に対するオピニオンを述べるのはアメリカや欧米諸国だと当然のことですが、坂上忍が「この職につく資質を持った人なのかな?」と述べる一方で南青山児童相談所建設問題ではこの問題について「さあ、面白くなってきましたよー」と述べたり、「児相建設はイヤ、でもそんなこと言うのはマズイかなあ」と述べた松嶋尚美に対して「恥じる必要はないですよ」と述べていたり、僕は
恥じろ
と思うのですが、坂上忍といえば炎上発言で有名なタレントブロガー、がん患者さんを生還できたらすごいねえ、と笑いのネタにしたり、あまりの炎上具合に坂上自身が「ネットの意見は受け付けない」と述べています。

なんのエラーが生じていたのかどうか、警察と児童相談所をめぐってきちんと調査の公表も正式に決まっていないこの段階で児童相談所職員は3割増員が決まりました。

まず対応策はきちんとさせようということです。

さて、この事件についてはわからないことが多々ありますし、公表されていないし、今後も決して公表されないであろうことは多々あります。

個人情報保護法では故人の情報は保護対象とはならないとありますが、たとえ加害者とはいえ生きている両親のプライバシーを記者会見で明らかにするわけにもいきません。

だからいつどこで誰が何をしてどうしたという詳細なクロノロジー(時系列)を並べることができないわけで、断片的な情報で児相が何をした、警察がいつ何をしたという情報しか流れてこないわけです。

なぜ坂上忍のような炎上発言タレントの言うことをことさらに取り上げるメディアがあるのか全く理解できません。

そして古くからネットで不良品を発売した炎上企業などにネット住民は「電凸」(でんとつ)をしていたのですが、今回児童相談所に不要な抗議をしている人々が多いと聞いて非常にがっくりとします。

命がかかっている子どもを多数抱えている案件に取り掛かっている児童相談所職員をさらに追い詰めて時間と精神を削ってどうするのかと。

しかも事案のあった札幌児童相談所でなく、インターネット検索をすると出てくる札幌中央児童相談所に電話が集中しているとのことです。

どこの都道府県政令指定都市でも住民の理解や住民の通報がなくては円滑な業務はできません。

児童相談所も市区町村役場も異様な子どもの泣き声やほぼ体罰に近いような立たされんぼでも通報があれば動きます。

警察との連携もどんどんとる時代になってきていて児相がフットワークを軽くすることができる過渡期にあります。

公認心理師を取得した児童福祉司、児童心理司(自治体によっては呼称は児童判定員のまま)も多いです。

多忙な中臨床心理の知見を深めている専門職の人々には頭が下がる思いです。

まあ回答は得られないだろうと思いつつ聞いてみました。

Q「第2回公認心理師試験の出題数、配点は教えてもらえますか?」

A「事前に公表していません」

Q「試験時間だけですかね」

A「そうです」

※ 第1回目試験が9月9日実施、11月30日発表、北海道追試は12月16日実施、1月31日発表でした。

そして第2回試験は8月4日実施、9月13日発表とどんどん発表までの速度が早まっています。

これは昨日書いた記事のように昨年どおり配点は「総得点 230 点に対し、得点 138 点以上の者(総得点の 60%程度を基準とし、問
題の難易度で補正した。配点は一般問題が1問1点、事例問題が1問3点である。) 」がかっちりと固まっているからかなあと思ったのは僕の邪推でしょうか。

第1回目試験の際には何人合格者が出たかで一般問題と事例問題との得点を補正しました。

僕にとって意外なことは、まだ公認心理師未登録者が4000人いるということです。

姓が変わるまで待つという例もあるでしょうけれども急いで登録する必要性がない人たちがこれだけいることを示していると思います。

ひょっとすると、ですが未登録者のうちかなりの人数が未登録のままに終わると考えてその分を第2回目試験人数に上乗せするような問題内容になるか?

と思いつつ、北海道追試レベルを堅持していくかもしれないことを考えると予断はできないなと思いました。

やがてこの試験の方法がかっちりと定まってくればこの辺りも例年通りとして公表されることになると思います。

↑このページのトップヘ